natchdes さん プロフィール

  •  
natchdesさん: 晴れ、ときどきお城
ハンドル名natchdes さん
ブログタイトル晴れ、ときどきお城
ブログURLhttp://natchdes3.blogspot.jp/
サイト紹介文中世の「土の城」や古戦場・古道めぐりが好きな城ガール隊なっちのつれづれ備忘録です。
自由文平日はビルの谷間、休日は猪や鹿のすむ山の中に生息しています。LOVEなもの→1日の終わりの酒と肴(近ごろ日本酒にハマリ中。信州と甲州のワインも♪)/関東平野(特に武蔵国)/後北条氏/中世の古道と境目の城/城ガール隊
Twitterのユーザーネーム:@natchdes
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供20回 / 365日(平均0.4回/週) - 参加 2013/07/28 23:14

natchdes さんのブログ記事

  • 過去の記事 …
  • 特別展「駿河の戦国大名今川氏」・・・からの花倉城攻め☆
  • 昨年末から年明けにかけて静岡県の駿東地域にある富士・沼津・三島の3つの博物館が開催した「駿東・北伊豆の戦国時代」という共通テーマの合同展示に、後北条好きのワタシもそれっ!と飛んで行ったんですが(→その時の記事はコチラ)、それと時を前後して藤枝市郷土博物館でも「駿河を駆けた武田軍団展」という特別展を開催していました。ところがその時、藤枝の展示はタイミングが合わなくて行けずに涙を飲んだのですが、今度は [続きを読む]
  • 高根城で往時を妄想・・・☆ 青崩峠オフその3
  • 前の記事(「昔の人は健脚だ〜! 青崩峠オフその2」)でついにタクシーを呼んでしまった「青崩峠越え」オフ会一行。タクシーは5〜6km離れた水窪の町から来てくれたのですが、朝に平岡から秋葉街道まで乗せてくれたタクシーの運転手さんと同じくとても親切な話好きで、高根城までの道すがら秋葉街道の旧道がどこを通っているかなど、町の様子についてもいろいろ教えてくれました。そして、一行が何時の電車に乗る行程なのか(飯 [続きを読む]
  • 昔の人は健脚だ〜! 青崩峠オフその2
  • さてさて、前の記事(「武田軍も越えた?青崩峠は遠い・・・☆ 青崩峠オフその1」)でせっせと歩いてきた秋葉街道も、いよいよ「登山道」になってしまったわけですが・・・ここを武田軍は本当に登って行ったんだろうか・・・?そんな疑問もほのかにココロに芽生えつつ、ともかくも一人ずつしか歩けない急な上り坂を登っていきました(>この急坂の上り口で、上から降りてくる100人規模の団体さんに遭遇しました。ちょうどこの日は地元の遠山 [続きを読む]
  • 武田軍も越えた?青崩峠は遠い・・・☆ 青崩峠オフその1
  • 別ブログ「つれづれなるままに・・・natchdesの雑記帳」にも書きましたが、Twitterでつながってる城歩き・古道歩きのおともだちと数人で、「信州側から青崩峠を歩いて越えて遠州・高根城を攻める(?)」秋葉街道歩きのオフ会をすることになったので、埼玉西部から飯田線の旅を経て平岡駅の「ふれあいステーション龍泉閣」に前泊し(→前日の記事はコチラ)、さてオフ会当日。宿の前にお迎えにきてもらった大型のタクシーに乗り込んで [続きを読む]
  • 鴨居の細道は鎌倉古道?!
  • 頼まれて、鴨居というところに引越し手伝いに行きました。せっせと1tトラックに荷物を積み込んで(単身者なので、そんなに荷物は多くない)、引越し先の八景島方面に移動しようと、スマホからグーグルマップで道の検索をいたしまして・・・検索結果に出てきた、鴨居から八景島方面へのルートは2つ。1つは県道13号線を通って三ツ沢ICから首都高に乗り、横浜駅や本牧埠頭の方を通る海側のルート。そしてもう1つはまっすぐ南下し [続きを読む]
  • 下田城の郭は水軍港の防塁?
  • 伊豆の下田公園は、中に後北条氏の下田城(鵜島城)の跡があるので、別名「城山公園」とも呼ばれています。もうひとつのブログ「つれづれなるままに・・・natchdesの雑記帳」にも書きましたが(→ 記事はコチラ)、今回はばあちゃんとの旅行なので、城攻めは封印・・・とは思ったものの、やはり城好き後北条氏好きのワタシとしましてはちょこっとでも見に行きたいな〜☆「現在地」のところに下田海中水族館の駐車場があって、下田城は、 [続きを読む]
  • 今年も浅草でもんじゃ♪ 〜城ガール隊関東支部新年会2017〜
  • 昨年の城ガール隊新年会「@浅草でもんじゃ」が大好評だったので(昨年の新年会の様子はコチラ)、今年も「浅草でもんじゃ」しよう!と関東支部長のさとみんさんと支部長補佐のワタシとで勝手に盛り上がり・・・2人の都合で2月という、もう「新年会」からはほど遠くなった時期の、それも平日に企画してしまったのに、ついぷらで呼びかけたらなんと総勢10人集まってくれました!場所も昨年と同じ浅草の「六文銭 支店」。全員そろった [続きを読む]
  • 「戦国を生き抜いた武将たち」展・・・からの鎌倉古道
  • 埼玉県立嵐山史跡の博物館で、平成28年(2016年)11月1日(火)〜平成29年(2017年)2月19日(日)の間、企画展「戦国を生き抜いた武将たち」を開催しています。天文15年(1546年)の河越合戦から天正18年(1590年)の豊臣秀吉による小田原攻めで戦国大名としての後北条氏が滅亡するまでの時期の、北武蔵で活躍した北条氏一族と国衆たちの動向をとりあげていて、戦国時代・武蔵国・後北条氏が大好きなワタシにとって、めっちゃうれしい [続きを読む]
  • 富士・沼津・三島合同展示会めぐり
  • 年末に、静岡県の駿東地域にある3つの博物館が、「駿東・北伊豆の戦国時代」という、駿東地域の今川・武田・北条のせめぎ合いに興味を持っている後北条好きのワタシには願ってもない共通テーマのもとに、合同展示を行っているという情報をゲットしました。平成8年(1996年)に富士・沼津・三島の3市の博物館で連絡協議会が結成されてから、毎年持ち回りで共同の企画展を開催していたということなんですが、昨年4月に富士市立博 [続きを読む]
  • 2017年の城初めは・・・ 騎西城と種垂城
  • あけましておめでとうございます。このところ、城や古道に行きづらい状況に拍車がかかってきてネタが乏しい・・・上に、生来の筆不精にも拍車がかかってきて、なかなか当ブログも更新がされてませんが(^o^;) 今年ものんびりペースでぼちぼちとやっていきますので、よろしくお願いいたしますm(_ _)mというわけで、今年平成29年(2017年)の城初めは、はからずも埼玉県北東部の小さなお城2つへの「寄り道」☆もうひとつのブログ「雑 [続きを読む]
  • ぐるっとさくっと上田城♪
  • 9月始めに箱根の平安鎌倉古道で掘割道の遺構にきゃほ〜い!となりすぎ、コケて右膝のお皿と右足首を骨折、その余波で右の肋骨にもヒビ入って、ついに右半身ガチンコに固められて1ヵ月半静養を余儀なくされまして・・・なんとかギブスがとれたので、すっかり筋肉が削げ落ちてよろよろする足のリハビリにいそしんでおりましたが、ここへ来てやっと杖なしでさくさく歩けるようになりました!そこに所用で上田に行くことになりまして〜♪ [続きを読む]
  • 城ガール隊関東支部小田原オフ会
  • 城ガール隊関東甲信越支部では、いつも公式?スピンオフで新年会と納涼会を開催しています。いつも開催場所に悩んだあげく、結局は「みんなの集まりやすいところ」で都内の開催になっちゃうのですが、今回はちょっと思いきって大河ドラマ「真田丸」の舞台のひとつにもなった小田原で開催することにしました!で・・・午前中「ぶらなっち」でランチしていた幹事2人(さとみん支部長&なっち)+ばったび隊員の3人は、のんびりしすぎて [続きを読む]
  • ちょこっと小田原「ぶらなっち」♪
  • 城ガール隊関東甲信越支部の公式?スピンオフ納涼会、今年は「真田丸」の舞台にもなった小田原で開催。せっかくなので参加隊員みんなで小田原城をぶらっとしてから、飲み会(懇親会)です。で、集合はお昼過ぎ。真夏だし、熱中症にならないように・・・なんですが、ワタシ的には午前中もったいないな〜☆というわけで、お先に抜け駆け小田原城あるき「ぶらなっち」♪本日の「ぶらなっち」ガイドさんです。小田原なのに、なぜか伊達( [続きを読む]
  • 真田の郷に向って・・・ −信玄棒道歩き(大屋駅〜信綱寺)−
  • 上田から「信玄棒道」をたどって松代・川中島へ抜ける歩き旅(?)2日目。前日の1日目に、先に真田から地蔵峠を越えて松代まで25kmほどの行程を歩いてしまったので、2日目は軽めに参ります。千曲川の渡しあたりから10km程度歩いて、1日目の出発点にほど近い旧真田町の信綱寺まで♪ ☆1日目(真田〜地蔵峠〜海津(松代)城)の様子     →  <前編> <後編>ルートは、上田市観光課が作成したパンフレット「 [続きを読む]
  • 地蔵峠の長塁、そして松代 −信玄棒道歩き(真田〜松代)−<後編>
  • さて、「念願の地蔵峠! −信玄棒道歩き(真田〜松代)ー<前編>」 に引き続き・・・真田側から旧地蔵峠を越えて「峠の見晴らし処」でひと息いれたところで。次の地図の下の方にも手書きで書き入れましたが、この新地蔵峠から西側に500mほど林道を入っていくと、そこに城郭研究家の藤井尚夫先生が「地蔵峠の長城塁壁」と呼んでおられる城跡?があります。この塁壁については、以前からワタシの「城歩きのお師匠様」サイガさんに [続きを読む]
  • 念願の地蔵峠! −信玄棒道歩き(真田〜松代)ー<前編>
  • 棒道(ぼうみち)は、武田信玄が北信濃を攻めるために軍用道路として開発したと伝えられている道です。北杜市郷土資料館のパンフレット「棒道の本」によると、江戸時代に編纂された地誌「甲斐国誌」に「棒道は上・中・下の3本あった」とのこと。そのうち『上の棒道』は穴山(韮崎市)から、天正壬午の乱の舞台にもなった若御子(北杜市須玉町)を通り、小荒間(北杜市長坂町)から八ヶ岳の西麓をほとんどまっすぐに等高線沿いに進 [続きを読む]
  • 東山道武蔵路のなぞ?
  • あまりに気持ちのよい小春日和の土曜日。たまたま1日予定していた用事が急に半日で済むことになって、せっかく時間が空いたし〜♪と、のこのこ出かけることにしました。で、降り立ったのは中央線と武蔵野線がクロスする西国分寺。奈良時代、「東山道武蔵路」という古代の官道が、聖武天皇が建立を命じた国分寺跡の脇を抜けて武蔵国府のあった府中方面に向かって通っていました。その遺構がこの西国分寺駅からほど近くに展示保存さ [続きを読む]
  • 小田原ぶらぶら雨の中・・・
  • 今年(2016年)に入って早々に、NHKの「ブラタモリ」で小田原がテーマの回がありました。特に、全長9kmの巨大な防御ライン「総構え(そうがまえ)」や、戦国時代に城内に水を供給するために作られたという小田原(早川)用水など、お城・戦国好きにはたまらない切り口だったので、Twitterではフォロワーの城ともさんたちが(もちろん自分も笑)「小田原に行きたい!」と大盛り上がり。その結果・・・しゅたり、小田原!  ← 忍 [続きを読む]
  • 所沢の鎌倉街道上道
  • 例によって、まったく別の用事で車を転がしているときに、「お、そうだ。この辺に鎌倉街道(古道)が通っていたっけ。」などと思い出してしまうワタシ。本当はちゃんと計画的に行程を組んで、順番に歩き継いで行くとかしてきちんと踏査したいキモチはあるんですけど・・・どうもついつい先延ばしにしているうちに、虫食い状態に車で通ってしまうという(^o^;)で、この日も妹の家から自宅に帰ろうと、東京は東村山あたりを府中街道と旧 [続きを読む]
  • 鳩ヶ谷あたりの鎌倉街道中道
  • このところ、じいちゃんの容態が思わしくなくて、土日祝日や泊つきの城攻めは自粛状態。で、何かあってもすぐ連絡がとれて動きがつくような、近場&お手軽な城・歴活はないか〜?ということで、目をつけていたいくつかの展示会。行けそうなチャンスが巡ってきたので、さっそくそのうちの1つに飛んでいくことにしました〜!で、しゅたり(←忍者が降り立つときの擬音w) 鳩ヶ谷!お目当ては、埼玉県川口市の川口市文化財センター [続きを読む]
  • 過去の記事 …