ハットリ さん プロフィール

  •  
ハットリさん: 環境と照明・エネルギーの情報
ハンドル名ハットリ さん
ブログタイトル環境と照明・エネルギーの情報
ブログURLhttp://multitask2.seesaa.net/
サイト紹介文環境・発電・節電・照明と省エネ・安全性の分野での情報ブログです。
自由文環境に優しい、エネルギー供給や節電に関する、製品・企業や政治の動向を提供します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供12回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/07/26 10:08

ハットリ さんのブログ記事

  • 直流省エネ事業、三菱電機が拡大
  • SankeiBiz 7月28日(木)  三菱電機は27日、サーバーが集積したデータセンターや、ビル、工場、駅などの省エネルギーに貢献する「中低圧直流配電システム事業」の展開を開始すると発表した。太陽光発電システムや蓄電池から供給する電気を配電時に直流から交流に変換することなく、LED(発光ダイオード)照明やテレビなどの機器で使えるようにし、変換時に生じる電力ロスを削減するのが狙い。2025年度までに売上高100億 [続きを読む]
  • 「太陽光発電道路」が米国で実証開始、米国発展を支えたルート66で
  • スマートジャパン 7月19日(火) 米国のミズーリ州交通局(MoDOT)では、道路の将来像を模索する「ROAD TO TOMORROW」プロジェクトを推進しているが、その一環として米国のエネルギーベンチャーである「Solar Roadways」と提携し、旧国道66号線の一部で実証を開始するとこのほど明らかにした。 同交通局が取り組む「ROAD TO TOMORROW」プロジェクトは、同州を結ぶ州間高速道路システムが建設から60年以上を経過することになり、現 [続きを読む]
  • からあげクン発電? ローソン、廃油を燃料化して活用へ
  • 朝日新聞デジタル 1月31日(日) コンビニ大手ローソンは、「からあげクン」などの揚げ物を店頭で調理する際に出る廃油から電気をつくる「バイオマス発電」に乗り出す。業界初の取り組みで、太陽光発電などと組み合わせると、外部から買う電力を従来より約7割減らせるという。 ローソンは2月5日、バイオマス発電の1号店として、兵庫県姫路市に「夢前(ゆめさき)スマートインター前店」を開く。からあげクンなどの調理に使った [続きを読む]
  • 「着るセメダイン」開発 回路やLED、布に直接実装
  • ITmedia ニュース 1月6日(水)14時48分配信  接着剤「セメダイン」を開発・販売するセメダインは1月6日、独自の導電性ペーストを活用し、回路やLEDチップを布に直接実装した衣装「着るセメダイン」を開発したと発表した。「第2回ウェアラブルEXPO」(1月13日〜15日、東京ビッグサイト)に出展する。 低温で硬化する導電性ペースト「セメダイン SX−ECA」を活用。風合いを損なうことなく布地に直接回路を形成し、LEDチップを多数実 [続きを読む]
  • 大成建設、国内初「年間エネ収支ゼロ」のオフィスビル
  • オルタナ 12月25日(金)大成建設は、技術センター(横浜市)に建設した「ZEB実証棟」(ZEB:ゼロ・エネルギー・ビル)で、2014年6月から1年間運用し実証を行った結果、エネルギー消費量が463MJ/m2・年、創エネルギー量が493MJ/m2・年となり、「都市型ZEB」を目指した建物として、国内で初めて建物単体で「年間エネルギー収支ゼロ」を達成した。(オルタナ編集委員=高馬卓史)■「超省エネ技術」と「創エネ技術」を融合「都市型ZE [続きを読む]
  • 薄膜系太陽電池で世界最高の変換効率を達成
  • 2015年12月8日国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構―NEDOプロジェクトによりCIS系で22.3%―NEDOは、ソーラーフロンティア(株)との共同研究を通して、CIS系薄膜太陽電池のセルにおいて変換効率22.3%を達成しました。今回達成した変換効率は、薄膜系太陽電池の世界記録である21.7%を0.6ポイント塗り替えるものです。1.概要NEDOは、2030年までに太陽光発電の発電コストを7円/kWh(従来型火力発電並の発電コスト [続きを読む]
  • 安倍首相、技術革新で貢献表明=途上国支援1.3兆円―COP21演説
  • 時事通信 12月1日(火) 【パリ時事】安倍晋三首相は30日夕(日本時間12月1日未明)、パリ郊外で開幕した国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)の首脳級会合でスピーチした。 首相は低炭素社会の実現に向け、日本が得意とする水素エネルギーなどの技術力で地球温暖化対策に貢献する考えを表明。対策に取り組む途上国支援として、2020年までに官民合わせて年間1兆円から1兆3000億円に増額することも示した。 首相は演説 [続きを読む]
  • 【カンボジア】三菱重工とミネベア、スマートシティ構想で協業
  • NNA 10月23日(金)8時30分配信 三菱重工業とミネベアは22日、ミネベアがカンボジアの首都プノンペンで進める無線制御技術を用いた「プノンペンスマートシティ構想」で、情報通信技術(ICT)を活用した道路交通ソリューション技術で協業する内容の覚書(MOU)を結んだと発表した。 ミネベアは現在、プノンペン市内や北西部シエムレアプ州の世界遺産アンコールワット周辺など5カ所に約9,000本の高効率LED(発光ダイオード [続きを読む]
  • 日本の太陽光発電の可能性
  • マネーの達人 9月4日(金)電気代が高額な理由は、原子力発電所、火力発電所、水力発電所と、どれを見ても大規模な施設が必要です。その上、発電した電気を使う所まで運ぶのに送電線といった大掛かりな設備もまた必要になります。長い距離で電気を送ると送電ロスが発生します。日本全体で年間の送電ロスは580億kwh。原子力発電所約10基分を無駄にしています。電気は出来るだけ使う所の近くで発電するのが効率的ですが、それには用地 [続きを読む]
  • 今夏、電力需給は安定 火力に故障リスク、原発不可欠
  • 産経新聞 8月21日(金) 今年の夏は猛暑が続いたが、電力需給は全国的に安定している。電力各社が火力発電をフル稼働させていることが大きい。ただ、火力は老朽化施設が多く、故障による緊急停止のリスクがある上、コストもかかる。太陽光発電などの再生エネルギーは天候に左右され、発電量は不安定だ。低コストで電力を安定供給できる原発の再稼働は欠かせない。(山口暢彦)                   ◇ 原発を持つ [続きを読む]