50歳の少年 さん プロフィール

  •  
50歳の少年さん: 出会い系で出会った女性
ハンドル名50歳の少年 さん
ブログタイトル出会い系で出会った女性
ブログURLhttp://fanblogs.jp/fulin/
サイト紹介文3年の間 ネットで出会ったアラフォー女性との話
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供36回 / 45日(平均5.6回/週) - 参加 2013/08/03 00:22

50歳の少年 さんのブログ記事

  • 花火の話題で繋がった
  • 僕が一昨年に出会った「恵子」さんとのつながりもたまたま、その日に地元の花火大会の様子を書き込んで写真を貼り付けたことから始まった同じような情報を書き込んだ人はいないのか?と日記からのキーワードで「花火大会」というものを検索する30代後半から40代後半の女性という検索をするとあれ・・30代後半から40代後半の女性で書き込んでいるのはごく僅か・・そこからの繋がりだった彼女は、46歳隅田川の花火は仕事帰 [続きを読む]
  • 華の会での攻略法 パターン4
  • 日記と連動するには掲示板にも、「日記を更新しました鹿島神宮に行ってきました他に面白いパワースポットありましたら教えてください」と書き込むと親切心か?または興味があるのか?メールが来ることがあるそれを待つことが僕のやり方ですじゃんじゃんとメールが来るわけではない月に出会える!と確信するような女性からのメールは1つか、2つ程度今の頃なら「花火大会」というキーワードもいいかもね僕が一昨年に出会った「恵子 [続きを読む]
  • 華の会での攻略法 パターン3
  • コメントをしてから面白そうだと、メールを送るというやり方は効果あった華の会の日記には検索が出来る「地域」「性別」そして、大切な「年齢」を検索することが出来るコメントをするにも不特定ではダメだあくまでも、会える人会える場所に住んでいる女性にコメントしたして仲良くなることだ逆に、もう一つ「単語」というキーワードで検索することが出来るそう、あすかさんのように「パワースボット」に興味がある人は「パワースポッ [続きを読む]
  • 華の会での攻略法 パターン2
  • 僕は、もう50歳を超えているから40代の女性出来れば、子供に手の掛からない世代の女性がいいというもの会って帰りの時間を気にする子供が帰ってくるからと太陽がまだ、高く上がっているときに「バイバイ」するとしたら会っている時間はごく僅か今まで何人か?華の会で出会っているが多数は、まだ子供の時間を気にしながら会っている女性だった何度も書くが僕のアプローチの手段は日記に書き込んで相手が僕の日記を見て、僕がど [続きを読む]
  • 華の会での攻略法 パターン1
  • 華の会というサイト今まで、複数の女性と出会っている華の会というサイトは女性の年齢が他のサイトより高い他のサイトならプロフィールから・・と、いう流れで相手見るなんていう人も要るがこのサイトは他のサイトより女性も目が肥えている分プロフからのアプローチでは確立は低いのではないだろうか?その分どこで、補充するかという考えで、見つけたのは「ログイン」回数をマメにそして、日記で自分をアプローチするという形を僕 [続きを読む]
  • 都合のいい女
  • もしもという言葉はないがもしも、彼がいないとしたら僕は、今でも彼女と付き合っていただろう?いや、気持ちが冷めていないかもしれない出会い系の中で彼女のように都合のいい女を見つけるのはそれほど難しくないただ、ホテルで会ってホテルで別れる手っ取り早い、無料のデリヘル軽蔑するつもりは無いがそのような女性がいることは知っていたが自分の目で見て自分自身でも抱いた性欲が強いのか?男が好きなのか?今までであった女 [続きを読む]
  • まだ彼と付き合ってるみたいだ
  • その中から、条件のいい男性に乗り換えたり二股になったりしていると思っている僕は「縛られたくない」と言うと「そうだよね・・男性なら、いろいろな女性と出会ってみたいでしょう?」解っているな・・あすかさんは・と思うと逆に、彼女もそれなりの経験をしているのだろう「お互いの時間が合えばいろいろなパワースポットにいこうよ」と言うと「うん。連れて行ってね」僕は、それから何回か、時間があるときいや、抱きたくなった [続きを読む]
  • また探すの?と聞いてくる
  • 僕の横にいるあすかさんの右手の指先を摘むように握ると、彼女も僕の左手を握り返す「良かったよ」と言うと「うん、私も」と言う言葉が戻ってくる「ねえっ、また探すの?」と聞いてきた「どうだろうな?」と流すように僕が答えると「これからも、どこか連れて行ってほしい」と、彼女が言う「そうだね・・時間が有るときにでも・・」と、言うが心の中には彼かいる女性だから・・と、少し腰が重くなっている出会い系で、いろいろと会 [続きを読む]
  • 舐めで、イッてしまった
  • 「そこっ、そこっ」とだけ声にする入り口あたりを舌の先っちょで突っつくように、軽く舐めるとピクンと背中が伸びる性感帯はどこ?かすぐに体に反応が見えるような女性だ突起した、女性の感じる部分を吸いこむようにしゃぶり続けると甘いような匂いがする段々と女性の声が野生の声に変わってきている「ううっ」と言う声から叫びになって「アッ」と落ちる声に変わったイッてしまったようだそのまま、ベットに横たわりボッーとしてい [続きを読む]
  • 彼女のあの部分がドアップ
  • 「今出したから、出来ないよ」と言うがそれでも、丁寧に僕の下半身の先っちょを舐めまわしている「好きだからしているのダメっ?」と僕の顔を覗き込むように見ている「いや、ダメではないがもう、立たないよ」「それでも、いいの男の人のを嘗め回すと私も感じてしまうの」僕の顔を、彼女の腰に近づけるとスルッと体位を動かし下から、僕が彼女のあの部分を楽になめられる姿勢になっていた目の前に、見える彼女のあの部分を見るとそ [続きを読む]
  • お礼がしたいの
  • 「良かったよ。とても」と僕の隣にゴロンと、寝転んできたなんか・・・僕が彼女に振り回されている彼女のペースで進んでいる、僕ら今まで、こうして出会い系で出会って女性たちとはかなり違い、あまりにも、アグレシブだ「ねえっ、私ってエッチ?」と、小悪魔のように聞くあすかさんと、同時に僕のあそこからつけていたつけていた、コンドームを取り外し「ああ、こんなに出ちゃっている」と僕の顔に近づけ「うれしかったから、私も [続きを読む]
  • アッと言う間に出てしまった
  • ゆっくりと腰を落とし僕のものを受け入れながら顔を歪め始めた腰の動かし方があまりにも上手だ激しく動かすときとゆっくりとのタイミングがなんとも、絶妙というものだ呼吸が弾むのを見ると僕自身も、余計興奮してしまう自分の上にいるからどんな状態でしているかは一目でわかるよく、エロビデオで見る光景がそのまま、ライブに変わっているそして、下半身には生の物が・・「出そうだ・・」という声はむなしいそのまま、アッと言う [続きを読む]
  • 手馴れている
  • 彼女の下半身のあの部分に紐パンをずらして、掻き分けながらあの部分に、指を入れるとズブッという感触と供にスルッと、入りこめた中指を、彼女の部分に入れると今まで、やさしく僕の部分を舐めまわしていた、その咥えている口使いが激しくなっている彼女の股間に、顔を近づけ女性器をなめ始めるとねちょとした、感覚一層、激しく舐めてくる彼女がガバッとも、立ち上がり「入れていい」?っとベットの上にあるコンドームを開けて、手 [続きを読む]
  • 舌使いは一品
  • 僕の目を見つめるとそのまま、僕の顔に顔を重ねて、近づいている積極的だ唇を重ね、奥深く舌を絡ませてきたいままて、それほど硬くなっていない、僕の部分が段々と、硬くなるのが解ると「ウフフッ」という含み笑いをしながら僕の下半身に、顔を埋めている暖かい感じと供になんともいえない快感が下半身に感じる彼女の乳首膨らんだ胸を触る僕乳首をそっとつまむとピクッと体をしならせる少し硬くつまむとこぼれ出るような声彼女の下 [続きを読む]
  • そのままベットに押し倒す
  • ほんの、数秒の間エレベーターが三階につきドアが開くまでのキス305号室のプレートのある部屋の鍵を開ける狭い部屋だダブルベットがドカンと置いてあるがそれ以外には、ちっちゃな二人がけのソファーだけと言った感じレンタルルームと変わらない本当に、ヤルだけが目的のものだヤルだけの部屋だと手っ取りばやいそのまま、ベットに押し倒しエレベーターでしたキスの続きを始めると彼女が、僕の下半身をズボンの上から、なでるよ [続きを読む]
  • ホテルは空いていた
  • 車を走らせること5分もあれば、そのホテルに到着しそうだいつも、こうやってホテルに到着するまで「空き室」の看板を気にするそう、目的のホテルについても「満室」の看板だったり駐車場の空きがないと今まで、ヤリたいと思っている気持ちに水を差すうずうずする気持ち「空室」の表示があった車は、スッとホテルの中に入り受付で、鍵を受け取りエレベーターに乗りこむエレベーターのドアが閉まると二人だけあすかさんをじっと見る [続きを読む]
  • 彼女の口から 「しないの?」
  • 会うのと、エッチはセットだという今までの関係今までは、どの男性ともそういう関係だったのだろう僕の言葉に、肩透かしを受けたのだろうか?「しないの?」と女性の口から、言われると戸惑ってしまうものだだが、こうして女性から求められたのは初めてだったからこっちが、戸惑う「行くか?」と言うと「そのつもりでしたよ」と笑いながら答えていた携帯を取り出してあるアプリを開くそう、ハッピーホテルというアプリを開くこのア [続きを読む]
  • 会うのと、ホテルはセット
  • 「うん、また行こうか今度は、すこし時間取れるか?3時までだときついよ」と僕が言うと「うん、今日も少しは遅くても大丈夫だけど」「えっ、3時には戻らなきゃいけないんだろ?」「子供は、4時過ぎに戻ってくるし少し遅くても、買い物で遅くなるとライン入れればいいから」ああ、初めあったときは僕の様子を見て残念な人なら、湯島天神で参拝してから食事して別れる?という考えもあったんだろうなそして、いろいろと僕を観察し [続きを読む]
  • お参りをする
  • 「ああ、久しぶりだよね気持ちいいね」と笑う顔のあすかさんの表情本堂に到着すると僕の左側にくっついたままお参りを済ませる食事でもするか?と、聞くと食事だけ??うん?食事だけではないのか?そんなに時間もないのに今から、ラブホテル??湯島あたりには多数のラブホテルがあるとは、知識で知っている「行きたい所ある?」と僕が聞くと「ねえっ、また神社とか連れて行ってくれる?」と、あすかさんが聞き返す「うん、また行 [続きを読む]
  • 日記の存在
  • 日記の存在があるのを知ってから意識して、日記を書くようになり女性が書いている日記にコメントするようになってからコメントした女性のつながりか?コメントをした本人からではなく多分、そのコメントをした女性のコメントを見たと思われる他の女性から足跡がつくようなったもちろん、今ここに居るあすかさんも、そうだった湯島天神に着く近くの有料駐車場にとりあえず、車を止めて境内を歩く僕の横にぴったりとくっつくとこっち [続きを読む]
  • やり方を変える
  • 出会い系を始めた頃は出会い系攻略とかこうしたら出会えるとかのいろいろなサイトを見ながらなるほどなるほどと、うなずきながら見ていた自己PRは、すべて埋めろ相手の喜ぶことをたくさん書けとかとにかく、PRを重視しろというものを書いてあるものが多かった僕もそれに習ってPRしてみたものメールの返答はごくわずかなぜなら、もうすでに先駆者で、経験地の高いライバル男性がいろいろと、試行錯誤でどうしたら、いい結果を [続きを読む]
  • 自己PRは意識して
  • 湯島天神に向かう車の中であすかさんは僕を他の男性とは少し違うと言っていた「いままで、こういうサイトで何人かあったんだけどどの男も、ヤルことばかり考えて会いにきたでも、あなたは違うひとなのかも知れない」と、あすかさんは口を開いた「そうなんだ。かなり会ったの?」と僕が聞くと「それほどでもないけど」「僕だって男だから、女性を求めたいよ同じかもしれないよ?」「でも、あなたは違うよだって、ほらプロフィールも [続きを読む]
  • 都合のいい女
  • 「ねえ、湯島天神でも行く?」ここからなら、30分もかからないだろう湯島天神に行って軽く食事でもすれは゛いいか「湯島天神??そう、どこでもいいですよ」と、あすかさんは答えるなんとなく、ホテルに行くことは今回は、思いつかないいや、今まで会って、そのままホテルという関係だけの彼とは、同じパターンは取りたくない会う=するともいう関係は、僕はしたくないなんか・・・ホテトル嬢とどこかで待ち合わせてそのままホテ [続きを読む]
  • セフレの関係か・・・
  • 10時か・・どうするか?考える夕方には、子供が学校から戻るから、それまでに戻りたいというのだろう「3時位??に戻れればいい」と言うと「そうですね。その位がいいなあっどこか、いい場所知ってます?」と、戻ってくるかなり砕けた女性?場慣れしているだけ?まあ、今まで何人か女性と会っているが お互いをけん制しながら相手を観察するよりいい相手の様子を伺いつつ、エッチに持ち込むよりか何倍も気持ちが楽だここに居て [続きを読む]
  • 僕は、大丈夫な人だな
  • 慣れた女性か・・・「あすかさん?」と声をかけると「はい」と答える「どうぞ」と車の助手席のドアを開けると車内を外から覗き込み安心したのか、スッと乗り込む「とりあえず食事でもしましょうか?」今日は、軽く食事だけでも。。と、あすかさんは言っていたからそれにあわせるつもりだった今日は、大人の関係は無いと思っていたからだ「ねえっ、どこか今から行けるパワースポットってあるかしら?食事だけ?お茶だけ?だと、君は [続きを読む]