ぴろし さん プロフィール

  •  
ぴろしさん: 幸か福岡かふくおかひろし
ハンドル名ぴろし さん
ブログタイトル幸か福岡かふくおかひろし
ブログURLhttp://fortunehills.blogspot.jp/
サイト紹介文広島で細々と生活しています。毎日の出来事を掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供372回 / 365日(平均7.1回/週) - 参加 2013/07/15 15:10

ぴろし さんのブログ記事

  • 昨夜の暴風雨がうそのよう 穏やかな海太陽が光る
  • 昨夜の暴風雨がうそのように、静かな朝を迎えました。強い風で、見たことのない波紋が砂浜に刻んでいました。今朝は太公望の姿も。広島市内から車を走らせて、昨夜から釣り糸を垂れていました。西の山々が赤く染まるころ、太陽が反射され一本の光が伸びていました。太陽の位置も変わり、明日は見られない光景。ささやかな偶然でした。日が高くなるにつれ、江田島湾に避難していたクレーン船もスポットライトをあざていました。ここ [続きを読む]
  • 台風18号接近 始発の新幹線西村京太郎気分に
  • 電車の到着を待っている女性がひとり・・・。朝の東京メトロプラットホームです。そこに、有楽町方面の始発電車が到着しました。今日は、台風18号接近で仕事となったので、予定を繰り上げ広島に帰還することになりました。午前6時発「のぞみ1号」博多行き。今日、2年ぶりの再会する予定でしたが、悲しむかのよう窓ガラスに水滴がついていました。西に行けば行くほど、青空が広がる光景。台風到来疑うような光景が車窓に広がりまし [続きを読む]
  • 『大和骨董市』で再会 日本一のビン収集家「びん博士」
  • 「何を撮っているんだ』。怪訝そうな顔をしているのは、日本一のビン収集家「びん博士」。相手があっしだと分かると、笑顔に変わりました。ビン収集の傍ら、大学講師、執筆業、ライブ活動もされている。著書も多数発刊。9月7日にはNHK BSプレミアム「ニッポンぶらり鉄道旅」にも出演しました。ここは、神奈川県大和市で毎月第3土曜日に開催される『大和骨董市』。相鉄線大和駅駅前にあるプロムナードです。テント一張りで [続きを読む]
  • 3年ぶりに知人と再会 赤羽ではしご酒
  • 「酒場という聖地へ 酒を求め、 肴を求めさまよう」。この番組の冒頭で映っている地域だそうです。3年ぶりに再会した知人とともに「赤羽」に来ました。ディープな響きにちょいとうっとりします。つぶ貝がうまい。シャキシォキの水ナスに舌鼓。道を歩くと、カマからたちのぼる煙に食欲がそそられます。 リーズナブルな料金に、赤羽ではしご酒。知人と再開を誓い赤羽をあとにしました。 公式サイト幸 [続きを読む]
  • 久しぶりの再開 気仙沼の縁目黒で語る
  • 目の前に、アツアツの羽根付き餃子が出てきました。1年6か月ぶりにお江戸へ参勤交代。会いたい人も多くいますが、今回も会えない人がほとんど、涙を呑みました(涙)合流は「ニーハオ 目黒店 (你好)」。羽根付き餃子発祥の店で本店は蒲田にありますが、暖簾した目黒のお店に。クリエーティブな仕事をしている彼は旧知の知人。島で彼の辣腕を見るたびに目を細めています。大層な人間ではありませんが、彼からは『アニキ』と呼ば [続きを読む]
  • 心底ホッとしたひととき 「ふくおか会」の夜はふける
  • 夕暮れのバス。目的地に向かってバスは進んでいました。9月13日(水)のカレンダーに「ふくおか会」の文字が躍っていました。バスに揺られること30分。目的の店に到着しました。知り合いから「カレンダー見たよ。ふくおか会って?」と聞かれることもしばしば。今夜は月一回、地域貢献をしているお兄ちゃんたちと一緒にグラスを傾ける日。まずはビールを一杯。三々五々、メンバーが集まってきました。定番の鉄板料理に舌鼓。酒が進 [続きを読む]
  • 丸々とした毬栗の姿 実りの秋がすぐそこに
  • 「ζξδ?」。暗号のような文字が躍っていました。見上げると丸々とした毬栗の姿が、空に浮かんでいました。道から程近いクリの木。イタズラ好きの虫が、暗号のような文字を刻んでいました。茶色く変色し、夏の名残が残った花が季節の移り変わりを感じさせられます。道には、小さいうちに落ちたクリが、イノシシのお腹を満たしていました。実りの秋がすぐそこに。食欲がそそられます。 公式サイト幸か福岡かふくおかひろしemail: [続きを読む]
  • こだわりの日本酒ズラリ 旨い酒に記憶もすっ飛ぶ
  • 島内でこだわりの日本酒が並んでいる店へ約半年振りに暖簾をくぐりました。グリーンの光るラベルは「うまからまんさく」の文字。一次会で帰る予定だったのですが、ボルテージは最高潮。タクシーを飛ばしてこの店に。秋田県横手市増田にある日の丸醸造の酒。日の丸醸造は、秋田の豪雪地帯横手市増田にある酒蔵。古い町並みが残り、一度訪れたことがありました。出される料理に舌鼓・・・。と、夜の足取りを紐解きましたが、写真を見 [続きを読む]
  • DASH島夜の帳下りる 島の明かりポツリポツリ
  • 夜の帳が下り、島に明かりがポツリとポツリと灯りはじめました。標高542メートルの野登呂山山頂から、夜の瀬戸内海をながめていました。かなたに見える松山市由利島。ザ!鉄腕!DASH!!「DASH島」の明かりは見えません。TOKIOの皆さんは滞在していないようです。かなたには伊予市の町明かりが。ひょっとして、肱川の霧の皮が見られるのではとちょいと期待も(笑)山口県柳井市と大島郡周防大島町間の大畠瀬戸に架か [続きを読む]
  • 家業の稲刈り 稲架干し額に汗
  • 稲穂の上にバッタが羽を休めていました。ちょいと遅めの夏休みで来週木曜日からお江戸へ参勤交代を前に、心配だった稲刈りをしました。実入りは十分。今年は日照時間も十分で豊作でした。ご先祖様から代々受け継いだ土地で、民家も近いので荒らすことができない場所。心は既に箱根を越えの中、額に汗しました。バインダーで刈り取ったあと、稲架(はぜ)で干します。じいちゃん、ばあちゃん、とうちゃんの『さんちゃん農業』。午前 [続きを読む]
  • 造船所で遊漁船検査 海に行きたい気分に
  • 船の船首が笑っていました。近所の造船所で、遊漁船が検査をしていました。過酷な船旅をしていたことが船首部分で物語っています。スクリューも取り外され、シャフトだけの姿に。船に開いた穴がトイレも完備。これ以上近づくと、痴漢と間違われそうなのでこのあたりにしておきますが(笑)秋の空にシルエットとなっていました。そろそろ海に行きたい気分に浸りました。 公式サイト幸か福岡かふくおかひろし [続きを読む]
  • すすき梅雨の空 寄せる波にカキひび映る
  • 今朝は、すすき梅雨の空が広がりました。瀬戸内海は干満の差が大きい瀬戸内海。今日は満月なので潮位が一段と大きくなりました。満潮で海の中にいたカキひびも干潮になると姿を現します。沖合でカキの幼生を種付けしたホタテ貝の殻をカキひびに吊るしています。カキは大きくなりすぎると、翌年の夏の産卵後に死ぬことが多いため、瀬戸内海の潮位を利用して、水中につかっている時間が少なくし、環境の変化に強い抵抗力をつけていま [続きを読む]
  • 整然と並ぶ段々畑 広島県最南端『鹿島』ニブラリ
  • 広島県で一番南にある自動販売機が、のどを潤してくれました。広島県最南端の有人島「鹿島」に。周囲9キロほどの島で。平地が少なく、山も急斜面なので耕地にするために、石垣を築いています。その形がピラミッドのように見えることから、「第6回美しい日本のむら景観コンテスト」で「段々畑のピラミッド」として選ばれました。整然と並ぶ段々畑は、江戸時代後期から明治にかけて移り住んできた先人が、山から出る石や磯の石を「 [続きを読む]
  • 稲穂頭を垂れ 日差し浴び風に揺れる
  • 十分に実が入った稲穂が頭を垂れていました。夏には青かった田も、次第に色づいてきました。一面黄金色の稲穂。他の地域からは、稲の収穫の知らせが。秋の到来は意外と早いようです。初秋の日差しを浴びて、稲穂が風に揺れていました。 収穫はもうすぐ。今年も期待できそうです。 公式サイト幸か福岡かふくおかひろし [続きを読む]
  • 膳棚山真紅に染まる 秋の色に空も変化
  • 標高839メートル。呉市の膳棚山が真紅に染まっていました。このあたりも9月の声を聞き、めっきり秋らしくなりました。空も秋の色に変化。随分高い空になった感じがしました。山から朝日が昇ってきました。海の色は黄金色に変化。行き交う船もシルエットになっています。太陽は、見る見るうちに高くなってきました。広島に行く定期航路も、波が航跡となっていました。お日様が昇る市を狙っているのですが、雲がかかったりぼやけ [続きを読む]
  • だれもいない海歩く 「かんぽの宿安芸能美」痕跡残る
  • 海に突き出した岬に大きな岩があります。その近くに平成18(2006)年3月で営業を終了した簡易保険保養センターの名残が残っていました。小泉改革で営業を終了した安芸能美簡易保険保養センター(かんぽの宿安芸能美)は、『松ケ鼻』にあった宿泊施設。海岸線を歩きました。遊歩道もないので、一歩一歩砂浜に足跡がくっきり。松ケ鼻のの岩はいたるところに亀裂がありました。手でも簡単にポロポロ取れるほどのもろさ。風化が進 [続きを読む]
  • 空から大きな入道の顔 雲の変化を見上げ帰宅
  • 空に大きな入道の顔が、下界を見ていました。瞳まである雲。全く関係ありませんが、入道雲を見ると、高山樗牛が明治27(1894ょ年に書いた唯一の小説『滝口入道』(たきぐちにゅうどう)を思い出します。ここ数日雲の多い日が続きましたが、今日は秋空が広がりました。セントバーナードや牛も微笑んでいます。山影から現れたのが、口をあけた大きなイノシシ。泳いでわたってきたイノシシが、島でも悪さをしています。日も暮れか [続きを読む]
  • 34年前アニメ放送 24時間テレビ見て思い出す
  • このキャラクターを知っている人は相当『通』ですね。今から34年前、昭和58(1983)年8月21日に放送されたタイムスリップ10000年プライム・ローズのエミヤ・タチほかの登場人物。「24時間テレビ愛は地球を救う6」で放送されました。たどれば、もともと日本テレビ開局25周年でスタートした記憶があります。家の収蔵庫に当時の資料がありました。総合司会は徳光和夫。沢田亜矢子も若い。星野知子や岩崎宏美の姿も見えます。森繁 [続きを読む]