こに さん プロフィール

  •  
こにさん: 読書と映画とガーデニング
ハンドル名こに さん
ブログタイトル読書と映画とガーデニング
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/mikawinny
サイト紹介文ほとんどが読書記事。ジャンルは様々、乱読です。残りは映画や旅行、美術館など。気ままに書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2013/07/17 22:59

こに さんのブログ記事

  • TV(BS・CS)で観た映画(海外)を5本
  • 「Dearダニー 君へのうた」原題 DANNY COLLINS2015年 アメリカジョン・レノンが新人アーティストに宛てた手紙が数十年を経て本人に届いたという実話から着想を得たドラマ往年の人気アーティスト・ダニー(アル・パチーノ)はある日マネージャーから古い手紙を渡されますそれはまだ駆出しだった43年前の自分にジョン・レノンが送ってくれたもので、富や名声に自分を見失わず、音楽に真摯に向き合うようにと綴られていま [続きを読む]
  • 7/20 山下達郎 PERFORMANCE 2017
  • 名古屋国際会議場センチュリーホール16:30〜本人確認イベントホールにて行列に並びますリストバンド数字の37は本ツアー37番目の公演という意味らしいですここまでして何とかチケット不正転売を防げるのかなぁ17:30〜入場入場待ちの行列に並びますモギリは本人確認の時に済んでいるのでスムーズに入れますグッズ販売の行列に並びますトートバッグGET階上から見たグッズ売り場18:30開演終演 [続きを読む]
  • 平安寿子「こっちへお入り」
  • 祥伝社文庫2010年12月 初版第1刷発行2016年 9月 第14刷発行解説・黄金家鉄兵293頁33歳独身ちょっと荒んだアラサー女の心を癒してくれたのは往年の噺家たちひょんなことから始めた素人落語にどんどんのめり込んでいく主人公忘れかけていた他者への優しさや、何かに夢中になる情熱を徐々に取り戻していくのでした落語は人間の本質を描くゆえに奥深い涙と笑いで贈る、遅れてやってきた青春の落語成長物語です落語は一人で [続きを読む]
  • ジャック・フィニイ「盗まれた街」
  • 原題 THE BODY SNATCHERS訳・福島正実ハヤカワ文庫2007年9月 発行解説・伊藤卓367頁本書を映画化した1956年のアメリカ映画「ボディスナッチャー 恐怖の街」が面白かったので読んでみましたアメリカ西海岸沿いの小都市サンタ・マイラで、奇妙な現象が蔓延しつつあった夫が妻を妻でないといい、子が親を、友人が友人を偽物だと思い始める当初は時おり発生するマス・ヒステリー現象と考えられていたが、ある日、開業医の [続きを読む]
  • 7/10 大相撲名古屋場所 二日目
  • 最早狂騒曲の態をなしている大相撲人気いつもの椅子席ですがなんとかチケットを入手できました早くも帰る力士さんたち地下鉄からの道中ではスマホ歩きの力士さんもいました普通の若者ですネ入り待ちの人の多さは一昨年の比ではありませんいつもならもっと遠くから撮影できるのですが人が多くて多くて…午後3時過ぎ入場LINEプレゼント12:30より配布先着300名大相撲クリアファイルはモチ配布終了でした [続きを読む]
  • 7/6 松本まち歩き
  • お城を後にブラブラまち歩き四柱神社夏越の大祓い茅の輪をくぐってこの夏は元気に過ごせるかな縄手通り閑散としているのは時間が早かったから?面白い博物館があるものです松本市時計博物館現代・未来の時和時計休憩用の椅子に座っているとチクタクチクタ聞こえてくる音に眠気が…現代の子供たちにはこの音は雑音になるのかもしれませんねぇ郷愁をそそる音です [続きを読む]
  • 7/6 松本城
  • 朝から晴れて暑くなりそうですでも湿度が違いますね〜やはり涼しいように感じます予定より少し遅れて花時計公園風情のある建物ばかり左は居酒屋さんだったかな古書店はまだ営業時間前開いていたら寄りたかったです 女鳥羽川にかかる千歳橋松本は井戸水にも恵まれています意外に早く着きました立派です!感動です!北アルプスは見えませんね〜少々残念天守に上ります黒門で忍者が出迎え(右 [続きを読む]
  • 7/5 東西落語名人会 桂文珍 春風亭小朝 二人会
  • 今回の松本旅行のメインは”落語”です(^_^;)東西落語名人会桂文珍 春風亭小朝 二人会まつもと市民芸術館馬蹄形をした1800席もある立派なホールですそもそも音楽ホールらしいです開口一番三遊亭好也さん好楽師匠の七番弟子だそうです「転失気」最近流行ってます?好楽師匠より面白いのでは??春風亭小朝さんマクラでTVのワイドショーを観ると仰いまして…まさか?ご自分の?ってなことはありませんで [続きを読む]
  • 7/5 松本市美術館
  • 7/5、6と松本へ行って参りました13:00名古屋発のしなのおやつの用意もOK定刻通り発車しました15:03松本着涼しい湿度が違いますホテルに荷物を置いて松本市美術館へ草間さんは最初から水玉を描いていたわけではなかったのですね幼い頃から内から湧いてくる情熱に逆らえなかったとのこと最初のうちは故郷松本で認められなかったそうです致し方のないことなのでしょうか水玉に [続きを読む]
  • 荻原浩「家族写真」
  • 講談社文庫2015年4月 第1刷発行303頁笑って泣ける7つの家族の物語「結婚しようよ」「磯野波平を探して」「内村さん一家176kg」「住宅見学会」「プラスチック・ファミリー」「しりとりの、り」「家族写真」クスリと笑え、ホロリと泣かされる物語何だかんだ言っても家族は家族なんですよねいつものことながら奥田英朗さんとごちゃ混ぜになってしまうワタクシですがどれも終わらせ方が素敵で良い話でした吉田拓郎の結婚し [続きを読む]
  • 映画・花戦さ
  • 2017年戦国時代に実在したという花僧・池坊専好(野村萬斎)が時の天下人・豊臣秀吉(市川猿之助)に“花”で単身立ち向かう姿を描いたエンタテイメント時代劇萬斎さん観たさに映画館に行ってきました自分勝手に想像していた内容は、冠者が暗躍し政治的駆引きの連続、だったのですが違いました(^_^;)現代の華道、茶道に通ずる“和の心”が権力者の横暴を諌めるのですともかく出演陣の豪華なこと千利休に佐藤浩一織田信長に [続きを読む]
  • TVドラマ「天国までの100マイル」
  • 2001年 テレビ東京原作・浅田次郎年老いた母(加藤治子)に心臓手術を受けさせるため奮闘するのが兄弟の中で最も出来が悪く母に心配ばかりかけてきた末っ子(西田敏行)彼の親孝行がバラバラだった兄弟、親子、夫婦の絆を取り戻すきっかけとなるのでしたいかにも二時間ドラマといった作りだったのは残念一番光っていたのは苦境にあった末っ子を支えてくれたクラブ勤めの女性役の室井滋さんです西田さんには厭きてきた(^_^;) [続きを読む]
  • TV(BS・CS)で観た映画(日本)を5本
  • 「箱入り息子の恋」2013年人間関係を築くのが苦手趣味は貯金とTVゲーム両親の心配を他所にマイペースで暮らす35歳の青年の初恋を描きます主人公の青年に星野源、恋の相手で目に障がいのある女性に夏帆恋に落ちてからの青年の変わりようが気持ち良かったですが、そうは上手くいかないのが恋また、元の生活に戻ってしまったのは切なく苦しかった…最後にはハッピーウェディングで終わるのだろうと私の甘い想像は裏切られ…水槽の [続きを読む]
  • サンドラ・ブラウン「コピーフェイス−消された私−」
  • 原題 MIRROR IMAGE訳・長岡沙里新潮文庫2016年11月 発行785頁飛行機墜落後、収容された病院で上院議員候補夫人・キャロルと取り違えられたTVリポーター・エイブリー元々外見が良く似ていたこともあり形成手術によって夫人の顔に変貌した彼女を待っていたのは「夫を殺す」という奇怪な殺人計画だったキャロルとして議員候補の夫・テートと暮らすうち彼を愛するようになったエイブリーは、テートの命を救いたい一心とジャー [続きを読む]
  • 6/24 おねうち花の木寄席 柳亭市馬独演会
  • 名古屋市西文化小劇場その名の通り名古屋市西区にある劇場市内各区に一つずつ文化小劇場がありましてそれぞれ良い公演を行うべく頑張っているようです市馬さんは3月の今池ガスホール以来です開口一番柳亭市坊さん「転失気」NHKの『落語 THE MOVIE』でも取り上げられましたねあれは柳家三三さんでしたっけ今池でも開口一番を務められた市坊さん焦らず着実に力をつけていって欲しい方です柳亭市馬さんとにもか [続きを読む]
  • TV(BS・CS)で観た映画(海外)を5本
  • 「リンカーン」原題 Lincoln2012年 アメリカアメリカ合衆国第16代大統領エイブラハム・リンカーンの人生を描いた伝記ドラマ150分と長尺ですが、長さも気にならない見応えのある作品でした平和、正義、人種の平等、法の下の平等、民主主義とは?etc議論を戦わす様子はいかにもアメリカですリンカーンを演じたダニエル・デイ・ルイスと急進派のスティーブン議員を演じたトミー・リー・ジョーンズ二人の名演技に支えられた1本で [続きを読む]
  • 6/20 柳家三三独演会〜たびちどり〜第二回
  • 長編人情噺「嶋鵆沖白浪」の全十二話を名古屋、大阪、福岡の三都で同時に六ヶ月連続独演会五月から始まった独演会名古屋第二回、大須演芸場へ行って参りました(五月はチケットが取れなかった…)席は二階ですが小さな会場にて三三さんが大きく見えて嬉しいです前回のあらすじに続き「三日月小僧庄吉」「怪僧玄若坊」小説でいえば連作短篇集ってところでしょうか各一話だけでも十分面白かったです話し手と聞き手の [続きを読む]
  • 6/20 有松
  • 伝統工芸品、有松絞りは御存知でしょうか?昨年の大相撲名古屋場所で白鵬関が有松絞の浴衣を着ていたのではなかったかしら?毎年6月の第一土日に開かれる有松絞りまつりにも一度行ってみたいと思いつつ思うだけ近いのに行ったことのなかった緑区の有松へ来月初め遠方よりやって来る友人へのプレゼントを探しに来ました!安藤広重も描いています有松は池鯉附宿と鳴海宿の間に作られた町とのこと特産品の有松絞りで大いに賑わっ [続きを読む]
  • 6/18 ナゴヤドーム 中日vs西武
  • 日曜日ちょっとドームにでも行きますかなぁんてことはありませんちゃんとチケット入手済セ・パ交流戦2017最終戦お目当てはGirlsシリーズ最終戦女子全員に配られるドラ恋!ユニフォームというわけでこの日は娘と二人です背中に『1994 DOARA』を圧着してもらうべく只今持ち出し中^^グッズ売り場も通路も飲食品売店も大変な人出ですお気に入り選手と撮影スポット小笠原二軍監督も!カッコイイ〜〜〜  [続きを読む]
  • 6/17 ナゴヤ球場 ウエスタン・リーグ 中日vs広島
  • 土曜日お天気も良いし青空の下野球でも行きますかってことでナゴヤ球場で二軍戦です二軍戦とはいえ相手は広島スタンドが真っ赤だったらどうしましょう(^_^;)1塁側太陽を背に受け且つ日傘がさせる最後列を確保するため早めに出かけましたスタメン発表先発は中日・マルティネス広島・中村高橋周平早く一軍に上がって!中日二番手若松あなたもこんなところにいてはいけませんイマイチ盛り上が [続きを読む]
  • 6/11 落語家と行く なにわ探検クルーズ
  • 大阪二日目は落語家と行く なにわ探検クルーズ大阪は江戸時代には浪華の八百八橋と呼ばれていたそうです9時20分頃船乗り場のユニバーサルシティポート最寄駅JRユニバーサルシティ駅着降車した人の9割以上は改札を出て左USJへ行く人です大阪シティウォークの幟を持っている方がいらっしゃいましたウォーキングに参加するらしき人はいなかったような?船着き場に向かう我々は右へ数人です(^_^;)船内で案内してくださるのは桂 [続きを読む]