太平洋戦争秘話・悲話 さん プロフィール

  •  
太平洋戦争秘話・悲話さん: パプアの戦い
ハンドル名太平洋戦争秘話・悲話 さん
ブログタイトルパプアの戦い
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/bfg000662
サイト紹介文パプア戦の紹介と語り継ぐ
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供71回 / 365日(平均1.4回/週) - 参加 2013/07/25 13:56

太平洋戦争秘話・悲話 さんのブログ記事

  • 72年目の敗戦日!太平洋戦争の真相を何%御存知?!
  •  今日は「大日本帝国の敗戦の日」で−す!しかーし、日本国は、「終戦の日」としましたね! 如何して、その様になつたのでしょうか?そこには深い理−由があつたはずです。                                ところで,今まで殆ど、パプアは「大東亜戦争」としてタイトルを続けていましたが敗戦後72年後という節目で「太平洋戦争」に変更いたします。さて、あの大日本帝国は対米英戦争を[大東 [続きを読む]
  • 遠すぎた戦場・今日のパプア戦史!アイタぺ攻撃終了日!
  • アイタぺ攻撃終了時から早や、73年にもなりますね!大手マスコミは有名戦史ばかりの報道が多いように思います。以前、テレビで「蛍の木」というパプア戦の番組を見たことが有ります。その時、アイタぺ戦に参加された第20師団の元小隊長さんが入院中の病室で涙ながらに語られたシーンが未だに消えません。それと、御尊父様をアイタぺ戦(激戦地・アフア)で亡くされた息子様の御姿等が。 アイタぺ戦参加部隊は第20師団(当時 [続きを読む]
  • 今日のパプア戦史!南海支隊先遣隊パサブア上陸!
  •  1942年7月21日夜、南海支隊先遣隊・横山独立工兵第15連隊長指揮の部隊がパサブアの海岸に上陸しました。下の写真はパサブアの東に位置するギルワの海岸です。(2010年7月パプア撮影) これが真坂!「生きて帰れぬニュ−ギニア」「死んでも還れないニュ−ギニア」になろうとは当時の大日本帝国の作戦首脳部・エリ−トの頭脳の想定外でした!(パプアの疑問?) 当時の大本営陸軍部作戦部長・田中新一中将、作戦課 [続きを読む]
  • 今日のウエワク戦・シブラング占領さる!
  •  ウエワク戦!から早や、72年過ぎた7月14日の今頃の現地はどの様なお天気でしょうか?恐らく晴天続きで日陰を除き、今の日本各地のように暑い・熱いと言う気象条件だと思います。 そういう気象条件下で、今から72年前、豪軍は7月2日には東南山を、7月3日には松虎山を、そして田崎山では一度占領された独立自動車第39大隊の第1中隊や第2中隊等が奪回を目指して居ました。7月10日頃に同大隊等にかなりの死傷者が [続きを読む]
  • ウエワク戦と第1航空移動修理班の戦死公報(完)!
  • ウエワク戦!此の無駄な・無益な戦で約2万名前後の日本軍将兵や何の罪もない多数のパプア人が亡くなりました。勿論,豪軍にも戦没者は出ましたが、「戦・闘いという悲劇」は72年が過ぎようとしていますが、その悲しみは御遺族をはじめ関係者の方々から消えさることは無いようです。パプアの身内(72年前の今日、公報上の戦死日)の部隊である1FiS(65名、正確には63名)の戦没時期・場所:●ウエワク戦前 ウエワク1 [続きを読む]
  • ウエワク戦と第1航空移動修理班の戦死公報(5)
  •  ウエワク戦開始から5月(28日間)が終わり、6月も21日(49日目)になりました。豪軍・陸軍第6師団は優勢な戦力に物を言わせて、大砲も少ないウエワク地区の日本軍の陣地を一つ一つという具合に撃破して海岸線からアレキサンダ−山脈の頂上を目指して攻撃を続行していました。豪軍は6月19日には中地区の田崎山を占領していました。(飛行機はウエワク半島上空で、パプアが長年、探し求めていたクワイドは直ぐこの下に [続きを読む]
  • 今日、6月15日はサイパン島戦開始日!
  •  サイパン島つて東京から何キロ離れていますかね?サイパン島つて言う島はマリアナ諸島のひとつの島で当時は第1次大戦後から大日本帝国の委任統治になつていて多数の日本人が同島に住んでいました。パプアも一度訪れ未だに忘れられない島です。 所で、米軍は何故?サイパン島はじめマリアナ諸島に上陸をして占領しょうとしたのでしょうか? 其れはサイパン島、テニアン島及びグアム島等と日本本土との距離にありました。当時、 [続きを読む]
  • 今日6月5日はミツドウエイ−海戦戦没者慰霊の日!
  •  今から75年前の1942年6月5日に生起したミツドウエイ−海戦!何故敗北したのか?初めに、ミツドウエイ−島の価値は?(略)何故?如何して同海戦を企画したのか?(略)同作戦の立案者は?(略)同時期の海軍首脳部の顔触れ:1 軍令部総長・永野修身大将、次長・伊藤整一少将2 軍令部第1(作戦)部長・福留繁少将、部長直属・戦争指導小野寺捨二郎大佐  同第1(作戦)課長・富岡定俊大佐3 連合艦隊司令長官・山 [続きを読む]
  • ウエワク戦と第1航空移動修理班の戦死公報(4)!
  •  今日6月4日で、ウエワク戦開始日から1か月になりました。戦没者の方の御遺体は7日前後で白骨化したと言われています。言葉になりませんね!兵隊さんは例外なくそのまま放置されたとか!そして現在になりました。これが大日本帝国に一命を捧げて、日本国による手遅れの御遺骨回収!戦没者は浮かばれませんよ!第1航空移動修理班、事後は1fisと書きます。同班は5月19日のWewak=ウェワク地区のヤルポ−ズでの2名 [続きを読む]
  • 初めての万世と出水神風特別攻撃隊基地跡訪問(2)
  • 薩摩=鹿児島の出水は今まで何度も訪れてはいましたが、パプアは東部ニュ−ギニア戦の公報の如何して?が一番の関心のある戦場でしたので、出水に海軍航空隊の基地が有ることを知りませんでした。そこで一度は平和の恩恵を受けている一人の日本人としてお参りしたいと思いまして2017年5月25日に訪れました。前日は甑島へ行き、道中の旅人と知り合いになりまして旅人が出水のお方と解り、特攻隊基地について貴重な情報を頂き [続きを読む]
  • 初めての万世と出水神風特別攻撃隊基地跡地訪問!(1)
  •  神風特別攻撃隊の基地と言えば、陸軍は知覧!海軍は鹿屋基地!矢張り、映画化されますと、そこだけが注目されますが、陸軍の万世=ばんせい、海軍の出水=いずみ、その他の基地からも沖縄を救うために負け戦とは知りながら、一つしかない命を国に捧げられました。そのような悲しい戦史を忘れてはいけないと思います!パプアは1945年5月23日ではなく、2017年同月同日に同地へ行きました。72年前は戦時中!現在は北朝 [続きを読む]
  • ウエワク戦と第1航空移動修理班の戦死公報(3)
  •  今日19日でウエワク戦開始から16日目になりますね!第1航空移動修理班は6日の闘いでクワイドで1名、ウォ−ム=オーム岬で1名、ヤルポ−ズ=ヤルボ−ズで6名、7日の戦闘でウエワクで1名が戦没されていましたが、16日目の戦闘でヤルポ−ズで2名の方が戦没されたと公式記録にあります。5月19日にヤルポ−ズで戦没とは?ヤルポ−ズの位置はお解りになりますね!かなり離れた場所にあります。下の写真のWewak= [続きを読む]
  • ウエワク戦開始から早や10日経過しました。!
  •  ウエワク戦開始の5月4日から今日、13日で、早や10日が経過しました!戦場の10日間は、如何なるものかは経験していませんので解りませんが、ウエワクの将兵は米なし水も薬も酒もなし!煙草もなしか?有るのは死ぬまでの命しかありませんでした。友情は?御想像におまかせいたしましょう!ところで、第1航空移動修理班は13日までの10日間のウエワク戦で5月7日までに戦没者9名を出した後は5月19日までは戦没者は [続きを読む]
  • ウエワク戦と第1航空移動修理班の戦死公報(2)
  •  ウエワク戦開始から4日目の5月7日に第1航空移動修理班の1名がウエワクで戦没されました。個人情報保護条例のお陰で戦没が戦傷死か戦病死か何なのかは御遺族にしか解りません。「ウエワクで戦没」と御遺族は公報をご覧になり、満足されたでしょうか?今でもそうですが、現地の詳しい地図を手に入れることは困難です。現地のウエワクに行かれたら解りますが、ウエワク地区はかなり広くて海も山もあります。公報でウエワクで戦 [続きを読む]
  • ウエワク戦と第1航空移動修理班の戦死公報!(1)
  •  第1航空移動修理班は1943年Ⅰ月31日にウエワクに、シンガポ−ルで編成されて海路約21日かけて上陸をして、飛行第14戦隊の修理を担当する小さな部隊でした。 ウエワク戦開始時の同班の生存者等の状況は7年前の厚生労働省の親切な担当者のお陰で情報開示されまして同班の戦没者の状況が有る程度分かり、同班の戦死公報は正確性が高いものと思いました。 1945年5月4日の状況:生存者は47名で、同戦闘開始前に [続きを読む]
  • 今日のパプア戦史!豪軍、ウエワク攻撃開始日・ウエワク戦の始まり!
  • 平成時代の今、平和ボケ?の日本国!北朝鮮のたつた1発の弾道ミサイル発射で東京の地下鉄等が一時、停車するなんて!憲法9条が有るのに何故?何時でも北朝鮮は日本のどこへでも核や化学兵器等のミサイルを撃ち込むことができますね!万が一、日本の何処かに打ち込まれて、大損害を受けたらだれが責任を持つのでしょうか?そうならないように対処すべきだと思います!パプアの所は、田舎なのですぐ近くに山が有りますので防 [続きを読む]
  • 今日は旧厚生省による東部ニュ−ギニア戦没者数や遺体分布図作成の日!
  • 1953年4月28日に東部ニュ−ギニア戦での戦没者数や遺体分布図等が旧厚生省により作成されました。良−く読んでいただきたい!全戦没者127600名−陸軍関係部隊107697名−海軍関係部隊の5000名は14503名になりますね!此の14503名は何処の部隊なのでしょうか?民間人や台湾や朝鮮半島等の人員なのでしょか?上と下の表は関係が有ります。東部ニュ−ギニアの範囲は東のモレスビ−地区から西のゲ二ム [続きを読む]
  • 今日のパプア戦史!第20師団長片桐中将テレブ岬沖で戦死!
  • 大東亜戦争で現役の師団長の戦没者数は一体何名であつたかは知りませんが、ココ、東部ニュ−ギニア戦では1943年6月13日には第41師団長阿部中将がウエワクで戦死?!、同年6月29日第20師団長青木中将がマダン近郊のアメリ−で戦病死されていました。そして、マダンから海路、大発で後退中の第20師団長御一行がウエワク近郊のテレブ−岬沖で米軍の魚雷艇に見つかり機関銃等の攻撃を受け、師団長の片桐茂中将をはじめ [続きを読む]
  • 今日のパプア戦史!アレキシス及びホランジア飛行場占領さる!
  • 1944年4月26日、豪軍はマダンに続いてアレキシス飛行場を、米軍はホランジア上陸後3日で同地区の飛行場、サイコロプスやセンタ二−飛行場を占領しました。マダン地区には日本軍は殆ど居ませんでしたが、ホランジア地区では北園豊蔵少将指揮する部隊が米軍と交戦中でした。ホランジア地区の日本軍の最高指揮官は第6飛行師団長たる稲田 正純少将でしたが、後任の北園少将に同地区での戦闘を任せて、同地区に残留するパイロ [続きを読む]
  • 今日のパプア戦史!豪軍、マダンを占領ス!
  • 1944年4月24日、豪軍はマダンを占領しました。日本軍は1942年12月18日にマダンを占領していました。マダンの戦略的な価値は当初はモレスビ−攻略の後方基地としての価値があり、ラエ防衛の後方基地でもありましたが、大本営の緒戦の勝利の過信が大・大誤判断を招き、投入された将兵が飢えや病に苦しめられる結果となりました。平和時のマダンはとても素敵なところでパプアも今年で早や、7年になりますが写真をみる [続きを読む]
  • 消された!ホランジア・アイタぺ日本軍の悲劇!
  • 「パプアの戦いの語るパプア戦史」も同じことを述べるようになりました。それでも「パプアの戦いのブログ」に御訪問される方々に感謝しています。さて、皆さま方はホランジアやアイタぺの位置を御存じでしょうか?恐らく御遺族や関係者以外には知られていない所だと思います。ホランジアやアイタぺ配備中の日本軍の最期がいかに悲惨であつたのか、そのことを語れる方も研究者も殆ど存在しない今日のようです。戦時中、大本営は自ら [続きを読む]
  • 1944年4月10日新第6飛行師団長ホランジャヤ着任!
  • 1944年4月1日付け交替の新第6飛行師団長・稲田正純少将が10日にホランジャヤの第6飛行師団司令部に着任をしました。同司令部の作戦主任から現況報告を受けた稲田師団長は一体、何を考えたのでしょうか?ホランジャヤと言うところは風光明媚なところだと言われています。が、師団長は今後の戦況のいく末を考えると、胸が傷む御心境だつたでしょう。ホランジャヤが何処に位置するか御確認できましたか?当時のホランジャヤ [続きを読む]
  • 1944年4月第6飛行師団長交替!
  • 1944年4月1日に第6飛行師団長は板花中将から稲田正純少将に交替していました。師団長の交替が意味するものは何か?そうです!東部ニュ−ギニア航空戦の戦果が良くないことを意味していたんです。板花師団長は1942年11月頃から1944年4月1日まで約17か月間米空軍と死闘を繰り返して、ウエワクやホランジャヤ飛行場に置いて地上・飛行場で、それぞれ約100機以上の大損害を受けた責任を取らされて、ニュ−ギニ [続きを読む]
  • 1944年3月東部ニュ−ギニアの空に日本機の姿なし!
  •  1944年3月の太平洋正面の戦況はラバウルの海軍航空隊も後方に後退し、トラック諸島は米軍機の猛爆撃により甚大な損害を受け、太平洋は米軍の制空権・制海権になつて居ました。また、ビルマ戦線においては第15軍司令官による無謀なインパール作戦が開始されていました。当時の主な戦況:3月6日米海兵隊、ニュ−ブリテン島のタラシアに上陸3月8日第15軍、インパ−ル作戦開始3月9日米海兵隊、タラシア占領3月15日 [続きを読む]
  • 1944年3月東部ニュ−ギニアの空に日本機の姿なし!
  •  1944年3月の太平洋正面の戦況はラバウルの海軍航空隊も後方に後退し、トラック諸島は米軍機の猛爆撃により甚大な損害を受け、太平洋は米軍の制空権・制海権になつて居ました。また、ビルマ戦線においては第15軍司令官による無謀なインパール作戦が開始されていました。当時の主な戦況:3月6日米海兵隊、ニュ−ブリテン島のタラシアに上陸3月8日第15軍、インパ−ル作戦開始3月9日米海兵隊、タラシア占領3月15日 [続きを読む]