伊勢志摩が好き さん プロフィール

  •  
伊勢志摩が好きさん: 伊勢志摩の風景写真(アラカルト)
ハンドル名伊勢志摩が好き さん
ブログタイトル伊勢志摩の風景写真(アラカルト)
ブログURLhttp://blogs.yahoo.co.jp/isesimagasuki
サイト紹介文伊勢志摩の四季折々の 祭事 景色風景です
自由文伊勢志摩の旅行を前に 旅の思い出に 居ながらにして お楽しみください
また 伊勢志摩を離れられた人は 故郷の今をお楽しみいただく ブログです
 
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供363回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/07/30 16:07

伊勢志摩が好き さんのブログ記事

  • 立神・慕情が丘の夕景
  • 慕情が丘の今は 山並みに夕陽が沈む時期ですここには 春浅い桜の花が咲くころ真珠を求めに来ていた婚約の男女が遠くに咲く(この慕情が丘)春霞の桜を見岸に繋いである小舟に 男性だけが乗り漕ぎ出したが 春の天候は変わりやすく舟は転覆 男性は 帰らぬ人となったお話です 陽は?いが 夕焼けの色調が帯びてきた 雲間から 光を伸ばす夕陽 &n [続きを読む]
  • 雨のち晴れの夕方の登茂山
  • 登茂山は 360度見渡せる丘天気も いろいろあって 面白い 登茂山は 360度見渡せる丘 天気も いろいろあって 面白い 対岸の陸から 水蒸気が雲になり 陽の照明で クローズアップされる 天使の梯子が 無数に降ろされた 北の空は さわやかそうな状況です [続きを読む]
  • 浜島に沖縄桜(寒緋桜)咲く
  • 小学校への通学路400m余りには沖縄桜が満開で 明るい紅色に輝いている   春空に咲く 華やかな沖縄桜   通学路は 花でピンクの道路   メジロは 花蜜を漁る 車や人は近づくと   素早く離散 すばしこささを感じる     浜島の沖縄桜は 木は若く 花付が良い   桜は 釣鐘型の房咲きで    紅色で背景が ぼける   温室育ちの 大きなデコポン   デコポン デコタンは 美味しいね  [続きを読む]
  • 海女漁が始まるに当たり 石経おらし(志摩市・志島)
  • 志島では海女 海士が 海へ石経を沈め 身の危険回避や 豊漁を願う   志島では海女 海士が 海へ石経を沈め    身の危険回避や 豊漁を願う   浜に 祭壇を誂え 磯手ぬぐい 腰ひも   帽子など 身の回り品を置き 住職は   般若心経を唱える   海に向かって 呪文を唱える住職   海女 海士は 真剣です   続いて 各自が順次祈る   石経を  海の彼方へ届けとばかり   力強く投げる 海女  [続きを読む]
  • 鳥羽相差の石神社 それは 神明神社の境内社です 
  • 女性の願いを 1つだけ必ず叶えてくれる石神さん全国各地から 女性や著名の方が お参りに訪れます本神社より 境内社の方が メジャーです    3年前の12月 神社建て替えの遷宮が行われ     新しい神明神社   石神さんは お参り客で 賑わっています   女性の願いを1つ必ず叶えてくれるとならばね〜   神社境内に 仏像が   古老からの言い伝えによれば 500年ほど前   海岸近くに 朝福寺があ [続きを読む]
  • 印象的な登茂山の夕陽 (志摩大王町船越) 
  • 風はあるが 天候が良いので 登茂山へ 車をはしらせた最初の様相は 期待通りで無かったが時間が進むにつれて 淡い素晴らしい景色となった 夕陽は 水蒸気で 周辺を淡い色で包み 印象的な景色となった 陽の高い頃の 英虞湾 空に輝く太陽は 眩しく 海を照らす 陽が傾いてくると 次第に 夕焼け [続きを読む]
  • 船越・三島山の朝 (志摩市大王町)
  • 水平線あたりから オレンジ色に染まり大空が焼ける やがて 雲はあるものの美しい朝陽が昇った   東空がオレンジ色に焼け   三島山の左側に朝陽の 息遣いを感じる   雲の中に 現われた朝陽 雲さえなければ   達磨朝陽なのだが   朝陽の上がる前を通過した貨物船   朝の海 朝陽の光が 海に映える   三島山と朝陽 静かな海 明るく輝く朝陽   春の朝です   フロートの浮かぶ海 美しい景色に   [続きを読む]
  • 三ケ所・大日如来祭と 雨の我が家の庭花
  • 大日如来祭は 集落から離れたお堂に納まる大日如来像が 年に1度 海を渡って 栖雲寺(せいうんじ)へお越しになり集落あげての 一大行事小雨にけむる 我が家の 桜ほか 村はずれの お堂へ 大日さんを迎えに上がった 集落の関係者 小さなお堂は 格天井で 美しい絵が描かれている [続きを読む]
  • 一色能 (伊勢市)
  • 500年の伝統を誇る一色能が神社例祭で 奉納された 翁舞は 神楽(シンガク) 翁 三番叟です 能楽の開始に当たり舞う神楽は 鳥兜をつけ 右手に枹(ばち)左手に鈴を提げ 舞台の四方拝 四方堅の神事です 翁舞は 優雅な舞 天下泰平と五穀豊穣を願う 翁舞・三番叟  狂言方が演じる動きの速い舞 揉(モミ)ノ段は直面(ひ [続きを読む]
  • 幸神社(さいのかみ)例祭と 宮リバー度会パークの河津桜
  • 幸神社は 玉城町 当初 集落の護り神サエ(境塞)の神だった疫病を締め出し 幸せや子授け 安産 厄除け祈願などの神です帰りは 近くの宮リバー度会パークに寄ると 河津桜が 目を見張るばかりに咲いていた   社殿前には 左右 真っ直ぐに伸びた   杉の木があり 神社の門柱のようです   祀り神は 猿田彦大神です    幸神社の境内社 瘧(おこり)と目の神   瘧は 子供の引付け 癇虫(かんむし)寝小便  [続きを読む]
  • 志摩の朝
  • 天気が良くて 出かけたが 朝陽が現われない朝もある しかし 良い朝景色の移ろいが見られた 未明の空は 焼け出し  ご来光が観られそうな 空模様   薄明の英虞湾風景と   鵜方の街並み越しに見える    東の空と海   陽は昇り 一寸だけ現われたのは   日の出時刻をかなり過ぎていた   やがて朝陽は 雲の上から 顔を出す   朝陽が昇ると 消えかかる [続きを読む]
  • 早春の風景 (南伊勢町神津佐=こんさ)
  • 神津佐川の グリーンの海苔養殖網と紅梅の咲く 早春風景です 神津佐川の 春の楽しい風景です しだれ梅を目指して 近づいて行くと 何と素晴らしい しだれ紅梅 人知れず咲いているのが 惜しい気がする   神津佐大橋までが 川    橋を越えると 海   川が 一体なって    青 [続きを読む]
  • 心浮き立つ春の風情 (志摩)
  • 冬の戻りもあるが 晴れて天気が良いと日中は ぽかぽか陽気 浜島 南伊勢町五ケ所浦へ出かけた 浜島の海岸通りに 設置されている 遣われなくなった漁網のフロートを加工した 外路灯 春宵には 好いムードです 夜間の照明が入ると 海ほたるの様に見える 近頃は このガラス玉フロートは使わ [続きを読む]
  • 志摩・深谷水道と波切漁港
  • 深谷水道は 工業機械の無い時代に人海による手掘り もっこ トロッコなどで行われ昭和7年に完成した 波切の漁業は 老夫婦船の 二人三脚です 深谷水道は 全長550m  この完成で 船回しが容易になり 湾内と太平洋の塩水が交じり  魚介類の生育にも効果が大きい &nb [続きを読む]
  • 志摩の朝は楽しい
  • 3月に入り 日の出は 6時20分あたり朝は まだ寒いが 一時から比べると和らぎ行動も楽になり 楽しい朝    春先の海は 裾が雲に覆われ    出た出た朝陽は 安乗灯台の上で    雨傘模様     上から朝陽が 灯台を睨みつけている〜   空は 全体に薄い雲が広がっており   どこか 眠たい状態   的矢では 菜の花が 目立とう    目立とうと競い   上に向かって 伸び    朝から笑顔を振りま [続きを読む]
  • 志摩横山の梅園
  • 志摩横山の春は 梅や 早咲き桜が咲き楽しい春の先取りです 横山の梅園は 大きな古木の紅白梅が 花を咲かせている ややピンクの 掛った白梅 画面奥にも 梅林が続く 広い面積に植えられた梅の乱れ咲き 樹にも勢いがあり 花も沢山咲いている 盆栽 [続きを読む]
  • 早春の志摩・横山
  • 三寒四温 太陽は日ごとに明るさを増し 楽しい季節です 「オオカンサクラ」の花の美しい花 碧空に 溌溂と咲く 桜花 横山登山道の脇に植えられた桜 まだ樹は若いが 花を咲かせている メイン登山道わきには 桜や アオモジの黄花が咲いて美し [続きを読む]
  • 二見のおひなさま めぐり (伊勢市)
  • 今年で 13回目のおひな様まつりは街あげての おひなさまずくめ年々工夫が凝らされていた   賓日館の雛段飾り   街角に置かれた マスコット     ブージィーとエルカ   夜間は 照明が入る   生涯学習センターに飾られたおひなさまには   それそれの動作 表情に合わせ    コミカルなコメントが書かれていて楽しい   古典雛   女雛の 天冠 煌びやかで重そうです      十二単衣 [続きを読む]
  • 伝統の通能 (伊勢市通町・栄通神社例祭)
  • 伊勢3座の1つ 通能は 450年余りの伝統ある能楽が 栄通神社の例祭で奉納された   例祭で 神社は 掃き清められた   白洲を踏む音が聞こえる静寂の中   奉納に向かう一行   「翁」能奉納   この舞は 家元だけが舞うしきたりです   深夜0時に翁役の太夫が翁禊をし    天下泰平・国土安全・五穀豊穣を祈願する 儀式の舞能です 神社 [続きを読む]
  • 大慈寺の河津桜は「てんれい桜」(大王町波切)
  • 30年ほど前 大慈寺の先代和尚が 伊豆に行き 春いち早く咲く河津桜を見 一枝頂いて丹精込めて挿し木して育てたその桜が 今では 境内はもとより 周辺の山にも植えられ先代和尚の名を冠し てんれい桜と呼んでいる 大慈寺に咲く 河津桜のてんれい桜と 樹の下から上に眺めたところ お堂前に伸びた桜の枝と 咲き誇る てん [続きを読む]