kk and yk さん プロフィール

  •  
kk and ykさん: 投資信託カントリー倶楽部
ハンドル名kk and yk さん
ブログタイトル投資信託カントリー倶楽部
ブログURLhttp://golfbar72.blog62.fc2.com/
サイト紹介文飛んで曲がらない投資信託はあるか!?ファンド開発の現場を知る元銀行員による裏事情半暴露系ブログ
自由文資産運用なんて難しく考える必要ありません。たった3つのことをすればよいだけです。それ以上は些末な趣味の世界といっても過言ではありません。日本人にとって大事なことはたった3つ、なのです。
http://golfbar72.blog62.fc2.com/blog-category-36.html
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供170回 / 365日(平均3.3回/週) - 参加 2013/08/02 00:41

kk and yk さんのブログ記事

  • パターグリップの正しい挿し方
  • エースパターをあらためてTriHOT#1に決めて、愛着持つためにグリップを革のGRIPMASTERに替えて、毎日磨いて育てていたのですが、肝心のパッティング練習でなんか引っかけるなぁ、なんとなく左肘の開き方を気にしながらストロークしているなぁ、と、少し違和感を感じていました。で、忘れていたアレをやってみました。(昔、Bar72の数少ないシングル、がーごさんに教わった方法)目を瞑り、ギュっと強くグリップして持ち上げてみる [続きを読む]
  • 柔らかくてもダメ、硬くてもダメ、グリップ選びは難しい。
  • ピンクシャフトのzoomCのグリップがベトベトだったのでまずはスーパーストロークの新製品を装着してみました。バックラインはありませんが、ステッチのおかげで引っかかりはあります。こういう柄は大嫌いなのですが、しっとり感があって心地よさそうだったので目を瞑りました。実際、柔らかく、ぷにゅぷにゅしてます。吸い付くような感触といえば確かにそうなのですが、いわゆる“あそび”がありすぎて、シビアなフィードバックが [続きを読む]
  • PRGR zoomC3 × BiMATRX ツアープロト(X) ピンク!
  • 倉庫に眠っていた中古シャフトの再利用、5Wに続いてUTもやってみました。ヘッドは往年の名器、PRGRのzoomC #3/19°をヤフオクで落札しました。1500円前回同様、東京大丸のFUSO森さんにお願いしてただでさえ短く切って使っていたドライバーシャフトを軽いヘッドに組むので嫌いだけど仕方なくホーゼル内に鉛を仕込んで調整してもらい、なんとかギリギリ、40インチ弱、総重量350g、バランスD1を実現。森さん、いつも酔狂に付き合って [続きを読む]
  • タイトリストV1とV1xの打球音を比較してみた
  • 今年、2017年版のV1、V1xはさらに進化した!おれはV1、私はV1X、などと決め込まずに、もう一度比べてみてほしい・・とタイトリストが一所懸命宣伝してるのを見たので、じゃあ、ということで両者を打ち比べてみました。もちろん、練習場で試してサヨナラするわけにいかないので、室内でできるパターとアプローチのみ。はい、結果はV1のほうが柔らかくて、V1xのほうがしっかりしてました。今まで通り。どっちが飛ぶか、どっちがスピ [続きを読む]
  • ゴルフ上手くなりたければまずカラダから
  • 2011年4月、マスターズ初出場でローアマを獲得した松山英樹選手。マスターズへの切符を手にした瞬間の初々しい笑顔を含む、当時の写真がこちら。翌年、2度目のマスターズでは3日目までまたもローアマを狙える位置につけながら、最終日まさかの80で54位。これまでのマスターズ戦績を見ると2011年 27位タイ ローアマ2012年 54位タイ2013年 欠場2014年 予選落ち2015年 5位2016年 7位タイ2017年 11位タイ他のメジャーも含め201 [続きを読む]
  • 軟鉄鍛造・研磨の名匠 & 日本最古のゴルフシャフトメーカー
  • 現在、私のウェッジは(アイアンも)軟鉄鍛造モノですが、ただ単に軟鉄ならいい、ミズノなら信頼できる、という域を超え、三浦技研なら神、という域も超え、その三浦技研で研磨職人として腕を鍛えた姫路のマイスター:田淵氏に特注で研磨してもらったAW、SWで、20年に及ぶアプローチの苦手意識から脱しようとしているところです。有名すぎない名匠というポジションがマニアには心地いいのです。シャフトは島田ゴルフのK'sシリーズ [続きを読む]
  • ヤフオク!で中古シャフトを売って古いユーティリティを獲得
  • 倉庫の奥から発掘されたどれも4W、5W用の中途半端な中古バシレウス、こんなのでも欲しい人いるのかなぁと疑問でしたが、ヤフオクで速攻落札されました。危うく倉庫に眠ったまま、完全に旬を過ぎてゴミと化すところでした。さて、その売上でいまちょっと重いと感じているユーティリティを買い替えることにしました。ネットをいろいろ調べて回りましたが、絶対コレ!というのが見当たらず、とりあえずまた懐古趣味でPRGRのzoomCを手 [続きを読む]
  • 松山英樹×石川遼 対談
  • 昨年末のGDOの記事が面白かった。松山英樹と、石川遼。ここ10年の日本ゴルフ界はこの2人抜きには語れない。いま、残念なことに、どう贔屓目に見ても国内ツアーはつまらない。男子も、女子も。選手が育たないのは、フィジカルの差もあるが、日本のコースの甘さにある。自分たちアベレージゴルファーがゴルフ場を訪れてもわかるほど、つまらないコースばかりだ。日本は短い、米国は長い、という距離の問題ではない。それについては記 [続きを読む]
  • 今週のスピースはどっち
  • キャップを脱ぐとオッサン化するJスピース選手。というよりキャップによって若者に変身するスピース。彼の場合、アドレナリンがお肌の調子を整えます。キャリア・グランドスラムがかかる今回の全米プロ、いまのところ首位とは11打差、苦戦中です。距離の長いクエイルホロー(2017全米プロ開催コース)では、ドライバーが得意でないと厳しいかも。今週は左側のスピースですかね。。 [続きを読む]
  • 全米プロ2017 2日目7バーディで松山首位タイ!かも
  • 松山英樹プロが激アツな位置につけています。2017年全米プロ、2日目終わろうかというかという現時点で-8の暫定首位タイ。クリス・ストラウドが追いかけてきていますが、おそらくこのまま首位タイで3日目を迎えるのではないかと。初日、出入りの激しかったゴルフが、2日目は7バーディ・ノーボギーの強いゴルフを見せつけました。期待せずリラックスして回りたいと言っていた松山、同組のエルス(+8)やポールター(+3)がその空気作 [続きを読む]
  • グリップの右手部分を太くするとひっかけにくくなる
  • ゴルフプライドの MCC PLUS4 グリップ、右手部分の下巻きテープを4重にするツアープロの知恵を商品化したものです。右手部分が太いと右手の力をあまり使わずにスイングすることになり、ヒッカケやフックの防止に効果があるといいます。実際、ykがこれを使っているのですが、先日、ロッテ葛西で試しに打たせてもらったところ、たしかにフックしにくい、これは使えるかも、ということで今回・・・そのヘッド特性からどうしてもヒッカ [続きを読む]
  • 昔抜いたドライバーシャフトをチップ&バットカットしてFWに挿す
  • 倉庫の奥から発掘された中古シャフトたち。カチャカチャは嫌いなのでシャフトを集める趣味はありません。抜いた中古シャフトは強度低下を危惧して捨てるか下取りが基本だったのですが捨てる前だったからか、高価すぎてもったいないと思ったからなのか、こんなにたくさん残ってました。Bワトソン・カラーのピンク×バイメトリクスが手元にあったことに喜んでみたものの、9Wの長さにカットされているので、もう使うことはないかもし [続きを読む]
  • マキロイの3W300ydスイング - 右向いたまま打つべし -
  • マキロイのスプーンです。コンスタントに300yd飛ばしてます。相変わらずの化け物ぶり。とんでもなくパワフルで決して真似などできないのですが、せめてボールポジションや、切り返しでの腰の移動幅、フィニッシュに向けての後傾の度合い(引っ張る力を最大限活用しているところ)などなど、ふーん、とか、へー、とか眺めて少しでも学びたいところです。「そうだよなぁ」と、最も感心したのはダウン〜インパクトにかけてのカラダの [続きを読む]
  • 育てるパターグリップ GRIP MASTER
  • パターグリップで好きなのは1.WINNスタンダード2.PINGピストルでしたが、WINNのスタンダードモデルの供給が止まったか止まりそうなので、とりあえずPINGピストルのしかもコード入りを試しているところでした。感触は悪くないのですが、見た目のチープさは不満です。で、今回のパター探しの旅が、成果なく家に帰る結果をなったことを受けてグリップだけ高級感のある革製に挿し替えてみました。定価4800円ですが、半値になってい [続きを読む]
  • オデッセイ トライホット#1でいいや
  • 2017.08.14 change imageさんざん悩んで何も変わらずでは気分が盛り上がらないので、グリップだけ交換しました。記録のためにスペック等書き込んで写真保存。楽天で見つけたGripMasterが通常の半値くらいだったので有難くゲット。最近Amazonには粗悪品も混ざってきている印象、かつ不当に高額なものが混ざってきているのが気になりますね。オデッセイのトライホットは#1〜#3まで3モデル発売されたものの(もう10年以上前だと思いま [続きを読む]
  • 松山だってマレットに変えてブリヂストン招待に勝ったんだもん
  • ヤフオクで落札したT.P.ミルズsofttail、ゴルパで購入のKevinBurns9303LN、現エースのTrihot#1。ヘッドの座り具合といいますか、シャフトの入り方がそれぞれ違います。ミルズはボールを左にセットするタイプで、ヘッドを真ん中に置くように構えるとしっくりきます。シャフトが右に傾いています。ヘッド重量があるので安定感を感じられますが、トゥ側が結構重いせいか引っかけやすいです。ケビンバーンズは写真ではわかりにくいです [続きを読む]
  • 打感と転がりで選ぶなら結局トライホット#1なのか
  • アバイディング以来続いているパター探しの旅ですが、只今、帰港中です。これまで手にしたパターの中では最も信頼しているトライホット#1。パターマットで、ケビン・バーンズと100球勝負してみても、やっぱり慣れているトライホットが勝ってしまいます。なにより打感がいい。とんでもなくいい。高音の混ざり方が心地よくて、突き抜ける芯を感じる尖った硬さと面で受け止める柔らかさの両方を備えていて、転がりもいい。世間では#3 [続きを読む]
  • 親父から息子へ 名器と言えるパターを
  • パットが決まるとこうも興奮するものなんです、よね、そりゃ、賞金も人生もかかってますので。スピースのキスも、タイガーの噛りつく感じも、パターへの信頼と愛情を感じられて、一言でいえば、ほんと、羨ましいです。もともとドライバーが大好きで、ゴルフは遠くへ飛ばすスポーツだと思っていたのですが、アイアンの緊張感がたまらなくなって、ウェッジのスピンが心地よくて、難しいパットを沈めたときのとてつもない優越感に痺れ [続きを読む]
  • スコアを作るのはドライバー、スコアを決めるのはパター。
  • 記事タイトルの屁理屈はともかく、やっぱ、こういう気持ちになれるパターが欲しい。スピースがキャメロン009 Prototypeを長年連れ添うように、自分もパターとの特別な信頼関係を築いてみたい。20年ぶりに再会した一番右のケビン・バーンズ9303LNと一騎打ちでエースパターを決めるべく、対戦相手探しをしていましたが、完全に迷宮入り。いいかも、と思っていたキャメロンはオーソドックスなミドル・クランクネックだし、きっとトゥ [続きを読む]
  • 鳥カゴに籠ってないでレンジへ行こう
  • 昼間、鳥カゴ計測では、415ZRよりも断然飛んでいて、ほかの新ヘッド新シャフトを蹴散らす活躍をみせてくれたR510TPですが、そうはいっても鳥カゴだし、計測数値シミュレーションでどっちが飛ぶかを判断するのは、なんとなくまだキモチワルさが残っていたので、ロッテ葛西で比べてきました。本当に、R510TPの勝ちなのか。至高のドライバー企画は失敗だったのか。↓比較映像です。R510TP、たしかに飛びます。十分すぎるほどです。で [続きを読む]