足立獣医改め風の動物病院 さん プロフィール

  •  
足立獣医改め風の動物病院さん: 足立獣医改め風の動物病院のブログ
ハンドル名足立獣医改め風の動物病院 さん
ブログタイトル足立獣医改め風の動物病院のブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/mirco_vet/
サイト紹介文沖縄県豊見城市の動物病院です。日々の診療、獣医師として、一人の人間としての情報を発信していきます。
自由文沖縄県豊見城市の動物病院です。地域密着型のジェネラリストを目指し日々精進しておりますが、遠方から来院されるかたも大勢いらっしゃいます。高度医療機器に頼るのではなく、病気だけを見るのではなく、病人を診るという人間医療の格言を動物医療でも実践すべく、動物達はもちろんのこと、飼い主さんにもやさしい医療を目指しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供306回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2013/07/19 00:55

足立獣医改め風の動物病院 さんのブログ記事

  • ノラから? 〜SFTSとダニ予防〜
  • 先日ダニをた〜〜〜〜くさんつけてきたわんこの記事を書きました。これね。で、動物病院でダニと言えばバベシアのことが多くかかれていると思います。バベシアはダニを媒介して犬の赤血球に寄生する原虫なんですが、なんとなくの感じで言えば人間のマラリアみたいなものです。もちろん貧血を起こしたり、いろいろな症状で亡くなっていくわけです。で、人間では以前はライム病とか日本紅斑熱なんかが問題になってましたが、数年前か [続きを読む]
  • 道ばたで囓りながら
  • ベトナムベトナムはフランスの植民地だったのもあって(それはそれで悲惨な歴史ではあるけれど)、ベトナム料理だけではなくて、パンもそこら中で手にはいるし、特にフランスパンは自転車に乗せて売りに歩いているのも結構見かける。歩き回る私は当然腹は減る(笑)その空腹が心地よかったり、辛かったりとその時その時で違うんだけど、パンが大好きな私はこれを見つけると当然のごとく呼び止める訳だ(笑)もちろん米も大好きだけ [続きを読む]
  • 夏と言えども 〜尿道結石と尿閉〜
  • 夏真っ盛りですが、ちょっと続いた症例の子達。今までも泌尿器系、特に膀胱炎や尿石、尿閉などは冬に多いと何度か書いてきました。実際その通りではあるのだけれど、だからといって「夏にはない!」なんてことはありません、当然ながら。で、この子は朝からおしっこがでていないということで夜に来院。触診してみると膀胱がキンキンに張っているのがわかります。おそらく尿閉。実際にカテーテルもすんなりとは入らず、詰まっている [続きを読む]
  • 原因はどこに? 〜猫の黄疸と腹水〜
  • 結構遭遇するのが猫の黄疸。そして教科書的なフローチャートみたいなものがあって、そのフローチャートに従って診断するというのが教科書的な考え方。そしてもちろんそういったことをふまえながら普段も診断しているわけです。例えば貧血があるかどうか。あるなら免疫介在性溶血性貧血やヘモプラズマ感染症などを考えるし、場合によっては骨髄疾患まで考えないといけない。貧血がなければ胆管系の精査。さらにいえばFIP(猫伝染性 [続きを読む]
  • 治らない? 〜他に原因は?〜
  • 「治らない」にはきっと理由があるはず。もちろん現代医学、獣医学では治せない病気は確かにあるけれど。「治るはずなのに(治らない)」は何かが間違っているはず。ある程度治療しても反応しないということは何か見落としがあるんじゃないか、もしくは治療法が間違っているんじゃないかと考える必要が出てくるわけです。とあるネコちゃん。別の病院で何度も皮下膿瘍の治療をするけれどすぐ再発。で、そこの病院では「お手上げ」だ [続きを読む]
  • ヒマラヤ、ネパール、インド、そしてカレー
  • ネパール ヒマラヤこの前、インドカレーを食べてきた(笑)で、そのお店にはでかでかとヒマラヤの写真が壁に貼ってあって、懐かしいなあと思いつつお腹を満たしてきた。ところで・・・私が今まで行ってきたインド料理屋ってほとんどがネパール人がやってるんだよね(笑)だからモモなんかも置いていて。モモはネパール料理。聞いた話だと出稼ぎでインドに料理の修業に行くらしい。で、インドカレーを習ってということらしい。だか [続きを読む]
  • 本来は外科だけど 〜外科と内科と寿命と胆嚢粘液嚢腫〜
  • 外科手術って多くの場合は根治を目指したもの。もちろん一時的なレスキューで行うモノもあるけれど。緊急の手術もあるし、早くした方がいいものもあるし、将来的なことを考えてという場合もある。そこで一つ悩みどころは言い方は悪いけれど犬や猫は人間ほど長生きをしないということ。もちろん緊急を要する、手術をしないと確実に死んでしまう場合には選択肢は無いわけだけれど。で、問題はすぐ亡くなるかもしれないし、しばらくは [続きを読む]
  • まさかの
  • 病院の犬。こんなにどんくさい犬種だったか?????水遊びと変なおもちゃは大好きなようだ。でも・・・・・ 情けない・・・・病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • 2通りの対応 〜マダニと吸血〜
  • 何度も何度も何度も書きますが、沖縄は寄生虫天国。そしてそれは沖縄に限らず、まだまだそういった地域は少なくはない。 コチラの記事参照    ↓  マダニのネックレス!?   じゃあ、動物に何をしてあげられるかというと、もちろん「予防」治療や駆除ももちろん大事だし、必要なんだけど「予防」がまずは第一に来るというのを理解して欲しい。ダニがこの写真では4匹かな。こういった子が一定割合で来院するわけです。も [続きを読む]
  • 季節 〜出会いと別れと見送り〜
  • ちょっと前まで小さな子猫たちの来院が多かった。そのほとんどが保護猫、元保護猫。出産のシーズンがちょっと前にあったってことだね。その中には来院されたときには既に亡くなっていた子や、元気に泣いている子、様々。その後急激に弱って助けられなかった子も。でも、そのまま元気に育ち、最初のワクチンに来てくれる子も数多くいるわけです。そして先日も。そしてその子にもウィルスチェック。猫エイズウィルス(FIV)、猫白血病 [続きを読む]
  • 映える
  • インド真っ青な空に映える色とりどりの建物。その中でさらに映える白い建物。その国の空の色と合う色彩の建物がある街って本当にそれぞれ単独での良さを倍増どころか数倍の良さに仕立て上げるみたい。沖縄でもそういった風景はなくはないけれど、やっぱりそんな空と建物が映えるという情景も少なくなってきたな。病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • いただきものに 〜感謝と猫と〜
  • いつも色々な方に色々な差し入れをいただき、ありがたいことです。全てを常に紹介できるわけではありませんが・・・・で、その瞬間、ウチの看板猫が・・・もう卑しいっていったら・・・すぐに顔を突っ込んでくるし。で、最後にはしっかり紙袋に入って・・・なんなんだ、こいつは!病院のHPはこちらhttp://www.adachi-vet.com/ facebook、インスタもよろしくです   ↓ [続きを読む]
  • 緊急時の選択と子宮蓄膿症 〜ある日の救急〜
  • 当院は沖縄では夜遅くまで開いている病院です。沖縄はなぜか夜は7時までというところが多くて、当院の9時までというのはかなり遅い。さらに獣医師会での持ち回りの夜間救急当番も数多く担当しているので、普段は別の病院にかかっているけれど、気づいたときにはもう診療時間が終わっているという方が来られることも少なくない。もちろんその場合にはできる限りのことを当院で行い、報告書を作成して、次の日にかかりつけでさらに [続きを読む]
  • ない〜〜! あった〜〜〜! 〜腹腔内潜在精巣〜
  • これはちゃんとしておいた方がいいという手術はいくつかあるけれど、その内のひとつ、潜在精巣。陰睾ってやつ。精巣は元々は中胚葉由来(高校生物ね)。腎臓と由来は近いから最初はお腹の中で作られる。メスであればそのままお腹の中で卵巣として発達するんだけど、精巣はお腹の中で作られて(腎臓のすぐ側)、徐々に下腹部に移動して、そ径輪という穴からお腹の中を飛び出して、皮膚の下を通って陰嚢の中に収まるというややこしい [続きを読む]
  • 遊び 〜罪〜
  • 病院あるある・・・かな?いつもはわんこで通ってくださっている方。で、実は最近子猫を保護して、犬派だったのが、犬猫派へ。阪神の大和が右からスイッチヒッターに変わったのと同じ(?????)意味がわからない方、すみません(笑)で、最初のワクチン接種に来られたんだけど、会計の時に財布にお金が入っていないことに気づく!もちろん当院のワクチンが高額ってことじゃありません・・・(汗)で、すぐ近くに銀行があるので [続きを読む]
  • 沖縄にて! 〜取り扱い〜
  • やっと、やっと、沖縄でも当院で「病院用チャオ エネルギーちゅ〜る」を取り扱えるようになりました!取り扱えるようになるまで、ここでは言えない(言えるけど)ことも多々あり(笑)ということで、食欲不振の子のプラスアルファの影響補給や、投薬に使える栄養価の高いちゅ〜るです。詳しくはスタッフまで!言えない事って何かって?かなり怒りと愚痴になるので、みんなが忘れた頃に書こうかな(笑) 病院のHPはこちらhttp://ww [続きを読む]
  • 夜明け 〜バトンタッチ〜
  • 最近何度となく書くけれど、病院には本当に色々な子が来る。予防の子や、一度の治療でなんとかなる軽症の子、そしてもちろん重症の子。この時は結構とんでもないことになっていた。本来のかかりつけはあるのだけれど、もう診察時間が終わっていたので当院に。で、頻繁に検査をしながら状態を保たないといけないくらい。となるともちろん家にも帰れないし、仮眠も取れない。一晩中つきっきりで状態を診て、検査をして、結果によって [続きを読む]
  • 早めに見つけてあげて! 〜猫の関節疾患〜
  • 健康診断(キャットドック)に来てくれた子。定期的ななんらかの検診はやっぱり必要だと思っていて、それが問題なく終われるのか、重大な疾患が見つかるのか、ある病気が早期に発見できるのか。その時その時でもちろん変わるわけだけれど、何事もなかったらそれでいいし、重大な病気が見つかれば即、治療を開始できるし、早期に発見できれば対策も立てられる。そしてこの子に見つかったのは・・・・膝の関節症。この写真ではわかり [続きを読む]
  • そんなことはない! 〜小動物臨床〜
  • 政治的な自分の考えを云々というのはあまり書く気がしないけれど、でもやはりあの発言は我々獣医師にとってもむちゃくちゃな発言であると同時に飼い主さんや一般の方に誤解を生む。そしてその誤解は結局動物達の不利益になると思うので、個人的に思うことだけれど、しっかりと訂正しておこうかなと思う。そう、山本地方創生大臣のお考えだ。公務員の獣医師が不足しているのは「小動物獣医師がもうけるからだ」と述べ、ペットを診る [続きを読む]
  • 今後もありますが・・・ 〜麻酔、そして勉強会〜
  • 今日の午前中は休診とさせていただきました。午後は通常通りの診察でしたが。その理由はというと。昨日、東京で麻酔の勉強外に参加してきました。昨日は休診日でしたので。でも勉強会が終わるのが22:00。さすがに沖縄に帰ることはできず、今日の便で帰らざるを得ないことと、さすがに午前の診療に間に合う便が無いので午前中の診療は休診とさせていただきました。ご迷惑をおかけすることにはなりますが、やはり獣医領域で麻酔 [続きを読む]
  • 移動 〜過ごす時間、過ぎゆく時間〜
  • ミャンマー インレー当時のミャンマーは本当に不便だった。移動するにもいちいちヤンゴンに戻らなくてはいけなかったり、そうじゃなければ全く舗装されていないとんでもない道をひた走ったり。マイクロバスの天井に頭をぶつけることも珍しくない、そんな移動。ミャンマーに限ったことではないけれど、そんな移動が楽しいではあるけれど、実際肉体的な疲労は結構ある。でもその疲労も楽しむためには時間的余裕のある旅であることが [続きを読む]
  • 身体のチェック 〜ウジ虫症〜
  • とある子がどうも腕が化膿しているということで来院。でも化膿どころじゃなかった。さすがにその画像はここには載せられない。褥瘡があって、そこに大量の・・・・そう、ウジ虫。老齢、外飼い。そして沖縄という亜熱帯地域、さらに言えば梅雨は明けたといってもつい最近。毎日じっとりとした南風が吹いている。でもこの褥瘡には気がつかなかった。悪臭を放って初めて気がついた。でも化膿を通り越して大量のウジ虫が湧いていたわけ [続きを読む]
  • デビュー 〜海と遊びと濃度〜
  • 我が家の犬に海デビューさせてきた!海に入るの嫌がるかなと思ったけれど、膝の高さくらいまでは難なくクリア。結構はしゃいでた。海に浮かんでる海草とかもくわえようとするし、海岸に落ちていた棒を気に入って、それを海に投げ入れたら自分で取ってくるし。問題なくクリアですな。で、時々飼い主さんとかに海に連れて行って、海水を飲んだら死んじゃいますか?と聞かれるんだけど。ちょっと考えてみようかな。うちの犬も海水に顔 [続きを読む]
  • 色々な子のために 〜裏設備〜
  • 一般動物病院って当たり前だけど色々な子が来る。そして当たり前の様に何でも屋にもなる。先日駆け込んで来た子。リードの金具にわんこの指がすっぽりはまってしまい、取れなくなった。もちろん人間みたいにおとなしくしてくれるはずもなく、そしてそれはもちろん痛いからで。そしてそれを何とかしようとしても飼い主さんにすら噛みつくような威嚇行動をとる。そりゃ飼い主さんは悪くはないけれど、痛いところにまた痛いところに触 [続きを読む]
  • 夕涼みの時間は?
  • 中国ウイグル自治区 カシュガル私のお気に入りの地域というか街にカシュガルという街がある。中国での旅で唯一(笑)ホッとできる街なのだ。だから何度も訪れるし、実際ウイグルを旅しようとすると拠点にもなるから訪れないわけにもいかないけれど、やっぱり拠点とか関係なく好きな街なのだ。何がそんなにいいのかは以前の記事、今後の記事にも書くことにしてしまおう。その街に大きなモスク、イスラム寺院があるのだけれど、その [続きを読む]