boi-boi さん プロフィール

  •  
boi-boiさん: Boiのシカゴに住むことになりました。
ハンドル名boi-boi さん
ブログタイトルBoiのシカゴに住むことになりました。
ブログURLhttps://ameblo.jp/sei-boiboi/
サイト紹介文アメリカどないなってんねん、と包み隠さず住む町シカゴと我が家の珍道中を紹介する駐妻・毒舌ブログ。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供309回 / 365日(平均5.9回/週) - 参加 2013/07/27 21:46

boi-boi さんのブログ記事

  • 隣人にご挨拶
  • 一瞬の突風にあおられて、メリーポピンズ奇跡が起きた結果、我が家の庭のパラソルが隣の家の庭に頭からぶっ刺さるという昨日の話のつづき。 翌日、午前10時頃、お隣さんをピンポン。ゆっくりとした足取りが聞こえてきて、ドアが開いた。 20代後半か30代前半の若いおねえちゃんだった。カノジョの両耳には所狭しとずら〜っとシルバーのピアスが並んでいた。 蛇にピアス 一瞬にしてカノジョにあだ名をつけつつも、「どうも〜隣に引っ [続きを読む]
  • 家族団らんからの悲劇
  • 週末、バーベキューをした。ムスメが間もなく日本に帰るため、何か行ってみたいとか、やってみたいことはないか、と聞くと、家族で裏庭でエエからバーベキューをしたいと言ったからなのだ。 朝から肉を仕込み、いそいそと用意。夕方4時半辺りから早めの夕飯バーベキューとなった。なんか幸せやなぁ、と白ワインでも飲もやないか、と出してきたうす〜いワイングラスが、アホほど曇っていた。 どんだけ使てへんねん そういや、こん [続きを読む]
  • ガッキ―に助けられる
  • ムスコ、ネバダ州内の学校に通うのに必要な追加の予防接種をシカゴにいる間に受けに行っとこと向かった病院で、鼓膜が赤く中耳炎とちゃうかと診断。 ネバダ行ったら、病院行っといてください、と言われ、さっそく近くの病院に行くことに。 シカゴ、日本語の通じる、日本人のお医者さんという手取り足取り病院に通っていたので、ネバダの英語一本勝負病院に緊張する。 受付に行くと、まず誰がどのような症状かを聞かれたので、「 [続きを読む]
  • ドライが引き起こす現象
  • シカゴの冬は非常に乾燥していた。車に乗る時も、ひどい時は水で手を洗う瞬間にもパチッッと静電気が起きることもあった。 ネバダ、ここは年がら年中乾燥しているらしい。本屋から出てきて扉を開けようと押したら、バチコンと静電気。夏と静電気がどうしても結びつかないので、ついつい対策を怠ってしまう。 さて、子供たちはというと、その乾燥を違った方法で体感している。 引越してきてすぐ、ムスメの様子がおかしい。よく見 [続きを読む]
  • アスリート育成村
  • 郵便受けを見に行くと、以前の住人あての手紙が何通か届いていた。 この家は数10戸が1つの会社で管理されており、敷地内にオフィスを構えている。 以前の住人はこの敷地内の4ベッドルームの家に引っ越すと聞いていたので、届いた手紙をオフィスに託すことにした。 家からオフィスまでは500メートルほどなので、歩いて行くことにしたのだが・・・。 歩きにくい。ハァハァ言うて、ものすごい息が上がる。引越しでバタバタ [続きを読む]
  • 勝手に侵入される
  • 朝8時すぎ、引っ越しのトラックが到着。 おばけサイズ ドライバーが降りてきて、30代くらいの陽気な黒人のドライバーとあいさつをする。 すると、どこからともなく一人の白人男性がぷらっと現れて、ドライバーがその彼に挨拶をしに行った。「初めまして、リチャードです」とドライバー。 ちゃうちゃう、それ旦那ちゃう 多分近所のおっちゃんなのだが、訂正する間もなく、リチャードが、さっそく家の中を見せてと言ってきた。ど [続きを読む]
  • 新しい学校の初日は手探り状態
  • 先週の月曜の朝。それは引越し荷物が届く日であり、またムスコ・ガル男の新しい学校の初日でもあった。 そう、我々はホテルに泊まっている。しかも、学校は初日から通常通りの時間割りで、お弁当がいる。そう、我々はホテルに泊まっている。 アメリカ横断の旅で持ってきたのは、包丁1本、まな板一枚、炊飯器と米にゆかりのふりかけだ。 ひどい弁当でよければホテルで作れる・・・いや、しかし、日本人がおそらく一人もいないで [続きを読む]
  • だいたいの予定
  • シカゴを出発し4日でネバダへ到着した後、家具が到着するまでの間、ホテル住まいをしていた。 その宿泊予約日数、12日。 金持ちでもホテルマニアでもない。というのも、引っ越し業者が我々に提示した引っ越しにかかる日数が、3日から12日だったからなのだ。 幅持たせ過ぎ〜 道路事情などを加味して、とかでなく、これって、やっぱりドライバーのやる気 的な・・・ 結局、シカゴを出発して、7日目で荷物が到着することとなっ [続きを読む]
  • 答えはひとつではなく
  • なぞなぞを解きたい。 なぜムスコの時間割りに体育がないのか。 この日は先生、オカン・オトンたちのボランティアで、アイスクリームソーシャルは運営されていた。こうなると、先生なのか、親なのか、初めて顔を合わせる我が家にはわからない。 だって、先生の格好もTシャツに短パンおよび、ビーサンやから。 ラフ〜 先生と思しき人に、ウチのムスコPEないけど、と伝えると、「ないの?」と聞き返される始末。 そして、先生、「 [続きを読む]
  • あるハズの物がない。
  • ムスコの学校の手続きは順調に進んだ。 ラッキーなことに、初めて学校を訪れた日の翌日が、新学年のスケジュール配布、授業料の支払い、学校内の教室の場所確認などをアイスクリームを食べながら行う?アイスクリームソーシャル"の日であり、さっそく、参加することにした我が家。 ムスコが通う学校は、7,8年生だけが通うミドルスクール。しかしふた学年で1000人を超えている・・。 長蛇の列に並び、スケジュールをいただき確 [続きを読む]
  • 突然の終わりを迎える
  • ネバダにつき、荷物が届くまではホテルに宿泊。 翌朝6時、旦那が身支度を終え、「じゃ、出勤してきます。」と一言いい、消えて行った。 新しい土地で早速置いてけぼりを喰らう。おかえりドS さて、どうする。まず真っ先にやらないといけない事がある。それはムスコ、ガル男の転校手続き。 この学区へのオンライン手続きは済ませてきていたので、学校のオフィスに出向き、転校セットを入手し書類を提出という段取りであろうと [続きを読む]
  • 引越しDay4 ついに到着
  • アイダホでイモ時間をとることもなく、駆け抜けてネバダ州に入った我が家。 急に黄色い景色になりついに、ネバダ州リノに到着。 シカゴから3500km4日かかった引越しアメリカ横断の旅、無事終了! しかしまぁ 暑い!!! ほんで寒い。朝が寒い! 出た!砂漠気候! 只今、絶賛体感中! [続きを読む]
  • 引越しDay3-3 穏やかでない
  • 順調に進んだところで、ワタクシに異変が起きた。頭痛が止まらない。 そういえば、運転している間、必死すぎて水分を補給しておらず、かるい脱水になりかけていたのかもしれない。 助手席に娘を乗せ、私は後ろのシートで塩せんべいと水を放り込み、しかしぐったり。 日は沈みつつある時間。夕日がキレイだ。 少し眠ったようで、ふと目を開けると そびえ立つ岩山。 へ?アタシ召されたか? 地獄谷のような、ど偉い雰囲気 [続きを読む]
  • 引越しDay3-2 そんな理由
  • イエローストーンにやってきた。 高校の修学旅行だったと思う。硫黄が噴き出す観光地には行ったことがあった。 歩いて歩いて、辿り着いた結果が くっせぇ〜だった16の夏。 そんなスメリーな「硫黄」というキーワードを引っさげて訪れたイエローストーン。 いざ!と入口を入ってしばらくすると、まさかの渋滞。人気観光地な上に夏休み。まじか〜とほぼ進まない渋滞に車内はイライラモード。 すると森林警備隊の車が猛スピー [続きを読む]
  • 引越しDay3 ジェットコースター
  • ただひたすら走る。 気がついたらものすごいスピードを出している時がある。 だってほら80マイルまで出してええって書いてあるし。 でぐいぐい走行してはたと気付く。80マイルって時速何キロ? 1.6倍やから、つまり128キロ。アカン完全80キロ感覚やった。 と速度計を見る。90マイルちょい超えてる。ってことは今、時速150キロで走ってる!?.......って、もうちょいで ドドンパやん‼? にわかに恐怖。慌てて速度を落とし [続きを読む]
  • 引越しDay2 あの景色
  • アメリカ横断引越しの旅、2日目。 昨日は、イリノイからウイスコンシン州をぬけて、サウスダコタに入った辺りで近くのホテルを探し予約。高速を降り、ホリディインエクスプレスに宿泊することに。 夕飯は、チンするご飯にゆかりかけて、お味噌汁で胃をねぎらう。 翌朝カフェテリアに用意されている、なんだかなぁという微妙なラインナップの朝食を終え、8時ごろ再び運転開始。 まっすぐな道。 ただひたすら走る。 この景色ど [続きを読む]
  • 西へ向けて出発
  • 引越しの荷物が出発したのだが、一つだけ、積めなかったものがある。 車だ。 ドライバーを雇って運転して運んでもらうと、どえらい金額を請求される。 ならどうする。 運転... か。 ということでBoi家シカゴからネバダまで約3500kmの旅始めます。 遠いわっ 途中、いくつかある観光地を通るため、まず北に上がって行くルートに決定。 ネバダから旦那が夜遅くシカゴへ到着。朝から2人で交代しながら運転。 道中の景 [続きを読む]
  • 引越し最終日で
  • 朝8時40分。3人の大物家具は任せろ隊がやってきた。 リーダー、青年と挨拶。一人ひとり名前を覚え、最後の中年男性と自己紹介をしあった。 My name is へスース. 出た!スペイン語の教科書にしょっ中出てくる、へスース! と1人脳内で盛り上がってる間に、先の2人の名前を丸ごと忘れた。 3人はゆったりとしたペースで、しかし確実に作業をしていく。若者は手際よく上手にソファーを巻いていく。 気がついたら、ガレージいっぱ [続きを読む]
  • 引越しの日
  • いよいよ引越し作業の日となった。引越しは2日間の予定。初日は割れモン梱包隊がやってきて翌日に大物家具に毛布かけて、全てのものをトラックに積み込む隊がやって来るという段取りだった。初日やってきた割れモン梱包隊。おばあちゃんと若者というセット。若者は、電子機器担当でものすごいスピードで梱包していく。一方おばぁちゃん。食器棚の前から一歩も動かず皿の梱包のみ。プロの梱包と期待していたのだが、大事なお皿をプ [続きを読む]
  • 箱のクセ
  • 今回のお引越し、お皿とテレビ、パソコンなどの電子機器のみ業者梱包だったため、引越し日の1週間前から、コツコツ箱詰めを開始。いやぁ、箱のサイズが微妙。インチの国にセンチの国のモンを入れようとすると、あ、あと1センチあれば、籠が横並びで入るのに、とか、あとちょっとでこの衣装ケース入るのに〜、とかとにかくサイズ感の気の合わなさこの上ナシさらに、ここダンボールのフタ部分の2箇所がなぜかくっついている。確かに [続きを読む]
  • お知らせ
  • 引越しにバタバタしております少なめの荷物で日本からやって来たのにアメリカ約5年の生活でやっぱり増えてもうてる特に1人でコツコツバスケもんを買い揃えていた旦那が上手にムスコを巻き込んでバスケファンにした結果倍速で急増。室内用ボール屋外用ボール立派なバッシュ履くバッシュ眺めるバッシュ眺める!?極め付けはでっかいバスケットゴール...ワタシの増えたもん言うたら白髪染めと高麗人参とまぁ趣味を充実させようとする男 [続きを読む]
  • 戸惑い
  • 先日、郵便局へ行ってきた。引越しに伴い半年間のメール転送サービスを申し込むためである。窓口でメールフォワーディングサービスを利用したいねんけど、と言うと、おじさんがこう質問してきた。How many last names?訳すと名字 なんこ?名字なんこて、生まれて初めて聞かれたわ。せやし、ビビりますやんか。思わずそのまま同じ言葉を繰りかえして聞き返しましてん。聞くところによると、家族の中で何人かが、大学や仕事で別居す [続きを読む]
  • 安定のオーナー
  • 昨日もお伝えした通り、私たちが引っ越した後に入ってくる新しい住人をいち早く手に入れたいからと、3週間、家を留守にしている間に、我が家のショーイングが行われることとなった。 ワタクシ、家をとことんキレイにし、虫わかんように、ゴミも全部処理してシカゴを発った。 3週間後、我が家に戻り、まったりお茶でも入れよか、とふとキッチンの方へ歩いて行った時のこと。空のハズのゴミ箱に何かが入っている気がして足をとめた [続きを読む]
  • 玄関開けたら
  • 今回、引っ越しが決まったのが5月の末。オーナーに伝えると、次の入居者獲得のために早速動くと連絡がった。 ボイラー破裂ん時は、週末は水風呂で我慢してくれ、とかゆっくり動こうとしてクセに、こない早いコト動けるんやないか、と思っているうちに、不動産屋のリストにのることとなった。 しかし、そのリストに載ったのは、我々が一時帰国をする直前、6月第1週目であった。それはどういうことかと言うと、我々が家にいない間 [続きを読む]
  • シカゴを去ることになりました。
  • そうなんです。 2012年12月、シカゴに引っ越してきてから、4年7か月。今月末でシカゴ生活を終了することとなりました。 このかまってちゃんハウスからも、破壊力抜群のオーナーからも卒業です。 只今、引っ越しの段ボールにまみれながら、孤軍奮闘中。お任せパック?アカンでのカンパニーツルちゃんの一声で、一つずつ、コツコツと箱詰め中。ちきしょう。 で、引っ越し先は、東京?大阪?それとも・・・それでは発表します。 [続きを読む]