白猫 さん プロフィール

  •  
白猫さん: 美容・茶道・そして猫だらけ
ハンドル名白猫 さん
ブログタイトル美容・茶道・そして猫だらけ
ブログURLhttp://hairstadiocarouge.seesaa.net/
サイト紹介文表千家不白流を45年。茶事を積極的に行い、懐石、和菓子レシピ、茶花を紹介。美容の世界にも参入。猫4匹
自由文積極的に茶事を取り入れた茶道の稽古を行い、懐石、和菓子は自作のため、レシピ公開。禅語の解釈も。花も四季折々紹介。働きながらエステシャの資格を取ったので、これから着付け、メイクの勉強を始める予定。健康と美しさは一体のもの。体に良い美容法、コスメ、ダイエット法なども紹介。お茶の心でストレスの多い現代女性の心も体もほぐします。4匹の猫とのまったり生活も紹介。とにかく美しいもの、美味しいものが好きです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供238回 / 365日(平均4.6回/週) - 参加 2013/07/22 10:43

白猫 さんのブログ記事

  • 駅近に住むということ
  • 駅近くが便利だと思い、思いっきり駅近に住み始めました。人からは、そんな駅近に住んで騒音やら振動はないの?と尋ねられましたが、全然それは感じませんでした、最初は。家の中でも動き回っているときは何でもありませんが、ゆったり座ってお茶でも飲もうか、と思うとやはり感じます。1日のうち何度かはビリビリという振動を感じます。毎回でないのはなぜかなあ?と疑問に思っていると、原因が何となくわかりました。西武池袋線 [続きを読む]
  • 雨の中、テナント探しへ
  • 本当に冷たい雨。頭を包むショールがいつまでも手放せません。ヘアサロン開業を目指す私たち。開業場所は初期の最重要事項。息子と相談の上、私たち夫婦が実地視察をしています。今日も冷たい雨の中、二駅分の視察をしました。二件気に入った物件があり、早速明日、不動産業者さんに連絡して中を見せてもらうこととしました。ヘアサロンは物販と違って、水道、電気、ガスなどの工事が必要なので、その条件に合致するかどうかが大事 [続きを読む]
  • 咲き分けの椿、エゾニシキ
  • 今日は用事で三鷹へ。途中で見かけたとても大きな椿です。真っ赤と絞りの咲き分けで、エゾニシキ、と札がかかっていました。直径12センチくらいはありそうなくらい大きく、立派な花です。帰りに武蔵小金井駅で途中下車して町並みを見学。視察、って書くとちょっと偉そうな感じがしてしまいます。我々は、見学、ですね。明後日選挙があるみたいで、街頭演説を盛んにやっていました。とても面白い公約を掲げる団体もあり、東京には [続きを読む]
  • 殿ヶ谷戸(とのがやと)庭園のカタクリの花
  • 昨日は主人と小平駅周辺の見学に出かけました。どんどん歩いて、歩いて、疲れたのでバスに乗って国分寺駅まで行ってしまいました。サロン候補地はたくさんあるのですが、自分の目で見たことの無い地はピンとこないので、実際に行ってみることにしています。小平って大きな霊園があるんですね。その方面関係の会社がたくさんありました。国分寺駅周辺も歩いてみました。すると、殿ヶ谷戸庭園があり、初めて耳にする名前だったのです [続きを読む]
  • お茶道具は高知へ。
  • 欲張って持ってはきたものの、お茶道具が溢れかえって困っています。そこへ助け舟。高知で旧社中のご指導を願っているアイ先生から透木釜や炭点前の道具のご依頼がありました。これ幸いとお送りしました。押入れの肥やしとならず、活用されるかと思うと嬉しくなります。大きなお蔵をお持ちのアイ先生に全部預けてくれば良かった。アイ先生は、季節季節のお点前を次々ご指導下さっているみたいで、皆さんも喜んでおられるのではない [続きを読む]
  • 桜の開花が宣言されました
  • 今日、東京の桜の開宣言がありました。東京は靖国神社に標準木があるそうです。高知は高知城にあります。ワイドショーに前高知県知事の橋本大二郎さんがキャスターで出ておられるのですが、高知は何度か開花日が全国一早かったのですが、木が古くなり、若木に変えたら遅くなってしまった、とおっしゃっていました。大二郎さんは、何かにつけ高知のことを引き合いに出してくれます。感謝。今日は用事で花小金井に。地名の通り、見事 [続きを読む]
  • 航空記念公園茶室 彩翔亭
  • 引っ越しの前後、気忙しいばかりで、すっかり身体のメンテを怠っていました。運動不足を痛感したので、一駅先の航空公園駅近くにある、所沢航空記念公園に散歩に出かけました。中にお茶室もあり、お抹茶と生菓子が頂けるとの情報も嬉しく、夫婦してジャンパー、スニーカー姿で出かけました。彩翔亭は、中は拝見できませんでしたが、お庭もなかなか宜しく、庭から眺めた茶室。滝も流れています。東屋もあります。大好きな卜半が満開 [続きを読む]
  • 茶道具の片付け
  • 気持ちも少し落ち着いたので、茶道具を片付けました。アートさんは荷開きもちゃんとしてくれるのですが、家中の荷開きをしなくてはいけなくてワーワー言ってる時に茶道具まで指示が回らず、ダンボールのまま置いておいてもらいました。一つ一つダンボールを開けながら種類別に棚に収めていると、本当にこれを使う日が来るのかしら、という絶望的な想いと、いやいや、茶道はできなくても、ヘアサロンで、お客様をもてなすアイテムと [続きを読む]
  • モン君病院にかかる
  • 今日はモン君を獣医さんに連れて行きました。歯周病の疑いがあるからです。腎臓、肝臓共に異常なし、という18歳にしては健康体なのですが、歯が悪いそうで、高知でも病院にかかっていました。所沢市ではアニマルメディカルセンターが良いとペットタクシーの運転手さんに聞いていたので夫婦して出かけました。看板がモン君そっくりなのに思わず、まあ、と言ってしまいました。先生も説明を丁寧にして下さり、レントゲンも撮って治 [続きを読む]
  • 家が新品に
  • 高知の家のクロス貼り替えを頼んであった業者さんから仕上がったとの写真が届きました。猫さん通算7人と暮らした爪痕もすっかり消え、ピカピカです。何もなく広々した室内を見るともう一度絶対住みたい!と思いました。主人と二人して毎日毎日額を寄せて図面を引き、仕上がりを楽しみにし、生活し、仕事に行き、お茶を全力で楽しみ。25年の思い出が詰まっています。でも、間取りに完全に満足していたわけではありません。家は3 [続きを読む]
  • 崑崙黒コンロンコク
  • 2月に紹介致しました華やかな椿の名前が今日分かりました。テレビで紹介されていたのです。一つの花の中に複数の花がある。コンロンコク、崑崙黒、というそうです。と言うことは、中国産ということでしょうか。漢字は私が勝手に想像しました。とても変わった咲き方です。お茶ではどんなに使いたくても銘の分かっていない花は使いません。お客様にしてみても、お花銘は?と尋ねて、分かってないんですよ、って言われると少しがっか [続きを読む]
  • 命がけの踏切渡り
  • 住まいから西武デパートまでには開かずの踏切として名高い踏切を渡らねばなりません。そこで待つのが嫌なら駅舎を渡って向こう側に行かねばなりません。知り合いの看護師さんが35年前に所沢に住んでいた時から開かずの踏切だったそうですから筋金入りです。見てたら、開かないはずです。電車が長過ぎて、停車中もずっと電車の尻尾が踏切にかかっていて、踏切はその間閉まりっぱなしなんです。その上、2線が乗り入れているため、 [続きを読む]
  • 高知からホワイトデー
  • 今朝、高知からホワイトデーのプレゼントが届きました。ラストバレンタインよ、と言って同僚のKさんにチョコレートをあげてあったのですが、もう3月には所沢に移る予定だったのでホワイトデーなんて夢にも考えていませんでした。お菓子をいただいたこともさることながら、高知からの便りが本当に嬉しい。お昼休みになるのを待って電話しました。親身にこちらの様子を尋ねて下さる優しい声。まだ一人もこちらに知り合いがおらず、話 [続きを読む]
  • 洋の東西の旅の仕方
  • 日本以外の東洋の国の旅の仕方は知らないのですが、日本人は旅をする時、なるだけ荷物を少なくして移動しますよねえ。でも、西洋の人は、まあセレブ階級のことだとはおもいますが、自分の居間を全部持って移動し、移動先をいつもの居間そっくりに飾り付けるそうです。絨毯や絵画も持って行くそうです。確か、レオ様主演のタイタニックでもそういう場面がありました。旅行先の非日常を楽しむ日本人とは好みが違うようです。今来日さ [続きを読む]
  • 早くも産直市のポイントカード
  • 安くて新鮮なお野菜を手に入れられないものかと思っていたら、新聞にチラシが入っていました。JAのやってる産直市。早速車で行ってきました。産直といいつつ、高知のピーマン、愛媛のデコポン、せとかもあります。即、購入。やはり食べ慣れたものに手が伸びます。また来たいと思ってポイントカードも作りました。お肉はすぐ近くの西武デパートの地下で。高知で言えば大丸の隣に住んでるいるようなものでしょうか。賑やか過ぎます。 [続きを読む]
  • 庭がこんなになっちゃいました。
  • 今日は車が届いて、やっと灯油を買いに行くことができました。エアコンだけでは何だか温まりが弱い気がしていました。車に乗って買い物などすると、新参者感が減って、日常生活が戻って来たという気がしてきました。庭はモンくんの額くらいしかないし、コンクリートで塗られているので、味気ないったらありません。高知から持ってきた草花の鉢を並べて見ましたが、緑が茂るにはほど遠い。頑張れ!お花たち。 [続きを読む]
  • 関東と関西の梅の剪定
  • 今日は息子の用事に付き合って外出。梅が其処此処に咲いていますが、高知と剪定の方法が随分違います。丸く、ブロッコリーのように仕立てています。それはそれで可愛い。でも、見慣れない感じ。珍しい物も見つけました。梅の幹からいきなり花が咲いている。何か不思議な光景です。河津桜でしょうか、満開の桜も見つけました。到着した火曜日はとても寒くて、生きていけない、くらいに思ったものですが、今日は暖かい。ホッとします [続きを読む]
  • 福郎で幸せを呼ぶ
  • 高知を発つ直前、義妹より福郎の置物をいただきました。フクロウは福を呼ぶ鳥として有名です。西洋では知恵の女神ミネルバの使いとして知られています。不思議ですね、夜の鳥だからあまり実物を見たことのある人が少なく、神秘的にかんじたのでしょうか?私も実物を見たことあったっけ?というくらいです。新居が殺風景なので、早速玄関に飾りました。ちょっと家らしくなりました。これで明るい色彩の花でも飾ればもっと良くなるで [続きを読む]
  • モンくん飛行機に乗る
  • 昨日は、アート引っ越しセンターが梱包してくれた荷物を追いかけて、空路上京。自分たちが不安なのもさることながら老猫のモントリオールが、2時間の飛行機に耐えられるかどうかが一番心配でした。言葉がわかるなら、2時間したら会えるからね、と言って聞かせるのですが。案の定、手渡されたモントリオールは不安げに鳴いていました。急いで声をかけて、撫でてやりました。羽田からは予約制してあったペットタクシーで2時間、一路 [続きを読む]
  • アートさんが何もかも包んでくれました。
  • 今日は引っ越しの荷造りの日。アート引っ越しセンターさんが3人で来てくれて荷物を箱に入れてくれました。手際良くやってくれて、家はガランとした感じ。テレビも観えないし、ちょっと寂しい夜が来ました。さあ、新天地!という意気揚々とした風でもありませんが、センチメンタルな気持ちは極力持たないように心がけています。どこであれ、これから住む場所が都ですもの。主人の茶友がわざわざお別れにおいでて下さり、しばし歓談 [続きを読む]
  • 高知城歴史資料館、開館!
  • 高知城も見納めかと、昨日開館した高知城歴史資料館へ出かけました。昨日は高橋英樹さんや、広末涼子さんがゲストでおいでて華やかにオープニングセレモニーが行われた、とニュースで観ました。追手門の前に出来た威容を誇る建物。ちょっと威容過ぎるかな?とも思いました。もっと華奢な和風の建物の方が私の好みです。まあ、私の好みなど通用しませんが。方舟をイメージした建物だそうです。ある人は鯨をイメージしたのかと思った [続きを読む]
  • 桜の蕾、ついにほころぶ
  • 一昨日ご紹介した今にも咲きそうな桜の蕾がとうとうほころびました。嬉しい。自然の力って素晴らしい。昨夜紹介したかったのに、疲れて寝てしまいました。ウォーキングの途中で見かける猫さん6人のお家、昨日は、ミニチュアダックスフントもいることが分かりました。良いなあ・・角笛草の色違いのような花を見かけました。甘い香りが強く漂います。花の甘さ、ではなく、チョコレートのような甘さ。引っ越しの準備ですが、のんきに [続きを読む]
  • 最近ワイドショーを観る私
  • 仕事に行かなくなって、昼間は引っ越しの支度に追われています。でも、なんとなくゆる〜い。職場にいる時のようにシャカシャカ動かない。職場では、常にクルクル動いてできるだけたくさんの仕事をし、さらにもっとやることはないか、と探し、自分の技術を高められる講習会はないものかと探したものです。昼間はテレビがいつもついているので、自然とワイドショーが目に入るようになりました。今の話題は主に皆様もご存知の三つ。ど [続きを読む]
  • 初黄咲きました。
  • もう少しかかるかと思った初黄が、昨夜の温かい雨に促されて咲いてくれました。筒咲きで、端がフリルのようで、色も控えめで、とても好きな椿です。家を借りてくださる方にも、美しく咲いてあげてね。桜の蕾が膨らんで、もう今にも咲きそうな枝がありました。1週間以内に咲いてくれるかなあ?公園で見つけた椿です。ピンクで、花びらも華やかです。でも名前がわかりません。洋種かもしれません。今日はいよいよ職場に鍵を返しにい [続きを読む]
  • 思いのまま
  • 梅の紅白に咲き分けたのを、思いのまま、というそうです。ウォーキングの中で見つけた素晴らしい枝垂れ梅のお庭に槍梅が咲き始めて、それが思いのまま、でした。前に載せさせて頂いた椿が満開になったので、再度アップ。華やかですねえ、この椿は。これは藪椿。これで一本なんです。お見事。諸葛菜に似ているけれど、そうかしら?今日は曇っているから、出窓の猫さん達も出窓に姿を見せませんでした。何もかもしてくれるからって、 [続きを読む]