えいめいちゃん さん プロフィール

  •  
えいめいちゃんさん: 恋愛ブログ
ハンドル名えいめいちゃん さん
ブログタイトル恋愛ブログ
ブログURLhttp://yaplog.jp/poptan/
サイト紹介文年上恋愛、年下恋愛どちらが好きですか? 動画を通じて、若い世代と交流
自由文現在小説を読んでいます。動画や恋愛ネタを面白く紹介しています。特に興味を引くのは『秘密のたからばこ」です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供293回 / 365日(平均5.6回/週) - 参加 2013/07/24 22:27

えいめいちゃん さんのブログ記事

  • 嫌われる勇気(最終編)ありのままの姿を認める。
  • 「恋愛はありの姿を認める。」恋愛と言うのは相手から承認を求めるものではない。恋愛で悩んだ時って他の人がどう思うかを気にしてより悩むことってある。でも周りの人の事なんて究極自分が何をしようと相手次第のものなのです。ときは優しく、ときには厳しくという「メリハリ」が大事です。お互いに刺激を感じるので、ずっと2人で居ても新鮮味を感じます。臨機応変に演じることができる女性は.モテます。蝶々「今まであなたは嘘を [続きを読む]
  • 嫌われる勇気を持ち恋愛する。(第2話)
  • ◆彼をダメ男にしてしまう。前回の女性が納得いかず、蝶々に再度質問してきました。女性「もうひとつ聞きたいことがあります。私、付き合ってきた男性を、いわゆる『ダメ男』にしてしまう気がしていて」蝶々「なるほど。それも先ほどの “課題の分離” が大きいと思いますよ」女性「どういうことですか?」蝶々「先ほどの話から想像するに、あなたはまるでお母さんが息子にするように、『彼のために』と言って彼に何でもしてあげ [続きを読む]
  • 恋愛は「嫌われる勇気」を持つ事!(第1話)
  • 「すべての悩みは対人関係の悩みである」とした上で、フロイト的な原因論を根底から覆す「目的論」の立場をとるところにあります。たとえば、「子どものころに虐待を受けたから、社会でうまくやっていけない」と考えるのがフロイト的な原因論であるのに対し、アドラー的な目的論では「社会に出て他者と関係を築きたくないから、子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」と考える。つまりアドラーによれば、人は過去の「原因」に [続きを読む]
  • 出来ちゃった婚
  • 私(A子)の友達に、コスプレ好きな女性(B子)がいました。年齢も30歳を越していたため、友達からは「あの彼女は変態か、頭が可笑しいのでは?」と言う彼女と、お茶会をして日常のストレスの発散の場にしていました。彼女A子さん曰く「B子さん、出来ちゃったのよ!」B子さんはA子さんの顔をみながら、たるみやシワ出来ていないわよ!未だそんな年ではないでしょうと!そのときA子さんの洋服はマタニティードレス姿だったと [続きを読む]
  • ネガティブな謙虚さは「美徳」に変えられます。
  • 人間関係を維持する為にも『謙虚さ』は必要ですよね。例えば、あなたの彼女は、1週間かけて旅行へ出かけてきました。海岸べりを歩く事こと何千里。「小さな光った小石を集め、神社参りし、神様にお願いして自宅で磨く」と言う作業を繰り返し延べ3ヶ月間,寝る間も愛おしく作業を繰り返してきました。そして小石に穴を開けて、ワイヤーを通す作業も含めて作られたのが、僕へのプレゼント「ブレスレット」と言う心のこもった輝く石。 [続きを読む]
  • 「一般女性」の浮気・不倫の増加原因は?
  • 今年に入り、芸能人の浮気が発覚した事実は多い。だが、「アラサー・アラフォーの一般女性」が浮気や不倫した率も、全体の60%を占めている。(yahoo調査)昔は浮気や不倫は男性の専売特許だったので、それでも遊びとしてもみ消されていた事が最近は妻が、「される側」ではなく「する側」に変わったように感じられるのです。世の中変化が起こったものですな!女性の力が強くなり、子育てや仕事を武器に『不倫』しているんですよ。 [続きを読む]
  • 「夫婦喧嘩」を早く解決する方法
  • 夫婦喧嘩はの言い分は両者にあろうとも、根本的な間違いを引き起こしている。なかなか、元通りにはならなくて、果てしなく続くこともあるのです。解決策は二人とも時間を置いて、お互いの意見を酌み交わすことで解決する問題も多いと思う。解決策■1.自分の非はきちんと認める「私も悪かったかな?」と思うところがあればきちんと謝りましょう。男性はなるべく喧嘩を長引かせたくないと思っていますから、女性から謝ればすぐに収 [続きを読む]
  • 彼が守ってくれる女性とは
  • 彼をノックアウト?恋の武器は「笑顔」と「涙」と…「大きな○○」好きな相手や大好きな彼がいるあなた。彼を夢中にさせる「恋の武器」、知っていますか?見ているだけでも元気になれる「笑顔」、守ってあげたい、と思わせる「涙」、そして…「おっぱい」!?男性ってやっぱり「大きいおっぱい」が好きなの?男性が好む女性の胸のサイズはというと、「C〜Dカップ」という回答が一番多いとのこと。その次に、やや小ぶりなBカップが [続きを読む]
  • 「官能植物」とは?
  •  日々の生活に潤いや癒しなどを与えてくれる花や植物。そんな植物に“セクシー”さを感じたことはあるだろうか。ある違った角度からみた植物の見方などをまとめた本『官能植物』が話題となっている。 食虫植物愛好家で文筆家の木谷氏は、食虫植物などへの美しさをなぜ感じるのか考えた時に、美しさの根源に官能があると気付いたという。「形がどれもエロティック。サボテンの“珍宝閣”や“ウツボカズラ”の補虫袋の部分も男性器 [続きを読む]
  • 「感情美人」と「嫉妬ブス子」の違い
  • あなたは心の鏡磨いていますか?秋田から上京していた32歳の姉と、27歳の妹が東京で同居をはじめた。二人とも、理髪師コーデイネーターを目指し、毎日努力の積み重ね。「鏡」を見ながら仕事をしているので、自分自身やお客様の顔全体が見えるはず。私は人生のなかで、嫉妬をすることは何回もあった。「自分よりもブス妹のほうが早く結婚する」、家族内で「要領のいい30才越えた姉がモテル」、その理由は人それぞれだが、誰し [続きを読む]
  • 不倫の代償
  • 先日、趣味で教えている書道教室で、アラサーになるA子さんからの恋の悩みを聞きました。A子さんには、付き合い始めて半年の彼がいるそうですが、その彼には妻子がいて、単身赴任をしているそうです。付き合う前から家庭があることはわかっていたそうですが、彼は結婚前から奥さんを愛していたわけではなく、成り行きで結婚してしまっただけで、夫婦関係は冷めきっているので、彼の気持ちは、彼女にあるそうな雰囲気・・・彼女は [続きを読む]
  • 鬱病と五月病との違い
  • うつ病とは眠れない、食欲がない、一日中気分が落ち込んでいる、何をしても楽しめない・・・この「気分が落ち込む」「ゆううつ」な気分が長期にわたって続いている場合、うつ病の可能性があります。うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態。これにより、ものの見方が否定的・悲観的になり、自分がダメな人間だと感じてします。普段なら乗り越えられるストレスも、 [続きを読む]
  • 夫婦生活は「ハーモニーの調和」により上手くいく。
  • シンデレラ物語より抜粋「シンデレラ」は厳しい家庭の元で召使のように働き続け、文句一つ言わず育ってきました。ある日1通の届いた手紙に、心躍らせました。それは『お城』での舞踏会に招待すると言う不思議な手紙。送り主は魔法使いよりと書かれていました。シンデラの性格は「何があっても我慢して耐える」「自分がなんでも相手に尽くさなければならない」「相手のすべてを母のように受け容れなければ」と思って生きてきました [続きを読む]
  • 罪悪感と愛の形
  • 「罪悪感はその人なりの愛の形を教えてくれる」オリンピック競技とスマップが教えてくれた愛の形オリンピックに参加した人達は、国を代表して選ばれた選手達。オリンピックで見つけたお互いの愛。それを掘っていくと、とても優しいその人なりの「愛」に出会います。罪悪感を、ただの罪悪感で、人生において邪魔なもので、自分にとって有害なものだとしてしまえば、それは何一つ自分にとって栄養とはなりません。自己が只相手を倒し [続きを読む]
  • 罪悪感は、その人の「愛の形」を教えてくれる。
  • 「罪悪感はその人なりの愛の形を教えてくれる」オリンピック競技とスマップが教えてくれた愛の形オリンピックに参加した人達は、国を代表して選ばれた選手達。オリンピックで見つけたお互いの愛。それを掘っていくと、とても優しいその人なりの「愛」に出会います。罪悪感を、ただの罪悪感で、人生において邪魔なもので、自分にとって有害なものだとしてしまえば、それは何一つ自分にとって栄養とはなりません。自己が只相手を倒し [続きを読む]
  • 恋愛で迷ったらどちらの道を選びますか?
  • 恋人(夫婦)の間で問題が起きたときに、「別れて新たな人と良い関係を築くか」「諦めずに乗り越えていくよう尽力するか」悩むところですよね。結婚を考えている女性ならば、なおさらだと思います。そこで今回は、迷ったときに自問すべきポイントをお伝えいたします。【大切な人に贈る曲】キミが迷ったとき僕に何ができるだろ1、彼といるときに◯◯でいられる?あなたは彼といるときに、自分の好きな自分でいられていますか? 人は [続きを読む]
  • 今「震災」が起これば、身元確認は慎重に行いましょう!
  • 遺体の取り違え現在、近畿に大きな地震や津波がよし寄せて、他人数の人が亡くなったら、あなたの気持ちはどうなるでしょうか?(明日7日を迎えるに当たり、記事を更新したいと思いました)1995年(平成7)1月17日5時46分に発生したマグニチュード7.2の明石海峡の淡路島寄りを震源とする地震(兵庫県南部地震)に伴う地震災害。死者6425名,不明2名,負傷4万名以上,住宅全半壊20万以上,住宅全半焼7000以上にのぼる。この話題を「東日 [続きを読む]
  • あなたは、「足し算女」、「引き算女」どちらを選びますか?
  • 男性はもともと、「愛する女性を守りたい」と言う武士道精神を持っています。(嫁さんは別でっせ!)自分が助けたい、守りたい、手伝いたい、役にも立ちたいという純粋な気持ちが有るのです。その為、あなたが『ダメだ』と思い込んでいる要素が、男性視点から見れば、実は愛される要素であることも少なくないのです。(例)外見がブサ子であっても、毎日鏡を見ながら、『髪がのびたのね、美容室に行こう』と母親に促されて美容室に [続きを読む]
  • 「子供を産まない・産めない」と言う決意したアラフォー女性。
  • 「今日は、夫婦善哉の話は休みにして、別の記事を書いてみます」なぜかといえば、彼らには子供の話はタブーだったのです。途中で「ちゃちゃ」を入れるかもしれませんが・・・・・49歳:新しい場所で選んだ、ひとりの人生(ケイコ)母から言われた言葉。「見たくないと言えば嘘になるけど、子供ができにくいと言われた私にとっては、ここまで大きくなった娘がいるだけで満足よ。さらに欲を出したらバチが当たるかもしれない。あとは [続きを読む]
  • 「大人おばさん」と「子供おばさん」の違い
  • 『大人おばさん』……精神的に成熟し、柔軟性や前向きさから生まれる心身の若さを持っている『子供おばさん』……精神が未熟なまま、外見などの表面的な若さに執着している◆過去を振り返るだけの『子供おばさん』『大人女子』と『子供おばさん』は外見的な違いはもちろんのこと、内面的にも大きな違いがありますし、それぞれが発する“口グセ”も全然違うんです。●①〜たら ②〜れば まず『子供おばさん』の口グセは、ドラマに [続きを読む]
  • あかちゃんが喜ぶ曲
  • たとえば、Addymanさんいわく、赤ちゃんは不協和音より協和音を好み、語りかけるように歌う女性の声が大好きです。赤ちゃんと一緒に楽しむベビーベッドのモビールがクルクル回るのを楽しそうにニコニコしながら、見ている赤ちゃんは、「幸せ」そうですよね!でも、赤ちゃんが一番「幸せ」を感じるのは何だと思いますか?それは、ママ、あなたです!!ママが、幸福な赤ちゃんの第一歩!赤ちゃんと沢山ふれあいの時間をとって、一緒 [続きを読む]
  • 「ミヤコ蝶々」「南都雄二」の夫婦善哉
  • 」幼少時の旅回り一座から漫才に進み、ラジオ・テレビの名司会役、そして自作自演の芝居にと大活躍したミヤコ蝶々が亡くなったのが、2000(平成12)年10月12日のことであった。芸の世界に身を投じて70余年。自らの苦労や哀しみを、お客さんが喜んでくれるのならとさらけ出し、どうしたら人を笑わせられるか、涙を流させられるか、その一点に集中して、その生涯を「お笑い人生」に没頭した人であった。このような大阪のラジオ番組で [続きを読む]
  • 女性の目線の動きで、恋愛度が解る。
  • 目線の動きで相手の気持ちが解る。昔から言われているように、視線の動きというのは中々嘘をつけない部分です。言葉やリアクションであれば、咄嗟に演技することも可能ですが、目線はそうはいきません。つまり、相手の気持ちを把握したい、そんな人には恋愛心理学上で目線の動きから気持ちを図ることができるのです。男性からチラ見される『チラ見』の気持ちが強ければ強いほど照れてしまうのが恋する乙女の特徴です。さらに、普段 [続きを読む]
  • 「愛」を持つ女性のセ○○スは美しい。
  • 女性にとってセックスは美しくなるホルモンを大量に浴びて、本来なら女性としての美しさがどんどん増す行為なのですが、中には逆にどんどん老けていってしまう女性もいます。その違いについて考えてみましょう。 美しくなるセックスの特徴女性はある特定の男性に真摯に愛されることによって精神的な安定を得て、お肌や髪の艶がさらに美しくなりますが、その男性に愛されていると実感するセックスをしていると、最強の女性に変身す [続きを読む]