baetis さん プロフィール

  •  
baetisさん: 綻びの備忘録
ハンドル名baetis さん
ブログタイトル綻びの備忘録
ブログURLhttp://baetis.blog104.fc2.com/
サイト紹介文メルセデスベンツ W123 フライフィッシング 波乗り
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供207回 / 365日(平均4.0回/週) - 参加 2013/07/11 22:44

baetis さんのブログ記事

  • レイトバス トーションバーとアームシャフト
  • この車両はあるショップのオーナーさんの持ち物。勝手にブログアップさせてもらってます。すべてがオリジナルで保存されているので、参考にさせてもらってる。足回りの大事なメンテナンスの話。トーションバーやアームシャフトは2500KMか3ケ月の間隔でグリスアップしなくてはならない。これをやらないと、足回りがガタガタになっちゃうそうで。自分が持っているグリスガンは、補充タイプで量が少ない。試しに打ち始めたが、 [続きを読む]
  • 竜馬がゆく
  • もっと早く読むべきだった。読む機会に恵まれたのでとりあえず、2巻分。司馬遼太郎は執筆するまでに歴史を調べ、過去の手紙などから事実を積み上げていったことがうかがい知れる。また、坂本竜馬の性格を面白おかしく表現し、変革する時代背景をうまく取りいれている。読み終えるには数巻あるが、少しだけ他の本に浮気してから再度読もうと思う。 [続きを読む]
  • 街で見かけた旧車  タイプ3
  • 前回の海でタイプ3に遭遇。日頃行かないポイントだけに始めて見る空冷ワーゲンを見つけた。この個体とてもきれいに管理されている。「イワセ」のステッカーが貼ってあるので、まったく根拠はないが、長いこと乗り続けてられているのでは。このキャリアは自分が二十歳の頃にGOLFⅠに付けていたものと同じ。懐かしい〜純正のステアリングにレザーが巻いてあった。参考にさせてもらおう〜 [続きを読む]
  • エギング
  • フライロッドをエギロッドに換えて、釣り欲を発散する。9月中旬と言えば、年間を通して一番アオリイカが釣りやすい。午前中は健康診断を受け、胃の検査でバリュウムを飲んでいた。午後からはフリーな時間があたので、日本海までひとっ走りしてきた。ちょうど日が落ちる時間帯を狙って、地合いを探っていく。でも、釣りをしている間に2回ほどバリュウムの下りに耐えきれず、トイレに駆け込む。結局、4時から8時までの4時間をしっか [続きを読む]
  • レイトバス ウインカー配線
  • イグニッションを修理しているときにウインカー類の配線が外れてしまっていた。ところが、その配線がどのソケットから繋がっていたか分からずじまいで、すでに2ケ月以上片方のウインカーだけが点灯しないままだった。基本に帰って、配線図を見ながらじっくりと配線をチェックしていく。2週間前にもチャレンジしていたが、その日は修理できず。日頃からダメなときは諦めて寝かせることで、解決することがある。この日は何か上から降 [続きを読む]
  • レイトバス 内装 ベッド編
  • この時代でも両側のスライドドアが開けることができる。バスで遠征に行くために仮眠が取れるように後部をWOODYに加工していく。2人がゆったりとくつろげるフローリングで床を作成。なるべく軽い材料で、走りに影響がないように。しかも、丈夫でなければならない。フローリンンの下は荷物が充分に収納できるように。さあ、これでベースができたので、カーペットをひいておしゃれな空間にしていこう〜 [続きを読む]
  • 秋のフライフィッシング
  • 今シーズンは他に集中することがありすぎて、釣りに行くことがないがしろに・・・そうこうしているうちに禁漁が迫ってきた。友人の爆釣情報に誘われて、シーズンラストスパートを掛ける。この日は水温13度とまあまあ。曇りで釣りやすい状況だったが、魚の活性はナッシング!フライを見に来るが、途中でやめてしまう。フッキング至ったイワナは緩い流れで、フライをしっかり見せた時だけ・・・そんなにうまく流すことはできない。よ [続きを読む]
  • レイトバス ブレーキOH
  • なんとブレーキが突然きかなくなった。スコーンと・・・たぶんペーパーロックでしょう〜少し前のチェックでは問題なしだったのだが・・・・先日リアをジャッキアップした時に左後ろタイヤの動きが悪かったので、まずはそこから。若干引きずりがあるようなので、背面のコマを調整しておく。この調整でサイドブレーキとフットブレーキの利きが悪くない程度に専用工具がないので、ドラム本体が外せないので、これからの課題。また、ド [続きを読む]
  • SURF ロングの聖地
  • ホームグランドはクルマが多くて入れなかった。先日、遅くまでクルマをメンテナンスしていたのがいけなかった。そこで、うろうろしているうちに、上手な人ばかりで敬遠がちだったポイントにお邪魔することに。ただ、ロングのポイントに集中して人ばかりで、譲っていたらいつまでたっても乗れない。また、南からの風で波質が悪い。残念だけど早めに上がって、マッタリ時間を楽しむ〜画像にある同じボードスタンドを使っている人は少 [続きを読む]
  • レイトバス プラグ
  • レイトバスが来てから1番に交換を予定していたのに、部品を購入してのうち状態だった。特にエンジンが調子悪いわけでもないが、まずは点火を正常に保つことが基本でしょう。「B5HS」と純正と同じ仕様で交換。外したプラグはいいきつね色している。特に問題はないが、交換によって高回転までしっかり回ってくれて、燃費が良くなるかもしれない。マル〜 [続きを読む]
  • レイトバス NEW タイヤ
  • 足回りのリフレッシュと同時に交換を予定していた。現在履いていたタイヤはひび割れて、いつバーストしてもおかしくない。高速道路を想定しているので、さっそく交換作業に。タイヤはダンロップのエナセーブVAN01で商用車用。乗り心地を意識して6Rをチョイス。タイヤの誕生月は、2017年の28周目。ネット購入でも、意外に新しいタイヤでうれしい誤算。車両からタイヤを外す作業は業者に依頼できないので、4輪とも外してお [続きを読む]
  • レイトバス Rショックアブソーバー
  • 先日のフロントショックに続いて、リアも交換していく。リアのタイヤを外すには、少々面倒な儀式がある。それは、ドライブシャフトとフレームの間にジャッキを噛ませて無理やりホイールを下げてやる。フェンダーに当たって外すことができないからだ。リアのショックアブソーバーはフロントと同じように簡単に脱着が可能だ。新旧と少しだけ太さが違うようだが、もっとも信頼ができるKYB製だけにまったく心配がない。古いショック [続きを読む]
  • レイトバス キーシリンダー編 その7
  • キーシリンダー修理の最終編先般のブログで再生した樹脂をヤスリで整形していく。さらに鉄蓋を2液ボンドで接着して元に戻す。組み立てる前にシリンダーにモリブデングリスをまんべんなく塗布しておく。さらに将来シリンダーを外すときのために、隠し穴にフックが刺さるようにステンレスフックを作成しておく。一応、作成をしてみたが、シリンダーをケースに挿入するときに相当な力が必要だった。つまり、外す時も苦労することが想 [続きを読む]
  • W123 300TDT 異音
  • ヘルプです!このブログを見ていて、クルマのメンテナンスについて詳しい方、教えてください。車両はメルセデスW123 1981年式 ディーゼル3000CC ターボ付き  トルコンコンバータです。【症状】  「セルを回して、エンジンが始動する瞬間に「ドン」と異音がする」イメージはシフトが変わるときにドンとなる感じ。これって、セルのピニオンギアの戻りが悪い場合とは違う気がする。まだ、エンジンルームやジャッキアップ [続きを読む]
  • レイトバス キーシリンダー編 その6
  • キーシリンダーと一体になっているケースの不具合をチャックしていく。構造が分からないので、無理やりとった鉄蓋の中身を確認すると白い樹脂がかけていることが判明。度重なるキーの出し入れによって、負担が掛かる場所が削れている。そこで、樹脂再生をできるリペアキットを使ってみる。どのくらい強度がるのかわからないが、やらないよりはマシ。少々不恰好だが、これからヤスリで成形してセット。VWのウインカーやキー関係の [続きを読む]
  • MSR メンテナンス
  • モチヅキさんからOリングなどが届いたので、メンテナンスを。このMSRは1996年購入のmsrウイスターライトの旧タイプ(siggボトルに使えるタイプ)。それ以来、ノーメンテでハードな使用にも耐えてきたが、さすがに圧を掛けた時にガソリン漏れの症状が。とりあえず、パッキン関係を総替えしておきたい。まずはフューエルチューブOリングを交換。なぜか、新品は赤色で塗装されていた。新品であることを示しているのだろうか〜次に [続きを読む]
  • レイトバス 配線トラブル その3
  • 長いこと配線の不備に悩まされてきたが、なんとか最後の断線箇所を発見!配管に隠れて発見が遅れてしまった。インジェクションコイルの手前にあるヒューズの周辺が焦げて断線していた。ヒューズホルダーは形が無くなるほどに焦げていた。そんな症状でも、8Aのヒューズは切れていなかった。なぜ?修理は日本製の平型のヒューズとホルダーを用意していく。ドイツ車に使われる芋型のヒューズは手元に用意はあるのだが、ホルダーが手 [続きを読む]
  • レイトバス 配線トラブル その2
  • ここ何週間はテスターを使って、通電や断線箇所のテストを行ってきた。配線図で各配線を追いながらチェックしていくが、不具合が見つからない。そこで、電装系を勉強してくつもりで、総チェックをかけていく。バッテリィーに最も近い、ジェネレターにつながるレギレーターに焦げを発見!なんと、レギレーターのアース線が焦げ付いて断線してるじゃないの〜このレギレーターは比較的新しい空冷VWに使用されている日本電装品。ボッ [続きを読む]
  • チェーンブロ
  • 最近のバイクはカウリングでカバーされていたり、アルミ製でできていたり、とジャッキをかませる場所がない。普通はスタンドを購入するべきだが、車種によって使用できなかったりするので、ここは他の用途も視野に入れて対応したい。そこで、将来クルマのエンジンを吊り上げることができる手動式の2tチェーンブロックをセットした。これで、いつでも簡単にバイクの足回り作業に使える。マル [続きを読む]
  • 夏のSURF
  • 毎シーズン、夏は身内と一緒に来ることがある。今年も波の穏やかな日を狙って、遊びに行ってきた。入水時は満潮だったが少しずつ、波質も良くなっていく。曇りがちだった天気は後半になって、ピーカンに。実は自分の息子たちも海に波乗りいく。勧めたわけでもないが海に山に同じスポーツに興じてくれる事にたまらなく・・・・・・。出来れば、自分ができなかったことも含めていろいろなことにチャレンジしてほしい。 [続きを読む]
  • W123 TDT 車検
  • 毎回ドキドキする車検がやってきた。特に不具合がないと思っているが、素人メンテは見落としがあるかもしれない。結果的には車検をパスできる状態だったので、関係ない不具合だけの報告を受けた。その中にレベライザーが機能してないとの報告があり、さてどうしたものか・・・リアのショックは充分に働いているようだが、重たい荷物を載せたときに高さを制御してないようだ。走るだけなら問題ないが、レベライザーのBOXかそれと [続きを読む]
  • レイトバス 配線トラブル
  • 3週間ほど不動が続いている。一度、ヘッドライトの直結配線をアース側に配線して、ショートさせてしまってから、不具合が直らない。ヒューズが飛んでくれれば、もう少し電装品が守られるのだが、どこかの配線に熱を持って短絡しているのかもしれない。どちらにしても、原因探しに時間がかかりそうだ。最悪はハーネス全体を交換していくことも視野に入れなくては・・・それにしても電気配線は難しい〜備忘録として経緯を記載したい1 [続きを読む]
  • レイトバス 年式について
  • すこしだけ化粧を〜ヤナセの輸入車は1年遅れで日本に入ってくることが当たり前だった。当時は残り物が輸入されていたのだろうか。この車両も1977年登録だが、このプレートを見る限りは、1976年製造と分かる。3桁目6がそれらしい〜また、パネルバンであるデリバリーバンは、スペックも少しだけ古い仕様となっているようだ。2000ccのエンジンが主流になっているのに1600ccのエンジンが使われたり、ブレーキサ [続きを読む]