Katy さん プロフィール

  •  
Katyさん: JAPAN BLUE LOVE
ハンドル名Katy さん
ブログタイトルJAPAN BLUE LOVE
ブログURLhttp://katy2013.blog.fc2.com/
サイト紹介文日本古来の藍染めに魅力を感じつつ、他のお気に入りのことを綴っていきます。今は、キルトに入魂!?
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供151回 / 365日(平均2.9回/週) - 参加 2013/07/16 19:42

Katy さんのブログ記事

  • 他社さんの押えがいい仕事してます
  • 十の木繋ぎ(じゅうのきつなぎ)。刺し子の幾何模様の一つ、ラインを書かなくちゃいけないけど、ミシンキルティングになりやすい模様かなぁと常日頃、思っています。ちなみに上の写真は刺し子ラインをいろいろやってみようとサンプルを作りはじめたけど、完成を見ず直線ミシン付属のキルト押え(左側のほう)。プラスチックが押え部分についていて、描いているラインが見にくい。他社さんのキルト押え、デモしているときに惚れ込んで [続きを読む]
  • 思わず買っちゃった#1
  • 思わず買っちゃうのがパネルプリントの生地。だいたいが一枚ずつ切ってはめ込みにするか、花だったりすると、アップリケにする。・・・ので、残ってしまう。いつごろ買ったものだったか、アメリカのキルトショップを回った時に購入。明らかに思わず買っちゃった#1。この際、一枚使いでRUG(ラグ)にすることにプリントされていたストライプの通り、直線キルティング。(←ほかになにも浮かばなかった)めちゃ時間かかっとります。。 [続きを読む]
  • これまた、リメイク。
  • コーヒー豆袋で作った肩掛けバッグ。斜め掛けしているうちに、どんどん前に移動しちゃって、使いにくいことこの上ないそんな訳で、持ち手変更。ご近所お買い物で使う形が一番だもんね〜メジャー・テープを付けて、強度増。(←いろんなものを付けるから、重くなっちゃったりする)ご近所仕様なのに、なぜかICカードケースあり。久しぶりにミシン刺しゅうしてみましたぁ。ホビーショーでコーヒー豆袋バッグを売っていた方が、最近はプ [続きを読む]
  • パン屋談義(^^♪
  • ノルマ達成・・・って、自ら進んで『作りま〜す』って言ったからには、やらなくちゃっと、頑張りましたほとんど同じ仕上がりなので、目印にぶら下げてみました、ベアやらふくろうやら。買いためていたものがやっと出番登場。ご近所に住んでいるからと、以前、作った物を届けたときに迷いに迷って、その時見かけたパン屋さん。名前、読めんかったワ。boulangerie Paume 《ブーランジェリーポーム》絶対、覚えられない。。。クロワッ [続きを読む]
  • リサイクル・リユース
  • 以前ヴォーグ社で受講した小関センセの講習。そこで、ミニバッグを作ったのだけど、長財布を使っている昨今、使う場面がなく・・・そのまんま置き放し。お気に入りのトップだったので、ジッパーを外して、ペン立てに。いっとき、プラバンに一心不乱。その時にペンやら筆やらビンがごっそり増えちゃったからこれはぴったり。(←もう一個ぐらい必要だけど)ちなみにジッパーは長さを短くしてポーチに使用済みゆえに、買った物を消費で [続きを読む]
  • 伝統色のこと
  • 相も変わらず、剣ケースを作ってました。残っていた天然藍染をつぎ足しつぎ足し完成。あと残っているのはこれだけ。もう思い切って捨てちゃおうかと思ったけど。。。先日BSで見たTV番組 、「失われた色を求めて」〜植物染め・伝統100色を今の世に〜染織史家である吉岡幸雄氏が日本古来の色を再現していく姿をドキュメントしていた。自然に囲まれていた日本だからできていた色も今ではなかなかその植物も入手が難しい。ちょっとだけ [続きを読む]
  • サンプラーキルトの想い出
  • 衣替えのついでに引っ張り出してきた、サンプラーキルト。パッチワークキルト高等科で2009年3月に作成。本科で初めて作ったサンプラーキルトは、生地のレパートリーも少なかったし、何をどう組み合わせたらいいのか、まったくわからん中で作ったので、どうも変!変!その後、作ったこのサンプラーキルト。小関センセの生地がほとんど通っていたクラスの近くにあったお店、Disse。帰りにクラスメイトと寄ってたなぁ〜(←いつもカッ [続きを読む]
  • 踏ん切りがつかんもんで
  • ついこの間、何個も作った剣ケース。覚えているし〜と、安易に切り残していたキルト綿を使って縫っていたら、なんともくたくたで心もとない。キルト綿が薄かったワ。(←薄かったので使わなかったのを忘れてた)最後の段になって、やっと観念し、やり直しすることに至りました直線用ミシンを使っているもんだから、縫締りが良くって、ほどきにくいっ。最後の最後まで、踏ん切りがつかんもんで、ままあるな、こんな状況《花便り》サ [続きを読む]
  • 余った生地で
  • 残っていた格子ブロックを使って、ぺったんこバッグ完成。あっという間にできちゃいますが、実はこれが一番使いやすいのでありまして。。。近所のスーパーに行くとか、郵便局に行くとか、財布とスマホを入れて持って歩くのにちょうどいい。格子は一緒だけど、本体の部分はかなりの明度違い《花便り》背の小さい花だけど、遠くからでもかなり目立つ「ムスカリ」。濃い紫だからでしょうか大好きなのは、このまあるい花の形ぽちっとク [続きを読む]
  • たまには縫ってます(^m^)
  • お天気につられて、外に出るのがうれしい季節。それでも、今日は家にこもってトートバックを仕上げました。友達から譲ってもらった染めた布。3mぐらいあったから、ほかにも何かできるかなぁと思ったら、バッグが大きいから、足りないくらいだったほかの布を足さなくちゃいけないくらい。ということで、格子柄に。内側のポケット、頑張ってファスナー付き。格子部分が残ったんで、これでぺったんこバッグ作ります。《花便り》昨日の [続きを読む]
  • "Feeling Good"
  • 一気に暖かく…いや暑くなったというべきかちょっと前まで、コート無しでは歩けんかったのに
    。今日は、初半袖。気持ち良すぎの青空。いろんな花が咲きほころび、そうすると、聴きたくな
    るのがこの曲。Birds flying high you know how I feel Sun in the sky you know how I feel Reeds driftin' on by you know ho
    w I feelIt's a new dawn It's a new day It's a new life For me And I'm feeling good- - "Feeling Good &quo
    t;の一部 [続きを読む]
  • さくら さくら さくら
  • 今日は、桜・・・ばっか。こちらで見られるのは、昨日の記事に書いた「エゾヤマザクラ」。結構、背が高い。そして、もう一種類。まったくと言って沿道では見られない「チシマサクラ」。あまり背が高くならず、横に広がるよう。ここは、寒地土木研究所の一角。サクラの咲いているこの時期だけ、一般人も入ることができます。ちなみに「ソメイヨシノ」は、道南地方に多いらしく、北限地はお隣の石狩市らしい・・・アタシはこちらで見 [続きを読む]
  • Quilt Spring Market 2017
  • 上京の目的はホビーショーだったけど、キルトスプリングマーケットものぞいてきました。お買い物が主で、入場料が必要ってどうなのって、せこいアタシは思っちゃうわけでして・・・小規模だったけど、企画展のキルト作家のコレクションが素敵。フランスの作家さんの実演。刺しゅうが細かくって、作品にいっぱい以前ミシンキルトを教えていただいたK先生に遭遇。お久しぶりで、ちょっことお話しできました。先生の持ってきていた長 [続きを読む]
  • 明日のお楽しみは♪
  • 最近、めっきりテレビを見なくなっちゃったけど、「超入門!落語THE MOVIE」だけは、別。俳優が噺家の話に合わせて芝居、「アテブリ芝居」とか言うらしい。これが噺家の語りと俳優の動きがぴったり。ものすごい、ものすごくい〜い何度もYoutubeで見直していたけど、明日午後10時放送、春のスペシャル。演目は「藪入り」噺家は超忙しい春風亭一之輔。(←これは三三師匠が独演会のマクラで言っていた)以前、「初天神」で福君が出演 [続きを読む]
  • ビッグサイト最終日は・・・
  • ホビーショー最終日。開催時間一時間前から並んで、お目当てのワークショップに参加しようと、頑張りましたが、あかんかった。初日から出かけて、事前予約ができたであろうことにまったく、気が付かず・・・あほでしたそれにしても、DSL開園顔負けの皆さんのダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノε≡≡ヘ( ´Д`)ノ。競争の多い東京には、勝てまへん〜結局、ホビーショーでゲットしてきたのはこれだけ↓長財布用の口金は、神田手芸で品切れで、 [続きを読む]
  • ビッグサイト最終日
  • ホビーショー最終日、開催時間一時間前から並んで、お目当てのワークショップに参加しようと、頑張りましたが、あかんかった。初日から出かけて、事前予約ができたであろうことにまったく、気が付かず・・・あほでしたそれにしても、DSL開園顔負けの皆さんのダッシュε≡≡ヘ( ´Д`)ノε≡≡ヘ( ´Д`)ノ。競争の多い東京には、勝てまへん〜結局、ホビーショーでゲットしてきたのはこれだけ↓長財布用の口金は、神田手芸で品切れで、 [続きを読む]
  • 新宿末廣亭
  • 寄席は落語も聞けるし、漫才もあるし、色物と言われる曲ゴマ、太神楽ありのので、楽しいのだけどね。。。自分が疲れていたら、座っているだけでもしんどい。まして、昼席12時から4時まで。途中で抜けてもいいんだけど。新宿末廣亭。東京で唯一の木造の寄席で、桟敷もちゃんとありました。東京の消防法によると、桟敷はもう新しく作ることはできないらしく、新しく建てた歌舞伎座でもめたそう・・・と、そんな話をしてくれたのが、 [続きを読む]
  • 水玉尽くし
  • 今日とことん歩き回りましたわぁ〜スマホアプリ”乗換案内"がなければ、とてもとてもこんなには動けないわって言うくらい。最後、もう地下鉄も乗り換えもダメということで、時間をかけてバスでホテルへ帰還国立新美術館の企画展。知人が松本で見てきたのに感化されてアタシは東京で。パワフルな作品群にはただただ、感服するのみ。いまだ毎日制作に取り掛かってるそうで。(←のんびりできんわぁ)どか〜〜ん。銀座に1週間前にオー [続きを読む]
  • ホビーショー見学♪
  • 久しぶりにホビーショー見学に出かけました。すっかりクラフトの種類が増えているのには、びっくり。(←かなり前だもんなぁ、ホビーショー最後に見たのは・・・)ホビー界、充実。それにしても各業者さんのアイディア提案には頭が下がります。朝早く出かけて並ばにゃあかんかったのに、すっかり朝寝坊。そんなわけで、興味あるワークショップの席はソールドアウトみなさん、熱心にいろんな種類の制作にいそしんでました。可愛いね [続きを読む]
  • やっとツィード生地消化。。。
  • 最後のころんころんミニポーチ。前回作ったものは、東京で購入した、ジッパーとプラ・パーツとワイヤー口金がキットになったものを使用。何とか手持ちのもので済ませたいと。。。さすがにワイヤー口金は買おうと思ったら、サイズが微妙に違ったり、異様に高い。(←品揃えが少ない地方なもんで)結局は、クリーニング屋のハンガー使用。最近はプラスチックのものが多くって、針金のものは貴重。プラ・パーツはもう縫い合わせるのは [続きを読む]
  • 大原美術館展 II
  • 大原美術館展 がこちらで初めて開催されたのは2012年。(←まだ、そのころにはおらんかった)5年ぶりとはいえ、この短い年月の間に同じ場所で開催されるのは初めてだそうで、この美術館の熱心なお誘いの賜物。1920年代の名品71点の展示。オープニング記念講演会聴講。パンフに掲載されている藤田嗣治《舞踏会の前》は1年以上の修復を経て、北海道初上陸。5年前はあまり良い状態ではなく、ここまで運ぶには懸念があったとか。90年以 [続きを読む]
  • 怪談噺
  • 時々の記事の中で書いているけど、落語を聞きながら、ミシンなんかを使っとります。軽快な音楽を耳にしながら、縫えば、もう少しサクサク進むかも。。。まして、今はまっているのは、暗くて陰鬱な怪談噺、「真景累ケ淵(しんけいかさねがふち)」「落語中興の祖」と呼ばれる三遊亭圓朝の作。これが長い〜〜〜〜〜圓生師匠の噺、結末がなくって、改めて歌丸師匠のものを聴き直しおどろおどろしい。歌丸師匠の写真が怖いわJR電車の宣伝 [続きを読む]
  • 藍染はいいわぁ〜
  • 藍染の仲間にお願いして譲ってもらった帯芯の染物。抜染で描いた桜。こちらの桜はもう少し先これでトートバックを作ろうと思っているんだけど、高さが足りないので、手持ちのもので、格子のパターンでも入れようかと。。。簡単な形だから、すぐにできるはずやっぱ、藍染はいいわぁ〜《花便り》積雪0になりまして、そうすると、自転車で外出。大学のキャンパスも通り道のひとつ。自然そのままの芝生に黄色の小さな花が一面に咲いて [続きを読む]
  • ころんころんミニポーチ
  • 春だというのに、またまたツィードポーチ。ころんころんして暖かそうだワ。以前、この種類の生地でポーチを4個も作ったので、同じものばっかりでは面白くもなく・・・と放置。25cmx30?のサイズでできるレシピで、10cmのワイヤー口金を使ったBOX型ミニポーチ作りました。円形のプラパーツ3cm用4枚分の生地もとれ、余すところなく生地が使えたぞい。ジッパーのスライダー(このレシピではスラスっていうんだわ)を外して、縫うとめち [続きを読む]
  • 桂南光独演会
  • 昼席っていうのは、出かけるにはなかなかよろしい。…と思って、ゆっくりしていたら開演ギリギリ日帰りできるから、費用が押さえられると聞いたことがあるような・・・今回の南光師匠たちもそうなのかしら「桂南光独演会」とはいえ、演者は3人。南光師匠はもちろんのこと、二乗さん、ちょうばさんも面白かった。二乗さんは古典、ちょうばさんは新作。上方落語は笑わしてなんぼの世界。古典でも新作でも楽しければ、OK。一番前の席 [続きを読む]