はるちゃん さん プロフィール

  •  
はるちゃんさん: まうんてんぼーい
ハンドル名はるちゃん さん
ブログタイトルまうんてんぼーい
ブログURLhttp://mountainboy0806.blog.fc2.com/
サイト紹介文山、キャンプ、ガーデニング、日本酒、飲み屋等々のふらふら日記
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供353回 / 365日(平均6.8回/週) - 参加 2013/07/29 23:35

はるちゃん さんのブログ記事

  • 「はるちゃんの野菜づくり 春じゃがいも」昨年は暖冬であったので3月下旬には土づくりと肥料(鶏糞、牛糞)は適当という農業をなめているとしか思えない状況で、春ジャガイモを植えました。一昨年の「インカの目覚め」で失敗、昨年の「キタアカリ」でも早すぎた植え付けで霜にあたり、再び失敗。今年は三度目の失敗をするわけにいかないので土づくりから気合を入れ、自分で作った草木灰を肥料として春ジャガイモを作ります。品種 [続きを読む]
  • 2017.4.10「豪雪の地にも可憐なカタクリの花が咲きました」
  • 「豪雪の地にも可憐なカタクリの花が咲きました」一日の終わりの野沢温泉通い。最近は外湯のなかでも湯船は小さいものの比較的すいている「上寺の湯」に行くことが増えました。野沢温泉スキー場も標高の低いところでは地面が出るようになりました。本日も観光客のおじさんが熱くてとても入れないとぼやいているなか、地元の人ととても熱い湯を堪能。その帰り道。カタクリがこの時期に群生している場所に立ち寄りました。例年通りに [続きを読む]
  • 2017.4.20「東京に帰る道すがら満開の桜に感激」
  • 「東京に帰る道すがら満開の桜に感激」毎週の長野県飯山市と東京の大泉学園との500キロの往復の道すがら、この時期の楽しみは満開の桜。往復で見つけた桜をご紹介。4月20日の帰京時のものです。日本は広い。本居宣長の桜の歌を思い出し、日本にいる幸せをかみしめます。「敷島の 大和心を人と問はば 朝日に匂う 桜花かな」長野県飯山市の桜の名所  飯山城址。本丸、三の丸はまだ3分咲き。城址入口あたりの桜は満開。長 [続きを読む]
  • 2017.4.20「豪雪の地 飯山城の桜はまだ五分咲き」
  • 「豪雪の地 飯山城の桜はまだ五分咲き」信州のテレビニュースで飯山城の桜祭りがはじまったとのことで、早速、飯山市内中心地にある飯山城に行ってみました。飯山城の入り口の桜は満開になり美しく咲いています。「これは遂に春爛漫」と思って、二の丸、三の丸と上へ上へ。高くなるほどつぼみの数が増えます。本丸は三分咲き。来週末が春爛漫の桜満開かな。まだ、朝晩10℃以下では厳しいなあ。もっとも、当家も飯山市ですが中心 [続きを読む]
  • 2017.4.6「豪雪の飯山にも春の息吹」
  • 「豪雪の飯山にも春の息吹」豪雪の飯山も暖かい日が続くようになり、雪融けが進みます。飯山市内はすでに雪が消えています。しかし、我が家のある場所は中心街から25キロも離れており、まだまだ、雪が多く残ります。それでも、そここに、春の息吹を感じるようになりました。前庭の花壇では雪融けも早く、土筆が顔を出していました。晩秋に植えたチューリップも葉を立ち上げます。ヒース。別名エリカ。耐寒性があり、3メートルの [続きを読む]
  • 2017.3.29「豪雪地帯の春先のお伝馬 水路の落ち葉除去」
  • 「豪雪地帯の春先のお伝馬 水路の落ち葉除去」豪雪地帯の流雪溝は除雪の生命線。流雪溝の流れが止まったり、水量が減ったり、埋まれば、除雪した雪の廃棄ができなくなります。したがって、流雪溝の水量が確保されるように川からの水の取入れ口が落ち葉などでつまらないように定期的に点検します。この作業で、大きな事故も過去に起こっているために、3人1組で点検を実施します。特に、春先のこの時期が最も危険な作業です。急な [続きを読む]
  • 2017.3.24「有楽町ガード下のドイツ料理 ジェーエス・レネップ」
  • 「有楽町ガード下のドイツ料理 ジェーエス・レネップ」3月は会社の異動の季節。私が会社の業務運営の旗振り役をやっていた当時から毎日よく飲んだ悪友が本社から山口県の支社に異動というので送別会。有楽町で待ち合わせして昔よく行ったドイツレストランへ「ジェーエスレネップ 」に。昔は店内でドイツ民謡の演奏もあり、お客全員で踊ったり歌ったりと楽しい店でした。2軒のドイツレストランが10メートルの距離であるうちの [続きを読む]
  • 2017.3.30「春を感じに鍋倉高原から千曲川を走る②」
  • 「春を感じに鍋倉高原から千曲川を走る②」3月も押し迫った日。抜けるような青空に誘われて、春を見つけに千曲川沿いからなべくら高原に登り、なべくら高原を走り、再び、千曲川沿いに戻る全長18キロ、標高差225mのコース。途中にある飯山湯滝温泉で汗を流す最高のサイクリングです。多くの春を見つけました。最後に、集落内でたくさんの福寿草に出会いました。拙ブログ「春を感じに鍋倉高原から千曲川を走る」の続きです。 [続きを読む]
  • 2017.3.30「春を感じになべくら高原から千曲川を走る」
  • 「春を感じに鍋倉高原から千曲川を走る」3月も押し迫った日。抜けるような青空に誘われて、春を見つけに千曲川沿いからなべくら高原に登り、再び、千曲川沿いに戻る全長18キロ、標高差225mのコースをサイクリング。途中にある飯山湯滝温泉で汗を流します。多くの春を見つけました。特に、我が集落内でたくさんの福寿草に出会い、最高。千曲川沿いに栄村方面に走る。田圃の雪がすべて融けてしまった田圃もありました。どうし [続きを読む]
  • 2017.3.24「有楽町のガード下 昼から一杯 日の丸」
  • 「有楽町のガード下 昼から一杯 日の丸」田舎暮らしをしていると昔の仲間とは疎遠になるが、毎週介護のために東京に帰ってきているおかげであまり疎遠にならずに済むのはありがたい。本日もかつての会社の仲間が夜勤開けにもかかわらず、飲む約束となり、ひょこひょこと有楽町に出かけた。午後3時ということもあり、さすがの有楽町駅前のガード下の飲み屋もやっていない。そこで、東京駅と有楽町の間のガード下に移動すると煌煌 [続きを読む]
  • 2017.3.23「三鷹の森ジブリ美術館に行ってみた」
  • 「三鷹の森ジブリ美術館に行ってみた」私が生まれ育った三鷹の地にある「三鷹の森ジブリ美術館」に久々に行ってみた。別にジブリが好きというわけではないのですがドイツからきた孫のためです。事前に予約を取りましたが予約を取るのも結構大変でした。ジブリ人気を実感しました。予約時間に行くと既に入場のための長い列ができています。館内にはジブリ作品の絵コンテやキャラクターを使った展示、アニメーションの原理を解りやす [続きを読む]
  • 2017.3.22「春の陽光を浴びて野川沿いを走る 帰路」
  • 「春の陽光を浴びて野川沿いを走る 帰路」「春の陽光を浴びて野川沿いを走る 往路」に続く、帰路編。真ん中あたりの赤字の部分から「帰路」編です。久々に都立武蔵野公園の駐車場に車を停めて、公園内を流れる野川沿いのランニングロードを小金井方面に走りました。北風が強い日でしたが素晴らしい青空で暖かい陽光が降り注ぎます。走り出すと冷たい風も暖かく感じます。気持ちよく走りました。往復5K程度。ランニングロードに [続きを読む]
  • 2017.3.22「春の陽光を浴びて野川沿いを走る」
  • 「春の陽光を浴びて野川沿いを走る」久々に都立武蔵野公園の駐車場に車を停めて、公園内を流れる野川沿いのランニングロードを小金井方面にはしりました。北風が強い日でしたが素晴らしい青空で暖かい陽光が降り注ぎます。◎都立武蔵野公園東京都小金井市前原町二丁目、東町五丁目、中町一丁目、府中市多磨町二・三丁目● 交通JR「武蔵小金井」南口から京王バス 調布行き「武蔵野公園」下車すぐ多磨霊園または多磨町行き「多磨町 [続きを読む]
  • 2017.3.24「西日暮里の老舗居酒屋 喜多八 西日暮里支店」
  • 「西日暮里の老舗居酒屋 喜多八 西日暮里支店」会社は移動の時期。同期の悪友と3人で久々に飲みました。人生も60歳ともなると新たなる道の分岐。私のように、新たなる環境に身を置いて地域活性化や新規事業を模索する者もいれば、悠々自適のスローライフを過ごすもの、また、今回の激励会の当事者のように65歳まで会社に身を置こうとするものなどいろいろ。会社に身を置くことは結構大変。給与はそれなりにもらえるのでよい [続きを読む]
  • 2017.3.13「駅そばシリーズ 大宮中心に展開 中山道」
  • 「駅そばシリーズ 大宮中心に展開 中山道」久々に新幹線で長野に行きます。朝早いので朝食は駅そばです。大宮駅内のコンコースDIA側にある「中山道」に入りました。大宮中心にかなりの駅そば店舗を展開ししている店です。かき揚げを店内で揚げているので入ってみました。かき揚げ蕎麦を注文。400円。かけ汁はうまみが足りないように思います。ややすっぱい。みりんか料理酒を入れたほうがいいかな。かき揚げも自家製で揚げ [続きを読む]
  • 2017.2.10「長く続く鳥貴族の飲み会で盛り上がる」
  • 「長く続く鳥貴族の飲み会で盛り上がる」会社現役時代から気が合う愉快な仲間4人で、長く続いている飲み会。2人が定年でプータロウ生活。1人が定年後も会社に残りご奉公、現役バリバリは1名というメンバーてす。4か月に1回、何故か、「鳥貴族」に集います。もちろん、コスパが良いということもあります。会社時代は職場が丸の内ということもあり、有楽町店で開催していましたが、4人のうち2人が会社をリタイアしてからは日 [続きを読む]
  • 2017.3.17「地元で評判の洋菓子店 パティスリー・ヒラノ」
  • 「地元で評判の洋菓子店 パティスリー・ヒラノ」長野県飯山市にはスィーツの店が多く、スィーツマップがあるくらいです。特に、冬には「バナナボート」というお菓子を全店が作って、美味しさを競っています。その中でも、ダントツの評判の店が「パティスリー・ヒラノ」。いつ行ってもお客で混んでいます。カフェも併設されていて、その場でケーキを楽しむこともできます。同じ通りにある田中屋酒造店の飯山の地酒『水尾』を使った [続きを読む]
  • 2017.3.16「ドイツの孫を連れて上越市立水族博物館」
  • 「ドイツの孫を連れて上越市立水族博物館」ドイツに嫁いだ娘が初孫を連れて来日。2歳の孫には初めて会います。孫を連れて、峠を越えて飯山市から上越市に。上越市の日本海沿いにある上越市立水族博物館に連れて行きます。ここは水族博物館と名前がついているように約400種10,000点の魚類展示とともに、魚類中心の博物的な展示もあります。当日は鳥インフルエンザ予防のために屋外展示されていませんでしたが「ペンギンランド」は [続きを読む]
  • 2017.3.14「軽井沢アウトレットで美味しいイタリアンレストラン 」
  • 「軽井沢アウトレットで美味しいイタリアンレストラン 」久々に軽井沢のアウトレットに寄りました。平日の天気も今にも雪が降り出しそうな寒い一日。アウトレットはいつもの賑わいもなく、空いています。私としてはゆっくりと買い物ができるので願ったりかなったりですが。昼食には前日に開店したばかりのイタリアンレストラン「ニューイースト[NE04]区画に、自家製生麺専門 プレミアム ポタパスタ カフェ リゾートがオープンいた [続きを読む]
  • 2017.3.19「東京で気軽に博多うどんをたべるなら よかよか」
  • 「東京で気軽に博多うどんをたべるなら よかよか」東京の有楽町の交通会館には全国の郷土名物のアンテナショップがたくさんあります。同様に全国のうまいものが食べれる場所も多い。たまたま、有楽町に出た日に腰のないふにゃふにゃの博多うどんを食べるために「よかよか」に行きました。立ち食いも、座って食べることもできるお店です。しかし、九州など関西以西ではなんでこんなふにゃふにゃなうどんになったのだろう。うどん県 [続きを読む]
  • 「長野駅で新幹線待つ間に一杯 発酵バー 醸」東京に帰京していた間に、どうしても長野に行かなければならない事情が発生し、新幹線で日帰りの旅。一日がかりで仕事を終えて、長野駅で帰りの新幹線を待つ間に、「発酵バー 醸」で一杯。利き酒のセットを注文。純米酒セット550円に、ひたし豆のつまみが付きます。コスパよく、すっかりいい気持ちとなりました。時間があるようでしたらたちよられることをお勧めします。場所は長 [続きを読む]
  • 2017.1.29「国道17号沿いのうどん街道 すえひろ食堂でひやり」
  • 「国道17号沿いのうどん街道 すえひろ食堂でひやり」国道17号も月夜野ICを過ぎるといよいよ三国峠への山道となる。その間には「うどん」の幟がたくさん立つうどん街道。群馬県みなかみ町はうどんが名物。毎週、新潟まわりで移住先の飯山に帰るときに通る道。喜多川歌麿の役者絵の看板で前からいつも混んでいる店「すえひろ」に車を止めて昼食休憩。駐車場は満杯、仕方なく、積雪のある空きスペースに停めました。降りてみて肝 [続きを読む]
  • 2017.3.4「斑尾高原 希望湖 スノーシュートレッキング 毛無山②」
  • 「斑尾高原 希望湖 スノーシュートレッキング 毛無山②」2月末から雪の日よりも雨の日が増え、晴れる日も多くなりました。3月に入って初めての土曜日は朝日が家に差し込む快晴。早速、斑尾高原にスキーに行くか、スノーシューで山歩きか悩んだ末に、雪質が期待できるスノーシューで山歩きを選択。結氷した希望湖を横切り毛無山に向かいます。毛無山登山口の道標や小屋は積雪の中に埋もれていました。拙ブログ「斑尾高原 希望 [続きを読む]
  • 2017.3.5「串田和美演出 K.テンペストを観る」
  • 「串田和美演出 K.テンペストを観る」3月になって天気が安定した初めての日曜日。飯山市の誇る建物「なちゅら」で串田和美演出のシェークスピア原作テンペストを下敷きにした演劇「K.テンペスト」が上演されたので観劇しました。地方のこの手の箱物は作るのが目的になり、ソフトは置いてきぼりになりがちですが飯山市は市民に上質な文化を提供しようと頑張っています。大変わかりやすいストーリ展開と斬新な演出で2時間ちょ [続きを読む]