hattori さん プロフィール

  •  
hattoriさん: 有機EL照明の情報
ハンドル名hattori さん
ブログタイトル有機EL照明の情報
ブログURLhttp://multitask1.seesaa.net/
サイト紹介文有機EL照明や有機ELプロセス分野での情報ブログです。技術、製品、企業、海外動向などについて。
自由文海外との競争が激しい、有機EL照明や有機ELプロセス分野での情報ブログです。技術、製品、企業、海外動向などについてご紹介します。コスト削減がこれからの大きな課題です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供628回 / 365日(平均12.0回/週) - 参加 2013/07/26 09:50

hattori さんのブログ記事

  • 顕微鏡、目が疲れにくく、後藤電子、有機EL照明で
  • [ 2017年7月19日 / 日経産業新聞 ] 【山形】コイル製造の後藤電子(山形県寒河江市)は顕微鏡用の有機EL照明を開発、今秋から販売を始める。発光ダイオード(LED)や蛍光管など既存の光源に比べ、対象物の影ができにくく、目が疲れにくい。大学・研究機関での利用だけでなく、金属加工や半導体など産業用検査の需要を開拓。カメラの接写用ライトとしての需要も見込む。 開発したのは顕微鏡に後付けする「顕微鏡OLEDライ [続きを読む]
  • “TOKYO 2020”に向けて開発が進む8K&HDR技術
  • 7/21(金) ITmedia LifeStyle世界の放送技術をリードするNHK、その原動力となっているNHK放送技術研究所で、今年も5月に一般公開(技研公開)が開催された。未来の放送技術として立体放送技術が大々的に押し出された昨年と異なり、今年は2020年の東京オリンピックという明確な目標に向かう発表内容が多く発表された。毎年、技研公開を見てきた麻倉怜士氏は今回の技研公開をどう捉えたのか。まずはスーパーハイビジョンの映像に関す [続きを読む]
  • OLED成膜時間を1/10に短縮する技術
  • 2017年 7月 17日 UBIリサーチOLEDを一層迅速に製造できる技術が開発された。韓国研究財団によると、ハンバッ大学ユン・ホンソク教授の研究チームは、高圧のAir Jetを噴射し、多層のOLED薄膜を希望する場所へ効果的に移動することができる高速スプレー技術を最初に開発した。OLEDスプレー法は、多層の薄膜を基板から一度に剥がし、他の薄膜と結合させて素子を製造する。この際、薄膜が破れたり、しわくちゃになったり、角が剥がれ [続きを読む]
  • サムスンに続きアップルも採用で、フレキシブルOLEDパネルが品薄
  • 2017.06.29 ET Newsスマートフォン用フレキシブル有機EL(OLED)は、市場の需要が急速に成長し、サムスンディスプレイのみが製造しているので、品薄状態が生じている。昨年にリジッドOLEDパネルをフラッグシップモデルに採用した中国のスマートフォンメーカーのほとんどにおいてフレキシブルOLEDの需給が強く、供給不足がよりひどくなった。今年の下半期から、AppleがOLED iPhoneに採用すると、サムスンディスプレイが今年に生産 [続きを読む]
  • 【LED&OLED EXPO 2017】様々なアプリケーションが創出できる有機EL照明
  • 2017年 7月 13日 UBIリサーチ韓国で最大規模の国際光融合エキスポである「国際LED&OLED EXPO 2017」が、27日から三日間韓国京畿道高陽市にあるキンテックスで開催された。多くのOLED照明メーカーが参加し、照明製品を数多く展示した。韓国生産技術研究院は、韓国光産業振興会、韓国光技術院、韓国照明研究員院などと共同で、OLED照明産業クラスター助成事業のブースを設置し、スタンド型と天井型など、リジッドOLED照明を数多く展 [続きを読む]
  • 2017年9月7日、ドイツ・フランクフルトで国際TADFシンポジウム開催
  • 2017年 7月 14日 UBIリサーチTADF(Thermally Activated Delayed Fluorescence)技術は、OLEDに効率的で安定的なエミッタ材料を提供する新しい技術で良く知られている。TADFエミッタは、OLED産業における次世代材料の発展に貢献し、多くのOLEDアプリケーションを創出できると期待されている。現在、TADFはOLEDを改善する主要技術として多くの注目を集めており、このTADF技術の重要性と次世代OLEDにおけるTADFの影響力は、ドイツの [続きを読む]
  • 有機EL版iPhone8、量産は来年か
  • 2017年7月17日 Y'sニュース アップルのスマートフォンiPhone10周年モデルとなるiPhoneは、組み立てを担う鴻海精密工業、和碩聯合科技(ペガトロン)の歩留まり率がまだ量産可能な水準に達していないもようだ。液晶パネル搭載モデルiPhone7sの全面量産は8月へと例年より1〜2カ月遅れ、有機EL(OLED)パネル搭載モデルのiPhone8は11〜12月にやっと少量生産に入れる見通しだ。iPhone8発売による史上最大規模のスマホ買い替 [続きを読む]
  • 後藤電子、顕微鏡向け有機EL照明
  • 2017/7/15 日本経済新聞  コイル製造の後藤電子(山形県寒河江市)は、顕微鏡用の有機EL照明を開発、今秋から販売を始める。発光ダイオード(LED)や蛍光管など既存の光源に比べ、対象物の影ができにくく、目が疲れにくいなどの特徴がある。大学・研究機関での利用だけでなく、金属加工や半導体など産業用検査の需要を開拓。カメラの接写用ライトとしての需要も見込む。 開発したのは顕微鏡に後付けする「顕微鏡OLED [続きを読む]
  • 韓国LG、グーグルの新スマホ「Pixel 2」にOLEDパネル提供へ
  • 7/14(金) Forbes JAPAN筆者は昨年、韓国ソウルのLG本社を訪れた際、モバイル部門を統括するIan Hwangに「なぜLGのスマホはOLEDパネルを搭載していないのか?」と尋ねた。スマートフォンに詳しい人なら誰でもOLED(有機EL)の性能が、従来の液晶パネルを上回ることは知っている。アップルも次期iPhoneでようやくOLEDを搭載しようとしているがLGは既にテレビ向けに、サムスンと並んでOLEDパネルを製造している。さらに言うと、LGは [続きを読む]
  • 大型、4K化が加速するテレビ市場、有機ELも登場
  • 7/11(火) EE Times Japan EE Times Japanでは、IHSマークイットテクノロジーのアナリストにインタビューし、ディスプレイ、パネル産業の現状とこれからを連載形式でお届けしている。 連載第3回となる今回のテーマはテレビ(完成品)だ。IHS Markit テクノロジー 上席アナリストを務める鳥居寿一氏に聞いた。■2017年 世界テレビ市場の注目トレンド 2017年の世界テレビ市場トレンドは、ひと言で言えば「テレビメーカーは、大型化 [続きを読む]
  • 中国市場での日韓の有機EL蒸着装置の受注競争
  • 2017.07.07 ET News韓国と日本の企業が中国のフレキシブル有機EL(OLED)蒸着装置の市場で競争している。最近の受注競争で、両国の企業が一進一退を繰り返し、戦いが熱い。中国では今年から来年までOLED投資が続く。序盤の受注競争での形勢が今後、世界の蒸着装置業界の趨勢を決めるので韓国企業は死活をかけている。 5日、業界によると、今年の6世代フレキシブルOLED有機物蒸着装置の発注を控えたとGVO (GoVisionox)、エバーディ [続きを読む]
  • OLEDON、面蒸発源FMMからAMOLEDの未来を発見!
  • 2017年 7月 3日 UBIリサーチ2014年、Galaxy Note4に初めてQHD(約515ppi)OLEDが採用されて以来3年経過したが、OLEDの解像度はまだQHD解像度に留まっている。UHD以上の高解像度OLEDを製造するためには、15um以下のFMMが必要だが、様々な技術的な問題で、量産には採用できていない状況である。6月30日に韓国ソウル市汝矣島にある全経連会館で開催されたUBI Researchの「上半期セミナー:OLED市場分析と最新技術セミナー」で、韓国 [続きを読む]
  • 有機EL照明にエコリカ参入、LGディスプレイと提携
  • 7/7(金) SankeiBiz リサイクルインクカートリッジやLED照明を手がけるエコリカ(大阪市中央区)は、韓国の照明器具メーカー「重友(ジョンウー)エムテック」と業務提携し、有機EL照明市場に参入する。重友が韓国LGディスプレイから有機ELのパネルを調達して照明器具を生産、エコリカが10月にも輸入販売を始める。 エコリカは2009年からLED照明を販売してきた。有機EL照明をラインアップに加えることで照明 [続きを読む]
  • Apple、LGに最大3,000億円投資で独占的なOLED生産ライン建設か
  • 2017年7月3日iPhone8に採用予定の有機EL(OLED)ディスプレイはSamsung Displayが独占供給すると言われています。しかし新たに、AppleがLG Displayに17億5,000万〜26億2,000万ドル(約1,970億〜2,960億円)を投資し、サプライヤーの多様性を図ろうとしていることが分かりました。Apple専用生産ラインの構築へ韓国メディアThe Korea Heraldによれば、Appleの投資する「E6」OLED工場は「Appleの受注に対してのみ、供給を請け負う」と [続きを読む]
  • 住友化学、有機ELパネル向け新材料 印刷方式でコスト半減
  • 2017/6/30 日本経済新聞  住友化学はテレビなどに使う50型以上の大型有機ELパネルの製造コストを大幅に下げる技術の実用化にメドをつけた。印刷するようにパネルをつくる技術の妨げになっていた、発光素子形成の精度を高められる新材料を開発した。現状に比べパネルの生産コストの半減を目指す。国内や韓国のパネル大手に売り込み、2019年から量産する計画。有機ELテレビの価格低下につながり、普及に弾みがつきそうだ。 有 [続きを読む]