baetis さん プロフィール

  •  
baetisさん: 綻びの備忘録
ハンドル名baetis さん
ブログタイトル綻びの備忘録
ブログURLhttp://baetis.blog104.fc2.com/
サイト紹介文メルセデスベンツ W123 フライフィッシング 波乗り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供182回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/07/11 22:44

baetis さんのブログ記事

  • 街で見かけた旧車  ミニ
  • 見るからに古そうなミニ。どれくらい古いのか、まったく知識がないのでくわからない。でも、オースチンのエンブレムからすると、「オースチンセブン」みたい。たぶん、1960年代だと思う。色がいいなあ。マンションで野ざらしなのが残念。どこかで屋根つきに入れてあげたい。 [続きを読む]
  • 後妻業
  • 久々に面白かった〜悪人は最後は成敗される的な、ある意味アメリカちっくなのかもしれない。特に後妻のばあさんがバイタリティーがあって面白い。果てしなく、悪行に一直線で、最後まで人間的な感情はなし。ここまでくると、すっきりさせてくれる。太く短くとはこんなですかね〜すこし、うらやましい〜かな・・・?ぜひ、人にお勧めしたい本。マル [続きを読む]
  • タッチアップ塗料作成
  • レイトバスのボディ色は純正であるわけではない。たびたび、タッチアップ用の塗料が必要で、自作するしかない。いつも世話になっているハマさんところへ。塗料は白、黒、黄そして赤。どうしてこれらの色をまぜてできあがるのかわからない。少しずつまぜてボディと比較して色合わせしていく。ん〜むずかしい。これで、サビ処理のあとに遠慮なく塗装できる。マル [続きを読む]
  • ウエーダー修理
  • SIMMSのG3モデルがとうとう穴が空いてしまった。すでに10年以上使っているので、ここまでノントラブルだったことが不思議なくらい。実はこの5レイヤと並行して使っている3レイヤモデルは、2000年より前から使っているので、もっと丈夫にできている。まずは、ひっくり返して水を満タンに満たしていく。案の定、ひっかけ傷が1箇所。もともと付属していたリペア用のパッチとアクアシールで修理した。これで、あと数年は [続きを読む]
  • 遠足
  • 夏休みを利用して福島県へ。しかも、登山とフライフィシングそして波乗りと東北から北関東をウロウロする予定。ちょっと欲張りすぎか・・・1日目は自宅を用事を済ませてから大移動。走りっぱなしで会津若松へ。猪苗代湖は「君の名は」の風景に似ている〜次の日、早朝6時から磐梯山へアタック。途中、廃墟となった温泉地。裏磐梯山の湖を望みながら、7合目の山小屋へ山小屋のトイレは携帯トイレ専用だった。今どきか・・・2時間半で [続きを読む]
  • キーシリンダー ブレイク その4
  • とりあえず、不動ではまずいのでイグニッションスイッチでエンジンが始動できるようにしていたが、ヘッドライトが付かなくなっていた。配線が外れていたので、勝手に判断してアース側に接続。これがいけなかった!なんとイグニッションスイッチ系が発熱して、煙がもくもく〜やばい〜燃えてしまう。燃えて切れてしまった配線を半田ごてで補修するが・・・途中の配線も燃えてしまってるようで、ハーネスごと交換が必要となってしまっ [続きを読む]
  • キーシリンダー ブレイク その2
  • さて、シリンダーとスイッチを分解するために重要なポイント。赤のマーキングにイモネジがあって・・・・こいつを外すとキースイッチが外れてくる。少しだけ樹脂が裂けている。たぶん、このパーツは壊れやすいタイプのようだ。確認のため、ゆっくりゆっくり中身を確認。バネなどが外れないようにもとに戻しておく。どうもスイッチは正常に動いているようだ。結局、ブレイクしてたのはキーシリンダーの軸だった。しかーし、ケースか [続きを読む]
  • キーシリンダー ブレイク その1
  • 最近、レイトバスのキーシリンダーがおかしい。始動時に少し押し込みぎみにキーを回さないとセルが回らなかった。どうも、スイッチの接点の接触不良だとおもわれる。が、1ケ月ほど経つととうとうセルが回らなくなってしまった。まずはキーシリンダーがどんなタイプか確認するため、ハンドル周りを分解していく。セキュリティからシリンダー本体の赤表示の穴からドリルで揉まないと外れないタイプのようだ。現在の機能を生かしつつ [続きを読む]
  • クーラーガス
  • 少し前からエアコンの利きが悪くなってきた。どれぐらいから症状が出いるのか不明だが、来週の遠征前に効きを少しでも戻しておきたい。旧車ばかりを手掛けているので、134aは使ったことがない。専用の配管を使って200CCを補充する。補充の前の低圧側は2KG以下となっている。窓からガスの状態を確認するも、泡の具合が確認できないので、圧力を信じて補充してみよう。もちろん、低圧側から配管内の空気を抜いてから、缶 [続きを読む]
  • 車検 フォグランプ オイル交換
  • 車検を通すときにファグランプが点灯しない不具合があったが、通すだけならフォグランプ本体を外せばOKだった。でもここはしっかりと直しておきたい。ヒューズやバルブを疑ったが特に問題なし。そこで、一番怪しいリレーを疑ってみる。手軽さもあってまずは、汎用の4極リレーを購入する。しかーし、なんとリレーは正常のようで、点灯せず。やらかした〜そこで、バンパーやモールを外して配線をチェックしていく。不具合みっけ〜 [続きを読む]
  • BIINGに浮気
  • はずかしながらシングルフィンを所有したことがなかったが、Kさんからの刺激を受けて、すこしだけカルフォニアスタイルに迫ってみようと思う。しかも、ピンテールが好きな自分にとっては、BINGがピタリ。残念ながら、波の大きさはイマイチだったが、初めてのボードにはちょうど良かったかもしれない。ライトウエイトモデルだけあって、取り扱いはいい。テイクオフはドナルドのDT4よりスピードが出るかもしれない。でも、フ [続きを読む]
  • 北の国へ遠征 最終日
  • 最後の晩は街のホテルに宿泊。たぶん、外人さん相手の格安ホテルだった。これがなかなか良くって、また使ってみたい。この日は何とか大物を探して、まったく違う川へ。羊蹄山も歓迎してくれているような・・ものすごくトルクのある川でハッチもばっちりあるが、まったくライズなし・・・トホホ・・・この日天気に恵まれ風が吹いていて、なんと、なんと、とても酷い花粉症に。とても立っていられないほど、鼻水がダラダラと。最終日 [続きを読む]
  • レザークラフト クラッチバック
  • 今回は大物の依頼が入る。レザーの注文はいつもより倍の大きさでお願いした。A4サイズが充分に収納できる大きさに。手縫いでは少し大きすぎ〜レザー用のミシンを購入したので、早く使えるように準備したい。工業用ミシンについては、いずれまたブログアップしたい。初めての作品だが、なかなかいい感じ。最近はリバイバルで若者に人気があるようだ。使い勝手いいものは、見直されているかも〜。 [続きを読む]
  • 北の国へ遠征 3日目
  • なんと前夜に降った雨が追い打ちをかけて川の濁りがひどくなってしまった〜そこで、東へ大移動。雨鱒が登る川として有名な2本に挑戦することに。天気は快晴で、ハッチもそこそこある。しっかりとマメマスの模様をまとったイワナをゲット。厭きないほどにたくさん釣れてくる。そして、ヤマメもウグイもほどなく釣れてくる。特にヤマメのパーマークが美しい〜海からたった18kmほどのポイントにトラウト釣りができるとは、中部地 [続きを読む]
  • 北の国へ遠征 2日目
  • 2日目の天気は、時々雨模様でどんよりした感じ。若干通常より気温が低いようだ。水温14℃今回の釣行で一番の大物狙いのポイントではあるが、少しだけ濁りが入ってベストはいえない。どうなることやら〜。結局、ライズを見ることは無かったが、沈み石や倒木のあり、餌の集まるカーブする溜まりで、友人はウエットを使って、ニジマスを引き出してくれた。サイズには恵まれなったが、いることは確認できた。状況が芳しくないので、 [続きを読む]
  • 北の国へ遠征
  • いつもは東の北の国へ遊びに行くのだが、今回は偶然に知り合った方を頼って、北の国へ。飛行機はスカイマーク。荷物のウェイトを気にせず、安くフライト出来るので、とても使い易いLCC.次回もぜひ使ってみたい。さて、知人の紹介である湖へ。慣れない釣り方に苦労しながら、なんとか釣り上げる。この日は天気が悪く、ライズがあまりなかったが、水量は定期量で、濁りもなくいい条件だったと思う。最初は久々のブラウンに合わせ [続きを読む]
  • ワーゲンショップ訪問
  • 前回、車両を持ち込まずに話だけ聞かせてもらったが、とても親身に対応してもらったので、ここはじっくり腰を据えて教えてもらうことに。今回の課題は、足回りがどのような改造がしてあるか。そして乗り心地を快適にするにはどうしたらいいのか。社長によれば、フロントはトーションバーをひねった状態でローダウンされているようすで、最悪トーションバーが折れたり飛び出してしまうことがあるらしい。アジャスターなどの部品を別 [続きを読む]
  • ブレーキホース交換
  • レイトバスの機能をすこしでも正常に戻すために。ブレーキホース交換だけは早めに済ませておきたかった。すでにひび割れて、ホースが劣化している。いつブレーキが効かなくなってもおかしくない。通常ならばキャリパーを外してからホースに手を付けるのだが、なんとホースとキャリパーの間に鋼管がある。いままでこのタイプは見たことがない。つまり、キャリパーは外さなくてもいいってこと。ホースを交換する前に確認してきたこと [続きを読む]
  • バキュームチェック
  • W123メルセデスの旧車の弱点ともいえるバキューム配管。放置していた不具合をチェックしていく。かれこれ10年ぐらいドアの開閉をコントロールしているバキュームがどこかで漏れている。大きく影響はないのだが、正常ではないことは確か。そこで、助手席の足元のマットをはがして黒のカバーを外していく。このピンを見るのが初めて。ピンを再利用できる構造だけにうれしい〜さて、本題のバキュームホースの点検は、緑系(ロッ [続きを読む]
  • タペットカバーガスケット交換
  • お決まりのオイル漏れに対応するためにガスケットを交換する。左下側のガスケットからオイル漏れ・・・カバーを留めてあるスプリングを力の加えやすい上側に動かしていたが、正解は下側へ外さなければならない。スプリングに無理な負荷をかけてしまったので、マニュアル本に書いといてほしい〜さて、ガスケットの状態はコルクが切れて、ずいぶんと管理されていなかったことが推測される。カバーについては、アンダーコートが斑にな [続きを読む]
  • 古いステッカー
  • 明らかにひび割れたステッカーは手ごわい。ただえさえ、塗装が弱いレイトバスくん。丁寧にドライヤーで温めて、専用のスッテカー剥がしを使って、ゆっくり捲っていく。リムーバーを使ってもとれない汚れをリョービの サンダポリシャとコンパウンドで剥がしていく。意外にきれいになったかも〜触れば触るほど、いじればいじるほど車はきれいになっていく。慌てずゆっくりと仕上げていきたい。次回はオイル漏れのメンテナンスをブロ [続きを読む]
  • フォルトゥナの瞳
  • 友人の紹介もあって何となく読ませてもらった。これが意外に面白かった。百田尚樹は「永遠の0」でお世話になったことがあるが、まさか次の本もはまってしまうとは・・・短くなる寿命に耐えられるだろうか。人のために自分を犠牲にできるだろか。自分の人生に当てはめることができなかった。重い〜 [続きを読む]