butoboso さん プロフィール

  •  
butobosoさん: 旅からす 日本をもっと楽しもう!
ハンドル名butoboso さん
ブログタイトル旅からす 日本をもっと楽しもう!
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/butoboso0217
サイト紹介文同人誌・旅からすの製作日記をメインに自転車、鉄道、オートバイによる旅、ユースホステルやカメラの話題。
自由文学生時代の自転車ツーリングから旅に目覚め、鉄道、オートバイ、フェリーで日本中を30年以上旅してきました。30代で分割ながら自転車による日本一周を達成。旅人宿であるユースホステルにも300泊以上泊まりました。現在はその経験談をまとめた「旅からす」を自費出版。現在12冊製作し好評を得ています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/07/18 21:10

butoboso さんのブログ記事

  • 【日本縦断オートバイの旅】7日目/ロケット基地の種子島へ
  • ●別名欠航丸、フェリー太陽に乗り込む 屋久島滞在の間に台風が遠ざかってくれた。おかげで本日より屋久島〜種子島間のフェリー運航が再開された。種子島行きのフェリーは小さな船なので波に弱く、名前は「フェリー太陽」ながらも地元の人には「欠航丸」と皮肉な愛称を付けられる程、欠航ばかりしているそうです。屋久島〜種子島間は潮流が複雑な上に流れ早いらしく漁民泣かせでもあるとのこと。 5日ぶりの運航とあって混雑して [続きを読む]
  • 誰が何と言おうがラグ付きフレームが好き!!
  • 本格的に自転車趣味を始めた時から、ラグの形に魅了されてきました。高1の夏休みの大半をバイトで過ごし、手に入れた富士オリンピックランドナー。そのランドナーを選んだ決め手も市販車には珍しいナベラグ付きだったから。その後、複数のフレームをオーダーしますがラグレスは1台もありません。シンブルなラグレスを好む人も多いですが、私は誰が何と言おうと「ラグ付き派」で通して来ました。フレームにアクセントを加えるラグ。 [続きを読む]
  • MotoGPチャンプの悲しき自転車事故……
  • 昨日は3日ぶりに10km以上の距離を自転車に乗る事ができました。最近はランニングも週1回程度とサボり気味…。ちょっと身体にブヨブヨ感があり、よろしくないのです(汗)。22日の出来事となりましたが、オートバイレースの世界選手権MotoGPのトップカテゴリーの元チャンプ、ニッキー・ヘイデンの訃報が入りました。詳細は分かりませんが、自転車トレーニングの最中にクルマと接触事故。当初はそれほど深刻ではないとの事でしたが、 [続きを読む]
  • スギノの大いなる野望と結末
  • 今やMTB用にリヤ12速、ロードレースの世界でもディスクブレーキ試用解禁。益々自転車という乗り物がメカ依存になっていくようです。プロとしての勝つ道具は日々進化しなければいけないのでしょうが、機材の優劣が勝負に繋がるようではモータースポーツと同じ。自転車競技は生身の見える人間らしい闘いを続けて欲しいものです。☆噂程度だったFSAのロードコンポパーツも市販に近づいているようです。「カンパ」「シマノ」「スラム」 [続きを読む]
  • 我孫子駅 から揚げそば!!
  • 土曜日は暑いと予報を聞き、涼を求めてJR大回り旅〜♪暑い街中散歩を避けて、快適冷房の鉄道を乗り回します。出発地点は桜木町駅。途中で見かけた、ちょっと懐かしいクルマ。エンブレムを隠してみましたが、このクルマ名分かりますか!?トヨタのキャバリエにも似たこのクルマは、三菱「ミラージュ・アスティ」です。2ドアクーペそのものが今では絶滅危惧種になっています。このミラージュが販売されていたのは今から20数年前。その [続きを読む]
  • 【日本縦断オートバイの旅】6日目/屋久島散策とトロッコ鉄路
  • ●種子島行きフェリー欠航、屋久杉見学の一日に 二輪ツーリストというのは、観光名所を見学するよりも、見知らぬ道や土地を訪ねる事に意義を感じる人が多いと思います。それは私も同じく。前日に屋久島を一周出来たので、本日は種子島に渡る予定でしたが、台風接近に伴いフェリーは欠航となりました。しばらく島から出られない!? 等と焦りますが、幸い晴天ですので本日はYHに連泊して屋久島観光となりました。 屋久島に来 [続きを読む]
  • 都会の廃道!? とタイヤのヒゲ…
  • 花のイベント真っ盛りの横浜です。立ち寄った山下公園も花だらけ…というより、バラだらけ♪こんな場所では落ち着いて缶コーヒーも飲めないので別の場所に移動。あれっ!? いつも通っている道が鉄柵で囲まれています!!そこには、何とこんな看板がありました。看板には「廃道」の文字!!廃道と言えば、自分のイメージではこんな感じの道。まさか、都市部、横浜のど真ん中で、いつも自分が走っていた道が廃道とは!!旧道=廃道、 [続きを読む]
  • 懐かしいキップ♪
  • いつも長ったらしい記事ばかりなので本日は簡潔に(汗)。 懐かしい鉄道キップです。 青森行きの寝台特急に乗りたくも、年末繁忙期で取れず…。 急行八甲田、十和田、津軽も取れず…。 駅で並んで自由席でも良いのですが、この時は連れが居たので座席確保優先。 ようやく取れたのが、盛岡行きの「急行いわて」と青森行き「特急はつかり」。 これで青森まで行き、連絡船に揺られて道内入りでした。 当時は飛行機は庶民の乗り [続きを読む]
  • 懐かしいキップ♪
  • いつも長ったらしい記事ばかりなので本日は簡潔に(汗)。 懐かしい鉄道キップです。 青森行きの寝台特急に乗りたくも、年末繁忙期で取れず…。 急行八甲田、十和田、津軽も取れず…。 駅で並んで自由席でも良いのですが、この時は連れが居たので座席確保優先。 ようやく取れたのが、盛岡行きの「急行いわて」と青森行き「特急はつかり」。 これで青森まで行き、連絡船に揺られて道内入りでした。 当時は飛行機は庶民の乗り [続きを読む]
  • 旅レンズをサイクリングに導入!!
  • サイクリング時にはなるべく大きな品は持ち歩きたくないもの。でも、昔からサイクルツーリストは写真=カメラに拘り持つ人が多かったです。なので、首から一眼レフをぶら下げて走るサイクリストもごく普通に居ました。AF化、デジタル化と進む度に、そんな拘りが消えて行く人が増えて行き、今や撮影はスマホで充分と思っている人が大半でしょう。それで良いと思っている人は、この先を読み進めても意味がありません(苦笑)。自転車 [続きを読む]
  • 電車とバスの博物館
  • 去る3月下旬ですが、息子と東急全線フリーキップで乗りテツを楽しみます。その途中に立ち寄ったのが、今回紹介する「電車とバスの博物館」。大袈裟な館名ですが、東急電鉄の資料館的な場所となります(苦笑)。田園都市線の宮崎台駅に隣接しているので便利です。こんな場所ですから、クルマでなく鉄道利用で行きましょう♪入口にはマスコットキャラの「のるるん」が鎮座。京急マスコットの「けいきゅん」をオバQ的にアレンジしたよ [続きを読む]
  • 北アルプス絶景サイクリング 後編
  •  昨夜もあずまや居酒屋が大盛況。 少し飲み過ぎ感があるも、クルマのデポ地に着く頃には気分も高まる。 昨日の北アルプスの絶景の余韻がまだ残るからだ。 今日のルートは未知数な部分が多く、 地形図を見る限りでは昨日ほどの絶景は望めない…と思っていたのだが、 良い意味で、その予測は見事に外れることになる。●信州新町の中心部から山村域へ 本日は昨日北アルプスの絶景を眺めながら走った路筋からは、 谷底のように [続きを読む]
  • 北アルプス絶景サイクリング 前編
  •  桜が散り、多摩川関戸橋のサイクルフリーマーケットが終わる頃、 親友8氏との「今年のゴールデンウィークはどうする!?」が 毎年の合言葉のように出る。 最初は漠然と○○○方面と決めながら、GWが近づくと次第に候補がまとまる。 計画は全て8氏に丸投げで申し訳ないのだが、 提案されるコースは、不思議と自分も走りたいと思っていた路である事が多い。 お互い休みの融通のつくフリーランス。 天気の良さそうな日を選び旅 [続きを読む]
  • 空気の読めない輪行サイクリスト
  • 昨日は久しぶりに息子抜きの一人で都内入り(仕事です)。天気予報は外れ、午後になっても小雨は止まず…。そんな中で都内らしい個性ある自転車がすぐに目に付きました。最近は散歩でも、こんな所ばかりに目がいってしまいます(苦笑)。下の2点は駐輪禁止と書かれた場所に堂々と停めていますね。ラバネロのオーダー車までこんな停め方されるのは悲しいな…。話は逸れますが、今時のロード乗りの方は、「ピナレロ」を知っていても [続きを読む]
  • 四季島の影で……可哀想なカシオペア
  • 土曜日に息子とプチ東京散歩をしてきたのですが、その途中で立ち寄った尾久車両センターでは、カシオペアが寂しげに停車されていました。             尾久駅の北斗星オブジェも今となっては寂しげなのです…カシオペアは団体専用列車となり、旅行会社の高額ツアーに参加しないと乗れなくなってしまい、敷居の高い寝台列車となりました。それでも、札幌まで走っていたのが救いでしたが、それも今年の2月で運行が終了 [続きを読む]
  • このタイヤでは走れません…(汗)
  • 週4日以上と稼働率の高いビアンキミニベロ7。4万円で買った自転車がこんなにも自分の走りに合ってしまうとは(笑)。GW前、仕事帰りに後輪の違和感に気づきます。ありゃ〜、いよいよタイヤが裂ける寸前……。このまま走り続ければ確実にバーストしますので、自宅までは2kmほどの道程でしたので押して帰ります。今回もパナレーサーパセラ20HE×1.5は7200km強も使えました。実にコスパの高いタイヤなのです。帰宅したら、すぐに某店 [続きを読む]
  • 【日本縦断オートバイの旅】5日目/鹿児島〜屋久島
  • ●台風を懸念して予定変更の屋久島入り YHを6時に出発。当初の予定では種子島に渡る予定を屋久島に変更します。理由は台風…。季節外れの台風が発生したため、種子島よりも優先順位の高い屋久島へ先に渡る事にしました。 鹿児島港のフェリーターミナルは最近改装されたようで立派で綺麗な建物。付近もベイフロントエリアとして整備されています。フェリーターミナルは何処も無機質なコンクリの建物が寂しく建っていて周りは何も [続きを読む]
  • ロードでもない、ランドナーでもない…
  •  今年も長野県のとある路と集落を訪ねて来ました。 雑誌に紹介される事も無く、ネットの情報でも乏しい地域。 担ぎこそないものの、パスハンターの優位性を感じる2日間の行程。 性能や軽量化ばかり目指したがるロード乗りの性。 古典美意識から離れられないランドナー乗りの性。 どちらも、それに拘りあるなら個々のスタイルに文句は言うまい。 しかし、拘りなく周りに流されているだけの人は本物の趣味人にあらず…。☆数 [続きを読む]
  • 自転車旅のススメ
  •  学生時代、自転車しか持たない自分は旅の選択肢=自転車でもありました。 そして、社会人となりオートバイに乗るようになっても、GWは必ず自転車旅。                       1988年5月 青森県尻屋崎                     1990年5月 兵庫県余部鉄橋                      1994年月 山口県錦帯橋 こんなに良い季節に、   走らずにはいられない、     [続きを読む]
  • 聖地巡礼!? 東武に乗って埼玉県・春日部散歩
  • 3月下旬に東急路線の1日フリーキップを使って小さな散歩。東急のローカル線的存在の多摩川線や世田谷線などに乗りながら、宮崎台駅に隣接する「電車とバスの博物館」を見学しました。この模様は何れ機会があれば紹介したいと思います。その道中でこんな列車に出会いました。「クレヨンしんちゃん」のラッピング車両です。東急田園都市線は、東武線と相互乗り入れをしているため、この東武車両は埼玉県春日部方面からやってきたので [続きを読む]
  • 【日本縦断オートバイの旅】4日目/阿蘇〜鹿児島
  • ●未到の地天草を駆け抜け、目指すは鹿児島へ。 5時30分起床6時スタート。今回の旅は毎日朝が早くて健康的。それでも、既にレース観戦予定の同室スカイラインさんの姿はない。早朝のゲートオープン前にサーキットに着きたいとは言っていたが早い早い!!。 昨日の悪天候から一転、快晴の中、阿蘇パノラマラインへ。日曜ながらも早朝とあって他の車は全く走っていません。途中、ライダーとすれ違いピースサイン。荷物を積んでいない [続きを読む]
  • ランボルギーニの工場
  •  先日テレビを点けたら「世界の巨大工場」なる番組で、 ランボルギーニの工場が取り上げられていました。 手作り工房的なイメージのランボルギーニが巨大工場!? などと一人突っ込みを入れてしまいます(笑)。 社員の言葉を取り入れながら、クルマの組み立てを順番に紹介。 その行程は、思っていた以上にアナログ的なものでした。 1から14までのセクションに分けられて順番に、 その道のプロの手により、少しずつ部品の組 [続きを読む]
  • サイスポ パーツオールカタログ最新号!!
  • 肌寒で今朝は小雨の降っていた横浜です。昨日も曇りながらも雨の降る予報でしたが、結局降らず。日暮れ時にはこんな夕景が見られました。GWの長期予報は概ね天気は良さそうです。早く万全な身体に戻し、GWの里山ツーリングに備えたいものです。☆営業サイクリングの帰り道に書店にて新発売の本を購入。サイクルスポーツの増刊号「パーツオールカタログ」です。一時は毎年購入していましたが、最近は2年に1度。勿論買い替えではなく [続きを読む]
  • 何でこうなるの!? 悪夢の中で…
  • 土曜日、朝起きるとノドか痛く声が出ません…。息子が学校から拾って来た風邪を移されたようです。他の体調に問題ない為、そのまま息子とプチ京急テツ旅を実行。翌日は身体のだるさが残るものの、午前の仕事を済ませて夕方に近所をポタリング。若い頃なら、少々調子が悪くても、外で動き回れば回復!!そんな図式があったのですが(学生時代は中学から最終学歴まで皆勤賞♪)、40過ぎた頃から、明らかに身体が衰えています…。昨日月 [続きを読む]
  • 【日本縦断オートバイの旅】3日目/高知〜阿蘇
  • ●雨中をハイスピードで走り抜け、三崎港へ 昨晩、高知YHで旅の話で盛り上がったハーレーさんと本日の行動と同じ事が分かり、再会を期待しつつ出発の準備を始める。ハーレーさんは九州・久留米の自宅に帰る為、三崎港(佐田岬)からフェリーを利用。私も本日の宿のある阿蘇へ向かうため同じフェリーを利用予定。ただし、ツーリング歴の浅いハーレーさんは高知・松山自動車道を利用して三崎へ向かう。距離は国道経由より長いものの [続きを読む]