blumfeld68 さん プロフィール

  •  
blumfeld68さん: hidey-hole
ハンドル名blumfeld68 さん
ブログタイトルhidey-hole
ブログURLhttp://blumfeld68.blog.fc2.com/
サイト紹介文日々の覚え書き
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供23回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/07/20 20:07

blumfeld68 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 7月前半のピアノ
  •  先日ここに記したように、ピアノの練習を再開しようと思いたったのだけれども、ブランクというものは技術というより習慣を失わせるもののようで、なかなか続かない。以前はヴァイオリンをやっていた頃も含めれば15年近く、ほぼ毎日一日2時間くらいの練習を日課にしていた。それだけ仕事が暇だったのかもしれない。とはいえ今だってそんなに忙しいわけではないので、やはり習慣をつけてしまうことが重要なのだろう。 今のところ [続きを読む]
  • 17年度四回目のハゼ釣りは満潮狙い
  •  今年四度目のハゼ釣りに行ってきました。場所は今回も大井ふ頭中央海浜公園です。 ハゼの釣れるタイミングは、「とにかく朝早く」と言われたり、「満潮の前後」と言われたりします。僕は朝が弱いこともあってこれまでは「満潮」にタイミングを合わせることが多かったのですが、正直どちらが良いのか良く分かっていません。これも今後比べて検証してみたいと思っています。前回が夜明けからの釣行だったので、今回は18時半ごろの [続きを読む]
  • 17年度三回目のハゼ釣りは試行錯誤
  •  今年三度目のハゼ釣りに行ってきました。三度とも場所は大井ふ頭中央海浜公園です。前二回が貧果だったので、いろいろと試してみるつもりで夜明け前に出発しました。 場所 大井ふ頭中央海浜公園 時間 4時半〜15時くらい 釣果 200尾以上(メダカハゼも含む。大半はリリースし、持ち帰りは105尾) 竿 ダイワひなた9尺、同6尺、宇崎日新ファインモード流 硬硬調390 仕掛け 脈釣り仕掛け(中通し錘、胴付き) 針 MARUTOバー [続きを読む]
  • ピアノの練習・再開の弁
  •  私は40を過ぎてからピアノを始め、仕事が忙しくなった一昨年夏までおよそ四年半、隔週でレッスンを受けていた。 それまでヴァイオリンは弾いていたがピアノは完全な初心者で、「猫踏んじゃった」すら弾けなかった。 教室の方針から教材は伝統的なクラシックの教本で、ブルクミュラー、ハノン、バッハの小品集、ソナチネアルバムと進んだように記憶している。はじめはブルクのみで、それが終わってから三冊並行となり、ハノンで [続きを読む]
  • ハゼ釣り用の針を購入
  •  今年のハゼ釣り用に注文してあった針が届きました。 MARUTO(土肥富)のバーブレス(スレ)フライフック、100本組を2セットです。 左側、d21の16号は昨年から愛用の針。昨年だけで半分くらい消費したので買い足しました。8cm前後の小型も問題なくかかってきますが、比較的大型狙い用でしょうか。縦長の形で飲み込まれることも少なく、非常に扱いやすいスレ針です。針先が長めだからかスレとはいえ一度針がかりすればバレることはめ [続きを読む]
  • 今年初めてのハゼ釣り
  •  今年初めてのハゼ釣りに行ってきました。まだちょっと早かったという印象。 場所 大井ふ頭中央海浜公園 時間 12時〜18時くらい 途中、15〜17時まで海老取川に様子見(一尾も釣れなかった)。 釣果 15尾くらい(あまりの小ささに数える気も失せた。10〜20尾くらいの間で、いずれにせよぜんぜん釣れなかった) 今年初のハゼ釣りは初めての釣り場へ。大井ふ頭中央海浜公園はハゼ釣りで有名な場所。以前から一度は行ってみなけれ [続きを読む]
  • 9/10(土) 針結び器
  •  平日は外仕事のいつもの日々が戻ってきて、特に書くこともなし。 帰宅してからも、ここ数日は通販で買った「針結び器」をいじって過ごしてしまった。 これ、バラの釣り針にハリス糸を結んでくれる電池式の器械。いままでは、糸つきの針を買っていたけれどそれだとハリスが細すぎて、ハゼを三尾も釣るとヨレヨレになってしまっていた。 小さなハエスレ針に、0.6号のハリスを結ぶ練習で、数日が過ぎてしまった。意外と、難しい [続きを読む]
  • 9/5(月) 翻訳と買い物
  •  今日も昨日に引き続き、家で翻訳。とはいえいろいろと他にもやることがあり、結局1ページのみ。昨日と違いそんなに考え込むような部分もなかったので、本当は2ページくらい進めたかったのだが・・ 夕方から食料品等の買い出し。帰宅して鶏の手羽先を塩焼きにして食べる。 サントリーのプレミアムモルツの香るエールというのを飲んだが、確かにそこそこ香りはあったけれど、前に飲んだクラフトセレクトのペールエールよりまだ [続きを読む]
  • 9/4(日) 翻訳
  •  今日は一日中家にこもってカーター『英雄たちと悪漢たち』の翻訳の仕事を進ませた。 今週は月・火と1ページずつ進み、調子が良いかもと思っていたところ、塾の講習が終わった水曜には気持ちがハゼ釣りに飛んでいってしまい、仕掛けを作ったり、翌日、翌々日には二日連続で釣りに出かけてしまったりと、結局ぜんぜん手をつけない日が4日も続いてしまった。遅い夏休みを楽しんで、リフレッシュしたのだからいいのだと自分に言い [続きを読む]
  • 9/3(土) 二食と三食
  • (以下は文章術の復習のために書きました。以前はこういうの、けっこううまくやれたのですが今は感覚が鈍っています。読むに耐えないかもしれないので、文字なら何でも読みたいという活字中毒の同志以外の方はスルーしてください) 2年ほど前までは朝方に寝て昼過ぎに起きる、完全昼夜逆転の生活をしていて、勤めも塾だけだったのでそれでもさして問題はなかった。そしてずっと、一日二食の生活をしてきた。というか、昼食、夕食、 [続きを読む]
  • 9/2(金) 二日連続でハゼ釣り
  •  昨日の釣行ではマッタク満足できず、むしろ欲求不満がつのる結果となってしまったので、今日も出撃。 わざわざ遠くに行くリスクは避け、今日は羽田空港の横を流れる海老取川へ。 ここへは8月中旬にも一度来たのだったけれど、これまたメダカサイズ連発で、ただ帰り際にようやく攻めどころをつかめた感じでそこそこの型を数尾だけ釣り、ちょっとだけ満足したのだった。今日は大満足と行きたいが、正直、あまり期待できない気も [続きを読む]
  • 9/1(木) ハゼ釣り
  •  今日はハゼを釣りに横浜は金沢八景の野島公園まで遠征したのだけれど、まだ早かったらしくて、メダカのような小さいのしか釣れず、大敗を喫してしまった。ここは去年も来てフグとウミタナゴしか釣れずボウズだったことがあり、再挑戦のつもりだったけどあえなく二連敗となった。三度目はもうない、と思うが三度目の正直ということもあるしな・・でも、素直に磯子あたりの運河にするか、海老取川、いやむしろクローバー橋にでもい [続きを読む]
  • 8/31(水) 講習終わった!
  •  塾の夏期講習が終わった。今年はいまだかつてなく、楽な講習だった。けれどもやりがいは一番なかった。残念だ。 ともあれ、終わってうれしい。来週からはまた外仕事の日々に戻る・・と思うが、そろそろ翻訳のほうも終盤であるし、年内に刊行は難しくなってきたけれど、自分のところの本作りの仕事にもなるべく注力したい。自宅事務所での教室計画も年内にある程度、めどをつけたい。 でも、今のところはそういうこともしばらく [続きを読む]
  • 8/30(火) 講習五日目
  •  塾の夏期講習は5日目。昨夜は遅くまで仕事してしまい、神経が高ぶったまま寝についたので朝も変に早く目が覚め、寝不足。それで全体に調子が悪かった。それでもなんとかつつがなく終了。 帰宅後は例によって翻訳。いつもの外仕事では帰宅すると疲れてしまい何もできなくなることが多いのだけれど、塾の授業だとかなり余力がある。というより、頭の使い方が近いので、自然にシフトできるのだろう。今日も1ページ進んだ。これから [続きを読む]
  • 8/29(月) 講習四日目
  •  翻訳を進めていたらいつの間にか深夜の2時半になってしまった。今日は塾仕事もしたし、翻訳も1ページ進ませることができたのでちょっと満足だ。もと教え子の訪問もあって楽しかった。今日聴いた曲ベートーヴェン: 交響曲第7番、第8番マッケラスの指揮 マッケラスはとても好きな指揮者だけれど真価を再認識したのは今年に入ってから。今までは、チェコ音楽の宝石のような名盤をたくさん残してくれた恩人という感じだったの [続きを読む]
  • 8/28(日) 家で翻訳
  •  今日は久しぶりに一日中家にこもって翻訳。 とはいえ午前中は寝床に寝転がってP. K. Dickの"Do Androids dream of electrick sheep?"を読んでいた。洋書は基本、未訳のものを読みたいと思っているが、軽い気持ちで手に取り、読み出したら止まらなくなってしまった。ディックSFを原書で読むのは実は短編以外は初めて。翻訳なら『アンドロ羊』は中二の時にはじめて読んで以来、ほぼ10年おきに読み返しているので、だいたい話は覚 [続きを読む]
  • 8/28(土) 涼しくてようやくひと息
  •  夏期講習三日目。講習でだけ担当する一名が、早くもやる気をなくして方針転換。週明けからは普通の文法問題集を進ませることに。 個別指導の塾や家庭教師で教えてきて、人にものを教えることの難しさをいつも痛感している。集団授業ではこうした難しさはあまり感じない、が、ないことはなくて、実際は成績下位者と直接向き合わずに済んでいることから「ないことにしている」だけなのだろう。 実際、大部分の生徒は「理解する」 [続きを読む]
  • 8/27(金) 買い出し
  •  塾の講習が五時に終わるので、余裕を持っていつもの週一の食料調達に車で出かけた。 特に変化もなく、いつもの物品を補充したほか、いつもはあまり買わないビールを何種類か買ってきた。 ビールはこのところあまり飲まなくなっているのに加えて、この間同じスーパーで賞味期限近いチェコの「ピルスナー・ウルケル」が一本200円弱で出ていたので喜んで買い込み、しばらくそればかり飲んでいたら、あまりにうますぎて、ほかを飲 [続きを読む]
  • 8/21(日) 久々にブログ再開
  •  一日中家にいて翻訳仕事。カーター『英雄たちと悪漢たち』を1ページ半。頭が痛く、気力湧かず。今週は結局4ページしか進められなかった。 土日連休なのは今週が最後。来週からは塾仕事が再開、いままでよりもっと余裕がなくなるか。夏バテ気味なので少し涼しくなればまたやる気も出るかもしれない。 それにしてもハゼ釣りに行きたい。雨降るというので家にいたが、結局降らず、こんなことなら少しでも行けば良かったと後悔し [続きを読む]
  • 8/25(木) 夏期講習一日目
  •  今日から来週いっぱいまで普段の出版外仕事を休み、塾の夏期講習。この塾にはもう六年ほどいて、夏休みはお盆の週を除いて全部講習で埋められていた年もあったものだけれど、今年はこの一週間だけ。しかもたったの二コマで、正直寂しい。今年でこれらのコマも終わりなので終末感が私のまわりにだけ漂っているのかと思いきや、行ってみたらガラガラだったのでさらにびっくり。この塾全体が終末感に浸っていた。しかもありえないよ [続きを読む]
  • 8/24(水) 教室用のテーブルと毒(変換ミス)
  •  今日もいつものとおり外仕事。三日目にしてほとほと、書くこともない。これが今年はずっと続いているのだから、もっとも不適切な時期にブログを再開したといえなくもないかもね。 とはいえ外仕事、半年ぶりにしばらく休んで明日からは塾の夏期講習。中高生に英語を教える仕事はとても好きで、今後外仕事でお金を稼ぎ、一方我が八月舎で拙訳の文芸翻訳書などを細々出していくという人生設計と並行して、講師の仕事もずっと続けて [続きを読む]
  • 8/23(火) いつもの日
  •  今日もいつものように外仕事。別段とりたてて言うこともない。ただ、まるで勤め人のように週五日出勤して朝から夕方まで働くというのが常態化していることに危機感はある。これに慣れてしまったら危ない。もっとしっかり身を入れて翻訳を進ませ、他の原稿もがんばって書き、そして自分でしっかり生徒を集めて教室も軌道に乗せたい。組織に頼らず自力で生きたい。 「英雄たち」昨夜半ページ、今夜半ページ。この作品、章の始まり [続きを読む]
  • 8/22(月) 大雨
  •  外仕事でいつもの某所へ。 ここ、私の家から比較的近所ではあるのだが交通の便がよろしくない。地下鉄を乗り継いで、それから15分ばかり歩くのが正規ルート。乗り継がずに途中で降りて20分ばかり歩くルートもあり、人混みと電車が苦手なのでそちらのほうを好んでいる。 ところが今日はひどい大雨で、15分も歩くことを思ったら気が遠くなった。タクシーを使うことも考えたが、今日一日の収入相当の額が往復で費やされることを思 [続きを読む]
  • 過去の記事 …