toukaishi-syaroushi さん プロフィール

  •  
toukaishi-syaroushiさん: ドラゴンズファンのブログ
ハンドル名toukaishi-syaroushi さん
ブログタイトルドラゴンズファンのブログ
ブログURLhttps://ameblo.jp/toukaishi-syaroushi/
サイト紹介文愛知県東海市の社会保険労務士です。労務管理、ドラゴンズ、東海市、本などを毎日書いています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供1143回 / 365日(平均21.9回/週) - 参加 2013/08/01 09:54

toukaishi-syaroushi さんのブログ記事

  • 今日(8月17日)の私の履歴書 高村正彦氏 「対外援助」
  • 2017年8月の日経新聞「私の履歴書」は、自民党副総裁の高村正彦氏今日(8月17日)の第17回は、「対外援助」です。 氏はODA(対外援助)について、以下のように仰ってます。 貧しい人に施しをする欧米流の援助は一見すると美談だが、それで貧困はなくならない。戦後の日本は世銀などから借金をし、それを返そうと皆で必死に働いて高度経済成長を成し遂げた。 そうした経験を伝えるのが日本流の援助だ。魚を与えるの [続きを読む]
  • サヨナラ負け!
  • 昨夜(8月16日)のドラゴンズは、DeNAに2対3で、9回裏、サヨナラ負け!9回表のノーアウト満塁の好機に得点できず!久々のスタメンの高橋周平のチャンスでの凡打が批判を浴びていますね!同じように、なかなかレギュラーに定着できなかった福田が、二桁のホームランを打って、プロ入り11年目で、やっとその座を獲得しました。周平君も、是非、このチャンスをものにして欲しい!そしてドラゴンズは、昨日の凡打に懲り [続きを読む]
  • 「政党政治はなぜ自滅したのか?」御厨貴著(文春文庫)
  • 「政党政治はなぜ自滅したのか?」御厨貴著(文春文庫)を、すきま時間に読んでます!御厨は「みくりや」と読むのですが、読めないですね!「御」(神の)+「厨」(台所)の意味のようです。 長引き不況に苦しむ国民は、中国大陸進出によって経済の混迷を打開できると期待した国民の人気を獲得するために、政党は軍部に近づき、泥沼の戦争へ 何故、公家の西園寺公望が、政友会総裁になったのか、よーく解りました! [続きを読む]
  • 今日(8月16日)の私の履歴書 高村正彦氏 「司法制度改革」
  • 2017年8月の日経新聞「私の履歴書」は、自民党副総裁の高村正彦氏今日(8月16日)の第16回は、「司法制度改革」です。 2000年(平成12年)12月、森喜朗首相に法相に任じられた。 入国管理局の職員を増やすこと、司法試験の予備試験を確保することに力を入れたとのこと。たまたま法相在任期間が5か月弱だったので、死刑事案はなかったが、以下のように仰ってます。 法相がいちばん話題になるのは死刑を執行した [続きを読む]
  • 周平君 一軍へ
  • ビシエドの死球による右腕尺骨骨折・登録抹消で、高橋周平(23歳)が、久々、一軍です!カープの鈴木誠也(22歳)、ソフトバンクの上林誠知(22歳)と、高卒の後輩は、活躍している。多くの選手がレギュラー選手の怪我をチャンスにして、活躍している。周平!がんばれ!http://dragons.jp/teamdata/players/takahashi_s.html [続きを読む]
  • 今日(8月15日)の私の履歴書 高村正彦氏 「周辺事態法」
  • 2017年8月の日経新聞「私の履歴書」は、自民党副総裁の高村正彦氏今日(8月15日)の第15回は、「周辺事態法」です。  現在に続く日米同盟の強化の出発点は、1997年(平成9年)の日米防衛協力の指針(ガイドライン)の改定である。日本の平和と安全にかかわる「周辺事態」に両政府が連携して対処することなどで合意した。 それを受けて周辺事態法を制定することになった。野党は自衛隊がいまにも戦争を始めるかのよう [続きを読む]
  • 3カード連続勝越し!
  • 昨日(8月13日)のドラゴンズは、スワローズに7対2で勝利!3カード連続勝越し!先発、吉見が、7回2失点・無四球の好投!そして、ゲレーロ、福田の3ラン!6安打で、7点は、珍しく効率的!今朝の中日スポーツを読みたいのですが、毎朝行く喫茶店は、盆休み!インターネットで確認すると、ゲレーロ30号が1面でした! [続きを読む]
  • 400メートルリレー
  • 陸上世界選手権は、日本のメダルゼロかと思われていたが、男子400メートルの銅メダルは立派!リレーは何らかの事件が起きるが、今回は、ボルトのアクシデント!桐生も、日本選手権の口惜しさを乗り越えることができたのでは?アンカーの藤光選手は、31歳でのメダルで、感激もひとしおですね!女子の走り高跳びや100メートルハードルは、皆、美人ですね! [続きを読む]
  • 今日(8月13日)の私の履歴書 高村正彦氏 「日中韓」
  • 2017年8月の日経新聞「私の履歴書」は、自民党副総裁の高村正彦氏今日(8月13日)の第13回は、「日中韓」です。  1998年(平成10年)7月、参院選で自民党が敗れ、首相は橋本龍太郎氏から小渕恵三氏に交代した。氏は外相に起用された。 北京で再会した唐外相との話し合いは順調に進み、9月の江沢民国家主席の来日時に「21世紀に向けた長期的な協力関係」を示す共同文書を発表することを確認した。「過去にし [続きを読む]
  • 最下位チームに快勝!
  • 今日(8月12日)のドラゴンズは、ナゴヤドームで、最下位スワローズに、3対0で快勝!先発若松が、7回、無失点の好投!バレンティンをノーヒットに封じ、今季初勝利!若松の復活は大きい!最近不調だった大島が先制本塁打含む3安打!ゲレーロも、10試合ぶりのダメ押し2ランホームラン!明日は、吉見が先発!3カード連続の勝ち越しなるか? [続きを読む]
  • 今日(8月12日)の私の履歴書 高村正彦氏 「ペルー人質事件」
  • 2017年8月の日経新聞「私の履歴書」は、自民党副総裁の高村正彦氏今日(8月12日)の第11回は、「ペルー人質事件」です。  1996年(平成8年)10月、6回目の当選を果たした。加藤紘一幹事長から呼び出しがあった。橋本龍太郎首相が大蔵、外務、農水3省の政務次官に閣僚経験者を起用するという。「外務をやってくれないか」と頼まれた。 12月17日、ペルーの日本大使公邸で事件が起きた。左翼系の反政府ゲリ [続きを読む]
  • 最下位チームに完敗!
  • 昨日(8月11日)、ドラゴンズは、ナゴヤドームで、最下位スワローズに、2対10で完敗!バレンティンや哲人にホームラン打たれすぎ!悪夢の10点差大逆転負けも、バレンティンのホームランでやられた!同じことの繰り返しだ!カープの1勝も、スワローズの1勝も、同じ1勝!カード勝ち越しのためには、今日・明日、負けられない!打ち勝つしかない! [続きを読む]
  • 今日(8月11日)の私の履歴書 高村正彦氏 「初入閣」
  • 2017年8月の日経新聞「私の履歴書」は、自民党副総裁の高村正彦氏今日(8月11日)の第11回は、「初入閣」です。  氏は、1994年(平成6年)6月、自民、社会、新党さきがけ3党連立による村山内閣が発足し、経済企画庁長官を拝命した。 7月18日に始まった臨時国会で村山富市首相は「日米安保体制を堅持」「自衛隊は憲法の認めるもの」「非武装中立は役割を終えた」と明言した。衆院本会議場のひな壇にいた氏は [続きを読む]
  • サヨナラ勝ち!
  • 今夜(8月10日)のドラゴンズは、首位カープに、6対5でサヨナラ勝ち!いつもサヨナラ負けのドラゴンズが、今日は粘りを見せる!カープキラーのはずの八木が、打たれても、岩瀬の後輩(愛知大学)祖父江、イケメン伊藤準規、又吉、田島の無失点リレーが勝利を呼ぶ!京田の犠打、そして大島が最後センターへサヨナラ適時打!引き分け挟んで3連勝!手負いのゲレーロの2安打も嬉しい!明日から、最下位スワローズとの3連戦! [続きを読む]
  • 今日(8月10日)の私の履歴書 高村正彦氏 「野党転落」
  • 2017年8月の日経新聞「私の履歴書」は、自民党副総裁の高村正彦氏今日(8月10日)の第10回は、「野党転落」です。 90年代前半の政界では、政治改革の是非が最大の争点になった。中選挙区制から小選挙区制に移行すれば全てがよくなる。無責任な議論が横行した。 同じ党の中で切磋琢磨(せっさたくま)し、世代交代を図る。氏は中選挙区制が大好きだった。派閥が衰退し、若手を育てる場がなくなった。最近、よくいわれ [続きを読む]
  • 快勝!
  • 今夜(8月9日)のドラゴンズは、首位カープに7対1で快勝!カープに勝つには、7点以上取らないと駄目!先発大野雄大が、6四球と乱れながらも、奇跡的に、菊池のホームランの1失点と粘る!今日は、クリーンナップ(ビシエド、ゲレーロ、福田)がノーヒットだったが、京田の5安打など14安打と打線が奮起!悲しみの森監督に、少しだけ、慰めになったか?明日は、いよいよ、カープキラーの八木が先発!カープは、どんな打線 [続きを読む]
  • 今日(8月9日)の私の履歴書 高村正彦氏 「政治の師」
  • 2017年8月の日経新聞「私の履歴書」は、自民党副総裁の高村正彦氏今日(8月9日)の第9回は、「政治の師」です。 三木流のクリーンとは、広く浄財を集めることで、資金集めをしないという意味ではなかった。清貧では、政治家は続けられない。河本氏は甘っちょろい空想的平和主義者ではなく、合理的な現実的平和主義者だった。そのことを知って、ますます尊敬した。合理的な現実的な政治であるべきですね! [続きを読む]