TomTom さん プロフィール

  •  
TomTomさん: TomTom's Voice2 エンスーのための車情報
ハンドル名TomTom さん
ブログタイトルTomTom's Voice2 エンスーのための車情報
ブログURLhttp://www.tomtomsvoice.jp/voice/
サイト紹介文オッサンが放出するエンスーのための車情報、スポーツカー情報、スポーツ走行等々
自由文年は取ったがかなりのナルシスト。
車に関しては若い頃にラリーに没頭したが今では口ばかりの車生活、どちらかと言うと機能面と実用面に加えて少しだけカッコ良さが欲しいと思うのであります。
こんな視点から車に関しての意見を好き勝手に書くブログであります。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供145回 / 365日(平均2.8回/週) - 参加 2013/07/24 01:14

TomTom さんのブログ記事

  • S660で行く 標高1000mの氷ノ山で涼を感じる弾丸ツアー やっぱり涼しい
  • お盆の期間中は皆さんはどのようにお過ごしだろうか?管理人のお盆の前半は家族と共に楽しい日々を過ごさせていただいた。そしてお盆の後半はまったく無計画だったがS660で弾丸ツアーを2連発してきた。その第一弾はあまりに暑かったので涼を求めて標高1000mを目指すというテーマとした。目的地としては兵庫県と鳥取県の県境に位置する氷ノ山を目指した。氷ノ山は標高1509mあり近畿圏では昔から登山やスキー場として有名な場所だ。 [続きを読む]
  • BRZにゴム製品を装着 ゴムのフロアマットとワイパーブレード交換
  • 管理人はゴムフェチである。ゴムのフロアマットが大好きだ。家の車であるBRZも管理人専用車のS660にもゴムのフロアマットを装着済である。BRZの場合はディーラーオプションでゴムのフロアマットの設定がなくてやむなく86用を調達したのだった。だがこれがなかなか調子がよろしい。BRZ/86乗りにはおすすめアイテムである。久しぶりにゴムのフロアマットのことを書いてみた。管理人はなぜゴムのフロアマットが好きなのだろう?以前ゴ [続きを読む]
  • ディーラーメカニックがラリー実戦で得るものはなんだろうか?
  • 最近ではトヨタやスバルが全日本ラリーで走るチームにディーラーメカニックを参加させている。こうした一般のディーラーメカニック派遣の動きは今まではあまりないことだったと記憶している。走っているチームにとっては素人ではないがラリーメカニックの経験のない人を受け入れるわけだからシビアな状況だ。しかも優勝争いをしているようなチームだとなおさらだろう。そういった意味では自動車メーカーの肝いりでないと成り立たな [続きを読む]
  • S660の弾丸ツアーでの身体のダメージについて思うこと
  • 管理人はS660に乗っていて大変気に入っている。ただひとつだけ言わせてもらえば弾丸ツアー時に大変疲れてしまうのが気になるのだった。それは軽自動車だからということだけでは片付けられない部分だと思っている。この前の3連休に岡山まで弾丸ツアーを敢行したのだがこの時のダメージがいまだに身体から抜けない。歳だからという部分も大いにあると思うのだが気になるところを書いてみようと思う。あくまで今回書いたのは管理人の [続きを読む]
  • S660のブレーキ改善計画 まずはブレーキパッドからやってみる
  • 先日S660のブレーキの感触が悪くなっていると書いた。そこでまずはブレーキパットの交換をしてみようと思い立った。この休み中にやってみる予定にしているがポチったブレーキパッドはいつ到着するのだろう。まぁ細かいことはさておいてブレーキに関することを書いてみた。なんでもそうだが機械モノに慣らしというのは大切だ機械モノは慣らし運転が大切であるとはよく言われる。車も例外ではなく最初の1,000kmは急激な加減速を控え [続きを読む]
  • S660の不満なところはやっぱり一番はブレーキ なんとかしたい…
  • 管理人の元にS660がやってきてたのは2016年10月の末だった。あれから喜々として旧道の峠道を中心に乗り回している。それに念願の硬い屋根も導入して心理的な安心感も増したのだった。しかしうれしいことばかりではない、不満なところもたくさん感じている。その中でもS660のブレーキは今までにないフィーリングで今だに使いきれてない感がある。そんなS660のブレーキについて書いてみた。諸説あると思うが車のコントロールで一番大 [続きを読む]
  • S660は熱中症にご注意 高速道路も国道も走らずに京都へ行ってきた
  • 最近、管理人はS660に乗ると旧道を走り峠を目指してしまう。昨日は久しぶりにS660に乗って走ってみようと思った。前から目をつけていたルートを走ってみたかったからだ。それは京都に西から入るルートで高速道路でもなく国道でもない道を走って入る。実はこのルートは前にも走ったことがあったのだが京都に入るのに高速道路や国道を走らずに入るというのはある意味病みつきになりそうだ。硬い屋根を手に入れてからは旧道峠マシンと [続きを読む]
  • BRZがまだ馴染まないのでプチ弾丸ツアー 豊岡鞄を見に行った
  • 新しくやってきたBRZはまだまだ馴染みが進まない。シェイクダウンと称して納車時に熊野から伊勢志摩、そして名古屋と700kmほど走ってきた。だがおとなしい入力しかしていないこともあり各部の当たりが出ない。特にブレーキの感触が非常に悪く、踏むも離すも思った通りの操作ができずにいる。そこで以前から気になっていた豊岡鞄を見に行きたいという理由にかこつけてBRZで走ってきた。その行程でブレーキを思いっきり踏んでみたり [続きを読む]
  • 新型シビックの6MTに思う なぜ今MTなのか?ちょっと不思議
  • 管理人もそうだがホンダファンの人は新型シビックの情報が気になるだろうと思う。先日ホンダディーラーを訪れた際に新型シビックの資料がないか聞いてみたがすでに資料の在庫は無かった。すでにホンダのWebサイトでは新型シビックの情報が一部公開されているので見てみた。するとどうだろう、ハッチバックモデルには6MTが用意されているのだ。この車格で6MTとは、ホンダも思い切った事をやるものだと思った。honda.co.jp各国で異な [続きを読む]
  • コメント欄閉鎖のお知らせ
  • TomTom’s Voiceをご覧いただき大変ありがとうございます。このサイトを管理運営しているTomTomでございます。各エントリーにこれまでコメント欄を設置しておりましたが閉鎖することにいたしました。管理人TomTomとしてはコメントいただいた件に関しては必ずお返事するというポリシーのもと運営しておりました。そしてお返事をしてまいりました。管理人TomTomとして記事を自ら書いて、こうして皆様に公開している内容は100%だとは [続きを読む]
  • BRZアプライドE 納車早々に紀伊半島ツーリング737kmのインプレッション
  • 先週土曜の朝に伊勢志摩からBRZとツーリングの印象を宿泊先のホテルから朝アップした。300kmほど走っても新車特有の硬さは抜けず各部の渋さが目立っていたと思う。伊勢志摩から名古屋まで走り、野暮用をこなして帰ってきた。帰りは名神高速を走り、BRZで高速道路の走行を堪能したのだった。やはりスポーツカーは高速道路がたいへん楽なことが印象的だった。今回はBRZのインプレッションを中心に書いてみたい。スバルの流儀今回初め [続きを読む]
  • 伊勢志摩からお届けいたします BRZのシェイクダウンツアー
  • 昨日、管理人はスバルディーラーでBRZを受取その足でツーリングに出る予定だと書いた。現在は伊勢志摩のホテルからこのエントリーを書いている、思えば便利な時代になったものだ。受け取った昨日受け取ったBRZは走行距離9kmしか走っておらず、当たり前だが各部に全くあたりが付いていない。ファーストインプレッションとして走行感覚は各部が少々硬い印象だった。ディーラーでBRZを受け取る朝一番にディーラーを訪問しBRZを受け取 [続きを読む]
  • 突然ですが旅に出ますっ 今週末はゆったり紀伊半島ツーリングで車三昧の予定
  • 管理人は今週末、旅に出る予定にしている。といってもいつもS660でやっている弾丸ツアーではなく普通のツアーとする予定。2017年6月16日に納車になるBRZの慣熟走行と慣らし運転が主な目的だ。BRZは家の車という位置付けだから嫁さんも同伴の2泊3日の行程となる。今回のツーリングはあれこれ考えていたら盛りだくさんになってしまいヘトヘトになりそうだ。そんな今回のツーリングを少し書いてみたい。BRZアプライドEがやってくる今 [続きを読む]
  • S660 硬い屋根で少し走ってみた すごく良い安心感がまったく違う
  • 昨日、管理人のS660に念願の硬い屋根を装着したと報告した。昨日は時間が無かったが、今朝走ってきたのでその印象を書いてみようと思う。まだしっかり攻めてないが、流した程度だと非常にしっかりしていて安心感がある。試しに小さな峠を幾つか越えてみたが以前のような不安感は全く無かった。それに室内から見ると幾分頭上のスペースが広くなった印象だ。今のところS660の硬い屋根は大成功というところだ。一番大きいのは安心感昨 [続きを読む]
  • S660 ついに念願の硬い屋根を手に入れる 最初から屋根ありだったらよいのに
  • S660に乗っていると友人知人からはせっかくオープンなのになぜ開けて走らない?と言われる。管理人の場合はまったくそうは思わないのだった。管理人の場合は柔らかい屋根はすごく不安なのだ。きっと人とは走るフィールドが違うからだと思うし、慣れ親しんだ環境から来るものだと思う。S660の硬い屋根は2016年11月に発注をかけていたのでなんと7ヶ月も待ったわけだ。そんな管理人のS660に硬い屋根は忘れたころにやってきたのだった [続きを読む]