おぢゃっこ倶楽部 さん プロフィール

  •  
おぢゃっこ倶楽部さん: おぢゃっこ日記帳
ハンドル名おぢゃっこ倶楽部 さん
ブログタイトルおぢゃっこ日記帳
ブログURLhttp://ameblo.jp/odyakko/
サイト紹介文変な介護福祉士がデイサービスを作った場合 他、死生観や人生観の備忘録
自由文上に言われるまま介護に従事してたら壊れますよね?
自分の介護を描くべく東日本大震災直後に脱サラ起業♪
完全独立にて通所介護「おぢゃっこ倶楽部http://odyakko.net/」を運営中〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/07/10 15:05

おぢゃっこ倶楽部 さんのブログ記事

  • 脅し過ぎ、ビビり過ぎかも
  • まー、天下のNHKさんが仰るんで見方によってはまるっきり嘘ではないんでしょうけど… 2025年には約1300万人(高齢者の数は3657万人/認知症患者730万人/軽度認知障害584万人)になるって話の事です。 特定のサイトを出しちゃうとさすがに失礼かな〜と思ったんで、個人的に「2025年 認知症 1300万人」とかでググってください(笑)。 やりすぎ、煽り過ぎ、脅し過ぎ、かもしれませんよって話です。それを丸 [続きを読む]
  • 痩せすぎはアルツハイマーを呼び込む⁉
  • とか、書いておいてなんですが、内容は違う話です(爆)。 この手のお話につきまして、先に申し上げておきたいことがございます。 「飛びつく前に自分で考えてね?」 以上です。と、フッておいてからソースはコチラ。 プレスリリース 発行No.768 平成29年4月10日(東邦大学) まあ、詳しいところはリンク先を読んでいただくとして、内容をいつも通りザックリとまとめると以下のような感じか [続きを読む]
  • 紙よサラバ⁉
  • 塩崎厚生労働大臣のこの考えには賛同♪ 「介護はペーパーワークが多い」塩崎厚生労働大臣、書類半減を目指す方針(官庁通信社) 介護に携わる時間を奪い取る最も大きな癌の一つが事務作業ですから。 ただ、実際のペーパーワークの削減が、新しい設備投資が必要な方向にある気がして素直に喜べない僕もいますが。 だって、行政側は結構書類で何でもかんでも見てきますから。「実際に取り組んだかどうかよ [続きを読む]
  • デイサービス消滅のカウントダウン
  • 2016年(1-12月)「老人福祉・介護事業」の倒産状況(東京商工リサーチ) 儲かっているなら過去最悪を更新し続ける倒産件数の増加は起こらないと思うんですが。 さて。財務省の財政制度分科会は報酬改定の減額の方針を改めて強く示してきました。 財務省「訪問・通所は利益率高い」 介護報酬改定へ論点 機能訓練なしの減算も(官庁通信社) 資料はコチラ。 財政制度分科会(平成29年4月20日開催) [続きを読む]
  • 少子化対策、あります。
  • ゲホッゴホッ…いやー、持病の集積型健忘症が治まったところで続けます。…え、咳は出ないんですか?そうですか…続けます。 今や、子どもが生れない前に、お付き合いのハードルが高すぎです。出会っていてもまず「自己開示」が出来ません。 なぜなら、そこで「自己開示」し、キングダム・タワー級と噂される超高層ハードルを乗り越えてくる輩がむしろ怪しすぎるのです。SNSで交流は広がっているものの、良い関係 [続きを読む]
  • そろそろナニかを射ないと…
  • 意味不明の鍵の処分に推定10年以上掛かるような僕が話す話題ではないのですが、タイトルを先に書いてしまったのでそのように進めたいと思います(爆) さて、「一億総活躍」なるネーミングはもうちょっと何とかならなかったんだろうかと仰っているブラック君を抱えています。そのセカンドステージへの手段と期待された新第三の矢が「安心につながる社会保障」という「的」だったので、実際に放つ矢は、毎回思い付きで言っ [続きを読む]
  • 謎の鍵
  • 僕には1年近く解けないでいる謎がある。鍵である。そう、それは毎日後生大事に持ち運んでいた、一つの鍵。気がつけばこの鍵がどこの何を開けるための鍵なのか…いつ、そこにつけて運び歩くことになったのか全く記憶を呼び起こせずにいる。は?バカじゃないの?という声が聞こえそうだが、敢えて言おう。違う。じゃないか?などという疑問符はいらないのだ。「バカ」なのだ。そもそもどこの鍵かもわからないまま、使いもしない鍵を [続きを読む]
  • 認知症と本人意思
  • 本人意思とはどこからを言うのでしょうか。 「認知症になりたくない」という話をする時、それは何故ですか。 時に「あんな訳の分からない状況になってまで生きたくない」とか「あんな風になったら私が私じゃなくなる」と言った話を聞くことがあります。 では、認知症場が進行した段階の意思は誰の意思なんでしょう。家族にとってどの意思が「本人の意思」で、どこからは「症状により生じている捻じ曲げられた [続きを読む]
  • 思考が手繰り寄せる情報
  • ちょうど考えていたことと同じ情報が目に留まったり、耳に入ってきたりする事ってありません? あるいは「全く同じこと考えてた!」とか「同じようなこと思ってた!」とか、驚くほどの偶然。 どうしてこのタイミングで!?と信じられない奇跡のような出会いや出来事って実際にあるもんです。 まぁ、NLPとかでは引き寄せの法則とか謳われますが、それを含めてそうした奇跡や偶然は個人的には「思考GPS機 [続きを読む]
  • 視線の先が示すもの
  • 考え事や思い出し等のいわゆる「脳内思考」の際に連動して目が動いてしまう現象を「アイ・パターン」とか「アイ・アクセンシング・キュー」などと言ったりします。 視神経は、思考の際に働く脳組織まで伸びていることが分かっていて、そのために連動するのではないかと考えられています。 視覚神経は目の奥で交差しているため、右脳左脳の得意不得意でそのように眼球がつられるのだという説もあるようです。結構巷で「コ [続きを読む]
  • 見えないモノが見える
  • 幻視や幻聴があると「頭オカシイ」的発言をあからさまになさっている方がおられました。 確かに「幻視・幻聴」の症状がみられる方はなかなかに対応が難しいことが多いのは事実です。ですが脳の分野については、詳しく判明していない部分が圧倒的に多いですから、「どっからオカシクて、どっからオカシクない」とかを決めつけて特定の人を名指しで口からばらまくのは僕は好みじゃないんです。 ま、とは言え、僕もそうした [続きを読む]
  • 介護認定切り誘発法案に見えませんか?
  • 今回の介護保険関連法改正案とは何だったのか、知ることもなく終わった感がしますので、手遅れとは存じますがおさらい的に僕の味付けが悪くなると評判のトッピングを盛り込みながら解説してみます。 虚偽や語弊がいっぱいあると思うので、正しくはこちらからどうぞ熱心に読み込んでいただけると宜しいでしょう。 第193回国会(常会)提出法律案(厚生労働省) ちなみに今回の介護保険関連法案ってのは、上から二番 [続きを読む]
  • 手本とするには忍びないと思う事
  • 熊本地震から今日で丸1年。被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。 そんな中、ホントに失望させられた介護保険関連法改正案のスルー可決。与野党ともに、です。 介護保険法改正案が可決=森友質問に反発、採決強行−衆院厚労委(時事) 介護保険関連法改正案可決 衆院厚労委で採決強行(毎日) 「森友」質問に反発、与党が採決強行 介護保険法改正案(朝日) これで今後の生活が激変する国 [続きを読む]
  • 志望動機はなんですか?
  • 今日の内容はちょっとブラックさん目線からの話なのでキツイ人にはキツイかもしれません。ご了承ください。 大変生意気なことに、面接や問い合わせを受ける立場を預からせていただくようになってるそうで。 そんな中、一部の志望動機が気になっているんです。 それはですね… 「人のお役に立てる仕事に就きたいと思いまして」 とか 「感謝されるような仕事をしたいと思って」 とか [続きを読む]
  • 夢の続き?
  • 周りの起業家の皆様が凄すぎましてね。 20周年です〜♪10周年です〜♪5周年です〜♪1周年です〜♪とか言われると、そりゃもう「世の中にはすんげぇ人がいたもんだな」と尊敬しちゃうんです。 僕は…半年で潰れると言われまくってたけど1周年は何とかなったな…あ、3年くらいか? え?おや?震災から6年が過ぎ…って、あれ? 刻についていけていない感満載。弊社(と、いうほどのモノではない)はどうやら7 [続きを読む]
  • 介護離職ゼロはどこへ行きそうか
  • 2015年9月に突如打ち出された「介護離職ゼロ」というやたらと耳障りの良いフレーズですが、では、その件数は実際に減る傾向を示しているのか、気になりません? 当時すでに明らかになっていた、「介護離職者(身内の介護を理由に職を離れた方)」はおよそ10万人。しかも追い打ちをかけるように人口減少のスピード以上に生産年齢人口が減ることも確実な情勢。 結論から言ったら、「今のままでは99.9%無理」でしょう [続きを読む]
  • 春なのに〜♪
  • てるみくらぶさんに比べたら確かに随分ひっそりなんですけど、何気に新年度に入って業界的には結構な衝撃だと思われるんで、知らない方も少ないかもわかりませんけど割と業界的には大事件級なのがコレ。 (株)エヌ・ビー・ラボ 経営破綻(東京商工リサーチ) 破産開始決定は3月29日、負債総額は14億2000万円。 いや〜、てるみくらぶ破綻(東京商工リサーチ)に比べりゃ、負債総額10分の1なんで「大したこと [続きを読む]
  • 自己治癒力と治癒阻害
  • 瘡蓋(カサブタ)ってはがしたくなりますよね。はがしたくなりません? まー、最近はカサブタが自己治癒の際に邪魔になるので、代わりにパッドを当てる保護材が進化していますけど。 さて、目に見える自己治癒・自然治癒による回復過程については僕たちは比較的寛容に受け止められるのですが、一方で見えにくかったり、そのものが病気であるとみてしまう事象(発熱や嘔吐、下痢等々)については、ついつい過剰に反 [続きを読む]
  • 変身時間はどれくらい?
  • さーて、長い間の小難しい話にお付き合いくださった皆様、お疲れ様でした(笑)。正直、一気に書いてしまう自分がアホじゃないかと。 言い訳がましいですし、度々書いていますけど、「ずっと書ける」訳ではないのです。書いてるときはそれこそ、どんどん話が膨らんでしまい、寝食忘れて(決してオーバーではありません)無限に書けるモードに変身しています。三時間くらい。 主に夜(笑)。 で、実はネタふ [続きを読む]
  • awaker 〜悟りし者・自覚せし者達〜
  • さて、自分自身の観察・コントロールはそうは言っても即実践できるものではありませんね。とは言え、まずは知ろうとすることは大切だと思います。 とりあえず、「声を荒げた」とか「カッとなった」とか「哀しみに暮れた」と等々を、後から振り返って「どうしてそういう反応の流れがあるのか」を考えてみるといいでしょう。 少なくとも「そういう反応以外ない」ということはあり得ません。 「誰だって怒る」と [続きを読む]
  • で、なんで家族だとうまくいかなかったりするの?
  • ハッキリ言って今日の分野は面白くありません!面倒くさいです!と、先に断っておきます。 僕が色別にレッド、ブルー、ピンク、ブラック等々、このブログでも遊んでいる訳ですけど、ただ単に遊んでいる訳ではなくて(ホントかよ)、今の自動操縦のモードは「何者」で「何役」で「誰」になっているのかを把握する上で非常に便利なのでまんま登場させています。 そー云う事を言うといかにもいくつもの人格が備わって [続きを読む]
  • 最も身近な観察対象
  • ちょうどブログが定着してきた三年くらい前から、時々、家族介護心理講座なるものをちょいちょい開いています。 その内容のほとんどが、「自分自身の操縦の仕方」に主眼を置いています。 他でもない僕自身が「自分の操縦」が下手くそだったから、介護に携わりながらそれを紐解いていくうちにそんな感じにまとまっていっただけの事なんですが。 さて、実は昨日の続きです(と、いうか1つの記事が長すぎたんで4 [続きを読む]
  • 偽介護者と介護者の唯一の違い
  • 昨日の「観察者になろう!」的な内容は、まんま「認知症介護」において重要なことだったりします。 未知の認知症症状に戸惑い、つい陥りがちな事に、「認知症についてがむしゃらに学ぶ」という事が挙げられます。 もちろん、間違ってないんです。間違ってないんですが、その行き先を間違えることが多いんです。 理解不能の言動をされ、やみくもに認知症について勉強を始めると、「どうやって食い止めるか」「 [続きを読む]
  • 対モンスター○○攻略の前にすべきただ一つの事
  • 昨日に引き続き没ネタから(笑)。そうか!書けない時は没ネタを加工すりゃいいのか!と手抜きに目覚めています。 さて、今日のネタは「モンスター○○」の攻略・鎮静化型(我流…故に保証しかねます)の内容です。あ、ちなみに徹底抗戦型は僕には書けません(笑)。当然、クレームはクレームでちゃんと受けましょう。ご意見はご意見で大切です。ですが、明らかに「超独善的」で「非常識過ぎる常識」を振りかざし、「白を黒だ [続きを読む]
  • 「分かれよ!」に隠された裏心理
  • 没ネタからのサルベージです。「分かりやすく丁寧な説明」などと頻繁に使う方に限って、「ちっともわかりやすく説明してくれない」という方がいたりします。 全く同じことを教える場合であっても、「教えるのが上手なヒト」と「下手なヒト」がいますでしょ? 説明する方の知識レベルが一緒、あるいはむしろ「説明下手なヒト」の方が無茶苦茶いい大学を出ていて成績優秀って場合でも、そうした事が起こります。 なん [続きを読む]