ウスラバ さん プロフィール

  •  
ウスラバさん: 特撮大百科DREAMS
ハンドル名ウスラバ さん
ブログタイトル特撮大百科DREAMS
ブログURLhttp://mt428.blog48.fc2.com/
サイト紹介文東宝・大映・円谷・松竹・その他諸々問わず特撮大百科シリーズのレビューをメインとしたブログです。
自由文他にも特撮大百科を製造・販売している「株式会社キャスト」関連のイベント等の御紹介もしています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供102回 / 365日(平均2.0回/週) - 参加 2013/07/31 17:47

ウスラバ さんのブログ記事

  • 宇宙大怪獣ちびギララ
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ガメラ・ガッパ・ギララ特撮大百科ver.3ならびゴジラオーナメント特撮大百科ver.2メーカー直販ケース同時購入特典から映画「宇宙大怪獣ギララ」より『宇宙大怪獣ちびギララ』です。劇中、富士宇宙飛行センターは航行中に消息不明となった宇宙船の調査の為、新たにアストロボートを火星へと向かわす。しかしその道中、幾度も謎の発光円盤の妨害を受けて調査を断念せざるを得なくなるも、円盤がアストロ [続きを読む]
  • 東宝特撮映画クリアファイル
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。【特撮のDNA展】会場販売品から『東宝特撮映画クリアファイル』です。有りそうで無かった株式会社キャストさん製の新ジャンルとなる同商品。近年は多くの場で様々なジャンルの特撮グッズを次々と販売されてますが、これもまたオーナメントやブロマイドだけに甘んじる事なく、実用性にも着目し幅広い層へのアプローチを怠らない同社の意気込みを表すアイテムの一つであります。そして実用性の点で [続きを読む]
  • 深海探査艇わだつみ 乱泥流脱出せよ《リニュアル再販版》
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「日本沈没(73)」より『深海探査艇わだつみ 乱泥流脱出せよ《リニュアル再販版》』 です。劇中、小笠原諸島に位置する無人島が突然海深くに消失する不可思議な事態が発生。その原因が海底の地滑りにある可能性を突き止めた地球物理学者の田所博士は、すぐさま操艇者の小野寺が操縦する深度1万メートル以上の潜行可能な深海探査艇わだつみに搭乗し事態 [続きを読む]
  • 原始恐竜ゴロザウルス1967
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「キングコングの逆襲」より『原始恐竜ゴロザウルス1967』です。劇中、国連主導による海底油田の調査中に岩崩れに巻き込まれ故障してしまった原子力潜水艦エクスプロアー号は、急遽修理の為に近隣のモンド島に停泊する事になる。そのモンド島には古くから巨大な類人猿を正体とするコング伝説が語り継がれており、その伝説に強い興味を持つ同船に搭乗す [続きを読む]
  • 3月京都みなみ会館さん各種イベント 告知
  • 【第40回日本アカデミー賞】にて「シン・ゴジラ」が作品賞を含む7つもの最優秀賞を獲得し、実に縁起の良い春の始まりを告げた3月。我が家の飼い猫達のちぇん(♀)とぬえ(♀)も、まだ朝夕は肌寒いながらも昼頃のぽかぽか陽気はやはり心地良いか、最近までの部屋に篭もりっぱなしから一転すっかり活動的になって近所を長時間散歩したり、よく庭先にやってくる野良猫にちょっかいを出して軽く喧嘩したりと訪れた春を楽しんでいます。ちな [続きを読む]
  • ゴジラ1992
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ホテルグレイスリー新宿ゴジラルーム限定品から映画「ゴジラVSモスラ」より『ゴジラ1992』です。劇中、前作の戦いでメカキングギドラと共に小笠原海溝深くに沈み眠りに付いていたゴジラ。しかし巨大隕石が同地に落下した影響で復活。フィリピン沖にてインファント島から日本に輸送中のモスラの卵を襲撃するも、直後にモスラ幼虫が孵化し両者のバトルが勃発。さらにバトラ幼虫までもが乱入し戦いが混 [続きを読む]
  • 日本オールゴジラブロマイドA&B
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。【ゴジラ展-大怪獣、創造の軌跡 特撮映画のヴィジョンとデザイン】会場限定販売品から『日本オールゴジラブロマイドA&B』です。今年で公開63周年目へと突入する、1954年に円谷英二特技監督・本多猪四郎監督・田中友幸氏ら映画界の巨匠達の手によって日本より生まれ、今や世界に誇る一大キャラクターの地位を揺るぎなく確立させた偉大なる我らが怪獣王「ゴジラ」今日の特撮文化の祖としてその圧倒的な [続きを読む]
  • メカキングギドラ内蔵コンピューター M11
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「ゴジラVSキングギドラ」より『メカキングギドラ内蔵コンピューター M11』です。劇中、23世紀に世界一の経済大国となった日本の国力を削ぐ事を目的とする未来人達と共にやって来た高性能アンドロイドM11。当初は未来人ウィルソンの命令に従うようプログラミングされていたものの、その過激なやり方に反発した未来人エミー・カノーによって頭部に収納さ [続きを読む]
  • 第62回県民が選ぶ映画ベストテン 告知
  • 我が郷土である高知県を代表する県民的恒例行事と言えばやはり【よさこい祭】全国的知名度を誇るまでに上り詰めた名祭として、すっかり土佐の夏の風物詩の地位を不動の物としています。でも実は高知は冬にも他県に知られざる県民的恒例行事が存在。それがこの今回で62回目を迎えます【県民が選ぶ映画ベストテン】県内人の映画への興味と関心の向上を目的に、1956年の開始から毎年行われております高知新聞社やRKC高知放送ら多数企 [続きを読む]
  • 鎧モスラ 羽化
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「モスラ3 キングギドラ来襲」より『鎧モスラ 羽化』です。劇中、現代に現れ子供達の生命エネルギーを狙うキングギドラに戦いを挑むも全く歯が立たないモスラは苦肉の策として、まだキングギドラが未熟な1億3000万年前の白亜紀へと時空を超えて飛び立つ。さらにそこでも大苦戦を強いられながらも、辛うじて過去のキングギドラに勝利を納め、そのタイム [続きを読む]
  • 東宝特撮映画ブロマイド全集EXシリーズPART5
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。『東宝特撮映画ブロマイド全集EXシリーズPART5』です。京都みなみ会館さんでの【大怪獣大特撮大全集】をはじめとした各種上映会等で度々行われております、上映作品に縁深い豪華ゲストをお招きしてのトークライブ&サイン会。そのサイン会への参加の必須アイテムとして他の紙物商品と比べても群を抜いたコンスタント性で定着したこのEXシリーズ。その図柄の一点特化な仕様からもまさにサイン会と言 [続きを読む]
  • ゴジラ対ラドン
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「三大怪獣地球最大の決戦」より『ゴジラ対ラドン』です。劇中、日本近海の太平洋上に出現したのち横浜港から上陸を果たしたゴジラ。しかし同時に阿蘇山の火口から出現したラドンも横浜に飛来。横浜市内で対峙した両怪獣は互いを倒すべき強敵と見做し闘争心趣くままに戦闘を開始。一歩も譲らぬゴジラとラドンの戦いはやがて決闘の地を富士山麓にまで移 [続きを読む]
  • 2月京都みなみ会館さん各種イベント 告知
  • 何かと忙しない時期ではありますが暦は2月に突入。まだまだ寒い日が続いておりますが、体調不良やインフルエンザなどに御注意されておりますか?かく言う私は今年も予防接種をしてないのにその傾向は一切見られず、相変わらず無駄に免疫力が高い自身に自画自賛気味になりがち。その分ある時は農作業中にトラクターから振り落とされたり、ある時は職場で鼻血が出ているのに気付かず同僚に悲鳴を挙げさせたりして、どうやらこの辺の [続きを読む]
  • クレクレゴジラキーホルダー
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。『クレクレゴジラアクリルキーホルダー』です。昨年の「シン・ゴジラ」公開を記念して・庵野秀明監督繋がりで実施されましたコラボレーション企画・【ゴジラVSエヴァンゲリオン】 それぞれ日本の特撮・アニメ文化を代表する二大巨塔の奇跡のコラボは告知直後から大変大きな話題を呼び、様々なグッズ展開で進められた企画自体も大成功を収め、結果社会現象にまでなった映画の大ヒットにも多大に貢献。 [続きを読む]
  • クレクレタコラカレンダー2017
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。『クレクレタコラカレンダー2017』です。とうとう時代が彼らに追い付いたか『チャージマン研』や『レッドマン』と言ったカルトな不条理ヒーローへの熱い支持が動画サイトを中心に集まっている昨今。ある意味この様々な規制で雁字搦めな平成の世の放送業界では製作困難な、過激かつ自由な作風への斬新さを越えた憧憬の表れかもしれません。そしてその時流は当然の様にヒーローと呼ぶかは些か疑問は [続きを読む]
  • 翼竜ロボット
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「ゴジラVSメカゴジラ」より『翼竜ロボット』です。劇中、不祥事から一時は駐車場係に左遷させられるもお蔵入りとなった対G兵器1号ガルーダを利用したメカゴジラ強化の提案が採用され再び国連G対策センターのロボット技師へと復帰した青木一馬。そしてその報告も兼ね、青木はベビーゴジラの世話に勤しむ五条梓の下に訪れると、自身の大のプテラノドン [続きを読む]
  • 東宝特撮映画ブロマイド全集PART15
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。『東宝特撮映画ブロマイド全集PART15』です。安定した人気とキャストさん製紙物アイテムの基軸商品として、定番化の地位を確立させておりましたこの東宝特撮映画ブロマイド全集シリーズ。しかし事情は不明ながらPART14のリリースを最後に長らくの休止状態となり、それを惜しみ存続すら危ぶまれる声もあったと聞きますの。それでもやはりこの人気シリーズをこのまま沈黙させるはさすがに無粋と考え [続きを読む]
  • 雪崩作戦 ゴジラ1955断末魔
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「ゴジラの逆襲」より『雪崩作戦 ゴジラ1955断末魔』です。劇中、大阪の街を廃墟と化しアンギラスを屠ったゴジラはその後海を渡り北上。雪と氷で覆われた神子島へと上陸する。これを目撃した海洋漁業KK所属の魚群探査機パイロットの月岡と小林は防衛隊の空爆部隊が到着するまでゴジラを引き付ける為の探査機による囮役を買って出る。だが防衛隊による [続きを読む]
  • 不滅のゴジラ心臓
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃」より『不滅のゴジラ心臓』です。劇中、1954年から数えて48年振りに日本に出現したゴジラ。太平洋戦争で命を落とした者達の怨念が集結し実体化した存在だと語られるゴジラの圧倒的な脅威は、戦争の悲惨さを忘れ平和ボケした日本人に想像を絶する恐怖をもたらし、多数の民間人や防衛軍隊員が容赦なく犠牲と [続きを読む]
  • 水爆大怪獣ゴジラ 白熱光放射ver.
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「ゴジラ(54)」より『水爆大怪獣ゴジラ 白熱光放射ver.』です。劇中、2度目のゴジラの東京上陸は対策本部が首都防衛の為に東京湾沿岸部に事前に設置されていた5万Vの鉄条網と高射砲による砲撃によって阻まれるかと思われるも、ゴジラの怪力と背びれを光らせると同時に口より放たれる高熱の白熱光によって鉄条網は容易く破られそのまま芝浦方面への侵攻 [続きを読む]
  • 謹賀新年
  • 皆様、2017年明けましておめでとうございます。「継続は力なり」と言いますが、その意味でもまだまだ自身の継続不足ゆえに敬愛して止まぬ「特撮大百科」の魅力伝えきられずに日々頭を抱えさせられながらも、懲りずに拙文書きしたため続けて早7年目。まだまだ皆様の心に響く様な進歩も革新も兆し見えぬブログではありますが、今年も迷惑上等!な自己満足を踏まえながらも特撮大百科や株式会社キャストさんに少しでも貢献出来る更新を心 [続きを読む]
  • ミニラ&Beforeゴジラ…2017カレンダー
  • 今年最後の更新となります本日御紹介いたしますのはこちら。『ミニラ&Beforeゴジラ…2017カレンダー』です。生粋の特撮大百科コレクターとして、やはりこれが無ければ年は越せない!と言うわけで今回も無事年内に到着しました、株式会社キャストさん特製年の瀬恒例商品こと東宝特撮怪獣メモリアル卓上カレンダー。毎回その年に節目を迎えます怪獣を主題とした実に趣深いカレンダーとして知られておりますが、この2017年の顔として [続きを読む]
  • 水爆大怪獣ゴジラ 東京湾出現
  • クリスマスの本日御紹介いたしますのはこちら。ゴジラオーナメント特撮大百科シリーズから映画「ゴジラ(54)」より『水爆大怪獣ゴジラ 東京湾出現』です。劇中、太平洋上で相次ぐ貨物船の沈没や大戸島の壊滅的被害に関わっていると噂される謎の巨大生物の存在。当初は懐疑的だった日本政府も、大戸島に派遣した調査団がそこで謎の巨大生物ことゴジラの姿をはっきりと確認した事でその存在を認めざるを得なくなる。その後ゴジラの東京 [続きを読む]
  • ゴジラ×3式機龍コンプリーション
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。株式会社ホビージャパン.刊『ゴジラ×3式機龍コンプリーション』です。業界屈指の情報量による濃厚さで購入者の度肝を抜いた特撮ムック本「パーフェクションシリーズ」の流れを汲む販売元と方向性に変化を付けての新展開として、昨年リリースされ変わらずの大好評と話題を集めました『ゴジラVSビオランテコンプリーション』そして今年そのコンプリーション第2弾のテーマに選ばれたのが「ゴジラ×メ [続きを読む]
  • 東宝特撮映画ロゴマーク缶バッヂ
  • 今回御紹介いたしますのはこちら。『東宝特撮映画ロゴマーク缶バッヂ』です。以前当ブログにて、株式会社キャストさんの妥協無き特撮グッズ製作への意欲的な姿勢に触れさせていただきましたが、それはまた新ジャンルの開拓も同じ。最近では従来のコレクション系のみならず、より実用的なファッション系の商品にも力を入れているのが顕著に感じられ、その各方面に活躍の幅を広げる積極的な活動には昔からの愛好者としても疑念無い頼 [続きを読む]