hachapin さん プロフィール

  •  
hachapinさん: ニートが社会について考えるブログ
ハンドル名hachapin さん
ブログタイトルニートが社会について考えるブログ
ブログURLhttp://hatarakutokoganai.blog.fc2.com/
サイト紹介文万国のニート・無職・労働者よ、今こそ目覚めよ!
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/07/29 22:30

hachapin さんのブログ記事

  • 目覚ましの音が届かない所へ
  • Aはアパートに帰宅すると、惰性で購入した弁当を力なくテーブルに置き、そのままイスに沈んだ。弁当の重み、漏れ出る生温いにおい、ビニール袋の残響。いい加減、こびりついて、離れやしないのに、今日もまた、これでもかと上塗りしてくる、忌まわしい日常。日常の侵食と増殖からこれっぽっちも守ってくれない、アパートの壁。時計は既に0時を回っていた。弁当を食って、風呂に入って、少しうとうとしたら・・・・・・袋が重力に従 [続きを読む]
  • ゲームをバカにする者はゲームの世界を生きる
  • 「ゲーム感覚で学べる、ゲーム感覚で楽しもう、ゲーム感覚で・・・・・・」「なにぶつぶつ言ってるんだい?」「世間一般で使われてる「ゲーム感覚」って言葉が気に入らない」「遊び半分でとかそんな感じ?」「なんて言うかなぁ、ゲームを下にみてるというか」「ふーむ」「そもそもゲーム感覚でゲームをやったら負けの精神が身に付く」「負けの精神?」「たとえばポケモンの対人戦とかやったことある?」「ちょっとだけ」「何が一番 [続きを読む]
  • 文章が離れていく
  • たとえば書いた文字がそのまま飛んでいってくれたなら・・・・・・バカ野郎!!大切なのは現実だよ現実、現実をみろ、現実をみろ、現実をみろ、現実を、みろ、みろ、みろ。まずは現実をみないと話にならない。現実をみないと、困難を乗り越えられない。しかし現実をみるといっても、一体なにを?ほっほっほっ、バカがっ!!なぜ?この劣悪な脳で生きねばならないのはなぜ?なぜ?この劣悪な脳を持って生まれたのはなぜ?あーダメだ [続きを読む]
  • 苦労教
  • 「苦労教って知ってる?」「知らないけど名前で大体」「うん、「他人は自分と同じ(あるいはそれ以上の)苦労をしなければならない」を実践する宗教だね」「ひどい奴ら。そんな人間、実際にはほとんどいないだろ」「「自分たちがしてきた無駄な苦労を君たちまでする必要はない」と言って手を貸してくれる人がいたら、どう思う?」「神様じゃん」「つまりそういうことだよ」「苦労教徒が多すぎて感覚が麻痺してるのか」「大半の信者 [続きを読む]
  • 最賃1500円になったら、わいら救われんの?
  • 「なぁ、最賃1500円運動、どう思う?」「どうって?」「これでわいら救われると思う?」「わからんけど、得ではあるんとちゃう?わいら、今まさにその最賃で生活してるわけやし」「せやけど雇われなかったら意味ないやろ?」「うん」「最賃の話に気ぃ取られて、そこが変わらんまま放置されたらやばいと思うんよ」「う〜ん?」「Aさんが毎日のようにサビ残しとるの、お前も知ってるやろ」「知ってるけど、それがどうしたん?」「Aさ [続きを読む]
  • 赤ちゃん界の夢
  • 「ねえ、みて、本当にかわいい、私たちの赤ちゃん」「ああ、これからはこの子のためにも頑張らないとな」「ええ、この子には絶対に幸せになってほしい」「うん、絶対に幸せにしよう」突きつけられた現実は あまりにも正しすぎて あまりにも残酷で虚無を夢と隠さんと 無我夢中 貪るしかなかった確かな存在としての夢 気がつこうともしないまま夢は夢を貪り 夢は夢を貪り・・・・・・繰り返される 夢の形をした世界は綺麗?暗 [続きを読む]
  • 訪問布教者
  • 「突然お伺いして申し訳ありません。私たち、定期的に神様の御言葉を学ぶ勉強会を開いているのですが、こうしたことに興味はございませんか?」「神様の言葉?」「ええ、すぐそこでやっているので、どうですか?ちょっと見るだけでも」「神様って言葉を発するの?」「神様は私たちが正しく善く生きていけるようにと、教えを言葉にして与えてくださったのです」「ということは、神様って人なんですか?」「ええと、まあ、勉強会にき [続きを読む]
  • パレードの過ぎし後
  • 「この表現はいかがでしょう?」ときみが教えてくれた感情にのまれるまま 無意識に彷徨い疲れ果て 座り込むそんなとき気が付くといつもきみが傍にいてきみの言葉を少しだけ分けてくれるんだ温かい気持ちが広がって 涙が零れる(イチ、ニ、イチ、ニ)「また迷ってしまったんだね?」ときみたちが助けてくれた闇に包まれた道を きみたちがポッと照らしてくれる光舞う ヒラヒラ はじけ キラキラきみたちと空を歩く天の川 仰ぎ [続きを読む]
  • なくしもの
  • もしもし お天道様に導かれて辿り着いた世界でしあわせ はみつかりましたか?ねえねえ 知ってる?光は ピカッと光って 人を騙そうとするんだけれど影は ピタッとくっついて 嘘を教えてくれるんだよわはははは 違いない!違いない!するとつまり 騙されたくなかったら 抜け目なく影をみていればいいってわけだそうだよ 影が歪にうねっているのをみつけたら光がどんなに魅力的に光っていても 一目散に逃げるのがいいここ [続きを読む]
  • 「病んでる」ってなぁに?
  • 「はじめまして。職場の人たちから「病んでる」との批判らしきものが絶えず寄せられるため、本日は相談させていただきたく参上しました」「なるほど。職場の方たちとうまくやっていくため、病んでる状態から脱却したいということでしょうか?」「いいえ、今のままでうまくやっていきたいのです」「病んでるという自覚は?」「あります」「それなのにどうして病んでる状態から脱却したいと思わないのですか?」「人間として生きたい [続きを読む]
  • 親資格審査会
  • 「本日はご足労いただきありがとうございます。もうご存知のことと思いますが、当審査会は、「人類の繁栄に貢献しうる子供を育成するにあたり、なによりまず子供を残すに相応しい親を選別せねばならない」という問題意識の下で設置されたわけであります。したがって、この面接におけます目的は、「あなたが親の資格を与えるに値するか」を判断することであります。それでは、よろしくお願いします」「はい、よろしくお願いします」 [続きを読む]
  • 人は夢に縋り、サーカスは明日も回る
  • 「単刀直入にお伺いしますが、どうして叶わぬ夢をいつまでも追い続けたのでしょうか?」「どうして・・・・・・ねぇ」「後悔は?」「してますね」「ははぁ、やはり後悔するものなのですね」「まあ、あなたが思っているような「後悔」とは違うでしょうがね」「じゃあ一体どういう「後悔」なのですか?」「オレはね、もっと好きなことをやればよかった、って後悔しているんですよ」「え?それだけ自分勝手に夢を追い続けたのに?」「 [続きを読む]
  • 散歩中の観念連鎖
  • 外に出た瞬間 確信した人はみんな嘘つきであるみんな 空は青い と 言っているから嘘つきだらけ 嘘っぱちばかり空は 赤 黄 橙 紫空は 極彩色の縞々世界統一を賭けてせめぎ合いうねうね揺れる 極彩色の縞々雲は垂れ下がるにつれ曖昧さを増し空は混沌を介し 地上へ流れ込むうねうね どろどろちぎれたり 溶けたり絡み合ったり 食い合ったり和解の兆しはまるでみえない途方に暮れるあまり歩きながら眉間に意識を集中させ [続きを読む]
  • 他人の背景はわからないということ
  • いじめによる自殺といった話を耳にすると、結構な数の人が無意識のうちに犠牲者を責めてしまう。本人が弱かったから、いじめに耐えられなかった。コミュニケーション能力が低かったから、いじめられた。犠牲者に原因を帰属させ、責めるのである。「どうして相談しなかったのか/逃げなかったのか」「大袈裟に考え過ぎだ」などと言う人もいるが、これらもまた「できなかったこと」や「考え方」に焦点を当て、犠牲者を責めている点で [続きを読む]
  • 天国に至る門
  • ある国の若者が、神に尋ねました。「神よ、なぜ私はつらい競争に身を投じねばならないのでしょうか?」すると、どこからともなくたくさんの紙が集まってきて、人型の像を形作りました。人の形になった紙「我は神なり。汝、我が欲しくはないのか?」若者は欲得で充血した目をカッと見開き、地面に何度も頭を打ち付けながら、答えました。「欲しい!あなたが、欲しい!」満足げに頷く神(ただし紙でできている)「ならば、争え!そし [続きを読む]
  • 脱落者の館
  • 館長「お〜い、みんな集まって〜。新しい人を紹介するよ〜」「ここはどこだ!こんな所に来た覚えはないぞ!出せ、出口を教えろ!」館長「ここに出口はないよ。あなたは、わしらと一緒にここで暮らすんだ」「ふざけるな!ここは一体何なんだ!」館長「ここは脱落者の館。言葉の通り、今の社会から脱落した人が辿り着く場所だよ」「オレはまだ負けてねえ!」「ははは、まあまあ、とりあえず名前を教えてくださいよ」「なんだぁ、お前 [続きを読む]
  • 現代社会の重低音
  • いいか お前が生まれたこの現代社会は古今東西の歴史に類例のない高度な文明と秩序を誇る偉大な社会であるしたがってこの偉大な社会の成員としてみんなの足を引っ張らぬよう以下の「常識」を脳の奥底にまで浸透させ意識する必要などない呼吸の如き自明の原理としなければならない他人に必要とされなければならない他人に必要とされない人間はクズだ他人に必要とされない人間はお荷物だ 他人に必要とされない人間は寄生虫だ他人に [続きを読む]
  • 迷子
  • 「あなたのおうちはどこですか?」「わかりません」「そうですか」「ららららら」「あの子のおうちはどこですか?」「わかりません」「そうですか」「るるるるる」「あなたのおうちはどこですか?」「あなたのおうちはどこにもありません」「そうですか」「ららららら」「あの子のおうちはどこですか?」「あの子のおうちはどこにもありません」「そうですか」「るるるるる」「お父さんか、お母さんを、探しましょう」「お父さんも [続きを読む]
  • 夢の国の外国人観光客
  • 「ねえ、どうして働かなくちゃいけないの?」こうした質問をする子供はもういない。人は何かをしたいと思ったときにだけ活動するようになったからである。カネによって強いられる労働は、なくなった。そして労働を知る世代がいなくなると共に、世界からは「労働」や「失業」という概念も消えていった、ある一国の例外を除いて。かつて、人工知能や技術の急速な進歩が始まったとき、その国で活躍する研究者は興奮気味に言った。「つ [続きを読む]
  • ポジティブマンとネガティブマン
  • ポジティブマン「はたらきたくないな」ネガティブマン「おい!いきなりそういうネガティブな発言するなよ!こっちまでネガティブな気分になるだろ!」ポジティブマン「そんなわけないでしょ」ネガティブマン「よぉ〜し!明日からも労働、頑張るぞ〜!」ポジティブマン「きょうせいろうどう、もういややわ〜」ネガティブマン「だからさぁ!というか、これ、名前間違ってるよね!?なんでぼくが「ネガティブマン」なんだよ!」ポジテ [続きを読む]
  • 人間は商品ではありません、労働者です
  • 〜お知らせ〜みなさまご存知のように、当世界における人間とは、賃労働をして生きる存在であります。つまり、みなさまは一生を労働者として送るわけであります。そこで、みなさまの労働者ライフの質を向上させるため、「労働者としての価値」すなわち「労働力」を数値に換算し(※)、名前の代わりとすることが決まりました。とはいえ、みなさまはあくまでも労働者であり、商品ではありません。我々はその点を決して忘れることなく [続きを読む]
  • 狂人ごっこ
  • 「「やりたくない、やりたくないんだ、本当は、全部、やりたくないんだ。毎日の通学、やりたくなかった。学校の勉強、やりたくなかった。集団行動、やりたくなかった。受験、やりたくなかった。大学の課題、やりたくなかった。就活、やりたくなかった。今の仕事も、本当は、やりたくないんだ」」「それなのに、どうしてやるんだい?昔も、今も、これからも」「「わからない・・・・・・けど、やらなくてはいけないんだ」」「やりた [続きを読む]
  • 魚の目
  • 「私の目、どう思う?」「うん」「どう?」「うん」「私、目がかわいいって、よく言われるんだけど」「うん、魚の目」「あ?」「魚の目」「それは、目が大きいってこと?ねえ、それなら、もっと表現の仕方があると思わない?」「目の大きさが平均以上である、という意味じゃない」「じゃあ、どんな意味よ」「そういう形状的な特徴を指して言ったんじゃない」「だからどういう意味なのよ!死んだ魚の目って言いたいわけ?」「逆だな [続きを読む]
  • カネでできたくにのなきごえ
  • 『どこから来てどこへ行くの?』「あ〜あ、また行ってしまいました。いくら待ってもこないので、ちょっとぐらいと思ってトイレにいったら、その間に行ってしまいました。もう何度も、同じ失敗を繰り返しているのです。ちょっとぐらい、と思ったら、そこを狙っていたかのように、行ってしまう。間が悪いと言いますか、ずっとこの調子なのです。不思議なもので、ちょっと目を離した隙に、みんな、サーッといなくなってしまう。どこか [続きを読む]
  • 怪物
  • 「おい!きいているのか!」「・・・・・・」「ふざけるなよ、自分が何人殺したのか、わかっているのか?」「・・・・・・」「なぜこんなことをした!」「なあ、オレたち人間に生まれたってだけで本当はめちゃくちゃ恵まれている」「はあ?」「なんせオレたちがいるのは、食物連鎖の頂点どこにも敵なんていやしないけど、オレたち、その頂点で何してる?」「突然何を言いだすんだ?」「食物連鎖の頂点の頂点自由気ままに、他人を食 [続きを読む]