審判員N さん プロフィール

  •  
審判員Nさん: 野次馬のブログ
ハンドル名審判員N さん
ブログタイトル野次馬のブログ
ブログURLhttps://blogs.yahoo.co.jp/sp469k39
サイト紹介文野球の話を審判目線で書き込みます。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供34回 / 365日(平均0.7回/週) - 参加 2013/07/29 22:44

審判員N さんのブログ記事

  • 東京六大学野球観戦
  • 先日の土曜日に六大学の観戦に行きました。父母会としていったので、応援席に座り、応援が忙しく、肝心の野球がじっくり見れませんでした。そんな中でも1塁塁審のポーズ・リード・リアクトに注目してみていましたが、一瞬で判断しスピード感がありました。プレッシャーボールに対しても完璧な位置に入っており、非常に参考になりました。自分は打球に対しポーズ・リード・リアクトができていません。まず、体をファールラインと平 [続きを読む]
  • 1部の球審での反省点
  • 今日は人間ドックのため仕事を休んでいます。昨日は、支部の1部の決勝の球審をやらせてもらいました。うちの支部は、大人は1部から3部までありますが、私は、1部だけは球審をしたことが無く、初めての球審で、それも決勝戦です。今年は、1部の球審をする事を目標にしていたので、ようやく一人前の審判に近づいた気がします。試合の方は、1回表の先頭の左バッターで、右投手が投げるインコースの直球をボールと判定し、バッテリーが [続きを読む]
  • 審判オタク
  • 今日は、仕事をサボって鎌ヶ谷スタジアムにファイターズ対ライオンズ戦を一人で見にいきました。球審のストライク、ボールのコールが球場内に響きとても心地よかったです。球審の声がよく響くのもファームならではだと思います。審判は3人制です。ランナー無しで打球が打たれた後、3塁塁審のセカンドへの入り方が、ボール、ベース、自分になっていました。私は、セカンドに入る時は、常に内野側に入るので、ボール、ベース、自分を [続きを読む]
  • 「規則 違反の投球」および「 本塁周辺のプレイ 」
  • 今週は、お盆休みの真っただ中ですが、連日の雨で野球の練習もなく、暇な日々を過ごしています。いい機会なので都道府県審判指導員マニュアルに目を通していました。この中で球審の「規則違反の投球および本塁周辺プレイ」が目に留まり、審判講習会などで良く教わる内容ですが自分は頭でわかっているつもりになっていて、講習会などでやってみると、「あれ?どうするんだっけ?」となってしまします。実際の試合でもできるように、 [続きを読む]
  • 勉強会
  • 今日は以前に行われた勉強会の備忘録を載せたいと思います。たいした内容ではありませんが、同じ連盟の方とも共有しておりみんなで審判を楽しめればと思います。1.攻守決めはメンバー表チェック後に行う。2.実際の試合の状況:1アウト満塁6-4-3のダブルプレーで1塁走者が2塁に手を上げてすべりこんだ。この時2塁から1塁への送球が悪送球となった。→試合後の反省会でインターフェアでないかと同じクルーから意見があった。勉 [続きを読む]
  • ベースコーチの妨害?
  • 先日、社会人の試合で球審をしていた時の出来事です。0アウト、ランナーなし、打球は、本塁と1塁の中間よりやや1塁側で、ライン際フェアゾーンに落ちる小フライです。ファーストは捕球を試みましたが、地面近くの低いところでミットを出すも捕球できず(ボールにも触れなかったように見えた。)打球はファールエリアに転がりました。私は、一呼吸おいてファールのジャッジをしようとしたところ、1塁審が先にフェアーのジャッジ [続きを読む]
  • 今日の試合
  • 今日は支部の春季大会決勝1部の3塁審と2部の球審をやらせてもらいました。1部決勝は9回までのため2時間以上の試合となりました。この試合でサインの2度見のボークがありサインの2度見のさよならボークが最近ニュースなっていたせいか、ベンチの中からもボークの声がありました。外野への飛球もトラブルボールになるかどうかの判断が以前より良くなってきた気がします。2部の試合は問題なく無難に試合が進み、投球を打者が [続きを読む]
  • 2塁と1塁に位置した塁審の動き
  • 3人制では2塁に位置した塁審が3塁に入るときファールエリアまで行くようにメカニクスに表現されていません。一方4人制では2塁塁審が3塁のファール側まで行くように表現されているメカニクスの場面もあります。このことを先輩審判に聞いたところ3人制でも3塁のファールエリアまで行くことは、ある。しかしその時は、1塁の塁審の動きを見ることが必須といわれました。たとえば、3人制でランナー1、2塁左中間のヒット3塁 [続きを読む]
  • 3フィートライン内を走っているか?
  • 4月の社会人の試合で球審をしていた時の話です。振り逃げができる場面でワイルドピッチで投球をキャッチャーがそらします。ボールは球審の左後ろ(右打席側)に転がっています。打者は一塁に走りますが一塁手がボールを落としセーフと思われたが、一塁塁審がアウトをコール。打者走者が3フィート内を走っていなかったそうです。本来なら球審の私が見るところですが、キャッチャーがそらしたボールを追っており打者走者の走塁を見 [続きを読む]
  • ピッチャーの交代
  • 先日、私が球審をしていた試合で5回表、1アウト1ボール1ストライクで先発で投げていたピッチャーの交代が監督から告げられました。打者に投球している途中で交代していいのか?ルールに自信がなかったので調べてみました。 5.10i「すでに試合に出場している投手がイニングの初めにファールラインを越えてしまえば、その投手は第1打者がアウトになるかあるいは一塁に達するまで、投球する義務がある。(必携P42(28)「ファ [続きを読む]
  • 審判の所作
  • 土曜日は連盟の試合を見に行きました。球審は、全軟の指導員の方です。コールの間が慌てる事なくとても良かったです。特にフェア、ファールは、コールを出し急いでおらず、余裕がある所作に見えました。発声や動作はすべてキビキビと、が基本なんでしょうが、私は、動きはキビキビと、発声は多少緩い所もあるそんなスタイルが目標です。ブログ村 野球審判ブログ↓https://baseball.blogmura.com/baseball_referee/ [続きを読む]
  • 大きなキャッチャー
  • 先週の日曜日は今シーズン最初の社会人野球の審判でした。私は、3塁審と球審をやらせてもらいました。球審では、今までになく苦労する試合となりました。それはキャッチャーが背が高く、かつ横幅も大きいのです。要は、とてもでかいキャッチャーなんです。さらに、ホームベースに若干近い位置で投球を捕球するのでベースが見えないのです。また、バッターのインコースに構えられるとバッターとキャッチャーの隙間がなく、ピッチャ [続きを読む]
  • 打撃妨害のそのあと
  • 先日の日曜日は学童の球審をさせていただきました。そこで打者が振ったバットにミットが当たり、打者は空振りしました。打撃妨害です。3塁にランナーがいましたが、打撃妨害が起こったときに、塁間の半分以上ホーム側に来ていましたので、エンドランでランナーがスタートを切っていたと判断し打者を1塁に3塁ランナーをホームインさせました。が、あとになって、こんなところでエンドランなんてするかな?もしかして、ランナーは [続きを読む]
  • 打撃妨害のそのあと
  • 先日の日曜日は学童の球審をさせていただきました。そこで打者が振ったバットにミットが当たり、打者は空振りしました。打撃妨害です。3塁にランナーがいましたが、打撃妨害が起こったときに、塁間の半分以上ホーム側に来ていましたので、エンドランでランナーがスタートを切っていたと判断し打者を1塁に3塁ランナーをホームインさせました。が、あとになって、こんなところでエンドランなんてするかな?もしかして、ランナーは [続きを読む]
  • 大失態
  • 今日は学童の練習試合で、お互いのチームから審判を出し合い、相手チームから球審、2塁審、いずれも審判帽子をかぶった方です。私たちのチームからは、1塁、3塁の審判を出し、私は1塁審判をさせてもらいました。先日の講習会の内容を実践すべく、3塁の方と外野フライは積極的にGo Outすることを申し合わせました。0アウトランナーなしセンターフライで1塁審の私はピボットしてました。先日の講習会が活かせてません。やは [続きを読む]
  • 大失態
  • 今日は学童の練習試合で、お互いのチームから審判を出し合い、相手チームから球審、2塁審、いずれも審判帽子をかぶった方です。私たちのチームからは、1塁、3塁の審判を出し、私は1塁審判をさせてもらいました。先日の講習会の内容を実践すべく、3塁の方と外野フライは積極的にGo Outすることを申し合わせました。0アウトランナーなしセンターフライで1塁審の私はピボットしてました。先日の講習会が活かせてません。やは [続きを読む]
  • 3/6の試合
  • 日曜日に学童の練習試合の球審をやりました。今シーズン初めて納得のいく投球判定ができました。と、いうのも、両チームのピッチャー共に山なりの球が少なくストレートが多くとても判定しやすく、両ピッチャーともにナイスピッチの内容でした。試合の方は、1回表に1点と7回裏に1点で1対1の引分けでした。7回裏終了まで1.5時間掛からずテンポよくこの点も良かったと思います。試合中は常にスピードアップを心掛けています。 [続きを読む]
  • 3/6の試合
  • 日曜日に学童の練習試合の球審をやりました。今シーズン初めて納得のいく投球判定ができました。と、いうのも、両チームのピッチャー共に山なりの球が少なくストレートが多くとても判定しやすく、両ピッチャーともにナイスピッチの内容でした。試合の方は、1回表に1点と7回裏に1点で1対1の引分けでした。7回裏終了まで1.5時間掛からずテンポよくこの点も良かったと思います。試合中は常にスピードアップを心掛けています。 [続きを読む]
  • 審判講習会2
  • 日曜日は某連盟の審判講習会に参加しました。参加しましたと言っても今回は講師役です。参加するのは各チームのコーチで公式戦のチーム塁審をされる方々約70名が参加しました。私は、今までに三つの団体の講習会を受けてきましたが、その内容をこちらの連盟にも伝いたい気持ちがあり講師をさせていただきました。というのも、私はこちらの連盟で審判をはじめましたので恩返しの意味もあって講師をさせていただきました。 私 [続きを読む]
  • 審判講習会2
  • 日曜日は某連盟の審判講習会に参加しました。参加しましたと言っても今回は講師役です。参加するのは各チームのコーチで公式戦のチーム塁審をされる方々約70名が参加しました。私は、今までに三つの団体の講習会を受けてきましたが、その内容をこちらの連盟にも伝いたい気持ちがあり講師をさせていただきました。というのも、私はこちらの連盟で審判をはじめましたので恩返しの意味もあって講師をさせていただきました。 私 [続きを読む]
  • 講習会
  • 先週の土曜は審判講習会に参加しました。講習の最初に球審のスロットポジションの重要性を実際の統計からスロットポジションが安全であることを説明いただきました。球審のセットポジションの時、バッターから遠ざかると顔にボールを受けるリスクが増すというものです。このことは、審判員の安全にもかかわるのでほかの人にも教えてあげたいと思います。 [続きを読む]
  • 講習会
  • 先週の土曜は審判講習会に参加しました。講習の最初に球審のスロットポジションの重要性を実際の統計からスロットポジションが安全であることを説明いただきました。球審のセットポジションの時、バッターから遠ざかると顔にボールを受けるリスクが増すというものです。このことは、審判員の安全にもかかわるのでほかの人にも教えてあげたいと思います。 [続きを読む]
  • 試合数
  • 2017年もスタートしました。今年も2月から3月にかけて、審判講習会が3回予定されています。基本をしっかり確認したいと思います。話は変わりますが、2016年の試合数をまとめてみました。やはり球審が一番多いですね。     1塁審  3塁審  球審  合計社会人  9     14    14  37中学生  2     3     1   6小学生  2     0    12   [続きを読む]
  • 試合数
  • 2017年もスタートしました。今年も2月から3月にかけて、審判講習会が3回予定されています。基本をしっかり確認したいと思います。話は変わりますが、2016年の試合数をまとめてみました。やはり球審が一番多いですね。     1塁審  3塁審  球審  合計社会人  9     14    14  37中学生  2     3     1   6小学生  2     0    12   [続きを読む]
  • 負傷しました。
  • 11月末に3部決勝戦の球審をやらせていただきました。社会人の審判をやるようになって、決勝の塁審は何度かやらせてもらいましたが、決勝の球審は初めてです。球審は、まずまずの内容でしたが、終盤、2アウト2、3塁で4番バッターの時にアウトローのボールを見逃し三振、バッターは不満そうでしたが、私はギリギリストライクとジャッジしましたが、バッターに不満を言われあとから振り返ると、ボールだったかなーと自分のジャ [続きを読む]