院長^^ さん プロフィール

  •  
院長^^さん: 院長^^のブログ中国医学講座
ハンドル名院長^^ さん
ブログタイトル院長^^のブログ中国医学講座
ブログURLhttp://ameblo.jp/dojin-koudai/
サイト紹介文本場の中医師による中国医学をブログ講座にてお伝え。初心者からも楽しめます。本物の中国医学をどうぞ。
自由文数少ない日本人中医師による中国医学講座。
似て異なる中国医学と東洋医学。
なぜ違うのかは、その学習カリキュラムに原因があります。少しでも、中国医学を正しくお伝えできればいいなと思っています。
今は、神戸で中医学を使った整体(推拿、按摩)を行っています。ちゃんと四診も使った弁証論治も体験できます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供78回 / 365日(平均1.5回/週) - 参加 2013/07/21 08:30

院長^^ さんのブログ記事

  • 中薬学〜清熱解毒薬30〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬30〜 四季青(シキセイ) 寒、苦、渋。帰肺、心経 効能 清熱解毒、涼血、險瘡 用量用法 15〜30g。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こ [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬29〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬29〜 山慈姑(サンジコ) 寒、心;有小毒。帰肝、胃経 効能 清熱解毒、消癰散結 用量用法 3〜6g。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いていま [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬28〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬28〜 漏芦(ロウロ) 寒、苦。帰胃経 効能 清熱解毒、消癰腫、下乳汁 用量用法 3〜12g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中 [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬27〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬27〜 白鮮皮(ハクセンピ) 寒、苦。帰脾、胃経 効能 生熱解毒、除湿、止痒 用量用法 6〜10g。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こち [続きを読む]
  • 【お知らせ・ご案内】中国医学の講座案内
  • こんにちは。中国医学って今ブームなんです。経絡ツボマッサージの経絡もツボも、中国医学。経絡ヨガなんてのもありますよね。薬膳料理も元は中国医学。西洋栄養学は、組み合わせ理論じゃないでしょ。薬膳は組み合わせ。すなわちほら漢方理論でしょ。ほかにも足裏マッサージ、耳鍼。お灸ガール。いろいろ皆中国医学なんですよね。そのせいか、講座のお呼びもいただくし、勉強したいという相談を一般の方から医療関係者まで。あり [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬26〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬26〜 白?(ビャクレン) 微寒、苦、辛。帰心、胃、肝経 効能 清熱解毒、險瘡生肌 用量用法 5〜10g。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬25〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬25〜 熊胆(ユウタン) 寒、苦。帰肝、胆、心経 効能 清熱解毒、止痙、明目 用量用法 1〜2.5g。外用適量。 内服多作丸、散剤、不入湯剤。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓 [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬24〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬24〜 白花蛇舌草(ビャッカジャゼツソウ) 寒、微苦、甘。入胃、大腸、小腸経効能 清熱、利湿、解毒、消癰用量用法 15〜60g。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いて [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬23〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬23〜 敗醤草(ハイショウソウ) 微寒、辛、苦。帰胃、大腸、肝経 効能 清熱解毒、消癰排膿、袪瘀止痛 用量用法 6〜15g。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬22〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬22〜 紅藤(コウトウ) 平、苦。帰大腸経 効能 清熱解毒、活血止痛 用量用法 15〜30g。煎服或浸酒服 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医 [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬21〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬21〜 鴉胆子(アタンシ) 寒、辛。帰大腸、肝経効能 清熱解毒、截瘧治痢、腐蝕贅疣用量用法 毎次10〜15粒(治瘧疾)或10〜30粒(治痢)。味极苦、不宜入湯剤、可装胶嚢或桂圓肉包裹?服。外用適量。 ________________________                                                                健康 [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬20〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬20〜 秦皮(シンピ)寒、辛。帰肝、胆、大腸経 効能 清熱解毒、清肝明目 用量用法 3〜12g。煎服或入丸散。外用可煎水洗眼。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いて [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬19〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬19〜 白頭翁(ハクトウオウ) 寒、辛。帰大腸経 効能 清熱、解毒、涼血 用量用法 6〜15g。煎服或入丸散。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こち [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬18〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬18〜 馬歯莧(バシケン) 寒、酸。帰大腸、肝経効能 清熱解毒、涼血止血用量用法 30〜60g、鮮品加倍。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら&n [続きを読む]
  • 【お知らせ・ご案内】東京での薬膳講座のご案内
  • 【お知らせ・ご案内】東京での薬膳講座のご案内 近年は薬膳ブームなのか、薬膳講座や薬膳料理を提供しているお店もよく見かけます。実際に講座に参加された方もいらっしゃるかと思います。内容は栄養学によるものであったり、東洋医学ちっくであったり。 今回の薬膳講座は、中国古典の食べ物の魂を調理することで薬効を作り出す魂の薬膳講座。 例えば、昆布だしのカニ鍋。カニの自然界でのお役目は、海の底のお掃 [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬17〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬17〜 馬勃(バボツ) 平、辛。帰肺経 効能 清肺、利咽、解毒、止血 用量用法 3〜6g。煎服或入丸散。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いてい [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬16〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬16〜 山豆根(サンズコン) 寒、苦。帰肺経効能 清熱解毒、利咽喉、散腫止痛用量用法 6〜10g。煎服、或磨汁服。 外用含漱或研末塗敷患処。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養 [続きを読む]
  • 【お知らせ・ご案内】2017年講座ご案内
  • 2017年講座ご案内 2017年 今年も中国医学を皆様にお届けします。3月17日13時 薬膳講座 in 東京3月17日19時 中医学に基づき心身のバランスをとり戻すワークショップ パート13月18日10時 中医学に基づき心身のバランスをとり戻すワークショップ パート2http://www.knowing-inc.jp/workshop/2017031718 その他にもアンチエイジング講座を2月スタートで全6回。こちらは神戸で。徳島でも、自然と共に生きる講座を。 [続きを読む]
  • 2017年(^_^) 今年もよろしくお願いいたします。
  • 2017年(^_^) 今年もよろしくお願いいたします。新しい年が無事に迎えられました。本年もよろしくお願いいたします。日本で迎えるお正月は良いですねぇ。 さてさて。現在の中医学の状況は、以前に比べてもより受け入れられてきております。2015年には、中医学でノーベル賞を受賞しております。その研究も現代科学の中でも評価されているのです。 日本の中国医学を取り巻く環境も日々変化してきております。漢方薬に興味 [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬15〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬15〜 射干(ヤカン) 寒、苦。帰肺経 効能 清熱解毒、袪痰利咽 用量用法 6〜10g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中 [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬14〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬14〜 魚腥草(ギョセイソウ) 微寒、辛。帰肺経 効能 清熱解毒、排膿、利尿 用量用法 15〜30g。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いて [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬13〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬13〜 土茯苓(ドブクリョウ) 平、甘、淡。帰肝、胃経効能 解毒、除湿、利関節用量用法 15〜60g。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いています。こちら 中医 [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬12〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬12〜 垂盆草(スイボンソウ) 涼、甘、淡、微散。帰肝、胆、小腸経効能 清熱解毒、利湿用量用法 10〜30g鮮品可用50〜100g。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書 [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬11〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬11〜 半辺蓮(ハンペンレン) 寒、辛。帰心、小腸、肺経効能 清熱解毒、利水消腫用量用法 干品10〜15g;鮮草30〜60g、煎服。外用適量。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを [続きを読む]
  • 中薬学〜清熱解毒薬10〜
  • 中薬学〜清熱解毒薬10〜 挙参(ケンジン):涼、苦。効能 清熱解毒、去湿、散廱腫。用量用法 3〜12g。煎服或入丸散。外用研敷或煎服水含漱、洗瘡。 ________________________                                                                健康についての相談はこちらつれづれ養生訓で健康のコラムを書いて [続きを読む]