えな さん プロフィール

  •  
えなさん: 断薬からの〜目指せ安産!妊婦のブログ
ハンドル名えな さん
ブログタイトル断薬からの〜目指せ安産!妊婦のブログ
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/eiem/
サイト紹介文10代→パニックや摂食障害や自傷行為。20代→ひたすら治療。30歳〜→ついに、親になる!成長と葛藤と業(?)
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供230回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/07/22 16:30

えな さんのブログ記事

  • 選択肢
  • 強くなろうっていうことは、私の大きな目標だった。そんな目標を持つことは、ばかげていたかもしれない。私は、感情を押し込めてしまった。不安や恐れを感じることを、やめてしまった。だけど、それらは確かに存在した。感情は、本能に近い。だから、存在しないってことはな... [続きを読む]
  • 祖父と私
  • 父方の祖父は、私が大学生の時に亡くなった。だからもう、亡くなって15年くらい経つ。すぐ近所に住んでいたので、会う回数は多かった。だけど、父も母も、おじいちゃんのことを嫌っていたので、家を訪ねたとしても、何気にスルーするということが多かった。おじいちゃんは、... [続きを読む]
  • 父の世界を生きてみたい
  • 私が誇りに思うことのひとつに、父の娘であるということがある。むろん、それは、最初からそうじゃなかった。小さい頃は、イタズラ好きな父のことがきらいで、私は母にべったりだった。そのうち、私よりもはるかに、母は父のことがきらいになったから、父は蚊帳の外に... [続きを読む]
  • 元上司から復帰の誘い
  • 昔、東京の港区だったか千代田区だったか、とにかく中心部のオフィス街に勤めていたときの上司(女性)から、ひっさびさに連絡が来た。当時の会社の状況を知っている私は、あ、たぶんこれは仕事の誘いだなと思った。案の定「また一緒に働かないか?」とのこと。(パートで... [続きを読む]
  • 夫婦喧嘩
  • 旦那とひどい喧嘩した。今も仲直りしてない。良好なパートナーシップ築きたくて、たくさんがんばって色々学んできたけど、この人の、妻をつとめるのは、無理だな…ってか「I'm out」(降りる)って頭の中で言った。ガミガミガミガミと毎日毎日、ネガティブな言葉を... [続きを読む]
  • インナーチャイルドの癒し
  • 10年ぶりに連絡を取った友達たちには「まるこは行動の人」「まること言えば行動派で…」などと、私のことを「行動」と必ず言う。たしかにそうだった。彼女が知っている私は、地球の裏側まで1人で行ってしまうほど、思い立ったらどこでもすぐに行動、という人だった。ある友... [続きを読む]
  • 雑感
  • なぜ私は精神病なのか?それはもう、往年の謎だ。死ぬまで、わからないことなのかもしれない。そして、死ぬまで病気なのかもしれない。15才で病み、18才から精神科通いが始まった。社会生活が送れていたとしても、病んでないという時期はなかった。いつも、薬とカ... [続きを読む]
  • 自分はどうしたいか?What I think? What I want?
  • 昨日、旦那に怒鳴られた。子供も泣いて、私も泣いた。きっかけは、私が「片付けするとき○○ちゃん(娘)のタオルは、いすにかけるんじゃなくて、ソファーに置いておいてね。○○ちゃん(娘)が自分でとれるように」と言ったことだった。そう言ったら1分もしないうちに夫の怒... [続きを読む]
  • ありのままを否定される家。恐怖心を持つ家。緊張する家。安らぎのない家。厳しい家。居場所じゃない家。居心地のよくない家。弱さを否定される家。欠点を持ってはいけない家。強くならねばいけない家。力の抜けない家。期待をされる家。自由のない家。自信を失... [続きを読む]
  • 保育園2日目
  • 子供は、保育園に登園していった。朝から待ちきれないといった様子で、嬉しそうに帽子をかぶって(かぶらないでいいのだけど…)走っていった。0歳から一時保育で使っていた保育園は、大嫌いで、最後の半年は泣きながら登園していた。新しい保育園は家からすぐそこなので(チ... [続きを読む]
  • 今日のたわごと
  • 残念ながら、私は、結婚してから、病状が悪化して出産してから、さらに悪化してしまった。付き合っているとき、私は私なりに元気で、自信があって、自分のことが好きで、自分を軸に生きてた。結婚して弱っていったのは、私の価値観がおかしかったからだ。合わせるのが... [続きを読む]
  • 本当はもっと遠くへ…
  • そうか、私は本当はもっともっともっともっと外へ出たいんじゃないか?遠くに行きたいんじゃないか?外へ出ると、恐怖感が出るのは自分が力を持っていることを知ってしまうからじゃないか?その力を必死で押さえようと、緊張するんじゃないか?力を持つってこと... [続きを読む]
  • 出会いと別れの季節
  • 35歳。3歳児育児中。そんな私に、『春は出会いと別れの季節』なんてことが、押し寄せるとは思っていなかった。今日は義父が来る日だった。私が絶不調になった2年半ほど前から、週1で通ってきてくれている。そして、今日もいつものように、子供と出かけていった。来週から、... [続きを読む]
  • 自己像を変えてしまうこと
  • 昨日、映画を観に行った。映画館に行くのは、4年ぶり?…妊娠中に『風立ちぬ』 を観に行って以来だ。最近の私は、完全ひきこもり状態であった産後1〜2年より調子がよい。簡単な買い物なら行けるし、子供と、外で遊べるようにもなった。だけど、パニック障害って怖いなっ... [続きを読む]
  • 快復中に思うこと
  • 最近、以前に比べるとかなり調子が良くなった。今日はモアナを観に行く。先週子供と広場で遊んでいたとき、「あれ、私って病気だったっけ?」と思った瞬間があった。だけど、まだ緊張することはあるし、日常生活がソツなく送れているかというと、まだだ。それにしても、私... [続きを読む]
  • 十字架を背負っていたという気持ちから
  • 私は、わりと元気になった20代中盤からも、どこか心の根底では、自分に自信がなかった。自己肯定感がうすいというか、自分が正しいと堂々とできないというか。私はわりとワイルドな性格だけど、職場では「意外と怖がりだね」などと言われていた。そうなのだ。私は、おおざっ... [続きを読む]
  • 精神科に通う人間が不健全とは限らない
  • 今週初めて、私は(違うお母さんに育てられたかった…違う人がよかった...)と泣いた。そんなことを思ったのは、35年間で初めてだった。私は母のことを愛していて、母も私のことを愛してくれていると思っていて、ずっと母は優しくて正しいと思っていて、母が死ぬのが怖かった... [続きを読む]
  • Was blind,but now I see
  • 母が、辛いから、助けてあげなきゃいけない母が、苦しいから、救ってあげなきゃいけない・・・母はよくこういった。「私は心臓が悪い。死ぬときは心臓発作。60歳まで生きられたらいいほう」しばらくするとこう言うようになった。「あいつ(父)のせいで心臓が悪くなった」そ... [続きを読む]
  • 心の動き
  • 母が憎い、この手で殺してやるという気持ちは展開していく。昨日の夜、寝る前、私は彼女を「かわいそうな人」だと思った。かわいそうというのは、不幸だから、救ってあげたいとか、そういうのじゃない。人間性に欠陥のある、哀れで、みじめな人間。そういう意味で... [続きを読む]
  • 憎悪
  • すがすがしい。長い間とりつかれていた、地縛霊が、とれたような気持ち。私は母がこの世で1番嫌いで、憎い。あんな大人(親)にはなりたくない。ということを言えるまでに、35年かかった。自分を最も傷つけた人なのに、私が病んだ原因も彼女とのことが1番にあるのに、私... [続きを読む]
  • ドラッグストア行ってきた
  • 子供のことは、じいちゃんが面倒みてくれてるので、私はすぐそこのドラッグストアに行ってきた。用事があるっていうより、外出訓練&外に出たいって気持ちの昇華のため。自転車だったんだけど、風ビュンビュンでこぎづらかった…それだけで、不安って増すんだよね。進まない... [続きを読む]