初鶯の会 さん プロフィール

  •  
初鶯の会さん: お琴くらぶ 初鶯の会
ハンドル名初鶯の会 さん
ブログタイトルお琴くらぶ 初鶯の会
ブログURLhttp://ameblo.jp/hatsuuguisu-nokai/
サイト紹介文琴や三味線に興味がある人が気楽に始められるサークルです。初心者大歓迎!一度来てみませんか?
自由文お正月になると聞こえてくる琴(箏)の調べ
やってみたいけれど どこに習いに行けばいいのか わからない…
そんな風に思っているひとのために 気軽に始められる
お琴(箏)のサークルをつくりました
まずは無料体験コーナーに 来てみませんか!!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/07/19 18:27

初鶯の会 さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 大成功だったよ
  • 一昨日の宮城会栃木地区コンサート 「花変奏曲」で出演したかわかみさん。練習の甲斐があって本番は大成功とても落ち着いて弾いていて、間もよく、楽器もよく鳴っていた。ご本人もホッとした様子 助演してくれたお弟子さんも、こちらの音をよく聞いて合わせてくれて立派。相手に合わせるには余裕がないと出来ないこと。勉強になったことと思う。自分の持ち曲も何曲もある中で本当によく頑張った。気遣いも仕事もよくして [続きを読む]
  • 今年で6回目!
  • 皆のお陰様で6回目を迎える、宮城会栃木地区コンサート今年もサークルからは、かわかみさんが出演する。滝廉太郎の「花」を、坂本勉が箏の二重奏にアレンジしたもの。「皆が知っている曲は間違えると分かってしまうので怖いです」とかわかみさん。確かに。少し長くて大変そうだったので一部分をカットしたら、次の時までに練習してきてくれて「ここもやりたいです」と。嬉しい。最近は自分の出来ていないところがよく分かってきて [続きを読む]
  • りく君の手
  • このサークルの初代会員で育児休暇中のさきちゃんと、美幸ちゃんとで1年ぶりにランチをした2歳になる、りく君とも久しぶりの再会。ますます可愛く、お利口さんになっていた。家でお母さんと一緒に宮城道雄の名曲「ロバサン」を、正座で弾き歌いしたという。想像するだけで、かわいく嬉しい。そして何気なく見たりく君の手とても大きく厚く指もしっかりしていて、い〜い手をしていたさきちゃんはゆったりと自由に育てているようで [続きを読む]
  • 自意識
  • 先日、何とか無事に終わった豊郷まつり。 私達の演奏時間がちょうどバザーの開始時間と重なり、場内アナウンスにつられて来場者は皆バザー会場へお客さんがいない…2〜3人しか…まあこんなこともあるさと、演奏を始める。 今回初舞台のたけださん。手が震えた〜と言いながら、よく頑張って弾いてくれた。立派!ただその緊張感が伝染したのか、かわかみさんもとても緊張してしまった様子。 「お客さんが少ないのに何 [続きを読む]
  • もうすぐ豊郷まつり(´∀`)
  • 忙しくしていたら、あっという間にもう次の日曜にやってくる豊郷まつり。今年はお琴組だけで「お江戸日本橋」と「さくら舞曲」の2曲を演奏する。サークルの短い時間だけでは足りないからと、私の自宅に熱心に練習に来てくれる。 先日、今回が初舞台になる方が「本番近くなってくると、何だかドキドキしますね」と。「私あがり症なんです」とも 分かる分かる。私も最初はそうだったし、今でも昨日演奏会のように暗譜で弾 [続きを読む]
  • 人間国宝☆彡
  • 昨日の県芸術祭でのこと。米川文子さんと、富山清琴さんの「松竹梅」の演奏には心が震えたお一人で1パートだったため、真っ直ぐに音色が伝わってきて、その間合いといい、歌の声といい、曲の途中でどんどん引き込まれ、最後には息ができないほどに。 「人間国宝」、国の宝とはそういうことかと大いに得心がいった。 演奏の後にたまたま米川先生とご挨拶する機会をいただいた。ほんの短い会話だったがお人柄が感じられ、 [続きを読む]
  • 賑やかだったよ
  • 前回の活動日以降、この2週間の間に続けて問い合わせがあり、今日は4人も見学の人が来てくれた 高校や大学の箏曲部などでやっていたけれど、出来ない時期があった方や、現役の高校生など皆さん経験者で、このサークルをたまたま見つけたと。 経験者ということもあり、せっかくなので体験用の爪で弾いてもらった。何年もやっていなかったと言いながら、皆出来る!初めての三味線も、初めての縦譜も、難なくこなし、時間 [続きを読む]
  • 栃木県芸術祭
  • 夏の間途切れていましたが演奏会のご案内 第70回記念 栃木県芸術祭邦楽部 三曲演奏会10月30日(日) 10:20開演栃木県総合文化センター メインホール 自分達の演奏曲は宮城道雄作曲「奈良の四季」19年前に同じ演奏会で弾いている。その頃はまだ地元の師匠がご健在で懐かしく思い出され、上手には弾けなかった記憶がある。案外初心の頃に習うのだが19年経ってもなかなかに難しく、よい勉強になっている [続きを読む]
  • 初心
  • 先日の活動日。お琴組は11月にある豊郷祭りに今年も出演するため、練習に余念がない。お三味線組は都合がつかず、今年は不参加(残念)そのため20分の持ち時間、もう1曲くらい出来るかなと思いお琴組に声をかけると即答で「やろうやろう!」と。いつでも前向きである。 12月の宮栃コンサート。2年続けて出演したかわかみさん。今年はサークルからは一人なので心は揺れ動きヽ(;´Д`)ノ一度は出演をためらったものの [続きを読む]
  • 気合い!!
  • 先日の演奏会「うたたね」でのこと。なかなか思うように弾けず、直前まで自信の持てなかった演奏曲。自分の中でぐるぐるしていた。 ちょうど1週間前に師匠の社中の演奏会があった。最前列の中央右手で全曲を聞いていた。何よりすごかったのはその気合い師匠が乗り移っているかのよう。皆の強い思いが伝わってきて、ドキドキするわ、涙がでるわで、終演した時には自分がへろへろだった。 ただそこで何だかフ〜と、とても [続きを読む]
  • 続々と!新入会員さん
  • 続々と!というのは、まぁ言い過ぎかもしれないがでも続いて新しい会員さんが入会してくれた。それも久しぶりの三味線希望の会員さん誰よりも喜んでいるのはみゆきちゃんである。このところ一人でちょっと寂しい感じだったので この方との出会いも本当に偶然で、私がいつも着物を生き洗いに出しているお店で、係りの人が伝票を作っている間に、「何をなさっているのですか」と何気に声をかけてくれた店員さん。「お琴やってま [続きを読む]
  • 続々と演奏会(^^♪
  • 演奏会のご案内 地唄箏曲 古典演奏会 ”うたたね”4月29日(祝) 14:00開演栃木県総合文化センター 古典芸能練習室入場無料数年前に亡くなられた地元での師匠とのご縁で折々ご一緒させてもらっている尺八奏者の方からのお誘いで、勉強会を兼ねた演奏会を初めて開く。私は古曲「ながらの春」と宮城道雄作曲「泉」を弾く。この「泉」という曲。分かってはいたことだが、なかなかにハードルが高かった。全ての音を正 [続きを読む]
  • 嬉しい出会い?
  • いけないいけない!3月が終わってしまう!今月のトピックス!とてもとても久しぶりに新入会員さんが来てくれた このサークルは・・・大々的に宣伝するでもなく、活動時間も夜だし、場所も一番奥の和室で全く人目にもつかず、地味〜に地区の市民センターのそれも目立たな〜いボードに会員募集の張り紙をしているだけ。それでもその張り紙を見て入会してくれた。 随分前から箏はいくつかの流派で習われていたそうで、でも [続きを読む]
  • やったよ!豊郷祭り2
  • 豊郷祭り、箏組はというと…出演予定だった鈴木さんが都合で出られなくなってしまったまず心配したのは、川上さん仲間がいなくても大丈夫かなぁということ。3年ほど前に誘ったときに、いくら私と一緒でも仲間がいないといやだわ〜と強く言っていたので。後で聞くとみゆきちゃんも同じ心配をしてくれていた。前日の夜になってやっと連絡がつき話をすると「あ、分かりました」とあっさり「それで先生何着ていきます?」と着ていくも [続きを読む]
  • やったね!豊郷祭り1
  • 前日の雪と季節外れの祭りのため、お客さんは閑古鳥かと思いきや、何だかたくさん人が集まっているのにビックリ。地域の祭りの底力を感じる。一年に一度の祭りを楽しみにしているのかと思うと嬉しくなる。今回三味線で初舞台を踏んだみゆきちゃん!元々持っている力 プラス 最後の追い込み練習が功を奏し、とても立派な舞台だった。祭り独特のざわついた雰囲気の中、慣れない椅子での演奏だったが集中力で乗り切り、曲の最後は見 [続きを読む]
  • みゆきちゃん初舞台!
  • お待たせしました!三味線を始めて2年余り。みゆきちゃんがやっと初舞台を踏む。今までとても忙しい時期にしか発表の場がなかったのだが、会場の都合で”秋ではなく来週に行われる”豊郷祭り”音源を聞いては自己練習でどんどん弾いてしまう才能あふれるみゆきちゃん。サークル仲間もいつも感心している。今回の曲は音源がなく最初は??の様子だったが、分かってしまえば強い!いい音でパンパン弾いている。曲は”群”という現代 [続きを読む]
  • 本番に実は強い??
  • 宮栃コンサート本番!サークル会員のお二人。午前中、舞台でのリハーサル。多用でバタバタしている私を気遣って、同じパートを弾く箏仲間が練習を進めてくれていた。本当にありがたい。途中少し参加したがなかなかにいい感じ!で、本番。とてもとてもよく出来ました。テンポもよく、落ち着いていて、あれこれありつつも、ちゃんと弾き通すことが出来、立派??昨年よりは確実にレベルアップしていて、それが何より嬉しく、ご本人達 [続きを読む]
  • 宮栃コンサート 2
  • サークルの皆も出演してくれる、今年5回目を迎えるこのコンサート。自分たちにとっても勉強の場になっている。普段の大きな演奏会ではあまり出来ない曲を、毎年何かしようということで、今年は長沢勝俊作曲の ”飛騨によせる三つのバラード”に挑戦する。最初聞いたとき、何とも素敵で格好よく心に残り、是非やりたいと思ったのだが…楽譜を見て最後の「杉玉」は ”うーん無理かも…”でもここであきらめないのが箏好きのメンバ [続きを読む]
  • 今年もやります宮栃コンサート
  • 今年で5回目になる通称”宮栃コンサート”サークル会員の鈴木さんと川上さんが今年も出演する。曲は沢井忠夫の”つち人形”箏の基本的な手の勉強になり、弾きやすく弾いていて楽しく、聞き映えもする曲である。ただ繰り返しが多く、テンポよく弾くのはなかなかに難しく、”何回弾いたか分からなくなる〜” ”練習しても弾けなーい” ”弾けないから出たくなーい”という声もチラホラでも2人のすごいところは決してあきらめない [続きを読む]
  • 山田流
  • 昨日紹介した演奏会で私はもう1曲演奏する。各社中合同の企画曲で、山田流の「都の春」生田流の私は山田流の曲を弾く機会はほとんどないのでいい機会と思い参加した。私の山田流の印象は”歌がいい”、そして皆さん”歌が上手い!”音源をいただきそれなりに練習して合同練習に参加したのだが、実際に山田流の方たちが歌う歌を聞くと、何ともニュアンスが違う。どこがどうとはうまく言えないが、節回しが微妙に違う。そして何故か [続きを読む]
  • 十七絃
  • もう次の日曜日になるが演奏会がある。演奏する曲は宮城道雄の「さくら変奏曲」私は十七絃を弾く。自分の楽器を購入してからもう10年以上たつが、ほとんど日の目を見ずに来た。音が硬く響かず、身の丈に合っていない大きさ重さ(2階の稽古部屋から階段を降り車に積むまで命がけ)を言い訳に避けてきたに近い。いつかは向き合わなくてはと思いつつ。今回も積極的にやりたかったわけではなかったがパートが回ってきたのでいい機会 [続きを読む]
  • 華というかオーラというか
  • 連日何しろ暑いだが暑い時こそ演奏会!というわけではないのだろうが、2年連続で真夏に東京で演奏会がある。猛暑の中、何だか分からないが始終遅延する電車に揺られ、毎週通うので消耗するのだが、素敵なこともたくさんある私は2曲演奏するのだが、そのうちの1曲を指導して下さっている先生が素晴らしい。演奏家として、指導者として、両方を兼ね備えた方の中で私はNO1!だと思っている。演奏が素晴らしいのは当たり前!指導 [続きを読む]
  • 過去の記事 …