男山 さん プロフィール

  •  
男山さん: 東奔北走
ハンドル名男山 さん
ブログタイトル東奔北走
ブログURLhttp://otokoyama1.exblog.jp/
サイト紹介文鉄・温泉・飲み会好き。札幌と東京の撮り鉄、乗り鉄。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供190回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/07/26 11:47

男山 さんのブログ記事

  • 本日購入
  • 来月帰省で使う特急券類を購入してきました。サツエキ東みどりの窓口氏、めっちゃ感じ良かった。『北斗』の面倒な発券も快く対応してくれたしね。今回は家族運用なので、ウチの大蔵省の目もあって余り“好き勝手”できませんが(笑)それなりに楽しんでこようと画策中。それにしても来月は観光列車モニターツアーもあるから、久々に乗り鉄を満喫できる1ヶ月になりそうです。H5系に乗るのも1年半ぶりです。 [続きを読む]
  • 模型では今なお現役スラントノーズ
  • トミックスから早くも来年3月の発売予定がリリースされました。これはやっぱりきたか!といった感じ。JR キハ183系特急ディーゼルカー(大雪)セットAオホーツクA・Bセット以来、サロベツセットA、そして今回発表された大雪セットAと、スラントノーズが留まるところを知りません。ちなみに側窓補強タイプの商品化は、さすがに難しいんでしょうか。まあ個人的には、こちらのノーマルな側窓の方が好みな... [続きを読む]
  • 稚内、1982年
  • 最後に稚内を訪れてから15年になります。それ以前は、毎年7月は島に渡るのが恒例となっていて、馴染みがある街だったんですが、気がつけば随分と間が空いてしまいました。もちろん現在のリニューアルされた稚内駅舎も未体験です。そんなご無沙汰しちゃってる稚内なんですが、来月15年ぶりに出かけてきます。<北海道観光列車>最北への旅路・宗谷本線うまい具合に観光列車の宗谷本線〈復路列車〉コースの予約... [続きを読む]
  • ごくろうさま!ニセコエクスプレス
  • ニセコエクスプレスの11月引退がプレスリリースされました。JR北海道、「ニセコエクスプレス」車両引退へ札幌駅でキハ40とキハ56に挟まれ、発車を待つニセコEXP北海道ではアルコン、フラノ、トマサホに続き、1988年に登場したリゾートエクスプレス第4弾。初めてキハ183系をベースに製造されたことでも話題になりました。2002年のトマサホ引退から15年、よくぞここまで頑張ってきたとニ... [続きを読む]
  • 北海道観光列車 始動!
  • ついに北海道観光列車が正式にプレスリリースされました。道北・道東の魅力を観光列車とバスで訪ねるモニターツアー3コースを実施!鉄道だから楽しめる旅を「観光列車」で体験!沿線のみなさまによるおもてなしが地域の魅力を演出します 日本旅行のサイトでは行程の詳細が紹介されています。その先の、道へ。北海道『北海道観光列車』(※筆者注・発売予定日時が9月15日(金)12:00〜となっていま... [続きを読む]
  • 今年も苗穂工場一般公開に行ってきた
  • 午前中の用事が長引くようだったら諦めるつもりだったんだけど、今年も何とか苗穂工場一般公開へ。C62 3が動く姿を見るだけでも訪れる価値は充分あります。今年の客車代用にはキハ40 336を充当。かつて学園都市線の通勤でお世話になったロングシート車で、その昔は急行『宗谷』などに使用されたキハ400系の末裔。工場内では検修途上の車両が、目と鼻の先で見学できるのが嬉しい。キハ183... [続きを読む]
  • 新琴似の朝
  • 札幌に住んでいて、朝が最も爽やかに感じられる季節。風が、青空が、鳥が、草が、そして空気が、心地よく五感を刺激します。これでキハ40なんかが走ってきたものなら、たぶん札幌行きとは反対側の列車に吸い込まれてしまうんだろうなあ(笑) [続きを読む]
  • 交通局の本気
  • 先日このブログにも書いた札幌地下鉄の乗り換え方法告知について、その後も様々な形で施策が展開されています。地元の麻生駅ホームドアにも乗換駅指定のステッカーが貼られていました。こちらは南北線の車内。従来の編成用の横長ステッカーの他に、情報案内モニター設置の3編成(5018・5019・5020編成)のために、小型ステッカーまで作成したようです。他にも9月から車内の自動アナウンスでは、大通... [続きを読む]
  • サツエキで特急『ニセコ』と初対面
  • 運転開始後、最初の日曜を迎えた臨時特急『ニセコ』。札幌の出発ホームは2番線。入線時刻は7時50分で停車時間はわずか7分。乗るにも撮るにも、もう少し余裕があればと思います。ご祝儀乗車なのか車内は意外なほど乗客の姿が多かったです。小樽や余市といった比較的短距離の利用もあるかもしれない。もちろん観光目的以外に用務で利用する人もいるでしょう。それにしても観光特急にもかかわらず、電光掲示板の... [続きを読む]
  • 札幌市電フェスティバルとM101
  • 毎年9月の恒例、市電フェスティバルに行ってきました。例年日曜に開催されているのだけど今年は土曜。それでも子供連れを中心に、いつもと変わらぬ賑わいを見せています。車庫に並ぶ各形式の電車を間近で撮影したり、工場内でササラ電車の分解作業を見学したり、貸切電車の車内で?み鉄会の気分に浸ったり(笑)するのも良いですが...M101とじっくり触れ合えるのが市電フェスでの一番の楽しみ。最近は... [続きを読む]
  • 構内踏切がある風景
  • 東急/池上駅の駅舎と駅ビル、建て替えすでに6月から駅舎工事が始まっているようで、地元の人の情報によると現在は鉄骨が組まれた状態らしいです。そろそろまともな撮影は困難になってくるのかなぁ。もちろん地元の利用客にとっては、便利になることこの上ないんですけどね。レールファン的には寂しいの一言...どなたかNゲージのジオラマ製作に長けている方、構内踏切のジオラマを作って新しい池上駅に展... [続きを読む]
  • ここはニコタマ、橋の上
  • 先週土曜に開催される予定だった「第39回世田谷区たまがわ花火大会」は、東急田園都市線の二子玉川がメイン会場。全国ニュースでも繰り返し伝えられたように、当日は激しい風雨と落雷に見舞われ怪我人も出てしまいました。過去に一度だけこの花火大会を見に行ったことがあるんですが、花火の規模といい人出といい、たぶん僕が今まで経験した中では最も規模が大きい花火大会だったように思います。普段の二子玉川と... [続きを読む]
  • 別料金が発生いたします
  • 地下鉄の車内にこんな注意書きが掲示されてました。《乗換駅以外で乗り換えた場合は、別料金が発生いたしますのでご注意ください。》この文言は意外と今まで見たことがないかもしれない。先日このブログでも、終点の一つ隣りの駅に掲出されているポスターについて触れましたが、ついに都心の乗換駅に関しても厳密に注意喚起することにしたようです。例えば南北線の麻生から東豊線の元町に向かう場合、「さっぽろ... [続きを読む]
  • 夏が終わる前に
  • やり残してることはないかい?8月の終わりは、夏から秋への分岐点。ひと雨ごとに、秋の匂いが深まってゆく。 [続きを読む]
  • 下灘には負けるけど
  • こっちの海の青さだって捨てたもんじゃない。札幌直結でこんな素敵な区間があるんだから。古い721系の車内を“リゾート21”みたいに改造して「ぜにばこエクスプレス」とかやったらウケると思うんだけどなぁ。ちょい呑みセットの車内販売があれば尚良し(笑) [続きを読む]
  • あの頃はリゾート列車だった
  • JR化前後に発行された、北海道を特集した2冊の「鉄道ジャーナル」。奥が1983年7月号、手前が1987年9月号。これを書店で買い求めた頃の僕といえば、まだ夢と希望に溢れた青春真っ只中のヤングでした。夢と希望を抱いていたのは、何も読者だけではありません。それぞれの特集で取り上げられた北海道の鉄道も、青函トンネルの開通や札幌駅の高架開業に向けて、大きく飛躍しようとする時代でもあったわけです。... [続きを読む]
  • 先週土曜の苗穂にて
  • ちょっと用事があって、2週連続のシロクニ詣で。鉄道技術館の横から、いさ鉄の「ながまれ号」が留置されているのが見えました。苗穂工場で検査か何かあるのかな。小樽の博物館を訪れたばかりだから、キハ82の塗装がひときわ美しく感じます。当然かもしれないけど、屋外と屋内ではこうも違うのか。アルコンも然り。個人所有で保存されてる方は確か屋外でしたね。状態が気になるところです。先週は... [続きを読む]
  • お客様へお願い
  • 自衛隊前駅のホームで目にした掲示物。うちは麻生だけど、出勤時でもほとんどそれらしき人を見たことないなあ。真駒内の方ではそうまでして座って行きたい!って人が多いんだろうか。(後日、北34条でも同じ掲示物を確認。筆者注)まあ多かれ少なかれいるから、掲出せざるを得ないんでしょうけど。それにしても、ここまでストレートな内容というのは珍しい。どこの通勤路線でもありがちな問題で、ほとんどの鉄道会社は... [続きを読む]
  • 小樽の博物館で鉄道の良さを知る
  • 今年も8月の小樽市総合博物館に出かけてきました。朝から曇りがちな空模様のおかげで、例年のような暑さにやられることもなく、この時期には珍しく屋外展示車両もじっくり見学できたので良かったです。キハ82は色褪せが進行中。メンテナンスはひと冬越してから?クロスシート三連発。これで育ったから、やっぱり落ち着く。ローカル線の終点でよく目にするアングル。季節的ミスマッチ。アジサイとラッセ... [続きを読む]
  • あの夏の特別急行『おおぞら』
  • 1982年当時の北海道ワイド周遊券は、道内に限り特急の自由席利用が認められていました。都区内発で20日間も有効期間があるのに特急利用までOKとは、なんて至れり尽くせりなキップだったんだろうと改めて思います。でも、いざ旅に出てみれば意外と特急は利用する機会がなくて、1982年夏の汽車旅でも12日間の行程中、特急利用はたったの3回のみ。自由席本位の急行がたくさん運転されていたことに加え、何と言... [続きを読む]
  • 急行『天北』がいた夏
  • 国鉄色を愛でながら戴く夕刻のビールは最高です。初めて北海道ワイド周遊券を使って旅した1982年の夏、数ある急行の中で最初に乗ったのは『ニセコ』でも『狩勝』でもなく、稚内行の『天北』でした。たしか旭川を昼過ぎに出て、まだ日があるうちに稚内に到着したように記憶しています。宿泊した駅近くの国民宿舎では、夕飯の膳にタラバ足が大ザルに無造作に盛られ、やっぱり北海道は違うなあと同行の友人と感嘆したもの... [続きを読む]
  • 石狩湾ブルー
  • 大通ビアガーデンと共に、北国の海水浴シーズンは足早に去ってゆく。前にも書いたかもしれないけど、大都市から15分も快速電車に乗れば、こんな海の景色が見られるのが札幌のスゴいところ。いつも目にする通勤電車も、海の青さに染まって違う列車に見えてくるから不思議です。この水平線の彼方には、天売島や焼尻島があって、そのまた向こうには礼文島や利尻島があるんだよなあ。飛行機で北海道と本州を行き来... [続きを読む]
  • 31年目のリリートレイン
  • 目にすることはあっても、キッカケがないとなかなか乗る機会がない遊覧鉄道。思えば百合が原公園のリリートレインも、乗車となると久しぶりです。ということで、リリートレインの今を列車追跡してみました(鉄道ジャーナル風に 笑)。改札口に掲げられた発車案内。平日は日中30分おきに運転されています。券売機でキップを購入し、改札口を通って乗車するのは一般の鉄道と同じ。なお、リリートレインでは改札... [続きを読む]
  • 1/1スケールに出会う楽しみ
  • 我が家の京急ラインナップ。フル編成での運転は、いつもポポンデッタ札幌さんのお世話になってます。先週の東京では、運良くこの車両たちの実物に乗ることが出来ました。普段は札幌で走らせている模型の実物に乗車するのは、ある意味不思議な感覚です。あ、さすがに旧1000形だけは乗ってません。これに乗るには四国まで遠征しないと(笑) [続きを読む]