おぢゃっこ倶楽部 さん プロフィール

  •  
おぢゃっこ倶楽部さん: おぢゃっこ日記帳
ハンドル名おぢゃっこ倶楽部 さん
ブログタイトルおぢゃっこ日記帳
ブログURLhttp://ameblo.jp/odyakko/
サイト紹介文変な介護福祉士がデイサービスを作った場合 他、死生観や人生観の備忘録
自由文上に言われるまま介護に従事してたら壊れますよね?
自分の介護を描くべく東日本大震災直後に脱サラ起業♪
完全独立にて通所介護「おぢゃっこ倶楽部http://odyakko.net/」を運営中〜
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/07/10 15:05

おぢゃっこ倶楽部 さんのブログ記事

  • 身内の介護を困難にする心の板書
  • さてさて、いよいよ佳境に入ってまいりました。まさか、これほどまでにネタ振りに時間が掛るとは(笑)。 現状は「在宅介護推進」の方向で動いていますし、僕も在宅介護の一翼を担っている訳ですから当然、「在宅介護が一番だ!」と、言い切るべきなんですが… 脳の側に立つと、ひっくり返っちゃうんだ、コレが(笑)。 もう、先読みできている濃い読者の方々は気が付いていらっしゃるようですが、身内を介 [続きを読む]
  • 脳は使いこまないと理解力が低下していく
  • 冷蔵庫の上のほう…そう、すみに何年か前の食材を見付けた事がありますか?アレは結局、食べられたんだけどゴミですね(笑)敢えて食べにかかりますか?なんかすげぇリスクある気がしますが(笑)今回はそんな使われることなかった食材…のような運命を辿る、容量はとるし、電気代かさむし、衛生的に良くないし的な「使わない知識」の物語。なのかな(笑) ワーキングメモリが行われる際に、「既に蓄えられている情報」を一緒 [続きを読む]
  • 心の板書はいいかげん
  • 大変です。ここんとこずっと脳の話題が続いていますが…察しの良い方ならお気付きのように、一気に書き進めています。間違いなく寝不足まっしぐらコース突入です。イってます。ドーパミンがドピュドピュ行っちゃってます。 さて(結局書き続けるんかいっ)、前頭連合野の話でいろいろ思い出しちゃったんです。 前途連合野でのワーキングメモリを敢えて「黒板の板書」に例えたのは実は「心の板書」とちゃんと例えら [続きを読む]
  • 認知症は「物忘れ」の病気ではない⁉
  • 面白くはないですから、「面白さ」を期待している方は、今日はスルーで(笑)。 せっかく認知症と脳の関係についてノッてきたので何日か分を一気に書いちゃってます。 認知症と言えば「物忘れ」的な代表格の症状があまりに有名になり過ぎてしまっていますが、ちょっと詳しい方ならご存じのように、実はこれは正しくはありません。 例えば、僕のような発達障害系で「物忘れ」という場合、かなり正確です( [続きを読む]
  • 認知症になると理性はなくなるのか
  • 今度はあこさんからのネタですね。 いやー、ネタがあると書き出しやすいね〜。 書き始めちゃえば、書いちゃう子だからね。あ。オッサンだった。 さて、「認知症になると理性はなくなるのか」に対する答えは基本的には「NO」。脳だけに…え、それはいりませんでしたか、そうですか。 正しくは「そうとは限らない」。 なくなる場合もあるし、そうでない場合もあります。いずれにせよ、老化と共に理性 [続きを読む]
  • 認知症にならない方法
  • こんな辺境ブログをお読みなだけに、ズバリ先に書いておいた今日のネタについて、ネタバレしてくださった「るん」さん、お見事! まー…つまり、そーゆ―事です(笑)。 ホンネを申しますと、「認知症になりやすい性格」なんてものはありませんってのが僕の見解。従って、「認知症になった時に厄介である可能性が高い性格」である、というのも全く被ってます。 性格とは、脳の使い方の偏りを言っているのであっ [続きを読む]
  • 確実に認知症になりそうな究極の性格
  • そーか。認知症に限ってはこれまた随分と「なりやすい」とか「なりにくい」とかを気になさる方は多いのだな。 …と、他人事のように言ってみたりします。まー、僕の場合は結構、生まれつきボケてるので、その辺りは比較的変わらないかと思いますが、噛みついたり殴ったりしないでお亡くなりになりたいもんだなぁ、とは思います。 究極的には経営者の特権で100時間未満の残業規制が届かないことを逆手にとって、ならない [続きを読む]
  • 幸せの掴み方
  • 花粉症の季節を迎え、鼻水の蛇口が壊れ、卒業式で話したこと等条件が揃った事により、去年どんなことを話したのか思い出しました。 やっぱり講師ネタだったんですね(笑)。 では昨日に引き続きまして、ブログネタにしちゃいましょう。だってほとんどどこでも毎回言ってる話だから考えなくていいんだもん。 使えるって思ったなら、有効に活用してください。内容の嘘か真かは…嘘なんで保証しません(笑)。 [続きを読む]
  • ありがとうのカタチ
  • ちゃんと真面目に挨拶した方です…あ、卒業式の祝辞挨拶の件です。 ブログのネタ的に転載するのもアリな気分なので掲載しちゃいます。 いいな、と思ったら、断わりなく使っていただいて結構です。 ちょっと、僕の講師業ネタが入っちゃってますけど(笑)。 ・・・・・・・  卒業生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。また、ご子息の卒業を迎えられました保護者の皆様にも、心よりお祝いを申し上げます [続きを読む]
  • ここは一つ穏便に…
  • 現政権が目下推進中なのは「家族による在宅介護」です。 言い換えれば基本的には「施設介護からの締め出し」な感じとも言えます。 介護難民を減らすと言って実際にやったのは、特養の入所条件の基準引き上げ(そりゃ、申し込みが取り下げられるから「入所待ち」は一気に激減)でした。 さらにこれまで全員1割だった自己負担割合は年金収入280万円以上の場合で2割に倍増しましたから、やっぱり入所できる人たちその [続きを読む]
  • 育児・介護休業法を三枚に下ろしてみる
  • え〜、めでたく酉年の今年、飛翔せよ!的な感じ?で元旦に改正「育児・介護休業法」(育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律)が施行された訳ですけれども。 無事、その旨に従うようにっていう通知が来てたのをタワーから発掘することに見事成功しました。ええ、ダメ経営者がここにもいましたって話です。 ところであんまり内容ご存じでない方も多いんじゃありません? しかも、内容 [続きを読む]
  • 嘆願書
  • 〜お願い〜 社会保障等に回す予算が足りない、という話だったわけですから、せめて国有財産は高く売る努力や姿勢は最低限示していただきたく存じます( ノД`)…財務省さん。 そうした努力や姿勢がまったくみられませんのに「適切に処理した」と居直って、もっとお前ら予算削れ〜!減らせ〜!と、弱いところに押し付けるのも、止していただけるとありがたいのですが。 おぢゃっこブラックより にほんブロ [続きを読む]
  • アメリカンコーヒーのお湯割り
  • アメリカンコーヒーっていうのは和製英語だそうですね。正しくはweak coffeeと言うらしいです。あ、そういう話ではなっかたかもしれない。 えーっと…あ、これだ。 特養、4分の1で空床…「職員不足」など理由(読売新聞) 厚生労働省がみずほ情報総研に委託調査した結果、明らかにされたんですけど、業界内ではもう随分と知れ渡っていたことでして。 うっかり斜め読みすると 「空きがあるんだ! [続きを読む]
  • 乗っているのが乗用車だと思ってたら馬だった件
  • 検索したらADDやADHDについて、ずいぶんと丁寧に説明しているサイトがTOPにきてました(笑) ADDとADHDの違い って何?ADDについて詳しく知ろう!(株式会社 とらうべ) ここに従って振り返ってみると…僕は極々平均的な?「典型的ADD」ですね。 なるほど、「予定を詰め込み過ぎる」がちゃんと網羅されています。凄いな、このサイト。随分詳しく把握してるな〜、と思いました。 詰め込んでるつもりはもち [続きを読む]
  • 長寿大国
  • 朝からスケジュールミッチミチで、危うく更新を忘れるトコでした。さて、厚生労働省が第22回生命表(完全生命表)を公表しましたね。 「簡易生命表」の男性80・79歳、女性87・05歳寄りかは幾分数値が下がりましたけど、それでも男性80・75歳、女性は86・99歳となり、過去最高を更新との事。 日本人の平均寿命、過去最高を更新 G7でもトップ(朝日新聞) ちなみに生命表における『死亡数の [続きを読む]
  • 片付けってお茶漬けの一種だと思っている
  • さて、そんな事にお困りな方はあまり多くはいらっしゃらないと思うのですが、ADD(不注意優勢型注意欠陥・多動性障害)チックな僕は、例外に漏れず、「片付けられない症候群」でございます。 当然、幼少期より「片付けなさい!どうして片付けられないの!!」と言われ、叱られ、怒鳴られ、罰せられてきました。ええ、ご安心ください、40年以上にわたり全く治る気配がありません。現在も現役バリバリの「片付けられない症候群」 [続きを読む]
  • 介護業界の従事者を安定的に確保する方法
  • 海外からヘルパー人材を輸入するから大丈夫だぜ! と、政権の話を鵜呑みにして思っていらっしゃる方もそろそろお気付きの方も、正直、日本国民程真面目に一途に働く国民性はないんで、介護保険財政が増える見込みがない以上、処遇が現状よりも上がることは基本的にあり得ないでしょう。そんな中で海外からのヘルパーが大人しく現場にとどまるなんてそれこそ夢のような話があるとは…僕には想像できないんですが。 処遇改 [続きを読む]
  • 介護保険制度上の契約関係の問題
  • 今回の介護暴論のテーマは「契約関係」についてです。 めんどくさい話なので面白くはないです、たぶん。 例えばです。 入浴にお誘いした時、利用者本人は頑なに「風呂になんかはいらない、風呂に入らなくたって死ぬわけじゃない」と大騒ぎしているとします。ケアプラン上には本人の意思に基づいて入浴サービスが組まれています。で、御家族は「本人が何と言っても(健康上問題がなければ)必ずお風呂に入れて [続きを読む]
  • そうだ。クリーニング屋さんにいこう♪
  • そろそろ様々なところで卒業式についての話題がチラホラとささやかれているような気がしないでもありません。 卒業…そういえば今年の祝辞?ご挨拶?はどうしましょう。 先月の理事会で「私、卒業式の挨拶まだ考えてないの!」と他校のPTA会長さんが慌てていらっしゃったんですが… え!?そ、そんな1ヶ月も前から考えるもんだったんですか!?そ、そうだったのか… でも、僕には無理。ええ、追い詰め [続きを読む]
  • オリンピックどころじゃなかったんじゃ…
  • 今更ですし、もちろん撤回しろって話じゃありませんけど。 いやね、先日、増える高齢者の東京流入(【日曜講座 少子高齢時代】産経ニュース)河合雅司氏のコラムを拝読しまして。 話によりますと東京圏一極集中の流れに歯止めが掛かる気配は全然ないみたいじゃないですか。転入は21年連続で超過しているって話だそうで。 東京都的には人口のピークの見通しを「2020年の1336万人」から「2025年の1398万人」に [続きを読む]
  • クレームが発生しました
  • …と、ゆー前提の話です。 え?「タイトル紛らわしいわっ!」ですか?それもクレームの一種ですね?はい、僕のために書きススメますよ。 個人的に思っている事ですが、「クレームがなくなる」という事態は、「事業所としての活動がなくなる」という事に匹敵するヤバい事態でしょう。正常であれば、クレームは必ず生じます。 御偉方は「クレームを失くすようにしろ」などと詭弁を語りますがまんま詭弁です。事 [続きを読む]
  • 承認欲求についての補足的な感じのなにか
  • …と、いうことで、いきなり「介護暴論」を新設しちゃったんですが、自分自身の知識整理(まー、ほとんどこれ)と訳分からない方も多かったかと勝手に解釈して、「承認欲求」についての整理をしたいと思います。 「承認欲求」とは、あまり耳慣れない・なじみの薄い言葉でしょうけど、有名なところでは心理学者のアブラハム・マズロー(米)が提唱したマズローの欲求段階説(または自己実現理論とか言われます)にて登場 [続きを読む]
  • 承認欲求度を介護認定に加えた方が良い論
  • はい始まりました、おぢゃっこさんの介護暴論コーナー。 僕の脳内協議委員会が夜な夜な熱い議論を展開し、おぢゃっこさんの中でだけで通った法案を「いっそブログにも書いちゃおうYO」という何の役にも立たないのに、なぜかコメントは結構盛況になるので、もうコーナーとして設けてしまおう、と思いついてしまい設けられた新コーナー。 さて、今回の議題は「承認欲求の度合いを介護認定度に加えるべきである」とい [続きを読む]
  • トリセツって大事ですよ?
  • 西野カナさんの歌に「トリセツ」ってあるじゃないですか。まー、アレは女性陣にとっては「あるある♪」だと思うんですけど、自分自身の取扱説明書を持っていない人が結構多いなと思っています。 精神障害の話でちょっと触れましましたけど、「自分自身が思っている自分」と「実際の自分」には相当な落差があります。それは常々「脳科学・心理学」のジャンルで綴っていますけど、まー、驚くほど「自分だけはそうじゃない目線」 [続きを読む]
  • 福祉にある闇
  • もちろん、真偽のほどは僕には確かめようもないのですが…これは何かしら黒だろうなと推察はつきます。障害者就労支援施設のセクハラ・パワハラ訴訟の件です。 諫早の障害者施設セクハラ 法人側に賠償命令 地裁判決 /長崎(毎日新聞) 届かぬ障害者のSOS 施設での虐待 後絶たず(yahoo長崎新聞) 黒であっても物証が残らないし、妄想があれば「症状だ」と言われてしまう。逆もあります。そもそも存在し [続きを読む]