えいめいちゃん さん プロフィール

  •  
えいめいちゃんさん: 恋愛ブログ
ハンドル名えいめいちゃん さん
ブログタイトル恋愛ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/poptan/
サイト紹介文年上恋愛、年下恋愛どちらが好きですか? 動画を通じて、若い世代と交流
自由文現在小説を読んでいます。動画や恋愛ネタを面白く紹介しています。特に興味を引くのは『秘密のたからばこ」です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供236回 / 365日(平均4.5回/週) - 参加 2013/07/24 22:27

えいめいちゃん さんのブログ記事

  • イチロウ【記録達成】に奥さんの支援があった。
  • 「イチロウ、3000本安打の瞬間」「3000という数字よりも、僕が何かをすることで他人が喜んでくれることが、今の僕にとって何より大事なものだということを再認識した瞬間でした」。ベンチへ戻り、鼓動が静まると、サングラスの奥をひと筋の涙が頬を伝った。 数々の偉業を遂げ、「記録慣れ」したはずでも、重圧との闘いは避けて通れなかったそうです。イチロウ3000本安打ホームページ3000安打まで残り2本となってから [続きを読む]
  • 「甘え上手」な女性はモテます。
  • 人間が最初に甘えるのは親なのです。親の前で、ワガママ言ったり、喧嘩したり、すぐメイクを落としてスッピンになったり、服を脱いでもそのままにしたり・・全てをその通りにするんじゃなく、その中から自分が一番可愛く見える甘え方を考えてみたらいいと思います。「好きだからこそ気を使ってしまう」と言う男は多いと思います。腕枕をされていても『痛くないかな、しびれちゃうんじゃないかな」って思って、頭をそっとはずす。寝 [続きを読む]
  • 「絡みの感情と幸せ感」の違い。
  • 絡みが生まれると人は混乱してしまうたとえば誰かに対して恋愛感情を持っていたとしよう。でもそれを抑圧すると恨みに変わることがあります。しかし、そこから根っこの愛おしさを感じれば恨みは愛情や、情熱に変換することが出来ます。心のどこかで抱かないようにしている抑圧した感情がある限り、安心して心地よさや気分のよさを感じることは出来ません。ここに感情と幸せ感のワナがあります。つまり、ポジティブな感情だけを抱い [続きを読む]
  • 昨日(6月4日)は虫の日
  • 彼女が休暇をとれたので「どこかに旅行したいわ」と言い出した。「あ、そうだわ。最近大阪では見られないホタルがみたいわ〜」といった。「そうだね、ホタルの産地と時期を調べてみよう」と言う事でSNSで調査しました。星空を舞うホタル   源氏ホタル(雄)姫ボタル(メス)「ホ・ホ・ほ〜たる、こっちの水はあまいぞ〜〜」国内では5〜6月にふ化し、初夏に成虫となることが多いゲンジホタル。成虫の寿命は1〜2週間と考えられて [続きを読む]
  • おじさん化しない「イケメン」
  • 多くの男子は若くしておじさん化しちゃうか、おじさん化の予備軍です。ここのところずっと、草食この国は、個人で生きていこうとしている人にはとても冷たく、長いものに巻かれる人にはとても親切なので、系男子が増えたと言われていますが、草食系男子というのは、若くして恋愛にうとくなるのです。おじさん化しないイケメンとは、どういう男子のことなのか? いつまでも夢をあきらめることなく、アルバイトをしながら般的に言え [続きを読む]
  • 罪悪感は年齢と共に変化する。
  • 「歳とともに変わる脳の前頭部の働き」で視覚と涙腺が変化!子どもから大人への移行期が「思春期」なら、大人(成人)から老人(高齢者)への移行期は「思秋期」と呼ぶらしい。思秋期という移行期をどのように過ごすかが、高齢期の人生の質や充実度に大きな違いが出てくるらしい。 思春期にたくさん分泌した性ホルモンが大人への成長を促したように、45歳を過ぎて経験する性ホルモンの分泌低下が高齢期の身体と心への移行期の入 [続きを読む]
  • 有能な男性が持つ「恋」のスパイスとは?
  • 有能な男程ほど「無能」な女性を選ばないその恋に効くスパイスとは・・・他の誰とも共有しない、「二人だけ」の特別な共通点です。二人がいる職場やグループなどの環境の中で、あなたと意中の相手だけが持つ共通点が見つかるとお互いの距離はギュギュギュ〜ッと縮まります。^^いつも思うことがある。有能な男の傍らにいる女は、主に3パターンってことだ。もちろん今から書く3つの特徴をすべて網羅しているスーパー女子(アラサ [続きを読む]
  • 人生は「認める愛」「認められない愛」で作られている。
  • 人生を真剣に生きていればこそ、愛に傷つく事があります。けれども、こうした過去は、何よりも私達の未来にいかすことができるものです。なぜなら、人を愛するということは、全ての過去を愛に変えるというプロセスだからです。例えば、過去に付き合っていた男性に優しく出来なかったという経験を持っていたら「これからめぐり合う人は大切にしよう!」自分が誰かに傷つけられた経験があるならなら、「私はあんなふうにせず、思いや [続きを読む]
  • 【愛】は今幸せだと信じること。
  • 相手に対して、そして自分に対して、すべてを明け渡すということ。そして、相手に対して、自分に対して、すべてを受け入れるということ私たち女性は、「結婚して、子供を産み育てるのが女の幸せ愛とは」だと教えられてきました。実際は、結婚して子供がいても幸せでない人もいるし、一生独身で幸せな人もいます。家庭を持つ、恋人がいるといった幸せもあれば、自由、時間がたくさんあるなどの、一人という幸せもあります。一人だか [続きを読む]
  • 不倫女性は普通列車を好む
  • 「各駅停車」に乗り、彼と接触時間を一駅ずつ楽しんでいる。一駅が彼との「前戯時間」、又一駅が「マグワイ」の時間、一駅が「後戯の時間」最終駅が「サヨウナラ」「ありがとう、又逢いたい」と言う風にその一駅の重さがわかるが故に、味わいつくしているように考えられる。それは限られた時間しか持てない大人の不倫女性なのである。「人懐つぽくて甘え上手」はその女性が持つキャラクターに依存されますが、おもに“天然”と呼ば [続きを読む]
  • 脳をストレスから守り、すっきりさせる方法!
  • 芸能人にも実践者は多い。乳がん闘病中の小林麻央も、ブログで1月に、「眠る前に、瞑想を誘導する音楽や言葉を聴いています」と明かしている。生まれた時を思いながら実践したところ、母のお腹にいる安心感があったという。1.調身=姿勢を整える】※瞑想というと、あぐらをイメージしがちだが、ポイントは、おへその下に力をいれて背筋を伸ばし、肩を後ろに回し下げて胸を開くこと。【2.調息=呼吸を整える】「姿勢を正し、おへ [続きを読む]
  • 彼と【花火大会】を楽しもう!
  • わがままに生きる彼女は面白い。ある日彼女と花火大会を見る約束をしました。関西でも1代イベントの【東淀川花火大会】私達のデートは、雨天に関係なく、又槍が降ろうとも実行します。(笑い)花火大会の当日、電話があり【少しお腹が痛むの?】と連絡が入り、俺は「それじゃ今回は見送りにしようか?、家デート楽しもう」と答えました。彼女は「あなたって鈍感ね、生理になったのよ。朝から」脚で電話台を蹴飛ばし、がったん、と [続きを読む]
  • 「嫉妬」と「愛情」
  • 「嫉妬するのは、愛しているから」とよく言われますが、これは誤解の一つです。それでは何故、私たちが嫉妬するのでしょうか?嫉妬の背景に隠されているのは実は、「恐れ」の感情なのです。自分の「愛の対象」との間に他人が割り込んできて、その愛の対象を誰かに奪われてしまったらどうしょうか、と言う恐れの感情を味わった方も多いと思います。例えば、会社で未婚かつ仕事が出来て経済力の持つ男性が有能な上司に「彼は仕事が出 [続きを読む]
  • 嫌われる勇気(最終編)ありのままの姿を認める。
  • 「恋愛はありの姿を認める。」恋愛と言うのは相手から承認を求めるものではない。恋愛で悩んだ時って他の人がどう思うかを気にしてより悩むことってある。でも周りの人の事なんて究極自分が何をしようと相手次第のものなのです。ときは優しく、ときには厳しくという「メリハリ」が大事です。お互いに刺激を感じるので、ずっと2人で居ても新鮮味を感じます。臨機応変に演じることができる女性は.モテます。蝶々「今まであなたは嘘を [続きを読む]
  • 嫌われる勇気を持ち恋愛する。(第2話)
  • ◆彼をダメ男にしてしまう。前回の女性が納得いかず、蝶々に再度質問してきました。女性「もうひとつ聞きたいことがあります。私、付き合ってきた男性を、いわゆる『ダメ男』にしてしまう気がしていて」蝶々「なるほど。それも先ほどの “課題の分離” が大きいと思いますよ」女性「どういうことですか?」蝶々「先ほどの話から想像するに、あなたはまるでお母さんが息子にするように、『彼のために』と言って彼に何でもしてあげ [続きを読む]
  • 恋愛は「嫌われる勇気」を持つ事!(第1話)
  • 「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにあります。たとえば、「子どものころに虐待を受けたから、社会でうまくやっていけない」と考えるのがフロイト的な原因論であるのに対し、アドラー的な目的論では「社会に出て他者と関係を築きたくないから、子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」と考える。つまりアドラーによれば、人は過去の「原因」に [続きを読む]
  • 出来ちゃった婚
  • 私(A子)の友達に、コスプレ好きな女性(B子)がいました。年齢も30歳を越していたため、友達からは「あの彼女は変態か、頭が可笑しいのでは?」と言う彼女と、お茶会をして日常のストレスの発散の場にしていました。彼女A子さん曰く「B子さん、出来ちゃったのよ!」B子さんはA子さんの顔をみながら、たるみやシワ出来ていないわよ!未だそんな年ではないでしょうと!そのときA子さんの洋服はマタニティードレス姿だったと [続きを読む]
  • ネガティブな謙虚さは「美徳」に変えられます。
  • 人間関係を維持する為にも『謙虚さ』は必要ですよね。例えば、あなたの彼女は、1週間かけて旅行へ出かけてきました。海岸べりを歩く事こと何千里。「小さな光った小石を集め、神社参りし、神様にお願いして自宅で磨く」と言う作業を繰り返し延べ3ヶ月間,寝る間も愛おしく作業を繰り返してきました。そして小石に穴を開けて、ワイヤーを通す作業も含めて作られたのが、僕へのプレゼント「ブレスレット」と言う心のこもった輝く石。 [続きを読む]
  • 「一般女性」の浮気・不倫の増加原因は?
  • 今年に入り、芸能人の浮気が発覚した事実は多い。だが、「アラサー・アラフォーの一般女性」が浮気や不倫した率も、全体の60%を占めている。(yahoo調査)昔は浮気や不倫は男性の専売特許だったので、それでも遊びとしてもみ消されていた事が最近は妻が、「される側」ではなく「する側」に変わったように感じられるのです。世の中変化が起こったものですな!女性の力が強くなり、子育てや仕事を武器に『不倫』しているんですよ。 [続きを読む]
  • 「夫婦喧嘩」を早く解決する方法
  • 夫婦喧嘩はの言い分は両者にあろうとも、根本的な間違いを引き起こしている。なかなか、元通りにはならなくて、果てしなく続くこともあるのです。解決策は二人とも時間を置いて、お互いの意見を酌み交わすことで解決する問題も多いと思う。解決策■1.自分の非はきちんと認める「私も悪かったかな?」と思うところがあればきちんと謝りましょう。男性はなるべく喧嘩を長引かせたくないと思っていますから、女性から謝ればすぐに収 [続きを読む]
  • 彼が守ってくれる女性とは
  • 彼をノックアウト?恋の武器は「笑顔」と「涙」と…「大きな○○」好きな相手や大好きな彼がいるあなた。彼を夢中にさせる「恋の武器」、知っていますか?見ているだけでも元気になれる「笑顔」、守ってあげたい、と思わせる「涙」、そして…「おっぱい」!?男性ってやっぱり「大きいおっぱい」が好きなの?男性が好む女性の胸のサイズはというと、「C〜Dカップ」という回答が一番多いとのこと。その次に、やや小ぶりなBカップが [続きを読む]
  • 「官能植物」とは?
  •  日々の生活に潤いや癒しなどを与えてくれる花や植物。そんな植物に“セクシー”さを感じたことはあるだろうか。ある違った角度からみた植物の見方などをまとめた本『官能植物』が話題となっている。 食虫植物愛好家で文筆家の木谷氏は、食虫植物などへの美しさをなぜ感じるのか考えた時に、美しさの根源に官能があると気付いたという。「形がどれもエロティック。サボテンの“珍宝閣”や“ウツボカズラ”の補虫袋の部分も男性器 [続きを読む]
  • 「感情美人」と「嫉妬ブス子」の違い
  • あなたは心の鏡磨いていますか?秋田から上京していた32歳の姉と、27歳の妹が東京で同居をはじめた。二人とも、理髪師コーデイネーターを目指し、毎日努力の積み重ね。「鏡」を見ながら仕事をしているので、自分自身やお客様の顔全体が見えるはず。私は人生のなかで、嫉妬をすることは何回もあった。「自分よりもブス妹のほうが早く結婚する」、家族内で「要領のいい30才越えた姉がモテル」、その理由は人それぞれだが、誰し [続きを読む]
  • 不倫の代償
  • 先日、趣味で教えている書道教室で、アラサーになるA子さんからの恋の悩みを聞きました。A子さんには、付き合い始めて半年の彼がいるそうですが、その彼には妻子がいて、単身赴任をしているそうです。付き合う前から家庭があることはわかっていたそうですが、彼は結婚前から奥さんを愛していたわけではなく、成り行きで結婚してしまっただけで、夫婦関係は冷めきっているので、彼の気持ちは、彼女にあるそうな雰囲気・・・彼女は [続きを読む]
  • 鬱病と五月病との違い
  • うつ病とは眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめない・・・この「気分が落ち込む」「ゆううつ」な気分が長期にわたって続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態。これにより、ものの見方が否定的・悲観的になり、自分がダメな人間だと感じてします。普段なら乗り越えられるストレスも、 [続きを読む]