roko さん プロフィール

  •  
rokoさん: みちこのスケッチノート
ハンドル名roko さん
ブログタイトルみちこのスケッチノート
ブログURLhttp://rokochan1101.blog.fc2.com
サイト紹介文旅先でスケッチしたり、好きな音楽を聴きながら、お花や果物を描くのが何より楽しく幸せな時間です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/07/14 13:24

roko さんのブログ記事

  • ピンクのチューリップとりんごは不思議な空間へ〜♪
  • ピンクのチューリップを描くとき、背景はいつも爽やかなグリーン系にしたくなるが、今回は思い切って青味がかった濃いめのグレイ〜黒っぽい色にしてみた。そしてチューリップには赤いりんごを1個添えたい〜何故かといえば、う〜む理由なんてない。ただなんとなく〜〜。少し幻想的で不思議な雰囲気に〜〜なったかな?!でもちょっといじり過ぎました(反省(*^^)v)いつもブログを見てくださってありがとうございます!あなたの1票が [続きを読む]
  • 木澤平通水彩画展に行く&岩屋の港スケッチ2枚〜♪
  • スケッチ仲間のKさんの先生、木澤平通さんの水彩画展に行く。神戸BBプラザ美術館2Fで〜3/26(日)まで開催です。水彩の魅力にじみ・ぼかしを多用した作品はハガキサイズ〜100号まで数えきれない〜1年に1000枚は描かれると言う。現場スケッチが多く、スケッチを元に大きいサイズに仕上げた作品も多数〜〜とにかく水に任せてさわらないさわらないが鉄則!!透明感あふれる魅力的な作品に感動です!岩屋へ行ったついでに水彩ペンでち [続きを読む]
  • ふたり展と奈良浮見堂スケッチ〜♪
  • 大好きな稲田さん&松下さんのふたり展のため再びならまちへ行く。2人あわせて24点(6〜8号サイズがメイン)の作品が所狭しと置かれている。2人の作品は、それぞれイメージが違うのにどちらも力強さの中に繊細さを感じ、稲田さんの作品はどこか郷愁を誘い、ふと自分がそこに佇んでいるような気持ちになりホッとする。一方松下さんの作品は滲みやぼかしを生かした美しい絵にうっとり〜とても見応えのあるふたり展でした。奈良へ行っ [続きを読む]
  • 九度山・高取町を歩く&ペン描き5枚〜♪
  • 連休は19・20日と2日続きで歩いた。19日は真田幸村ゆかりの地、九度山へ行く。ここでは、1枚スケッチしたが、思うように描けず、途中で水彩ペンで誤魔化したが、気に入らず後日描き直すことにした。昨日は、恒例の歩き会で城下町高取町の雛めぐりに出かける。ミニスケッチグッズを用意していたが、素晴らしいお雛様とおしゃべりに夢中になり忘れてしまった。昨夜は流石に歩き疲れて早くから寝てしまった。今朝、写真を整理していた [続きを読む]
  • 幸せの黄色い花ミモザを描いてみる〜♪
  • もう過ぎちゃったけど3月8日はミモザの日らしい!3月8日は国際女性デー、イタリアでは、この時期に自生するミモザの花を好きな女性に感謝の気持ちをこめて贈ったとか〜?そういえば4月にシチリアへ行ったとき、ミモザの花をあちこちで見かけたなあ〜♪幸せの黄色い花ミモザを描いておこうかな〜でもちょっと肝心なところで失敗してるけど〜まあいっか(*^^)vいつもブログを見てくださってありがとうございます!あなたの1票が入りま [続きを読む]
  • 鳴門の港&wet in wetで描いた金魚
  • 昨年11月息子家族と一緒に旅行した鳴門で出会った静かな港。大塚美術館の裏手にあり渦潮観光船の乗り場近くだ。渦潮観光船に乗る前に少し時間があったので散策。早く描きたいなと思いながら、苦手な水面〜ついつい手がつかず今頃になってやっと描きました。もう少し晴れた感じでしたが、wetで描いたら、曇り空っぽくなってしまいました。2枚目は青江画塾の画題、wet in wetで描く金魚〜昨日先生に見ていただいたら、「wetいい感じ [続きを読む]
  • 稲田敏良&松下憲司 ふたり展のご案内
  • お二人とも青江画塾の生徒さんですが、画力は生徒さん以上〜青江先生と同じくらいです。4年前の画塾1年目の作品展からこんなに素晴らしい絵を描かれるのになぜ青江画塾に〜と思っていました。そんな大好きなお二人の作品が同時にたくさん拝見できる機会は初めてのことです。3/21(火)〜30(木)ならまち資料館にて開催です。春の奈良公園散策かねて是非お出かけください(*^^)v1枚目は稲田敏良さんの作品です。2枚目は松下憲司さん [続きを読む]
  • 水彩ペンと水筆スケッチ〜♪
  • 耐水ペンは何度か使ったことがあるが、水に溶ける水彩ペンを使ったのは初めてだ。以前から、適度に水に溶けるペン書きスケッチがおもしろそうだなと思いながら、なかなか手を出せなかった。机の中を探したら、お目当てのペンが何本かあったので、描いてみた。ここは昨年訪れたピエンツア(トスカーナ)、現場でスケッチした場所でもあったので、いきなりペンでもいけるかなと思ったが、あたりを鉛筆で描き始めた。しかし、きっちり [続きを読む]
  • バラが咲いたバラが咲いた〜練習中♪
  • 今年はなんだかバラが描きたくて描きたくて〜練習中です。とくに脇役の背景と葉っぱをどうかけばいいか悩み中です。とりあえず練習の一枚記念にUPしておこう(*^^)v横長なので して見ていただけると嬉しいです〜♪あなたの一票が入りますので、にほんブログ村をポチッとしていただけると嬉しいです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • ならまち漢方薬局スケッチはダーマトで〜♪
  • ならまち漢方薬局前でスケッチし始めたが、下書き7割くらいのときに車が頻繁に駐停車し始めて前が見えなくなった。しかたなく場所を移動して一昨日UPした絵となった。下書き途中で放っておいたが、紙がもったいないのでなんとか仕上げてみた。この薬局はブルーの幟が魅力だが完全な北向き〜店に光が射すことがない。絵具を付けてもメリハリのないぼ〜っとした絵になった。ただでさえメリハリのない絵なのに・・・。没にするつも [続きを読む]
  • ならまちスケッチ&村上ゆたかさん作品展in ならまち資料館
  • ならまち資料館で開催中の村上ゆたかさんの作品展に行ってきました。村上さんは水彩の魅力である滲みとぼかしを存分に使って作品づくりをされる。水彩紙と絵具と水に任せた作品はどれも美しく魅せられる。ならまち資料館での展示は、ガラスケースの中に入っていて、まるで正倉院展の宝物のようだ。なかでも飛火野の四季が素晴らしかった。作品展のついでに、ならまちの伝統的な格子のある家をスケッチする〜♪あなたの一票が入りま [続きを読む]
  • 寺内町でスケッチ2枚〜♪
  • 久しぶりに富田林寺内町へスケッチに出かけた。2枚とも梅の花が咲く3月にふさわしい路地だ。昔馴染みの絵友だちと一緒に描いたが、2人とも花粉症で鼻がムズムズ、くしゃみや咳が出てちょっと苦しく集中できない。スケッチのあとカフェで久しぶりにおしゃべり〜こちらも楽しい。絵の方は、途中まで水筆で描いたので、仕上げは自宅となった。F4を水筆で描くのはちょっと大変だ。F2くらいにしておけばよかったかな。久しぶりの [続きを読む]
  • バラと水滴を描いてみる〜♪
  • バラの花びらに転がる水滴は美しく、まるで宝石のよう〜♪2〜3年前に描いてみたいなと思いましたが、どう描けばいいのかわからなかった。今回浮き玉の描き方を習ったら、水滴は、花びらに乗った浮き玉のミニ版と思ったら、なんとなくそれらしいのが描けた。少し前に一度描いたが、目玉みたいでちょっと気に入らなかったので描き直してみる。前回より少し良くなった気がする。花びらも葉っぱも、もちろん水滴も、もう少し描きこん [続きを読む]
  • ピンクのラナンキュラスと浮き玉を描きました〜♪
  • 先日のモノクロに続いて青江塾で描いたカラーバージョン。先生の花の色はオレンジ、浮き玉は濃いグリーンだったが、あまり好きじゃなかったので、淡いピンク色と濃紺にした。昨日、仕上がりを先生に見ていただいて、奥のガラス玉を少しぼんやりさせた方が良いと言うことで修正して投稿です。先生に手順(明暗の捉え方、空気感など)を習って、後は自分風に好きなように描く。模写やワークショップが苦手な私には、このやり方が気に [続きを読む]
  • 青江健二先生の本からそっとしておいてを模写してみる〜♪
  • 日貿から出版の青江健二先生の本、三原色を極める「大人の水彩画塾」がAmazonから届いた。早速大好きな「そっとしておいて」を制作手順に従って模写してみる。もともと模写があまり好きじゃないので、途中で何度か挫折しそうになったが、なんとか1日がかりで描き上げることができた。ただ先生はマスキングを使っていないが、私は赤い実と細い枝にマスキングを使った。その他勝手に変えているところもちょこちょこある(模写じゃ [続きを読む]
  • ふきのとうを描いてみる〜♪
  • 山の辺の道歩きで見つけたふきのとう〜少し育ち過ぎだが、絵を描くにはこれくらいがちょうどいい。持ち帰って絵を描いていると、みるみる元気に成長していく。水に入れていなくても元気!普通なら萎れていくところ、生きようと必死なのか頭を持ち上げてまるで「生きてるぞ〜」って叫んでいるみたいだ。ふきのとうを見習わなくちゃ!絵の方はちょっと散漫〜〜ふきのとうよりブリキの容器がちょっといい感じかな〜(*^^)vあなたの一票 [続きを読む]
  • バラの涙
  • 青江塾で習っているラナンキュラスと浮き玉の描き方を生かしてピンクのバラとしずくを描いてみる。色は三原色ではありません。ちょうどしずくがバラの涙のように見えます。しずくの描き方は、きっと浮き玉っぽく描いたらいいんじゃないかなと思って応用してみた。しずくがちょっと多い気ががするが、2〜3個はしずくに見えるかな〜♪F6サイズに描いたら、花がでか過ぎて結構描き辛かった。青江塾で描いたラナンキュラスと浮き玉 [続きを読む]
  • クリスマスローズとランプを描く&青江健二先生の本紹介
  • 前回三原色で描いたクリスマスローズをもう一度好きな絵具を使って描いてみたくなりもう一枚描いた。同じバージョンで描いてみたが、よく見ると、どうも構図がよくなかったような気がする。また一から描き直しです。とりあえず記念にUPしておこう。気付けばやはりこれもブルーグリーンの背景になっていた(*^^)v今通っている青江塾の青江健二先生が三原色を極める「大人の水彩画塾」(日貿出版社)技法書兼画集を出版されました。 [続きを読む]
  • ガラス瓶をラフスケッチ〜♪
  • 重苦しい雨の絵を描いたら、爽やかな絵が描きたくなる〜♪家にあったガラスの瓶を集めて並べてみる。ついでに先日の白い小花を活けて描く。色は、なんとなく三原色を使ってシンプルにしてみた。水張りをしていないので紙が少し波打ってきたが、練習なのでまあいいか〜娘に借りた3本の香水瓶、綺麗なんだけど絵にするのは難しい〜〜この頃なぜかブルーグリーンがお気に入りみたいだ(*^^)vあなたの一票が入りますので、にほんブログ [続きを読む]
  • 雨のサンジミニアーノ2017の絵と2010の絵
  • 水彩くらぶの作品展のテーマが雨と言うことで不慣れな雨の絵を描いてみる。1枚目のカンポ広場は撃沈!捨てた!2枚目の雨のサンジミニアーノも途中で辞めたくなったが、とりあえず最後まで仕上げてみようと頑張った!だんだん暗く汚い絵になってきた(T_T)雨のサンジミニアーノは、2010年の大阪水彩くらぶの作品展に出品したことがある。〜PCを探してみると出てきた!なんて明るい雨の絵なんだろ〜笑える!!雨の絵の出品は諦め [続きを読む]
  • アネモネと白い小花を描いてみる〜♪
  • お花屋さんで見つけた色鮮やかなアネモネと小さな白い花〜描きたい気持ち優先で買ってしまった。小さな白い花は、やはりマスキングするしかないけれど、それでもやはり可愛い〜♪ガラスの花瓶に入れて〜ちょっぴり春めいて〜春色の汽車にの〜って〜〜♪スイトピーじゃないけどそんな気分だな(*^^)vあなたの一票が入りますので、にほんブログ村をポチッとしていただけると嬉しいです!にほんブログ村 [続きを読む]
  • 牡丹の花を描いてみる
  • 中学時代に体育の女の先生がスラリと背が高い生徒のことをこんな風によく言っていたなあ〜「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花〜」と。その頃から私は背が低かったので、そんな言葉とは無縁の学生時代を悶々と過ごした。だけど、その先生もめっちゃ小さい先生だった。きっと先生も背が高く美人の生徒に憧れを持っていたのかな?!〜と牡丹の花ってどんなんだろうかとあれこれ想像していたが、はっきり美しいと認識したのは [続きを読む]
  • ラナンキュラスと浮き玉〜モノクロバージョン
  • 今年から青江塾が場所もメンバーも新しくなり、1月は、先生が撮った写真を見ながら、ラナンキュラスと浮き玉を描く。最初に描き方と手順の説明を聞いて自分のペースで描いていく。ワークショップとは微妙に違う。色も描き方もある程度自分風に描いてよいと言うことだったので割合気楽に取り組めた。1月はモノクロバージョン、2月は三原色で作るカラーバージョンで描いていく。今日、カラーバージョンが7割くらい完成した。モノ [続きを読む]
  • クリスマスローズが描きたくて〜♪
  • クリスマスローズは毎年描きたい花だけど、下を向いているので描きづらい。そんなとき、お花屋さんで前を向いてるクリスマスロズを見つけた。これはクリスマスロズの原種と言うことだった。切り花にして食卓に置いてみると朝の光の中でお花も影も綺麗だった。そんな食卓にをランプとりんごを合わせて描いてみた。たまたまスーパーで紅玉を見つけたので嬉しくなった。グリーンは王林だけど〜。ランプはシチリアの骨とう品屋で買った [続きを読む]
  • かに道楽スケッチ&大口かつみさん個展に行く
  • ギャラリー香へ大口かつみさんの個展に行きました。かつみさんの作品はFBなどで拝見していたが、原画は画像ではよくわからない微妙な色合いが素敵でなにより個性的なアーチストの作品ばかりだった。個展は道頓堀筋ギャラリー香で1/31(火)まで開催です。個展の前にほんのちょこっとスケッチする。ハガキサイズくらいの半端な紙に描いたが、上も下も切れるという中途半端でめっちゃ幼稚なスケッチになったがまあいっか〜記念にU [続きを読む]