moya さん プロフィール

  •  
moyaさん: 高専化学系卒の阪大生
ハンドル名moya さん
ブログタイトル高専化学系卒の阪大生
ブログURLhttp://moyashigen.blog.fc2.com/
サイト紹介文化学系編入。編入に関する情報や大学生活(勉強やサークル活動)について書いていきます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1回 / 365日(平均0.0回/週) - 参加 2013/07/28 01:00

moya さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 留学中
  •  最近は特に編入試験に役立つことが無く、更新出来ませんでした。 お久しぶりです。moyaです。 現在はスイスの大学で留学している最中です。平日は研究を、土日は毎週末観光しています。 実は英語が不安なまま留学しています。BBC Newsはほとんど聞き取れません。実際にアメリカ人やイギリス人の英語は本当に早すぎて聞き取れません。ただ、現在のところは何とかなっています。というのも、これらの国以外からも多くの留学生が [続きを読む]
  • 学会3
  •  学会に参加してきました(また)。本番の前日に行うプレシンポジウムというものでした。 海外の教授の方々を含めた国際学会でした。そんなに英語は聞き取れてません。 スライドのお陰で何を言っているかはわかりました。 ふと思ったのですが、海外(欧米だけでなくアジア含む)の教授陣は、スライドに少しずつ化学式を出していって説明するのが好きなんですかね? 例えばこれとかです。頭良さそうですね。実際とある分野で有名 [続きを読む]
  • ミーティング
  •  僕の研究室では何人かのグループに分かれてミーティングをします。 恐らくどこの大学の研究室でも、月に何度か行うと思います。 今年から僕は留学生と一緒にミーティングをすることになりました。先生に「言語はどうしますか……」と聞いた所、「練習になるし英語でいいんじゃない?」と言われたので、英語になりました。留学生は安心していました。 資料作成や発表、ディスカッションも全て英語でやりました。英語を理解し [続きを読む]
  • 研究室生活 1年目終了
  •  今年度も終わりですね。 高専4年生の方は、人生の大きな岐路に立っているでしょう。5年生の方は、是非大学生活を楽しみにしていて下さい。大学3回生の方は、待ちに待った研究室生活です。全力で研究しましょう。 さて、研究室生活の1年目がようやく終わりました。 学部内で(事実はさておき)1番厳しいとされる研究室に所属したお陰で、様々な経験を経て成長出来たように思います。特に、留学生が多いため、英語に関しては非常 [続きを読む]
  • 学会2
  •  京都で開かれている大きな学会に参加しています。 幸運にも口頭発表の機会に恵まれ、本日は発表を終えてきた所です。 発表時間7分、質疑応答2分という、標準的な時間です。 5個ほど質問が飛びましたが、1つ誤解したまま回答してしまったのが心残りです。先駆的研究をしている、理研の某先生より質問が上がりましたが、間違いなく炎上すると思ったので無難に回避してきました(笑) とはいえ、興味を持って頂けたのは喜ばし [続きを読む]
  • 学会
  •  小さい規模ですが、海外の某大学との共同学会に参加しました。 昼食・夕食付きです。しかも、大学内とはいえ15階のレストランで食事でした。 教授陣の交流を目的としているからでしょうか。大学がお金を使うと違いますね。 学会の内容をここでお話しても仕方が無いので、印象的だった中国のとある大学の教授の最後のAcknoledgementをうろ覚えですが書きます。教授"(研究室からの景色を映して) We can see green forests, goo [続きを読む]
  • 大学での履修内容
  •  学部の履修内容について書こうと思ったのですが、合成化学コース編入生はその時間割の都合上、免除になっている科目がとても多く、僕もその全てを把握していません。そのため、院試の出題範囲を記して履修内容ということにします。 基礎工ではどんな勉強をしているのだろう、と気になる方は、以下に示す範囲を、教科書を片手に照らしあわせてみてはいいのではないかな、と思います。有機化学 (ボルハルトショアーより)全て(糖 [続きを読む]
  • 1周間の休み
  •  現在は院試終了ということで、1週間の休みを頂いています。研究室によって休み期間は異なりますが、僕のところでは10日でした。 夏休みなので当然遊びます(笑) 勉強はやるべき時にしっかりとやるものです。言い訳ではないです(笑) 本当に言い訳ではなく、僕自身、高専で勉強とオンライゲームしかしなかった生活に後悔しているからです。もう、僕が高専時に書いた目標は殆ど達成出来ていそうですね。 わざわざ記事を書こ [続きを読む]
  • 院試終了
  •  大学院入試が終了しました。何とか合格を頂き、来春からは基礎工の院生として過ごすことになります。 さて、現在は触媒系の研究室に所属しています。最近になって研究の大体の流れが分かってきました。特徴的な2点は、「触媒反応のスクリーニング」と「基質合成」です。 まずスクリーニングですが、これは使う触媒を決め、反応の最適条件を探すという作業です。 この作業では、ただひたすら様々な基質を用います。例えばケト [続きを読む]
  • 過去の記事 …