hachapin さん プロフィール

  •  
hachapinさん: ニートが社会について考えるブログ
ハンドル名hachapin さん
ブログタイトルニートが社会について考えるブログ
ブログURLhttp://hatarakutokoganai.blog.fc2.com/
サイト紹介文万国のニート・無職・労働者よ、今こそ目覚めよ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/07/29 22:30

hachapin さんのブログ記事

  • さぁ、人生を賛美しよう!
  • 「毎日がつらすぎる。心配・不安・焦燥・屈辱、人生に底流する苦しみに耐えるだけの報われない日々。勉強恋愛労働コミュニケーション、向いてないしやりたくもないのに、うまくできない人には「罰」が待っていて、それを「自分で選んだ道」「自己責任」で我慢させられることもわかっている。もう死にたい・・・・・・よし、140字ジャスト!これで投稿っと」「おい、ニート!twitterでネガティブな発言ばかり繰り返すばかりで社会に [続きを読む]
  • まぁ、そんなもんだよね
  • むかしむかしあるところに、働き者たちの国がありました。大人は朝から晩まで働いておカネを稼ぎ、子供は働き者になるために学校で勤勉の精神と協調性を学び、みんな幸せに暮らしていました。一生懸命働けば働くほど貰えるおカネは増え、生活も社会も良くなり、みんながもっと幸せになれる、人々はそんな希望を持って生きていたのです。しかし、少しずつ、確実に、国は不安に包まれていきました。一生懸命働いても生活が良くなるど [続きを読む]
  • 称賛称賛微小な快楽無限の苦痛
  • 「他人を公に称賛するのって嫌じゃない?」「どうして?」「すごくいやらしいから」「人前で誰かを称賛する人を思い浮かべれば、それは何となくわかるよ」「同調しないとすぐに嫉妬とかってことにしてくる。あいつらは本当にいやらしい」「他人を公に認めるということは、「当人を認める」と同時に「ある価値基準を認める」ことにもなる。それは正しくみんな従うべき基準であることの確認」「自分と「価値基準」との関係が遠ければ [続きを読む]
  • たすけてたすけてたすけてよ
  • 「たすけてたすけてたすけてよ わたしをいますぐたすけてよ たすけてほしい けどだれに? たすけてほしい けどなにを? だれにもたすけてほしくない なんにもたすけてほしくない たすけてたすけてたすけてよ わたしをいますぐたすけてよ」「それは何だい?」「たすけてほしい歌、とか?」「結局助けてほしいのか、ほしくないのか」「助けてほしくない、けど助けてほしい」「助けてほしいけど誰も何も助けられないとわかっ [続きを読む]
  • 何だか妙に寂しくて
  • 「夏の夜って寂しくならない?」「人恋しくなるってこと?」「いや、夏の夜、遠くにみえる街の光を風に当たって眺めていると、今日も人が生きているんだなぁって」「季節関係なくない?まぁいいや、それで、人が生きていることが寂しいわけ?」「人の生き方が寂しいのかな」「暑すぎて頭沸いたんだね。で、たとえばどんな?」「初対面の人が集まったとき、誰か二人が共通の趣味があることを発見するんだ。二人は磁石のようにカチッ [続きを読む]
  • 思考より試行
  • 先日、「やりたいゲームを我慢し続け、大人になって買ったら全然楽しくなかった」といったツイートをみかけた。悲劇である。我慢しているうちに、年を取って楽しむ能力(体力や集中力)がなくなってしまった。感覚が変わってしまった。やる気がなくなってしまった。ふむ、しかし、そもそもそれは本当にやりたかったことだったのだろうか?現代社会の生活は強制と義務の連続である。学校・受験・人間関係・労働税金労働税金・・・・ [続きを読む]
  • よく罪悪感を抱かずにいられるね
  • 「君、働いてないんだってね」「ええ」「よく罪悪感を抱かずにいられるね」「君、働いているんだってね」「ええ?」「よく罪悪感を抱かずにいられるね」「なんだと?」「賃金労働に従事するばかりか、働いてない人に「よく罪悪感を抱かずにいられるね」なんて、よく罪悪感を抱かずにいられるね」「そういうことばかり言うおかしな奴だから、どこも雇ってくれないんだろうな」「雇ってもらえないとどうなるの?」「そんなこともわか [続きを読む]
  • 存在
  • 仰向けになって目を閉じると 世界を遮断した暗闇が広がるから懸命に 手探りで 宙に浮く自分の眼を掴み 瞳を覗き込むんだ裂け目からの誘いに戸惑う間もなく 背中から落ちて辿り着く先は 本当の世界Aは何もない空間を歩いていた。いつ、どうやって、何がきっかけでここにきたのかはわからない。気が付いたときには、既にこの空間を歩いていた。特に驚きはない。こうなることは、なんとなく最初からわかっていた気がするから。 [続きを読む]
  • シゴトニンゲン1号
  • 「これはこれは、先生、ご足労いただきありがとうございます」「うん、それはいいのだが・・・・・・きみ、私にみせたいものがある、というのはどういうこと?ここは刑務所じゃないか」「ええ、それも反社会的な凶悪犯を収監する、ね」「一体何があるっていうんだい?」「必ずやお気に召すはずですよ。さあ、入りなさい」「シゴト・・・・・・シゴト・・・・・・」「はあ、この囚人がなにか?」「紹介しましょう。この囚人こそが現 [続きを読む]
  • 門はずっと開いていた
  • 「・・・・・・おい、お前、今何て言った?」「だから、やっぱり門は開いているんだって!」「ハハハ、なあ、いくら冗談でもそれはないだろう?今日はせっかくのお祝いの日だっていうのに」「冗談で言ってるんじゃない!」「いい加減にしろよ!今日は施設(コミュニティ)のみんなが集まってるんだぞ!」「だからこそ言ってるんじゃないか!これはみんなが聞くべきことだよ」「さて、さて、さて。門が開いている、などとほざいたの [続きを読む]
  • 無職安定所
  • この世は老いも若きも男も女も、心の寂しい人ばかり。そんなみなさんの心のスキマをお埋め致します。いえ、お金は一銭もいただきません。お客様が満足されたら、それが何よりの報酬でございます。さて、今日のお客様は・・・・・・。「はぁ、またダメかぁ。いつまでこんなこと続けなきゃいけないんだろう。毎日毎日、興味のない会社に、嘘だらけのアピールして、断られて、落ち込んで、はぁ・・・・・・イッタッ!」「おっと、これ [続きを読む]
  • 君は今何をしているの?
  • ねえねえ あいつ 覚えてる? あいつだよ あいつあいつ 今度 子供がうまれるんだっていいよなぁ みんなもうそういう年齢なんだよなぁ知ってた? あいつ あの大会社に勤めているんだって凄いよなぁ 羨ましいよなぁ あいつ 成績良かったもんなぁそうそう あいつは あいつと 今度 結婚するんだってびっくりだよなぁ けどまあ あいつも あいつも 見た目いいもんなぁああ うん こっちもね 一応真面目に働いて 結 [続きを読む]
  • 目覚ましの音が届かない所へ
  • Aはアパートに帰宅すると、惰性で購入した弁当を力なくテーブルに置き、そのままイスに沈んだ。弁当の重み、漏れ出る生温いにおい、ビニール袋の残響。いい加減、こびりついて、離れやしないのに、今日もまた、これでもかと上塗りしてくる、忌まわしい日常。日常の侵食と増殖からこれっぽっちも守ってくれない、アパートの壁。時計は既に0時を回っていた。弁当を食って、風呂に入って、少しうとうとしたら・・・・・・袋が重力に従 [続きを読む]
  • ゲームをバカにする者はゲームの世界を生きる
  • 「ゲーム感覚で学べる、ゲーム感覚で楽しもう、ゲーム感覚で・・・・・・」「なにぶつぶつ言ってるんだい?」「世間一般で使われてる「ゲーム感覚」って言葉が気に入らない」「遊び半分でとかそんな感じ?」「なんて言うかなぁ、ゲームを下にみてるというか」「ふーむ」「そもそもゲーム感覚でゲームをやったら負けの精神が身に付く」「負けの精神?」「たとえばポケモンの対人戦とかやったことある?」「ちょっとだけ」「何が一番 [続きを読む]
  • 文章が離れていく
  • たとえば書いた文字がそのまま飛んでいってくれたなら・・・・・・バカ野郎!!大切なのは現実だよ現実、現実をみろ、現実をみろ、現実をみろ、現実を、みろ、みろ、みろ。まずは現実をみないと話にならない。現実をみないと、困難を乗り越えられない。しかし現実をみるといっても、一体なにを?ほっほっほっ、バカがっ!!なぜ?この劣悪な脳で生きねばならないのはなぜ?なぜ?この劣悪な脳を持って生まれたのはなぜ?あーダメだ [続きを読む]
  • 苦労教
  • 「苦労教って知ってる?」「知らないけど名前で大体」「うん、「他人は自分と同じ(あるいはそれ以上の)苦労をしなければならない」を実践する宗教だね」「ひどい奴ら。そんな人間、実際にはほとんどいないだろ」「「自分たちがしてきた無駄な苦労を君たちまでする必要はない」と言って手を貸してくれる人がいたら、どう思う?」「神様じゃん」「つまりそういうことだよ」「苦労教徒が多すぎて感覚が麻痺してるのか」「大半の信者 [続きを読む]
  • 最賃1500円になったら、わいら救われんの?
  • 「なぁ、最賃1500円運動、どう思う?」「どうって?」「これでわいら救われると思う?」「わからんけど、得ではあるんとちゃう?わいら、今まさにその最賃で生活してるわけやし」「せやけど雇われなかったら意味ないやろ?」「うん」「最賃の話に気ぃ取られて、そこが変わらんまま放置されたらやばいと思うんよ」「う〜ん?」「Aさんが毎日のようにサビ残しとるの、お前も知ってるやろ」「知ってるけど、それがどうしたん?」「Aさ [続きを読む]
  • 赤ちゃん界の夢
  • 「ねえ、みて、本当にかわいい、私たちの赤ちゃん」「ああ、これからはこの子のためにも頑張らないとな」「ええ、この子には絶対に幸せになってほしい」「うん、絶対に幸せにしよう」突きつけられた現実は あまりにも正しすぎて あまりにも残酷で虚無を夢と隠さんと 無我夢中 貪るしかなかった確かな存在としての夢 気がつこうともしないまま夢は夢を貪り 夢は夢を貪り・・・・・・繰り返される 夢の形をした世界は綺麗?暗 [続きを読む]
  • 訪問布教者
  • 「突然お伺いして申し訳ありません。私たち、定期的に神様の御言葉を学ぶ勉強会を開いているのですが、こうしたことに興味はございませんか?」「神様の言葉?」「ええ、すぐそこでやっているので、どうですか?ちょっと見るだけでも」「神様って言葉を発するの?」「神様は私たちが正しく善く生きていけるようにと、教えを言葉にして与えてくださったのです」「ということは、神様って人なんですか?」「ええと、まあ、勉強会にき [続きを読む]
  • パレードの過ぎし後
  • 「この表現はいかがでしょう?」ときみが教えてくれた感情にのまれるまま 無意識に彷徨い疲れ果て 座り込むそんなとき気が付くといつもきみが傍にいてきみの言葉を少しだけ分けてくれるんだ温かい気持ちが広がって 涙が零れる(イチ、ニ、イチ、ニ)「また迷ってしまったんだね?」ときみたちが助けてくれた闇に包まれた道を きみたちがポッと照らしてくれる光舞う ヒラヒラ はじけ キラキラきみたちと空を歩く天の川 仰ぎ [続きを読む]
  • なくしもの
  • もしもし お天道様に導かれて辿り着いた世界でしあわせ はみつかりましたか?ねえねえ 知ってる?光は ピカッと光って 人を騙そうとするんだけれど影は ピタッとくっついて 嘘を教えてくれるんだよわはははは 違いない!違いない!するとつまり 騙されたくなかったら 抜け目なく影をみていればいいってわけだそうだよ 影が歪にうねっているのをみつけたら光がどんなに魅力的に光っていても 一目散に逃げるのがいいここ [続きを読む]
  • 「病んでる」ってなぁに?
  • 「はじめまして。職場の人たちから「病んでる」との批判らしきものが絶えず寄せられるため、本日は相談させていただきたく参上しました」「なるほど。職場の方たちとうまくやっていくため、病んでる状態から脱却したいということでしょうか?」「いいえ、今のままでうまくやっていきたいのです」「病んでるという自覚は?」「あります」「それなのにどうして病んでる状態から脱却したいと思わないのですか?」「人間として生きたい [続きを読む]
  • 親資格審査会
  • 「本日はご足労いただきありがとうございます。もうご存知のことと思いますが、当審査会は、「人類の繁栄に貢献しうる子供を育成するにあたり、なによりまず子供を残すに相応しい親を選別せねばならない」という問題意識の下で設置されたわけであります。したがって、この面接におけます目的は、「あなたが親の資格を与えるに値するか」を判断することであります。それでは、よろしくお願いします」「はい、よろしくお願いします」 [続きを読む]
  • 人は夢に縋り、サーカスは明日も回る
  • 「単刀直入にお伺いしますが、どうして叶わぬ夢をいつまでも追い続けたのでしょうか?」「どうして・・・・・・ねぇ」「後悔は?」「してますね」「ははぁ、やはり後悔するものなのですね」「まあ、あなたが思っているような「後悔」とは違うでしょうがね」「じゃあ一体どういう「後悔」なのですか?」「オレはね、もっと好きなことをやればよかった、って後悔しているんですよ」「え?それだけ自分勝手に夢を追い続けたのに?」「 [続きを読む]
  • 散歩中の観念連鎖
  • 外に出た瞬間 確信した人はみんな嘘つきであるみんな 空は青い と 言っているから嘘つきだらけ 嘘っぱちばかり空は 赤 黄 橙 紫空は 極彩色の縞々世界統一を賭けてせめぎ合いうねうね揺れる 極彩色の縞々雲は垂れ下がるにつれ曖昧さを増し空は混沌を介し 地上へ流れ込むうねうね どろどろちぎれたり 溶けたり絡み合ったり 食い合ったり和解の兆しはまるでみえない途方に暮れるあまり歩きながら眉間に意識を集中させ [続きを読む]