オーストリア国家公認ガイド さん プロフィール

  •  
オーストリア国家公認ガイドさん: ウィーンこぼれ話
ハンドル名オーストリア国家公認ガイド さん
ブログタイトルウィーンこぼれ話
ブログURLhttps://www.wien-kanko.com/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%93%E3%81%BC%E3%82%8C%E8%A9%B1/
サイト紹介文ウィーン在住オーストリア国家公認ガイドの個人サイトのブログコーナーです。あらゆる分野の情報満載!
自由文大好きなウィーンの街で、オーストリア国家公認ガイドとして20年以上になります。
観光名所、生活している中で得た、様々な経験や現地情報、地元新聞などからの興味深い記事などをあらゆる分野から、思い立ったことなどを簡単にまとめています。
オーストリアは旅の全ての魅力を持ったとても奥深い美しい国で、その首都ウィーンはヨーロッパ文化が凝縮した街です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供365回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/08/01 17:51

オーストリア国家公認ガイド さんのブログ記事

  • 青空に映えるシェーンブルン宮殿
  • 5月も残す所あと1週間となりました。 この時期は色々な花が街中で見られ、歩いていても気持ちいいです。 ヨーロッパの街は石造りですから晴れて青空の下であれば街がより美しく見えますが、逆に曇りや雨だったりすると建物の色が同化してしまって街が暗く見えてしまうというわけです。 ウィーンの街はこの天気の良し悪しで全く違って見えます。 仕事でしょっちゅう行くシェーンブルン宮殿はマリア・テレジアイエロ [続きを読む]
  • 新しくオープンした"Fenster CAFE" (窓のカフェ)"
  • 先日団体ツアーの皆様をアテンドしている時にちょっとおもしろいカフェに出会いました。 この日は全日でアテンドしていて、昼食がウィーン最古のレストラン "グリエーヒェンバイスル"に予約が入っていました。このレストランは話題性があるので、ある程度の予算があるツアーではよく利用します。 この日はシェーンブルン宮殿のグランドツアーが終わって、庭園見学の時間を取った後、バスで国立オペラ座からリンク道路をS [続きを読む]
  • 今年も出たお勧めイチゴのケーキ
  • ウィーンはカフェ文化が根付いた街で、100年〜200年の歴史を持つカフェハウスが多くあります。 このウィーンのカフェ文化に触れることはウィーンの観光でも外せないと思います。 カフェと言えばケーキも同時に食べたくなりますね。 ウィーンは宮廷文化が栄えた街なので帝国時代に宮廷に商品を卸すことができた老舗が多くあり、スイーツだって"K.u.K."の称号を持つカフェが今でも多くあります。 もう何回もここに書 [続きを読む]
  • ウィーンのちょっと珍しいアングル 44
  • 一昨日までは30℃近くの真夏のような暑さでしたが、その日の夜に強い風が吹いて昨日は10℃以上も気温が下がって涼しい一日となり、昨日の夜も強い雨が降って今日の朝は14℃です。 これだけ変化があると体がついていかないですね。 さて、前回のウィーンのちょっと珍しいアングル43では高架を走る路面電車を話題にしました。 今回は街並みです。 こちらは周りにあまり建物ががない見通 [続きを読む]
  • Waldviertelpur 2017年
  • ウィーンは年間を通して様々なイヴェントが開かれます。 最近ではシュタイヤーマルクの春、Burgenland Kul(t)inarium、Genuss Festivalなどを話題にしました。 そのようなイヴェントには多くの地元の方々が訪れるので、地元の空気を強く感じることができます。 普段観光で見るウィーンの街とは違い、オーストリアのローカルな雰囲気が見られます。 今日話題にするのはやはり毎年行われている恒例なWaldviertelp [続きを読む]
  • Neusiedler See(ノイジードラー湖)
  • オーストリアはウィーンを含めて9つの州がありますが、そのひとつのBurgenland(ブルゲンラント)州は晴天の日がオーストリアでは年間を通して一番多い州であり、土地も安いことからここに家を持っている人が多いです。 先日Burgenland Kul(t)inariumを話題にしましたね。 この州の州都はEisenstadt(アイゼンシュタット)でここにはハイドンが長く仕えたエスターハーズィ宮殿がありこの街のシンボル的な存在にな [続きを読む]
  • Naturpark "Sparbach"(自然公園 Sparbach)
  • ウィーンはかつての帝国の都ですから荘厳な建造物が多く建ち並ぶ上品な街ですが、ちょっと郊外に出ればのどかな美しい風景が広がっています。ウィーン自体が"森の都"とも形容されているように、ヨーロッパの街の中では街の広さに対して緑の比率が最も高い街で、しかしその緑を囲むのがもっと大きな緑である"ウィーンの森"です。 このウィーンの森はヨーロッパアルプスの一番東側になります。 ウィーンにいるとあまり意識 [続きを読む]
  • 電気自動車は普及するか?
  • ウィーンの街はCitybikeやカーシェアリングなどを積極的に取り入れていて、ウィーン旧市街は電気バスが主流に走っています。なるべく車に乗らないように・・・という動きを感じます。 それでもウィーンは車の所持率はヨーロッパでも高いと言われていますので、街中ではたくさんの車が走っているのがわかり、また路上駐車もありとあらゆる通りで見られます。 そんな状況の中でオーストリア政府は電気自動車を普及させると [続きを読む]
  • Gnuss Festival(2017年)
  • 5月も中旬に入り、一昨日、昨日の日中は太陽の下であれば半袖で過ごせるいい陽気でした。 今日も朝から青空が広がっています。 このぐらいだととても気持ちよく観光ができますね。 さて、今年も毎年恒例となったGenuss Festivalが市立公園で3日間に渡って開かれています。 今年で10回目となる"Genuss Festival"(ゲヌス・フェステ [続きを読む]
  • アスパラガスのクリームスープ
  • 先日この時期旬の味覚としてアスパラガスを話題にしました。 多くのレストランではアスパラガスを提供していますし、スーパーや市場に行くと、マルヒフェルト産の白くて太いアスパラがたくさん並んでいます。 私もこの時期はマルヒフェルト産のアスパラを買って来て、家で茹でて食べています。 皮を少しむいて、塩と若干の砂糖を少し入れて茹でるだけですから簡単です。 アスパラガスをメインとして食べるのもいい [続きを読む]
  • ウィーンによく見られるこの時期の花 185(キバナフジ)
  • 5月に入ってもどうも不安定な天候が多いです。 午前中はいい天気ですが、午後になると暗い雲が現れて雨模様になったり、そうかと思うと青空が出たりと雲の動きが複雑です。 太陽が出て青空の下にいると気温は20℃に達していなくても半袖で歩けるぐらいの暖かさですが、日が陰って来ると寒く感じる時もあります。 そのため、街中を歩いていると厚着をしている人もいれば薄着の人もいて結構バラバラです。 でも観光 [続きを読む]
  • Burgenland Kul(t)inarium
  • ウィーンは年間を通して様々なイヴェントが開かれます。 これらに全部顔を出すとなるとかなり忙しくなりますね。 その中には地元でも恒例となり、毎年それを楽しみにしている人も多くいます。 これが開かれたら同時にあぁ〜、またこの時期になったんだな・・・と季節を意識します。 さて、ちょうど1ヶ月前の4月10日にシュタイヤーマルクの春という毎年恒例のイヴェントについて書きましたが、今日はそれと似たよう [続きを読む]
  • Tiefer Grabenにあるベートーヴェンの住居
  • ウィーンの旧市街地で一番美しい歩行者天国と言えばGraben (グラーベン)でしょうか。 ここは300m程の長さの広場のような通りで、ローマ時代には"堀"だった所でシュテファン大聖堂のすぐそばから延びています、 同じGrabenでも今日テーマにするGrabenは全く別の場所にあるTiefer Grabenという通りで,ここにはあまり気付かれることがないベートーヴェンの住居があります。 Tiefer GrabenにはHoh [続きを読む]
  • アスパラガスを食べよう!
  • 5月に入ると新緑の色がもっと濃くなってきます。 ウィーンの街を歩けば緑が豊かであることは誰もが感じるはずです。 リンク道路の並木、公園の緑やそこに咲いている多くの花・・・ただでさえウィーンの街はぶらぶら歩きをしても楽しいですが、それをもっと楽しませてくれます。 天気はしかし不安定で、青空が出る時もあれば雨が降る時もあり、雲の動きが複雑です。 昨日は午前中はいい天気だったのですが、午後は [続きを読む]
  • 春先に訪れた映画「第三の男」の並木道
  • ウィーンには有名な作曲家達が多く眠る有名な中央墓地があります。音楽ファンの方であればウィーンに訪れたら絶対に外せないスポットですね。私もここは年間を通してよく御案内していますし、プライベートで散歩に来ることもあります。墓地と言っても暗いイメージはなく、緑が多い公園のような感じですから遺族の方には申し訳ないですが個性ある墓石を見ながら歩くだけでも十分時間を潰せます。 団体ツアーの皆様からもこの [続きを読む]
  • オールドタイマーの路面電車とManner(マンナー)
  • ウィーンの街には路面電車がよく似合います。ウィーンの路面電車はリンク道路が開通した1865年には走らされていますから2015年がリンク道路150周年記念というおめでたい年であると同時に、路面電車にとっても150周年記念のおめでたい年だったわけです。路面電車はウィーン市民の重要な足として大活躍していて完全にウィーンの街に溶け込んでいます。現在ウィーンの路面電車は大きく分けて2つのタイプがあります。ひとつはロー [続きを読む]
  • 一昨日はメーデーでした
  • 一昨日の5月1日はメーデーで祝日でした。 今年は4月30日が日曜日だったので土、日、月の3連休と少し長い週末でした。 ウィーンのメーデーは毎年社会民主党が主体となって朝から賑わいます。 この日は午前は団体ツアー、午後は個人のお客様を御案内しましたが観光にも大きな影響が出ました。 今日はウィーンのメーデーの様子を少しお届けします。 [続きを読む]
  • カフェGriensteidlのホットチョコレート
  • ウィーンのカフェハウスは伝統を維持しながら現在でもウィーンの生活に完全に密着しています。街中には100年以上も続いている話題性があるカフェハウスがいくつもあり、それぞれのカフェハウスで "ウィーンのカフェハウス"に共通する伝統が感じられ、なおかつそれぞれの個性がしっかりと見られます。カフェハウス文化は無形文化遺産にも登録されていて、カフェの種類も様々あり、しっかりと定義されています。 団体ツアー [続きを読む]
  • 最近、これおいしいな・・・と思ったケーキ
  • かつての宮廷文化が栄えたウィーンには"Kaffekonditorei" (カフェコンディトライ)と呼ばれるケーキが提供されているカフェがたくさんあります。散歩してちょっと疲れたらカフェに座って物思いにふけるのもいいですね。 ウィーンには多くの伝統カフェやおいしいケーキが食べられる店があります。 私は個人的にはケーキだとハイナーが一押しですが、その時の雰囲気で色々なカフェに行きます。 お客様と観光中でも、ど [続きを読む]