Michiko さん プロフィール

  •  
Michikoさん: ヨガ・ソレイヤード Yoga Soleiado with Michiko
ハンドル名Michiko さん
ブログタイトルヨガ・ソレイヤード Yoga Soleiado with Michiko
ブログURLhttp://souleiadoy.exblog.jp/
サイト紹介文痛みや怪我なく、最高の自分と出会えるヨガ、美とアンチ・エイジングの秘訣をお届けいたします。
自由文インストラクターMichikoが、片頭痛、頸椎ヘルニアをヨガで克服した経験があり、解剖学やヨガ・セラピー、アレクサンダー・テクニークを活用したヨガを日々指導中。目からうろこの身体を効率的に使う「気づき」、「動き」のための身体の再教育の方法、怪我しないためのヨガやアジャスト(ポーズの補正)方法をお伝えしてます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供74回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/07/16 20:18

Michiko さんのブログ記事

  • 「いつも」に役立つヨガをしよう!
  • BodyChanceヨガが他と違うところ、それはただのヨガではないところ。ヨガのポーズと自分の体、考えていることと普段の生活に役立つヨガなこと。それはつまり、ただ例えば「椅子のポーズ」を学ぶのではなく、椅子のポーズがうまくなることで、さらにPCの前に座ることもうまくなる!という一挙両得、どころか千徳のいいことがあること。他ではそれは、なかなか教えてもらえないことで... [続きを読む]
  • 「子供の頃からの肩こりが消えました!」Tさんの初回レッスン
  • BodyChanceを知る前の私は、ひどい肩こりや頭痛に始終悩まされていました。ヨガをしてもマッサージをしても、すぐもとにもどってしまい、姿勢が悪いせいだと思って、治そうと襷をしながら仕事をしたこともありました。それは、今思えば全く役に立っていないやり方だったのですが、私は、自分の体の使い方が痛みの原因だとはそのころ全然知りませんでした。そんなしつこい肩こりが、初回... [続きを読む]
  • マツヤーサナ(魚のポーズ)で首を守りたい、背中が痛い人へ
  • photo by Mariko Evans後屈のポーズ、例えばマツヤアーサナ(魚のポーズ)では、首を守りたい人、腰を守りたいと思いがちです。特に首や背中が、ポーズをとるとどうもいつも痛い!という時、人はどうしてもその部分に気がいってしまいます。そして、首が痛い人は首をまっすぐにして守ろうとしたり、腰が痛い人は、なるべく腰の方を使わないようにしたり、柔軟をしてみた... [続きを読む]
  • 肩甲骨はもっと動く!「思考」のヨガをしよう
  • 「肩甲骨を動かすように!」ヨガのレッスンでよく耳にする言葉ですね。実際には、何をすればよく動くのか?実際に実験をしてみました。例えば、1.「肩甲骨は動かない」と思う2.「肩甲骨は動く」と思う3.「鎖骨から腕は動く」と思うさて、実際に実験してみて、どれが一番、肩甲骨が大きく動いたでしょうか?BodyChanceヨガでみんなで試した時には、あきらかに、3.が皆さんやりやすかったみたい... [続きを読む]
  • らくらく開脚のコツII:〜脚は股関節から伸びていく〜
  • 横方向への開脚がずっと子どものころから苦手だった私。子供の頃、バレエをやっていた頃からだめだったので、ヨガでも、ほぼあきらめモードだったのでした。でも、先日BodyChanceのトシ先生のBCMヨガ・クラスで試してみたところ、頭と脊椎を軸の中心として自由に使えるようになって、脚が股関節から横方向にすっとのびていきました!トシ先生のサポートでストレッチとは... [続きを読む]
  • 指導に役立つ思考のヨガ:小さな喜びのサインを大切に
  • 生徒さんに指導をしていると、つい厳しくなったり、生徒さんのポーズの間違っているところにばかり目が行ってしまうことがあります。でも生徒さんもあら探しをされたいわけではないので、そこで何かがぎくしゃくしてきます。「リラックスしてほしい。うけとってほしいのに」と思うレッスンになっていたときは、見直すとき。そんなとき、私が気づいたのは、「どんな生徒さんにもそして自分にも... [続きを読む]
  • Kenさんの自分にやさしくなるレッスン〜思考と動き(Think in Body)〜
  • BodyChance では、動きのプロになる学校なのだが、プロになるコースでは、その時に自分が何を考えているか?いわば「思考のヨガ」、について学ぶThinking Bodyというクラスがある。「やりたいことが、なぜかうまくできない」とき、その動き、行動の邪魔になっているのは、むしろ考え方の方だからだ。少しづつ、自分が考えていることに気づき、そこにやさしくなることが人生... [続きを読む]
  • 「生徒に厳しくし過ぎてしまう」と思うとき
  • 「やさしい先生になりたいのに、ついきつく生徒さんに言ってしまう」「生徒さんの悪いところ、治したいポーズばかりが目についてしまう。」ヨガでも色々と教えているうちに、生徒さんが、小さく緊張していく、そんなことはありませんか?ちょっとした自己嫌悪に浸るとき、そんな、あなたに必要なのは、自分にもやさしい言葉をかけてあげることかもしれません。人にやさしく、自分に厳しくと... [続きを読む]
  • ヨガ指導で「生徒さんが言うことを聞いてくれない」とき
  • 「生徒さんにせっかく教えてもなかなか聞いてもらえなかった」ヨガを教えていて、そんながっかり経験をしたことはありませんか?レッスンのあとまで、へんな気持ちが残ってしまうことがあります。よかれと思って伝えたかったことが受け取ってもらえない、それは、まるで思い切って差し出したプレゼントを断られたみたいに、悲しい、くやしい、うまくできなかった、何がいけなかったのだろう?と、落... [続きを読む]
  • ヨガに欠けてるカラダのこと:「頭ヨガ」をしよう!
  • ヨガのポーズの説明では、肩や腕、手、脚、股関節の話はよくしますが、「頭」については残念ながらほとんど語られません。これは脳には”感覚がない”という理由もあり、そもそも意識されることが少ないからです。 でも身体を動かす指令はどこからするか?四肢を動かし、身体のバランスをとるのはどこか?といえば頭(脳)なのです。脳幹にはいろんな神経が通っていて絶えず身体に指示を出しています。... [続きを読む]
  • カラダが固いってどういうこと!?2
  •  前回のカラダが固いってどういうこと!?の続きです。カラダが固く感じるのが使い方の誤解からくるならば、「固い」をなくす近道は「新しいやり方」を見つけることです。 ジェレミー・チャンスや私がやっている講座では、カラダの関節の正しい場所(股関節のボディ・マッピングや頭の場所)を生徒さんに理解してもらうだけで「あ!カラダが動く!」「もっと前屈できる!」というようなことが比較的簡単にその場で起... [続きを読む]
  • 本番に強い自分になる!「思考のヨガ」
  • 先日、あるコンテストに出る方が、と本番当日の朝、レッスンにいらっしゃいました。「少しでもラクに実力を発揮したい!」と気合いとともに、少々肩にも力が入っている様子でした。オーディションやコンテストなど、大きな舞台にたつときは、普段とは違う緊張はつきものです。最大のパフォーマンスを出したい!と思えばおもうほど、汗が出てきたりするもの。いつもとは違う状態の当日の朝、さあどうするか?... [続きを読む]