hiro さん プロフィール

  •  
hiroさん: アイリスの庭
ハンドル名hiro さん
ブログタイトルアイリスの庭
ブログURLhttp://gardenofiris.blog.fc2.com/
サイト紹介文7〜8割は植物などの自然物の写真です。本や買ったものの感想も書くのでわりと雑多な印象のブログです。
自由文所有しているカメラはEOS M。使い始めたころの写真と比べると感性が変わっている気がするのは私だけ?
地域活性化に関するHPを作ってます。
http://cocotouch.php.xdomain.jp/
事例を集めてマーケティングの観点から解釈していきます。これからまちづくりに取り組む人のためのサイト。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供62回 / 365日(平均1.2回/週) - 参加 2013/07/25 11:28

hiro さんのブログ記事

  • 城山桜
  • 城山「公園の」桜品種じゃないよ(笑)公園設備もあるので子ども連れがたくさん遊びに来てたたぶん桜が咲いてなくても遊びに来る人たちなんだろうな(っ'ヮ'c) はちみつとオレンジのパン帰りにオガールに新しくオープンしたパン屋に寄ってみた。こじんまりとしたパンなのに220円もして高いなぁと思った。無粋な写真になったけど大きさが分かりやすいようにものさしも一緒に撮ってみた(*´∀`)180円以上のパンは野菜が2,3種類は少なく [続きを読む]
  • 雨に打たれる春の花
  • 小さなパンジー歩道のコンクリの隙間で咲いてた写真じゃ大きさ分からないけどだいたい人差し指の第1関節くらいの大きさ2017年は4月20日が穀雨とのことで暦の春も残り1節季4月19日撮影※20日と27日のブログの写真と撮った順番が逆転してますm(_ _)m [続きを読む]
  • さわやかハウス・林業試験場の桜
  • さわやかハウス(矢巾町役場の西隣の敷地)さわやかハウスは食の啓もう活動をしている団体や障がい者向けの活動なんかを行う場で福祉祭りの会場なんかにも使われている。矢巾町行政には辛口なことばっかり書く私でも福祉関係は手厚いなぁとけっこう高く評価している。林業試験場内煙山ダムの脇を東西に走る道路の1本北側の道は林業試験場内を走る道なんだけどここの桜もけっこう見ごたえがある。去年初めて見に行ったときは少し満開 [続きを読む]
  • 空間を歪める桜の樹
  • 単にシャッターを押した瞬間にカメラを時計回りに回転させただけなんだけどね(*´∀`)矢巾町役場の桜は24~25日が満開だったようだね写真は25日の朝に撮ったもの。なんかの鳥が桜の花を食べてるように見えたけどこれって新聞記事にも載ってた桜のつぼみを食害する渡り鳥なのかね(・・?去年の記事によると去年は20日が満開だったみたい [続きを読む]
  • 3分咲きくらい?
  • 矢巾町役場の桜の中で一番の大木(の一部)「町内で一番見どころのある桜は?」と聞かれたら私だったらこの樹のことを答えるだろうな(っ'ヮ'c) この樹の全体像は過去記事の写真を参照してください。今年も満開になったらまた全体像を撮りたいところだけども。役場の敷地内で一番開いていた樹南端に並んでいる樹のうちの役場の正面玄関よりも少し西側にある樹が一番気が早いみたい。撮影中に急に雨がばらばら降ってきたので花びらも少 [続きを読む]
  • 柴犬の新種「青柴」
  • レタッチの練習でうちのシバを青くしてみた。画像アップした後で気づいたけど鼻先に消し忘れが薄く残っているという(;´Д`)細かい切り抜きについてはいろいろなサイトを参考にしてみたけど投げなわ↓境界線を調整(境界線とマスク)※出力先に「新規レイヤー&マスク」を選択↓マスクをAlt+左 (マスク編集画面を出す)↓マスクをCtrl+左 ・・・①(選択範囲の読み込み)↓白ブラシで適当に塗りつぶす(マスクが中途半端な [続きを読む]
  • 矢巾町のバスをもっと利用しやすくするために
  • 今年の1月に開かれた「矢巾町地域公共交通会議」の説明資料(13ページ以降)が優秀すぎるのでURLをさらしてみる。平成28年度 第1回矢巾町地域公共交通会議バスの通り道やバス停の位置が大ざっぱに把握できるので少しはバスに乗るためのハードルを下げる役には立ちそう。私も車運転できないひとりとしてふだんからバスが利用できたらいいなぁとかは思ったりするけどバス停がどこにあるかとか印象薄いしどこ走ってるのか知らないの [続きを読む]
  • 地域おこし協力隊とか総合医とか
  • 新年度になってから数日が経ち新体制の情報も少しずつ出てくるようになった。せっかちな私としては情報でてくるの遅いと思ったりもするのだけど(^_^;)地域おこし協力隊矢巾町地域おこし協力隊2名に辞令書を交付しました。 【メンバー】◆菊池 翔さん(32歳 東京都)※写真左◆鈴木俊太さん(29歳 東京都)※写真右「町民のみなさんとふれあいながら、町の情報収集や発信などを行います。お気軽にお声掛けいただきますよう [続きを読む]
  • 矢巾町が楽天市場に出店したけど・・・
  • 【楽天市場】まち楽 矢巾町からオモシロを | ヤハヤハ商店街1番最初に目に入ってくる商品はルーレットおみくじの機械作っているのは「滝沢市」の企業2番目のとっくりの製造者は「山田町」3番目の牡蠣のオリーブ漬けの製造者は「山田町」SHOP1からSHOP5まですべて矢巾町の企業が運営する楽天市場にリンクしておりこの「ヤハヤハ商店街」はポータルページ的な扱いになっている。しかし町外で生産されたものが一番目につく扱いになっ [続きを読む]
  • 『県庁 おもてなし課』レビュー
  • おもしろかった。500ページの本だけど軽いノリで読めた。観光立県の企画にとりくむ高知県庁観光部おもてなし課が舞台となっているフィクション小説。おもてなし課でぐだぐだな「県庁ルール」にとらわれていた主人公 掛水史貴が高知出身で高地大好きな作家 吉門恭介の教育で徐々に成長して最後に「高知の観光にあるべき姿」を見出すところまでが語られている。観光志向の地域活性化を考えるときに参考になる部分が多いと思った。1番 [続きを読む]
  • 住民訴訟こわいよ((( ;゚Д゚)))
  • 奥州・市有地随契売却は違法 市長に賠償命令 | 河北新報オンラインニュース記事概要2014年に奥州市が水沢駅前の土地を商工会議所に随意契約で土地を売却した。これを不当と主張する同市の市民団体が損害賠償を求める訴訟を盛岡地裁で起こした。判決では随意契約の要件を満たしていないため違法であり、売却をするなら入札をすべきだったと指摘している。市は商工会に約6300万円で売却したが判決では土地の評価額は最低でも8000万 [続きを読む]
  • 八日市ひなまつり(壇飾りのひなたち)
  • 去年と同じようで飾りつけが微妙に違う昨年の写真はこちら左奥に飾られてるピンクの着物のアップ写真も去年撮ってあった。すごくかわいい。職人技としか思えない精緻な刺繍は必見!!ひな壇の前に置かれてた座布団由緒正しき雛人形・・・と見せかけてお内裏様なぜ立ってる!?ステンドグラスのお雛様とか斬新(っ'ヮ'c) 1年前にこのブログに掲載したおひいさまの記事も同じ八日市いきいき交流館で撮った写真(4枚目は違うけど) [続きを読む]
  • まちづくりのHP開設しました
  • ココたっちまちづくりに興味はあるけど地位も人脈も資金もない。そんな私がいづれ自分が起業をすることも考えて情報を整理するために作りました。今のところは地域活性化に関する用語や事例の掲載とマーケティングの発想を絡めてまちづくりを戦略的に実現していくための情報をまとめたいと考えてます。作り始めて間もないのでほぼモノクロのだしまだ断片的な情報ばかりだけど少しずつ見やすく改善していくつもり。ブログでは批判的 [続きを読む]
  • 矢巾がまちづくりで大企業と契約したらしい
  • 包包括連携協力に関する協定締結式を行いました。 | 矢巾町役場突っ込みたくなるところ満載(笑)新しいスローガンが出てきた地縁のない大企業と契約することふるさと納税資金について新しいスローガンが出てきたまず掲げてるスローガン健康のまち(役場の隣の敷地に看板がたってる)↓音楽のまち(去年宣言)↓つながるまち←いまココこれらは背反するものじゃないけどけっきょく矢巾町のスローガンて何?地縁のない大企業と契約する [続きを読む]
  • 『価格の心理学』レビュー
  • 価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?※この本は心理学の本ではなくほぼマーケティングの本です!商品を開発し市場に流通させる仕事をしている人やコンサルやウェブクリエーターなどを生業とする人が読むべき本。著者の思想ものの価格は需給曲線により決定されると言われている。だがこの本はその均衡価格を操作し需要を減らすことなく価格を高いほうへシフトさせることを基本的な思想として論理が展開し [続きを読む]
  • 『タウンマネージャー』レビュー
  • タウンマネージャー: 「まちの経営」を支える人と仕事9人のまちづくりを経験した人の話をまとめた本これは既に街づくりに関わっていてそれで運営がうまくいっていないな、と感じた人が読む本。そういう意味ではかなり役に立つ本だと思う。街の人口規模は4万から25万人と幅がありほぼ同列に並べられているので注意しないとおかしなことになる。第3章また3章の「まちのハードを見直す」では2億円の資金を集めマンションやら商業施設 [続きを読む]