オーストリア国家公認ガイド さん プロフィール

  •  
オーストリア国家公認ガイドさん: ウィーンこぼれ話(ブログ)
ハンドル名オーストリア国家公認ガイド さん
ブログタイトルウィーンこぼれ話(ブログ)
ブログURLhttps://www.wien-kanko.com/%E3%82%A6%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%B3%E3%81%93%E3%81%BC%E3%82%8C%E8%A9%B1/
サイト紹介文ウィーン在住オーストリア国家公認ガイドの個人サイトのブログコーナーです。あらゆる分野の情報満載!
自由文大好きなウィーンの街で、オーストリア国家公認ガイドとして20年以上になります。
観光名所、生活している中で得た、様々な経験や現地情報、地元新聞などからの興味深い記事などをあらゆる分野から、思い立ったことなどを簡単にまとめています。
オーストリアは旅の全ての魅力を持ったとても奥深い美しい国で、その首都ウィーンはヨーロッパ文化が凝縮した街です。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供364回 / 365日(平均7.0回/週) - 参加 2013/08/01 17:51

オーストリア国家公認ガイド さんのブログ記事

  • 今年も登場した飲料水スタンド
  • 3月の終わりの週は初夏の陽気で、寒かった冬を忘れさせてくれましたが、そこから気温が下がり、10℃を下回る日もあり日中13℃という寒い復活祭を迎えました。雨や曇りの日も多く、その後も気温が下がり、4月19日は雪でした。 街中はウィーンらしく緑が多くはなって来ましたが、まだまだ厚着をしている人が多いです。 しっくりこない陽気にもかかわらず、街中には今年も飲料水スタンドが登場しました。 [続きを読む]
  • ウィーンのちょっと珍しいアングル 43
  • 復活祭も過ぎて4月も後半になりますが、寒い日が続いています。 一昨日は雪も降ってかなり白くなりました。 実は昨日の午後、16年目になった"桜の森祭り"が開かれる予定だったのですが、雪と寒さのため中止になってしまいました。うちも毎年参加させてもらっていて、日本文化も紹介される楽しいイヴェントなのですが残念で仕方ありません。今年を入れて過去4回中止になっていますから、今回開かれていたら13回目のはずで [続きを読む]
  • 昨日は雪だったウィーン
  • 去年から今年にかけての冬は例年よりも遥かに寒く、特に1月は全日マイナスでした。 3月の終わりの週が初夏の陽気で、毎日日中25℃前後まで気温も上がり一挙に春が来た感じでした。 その時に街中も緑が多くなり、寒かった冬を忘れさせてくれる本来の開放的なウィーンの空気を感じました。 今年の復活祭は4月16日とかなり遅く、その前の週の月曜日だけが初夏の陽気で、そこから気温が下がり始めると同時に天気も崩れて [続きを読む]
  • こっちにも花粉症はあります・・・どんな種類?
  • 今年の冬は例年よりもかなり寒かったので春の訪れが遅かったような気がします。 もう何回も書いていますが3月の終わりの週はすっと初夏の陽気で日中25℃ぐらいが続き、街中も緑が一挙に多くなりました。しかし復活祭前の週は雨こそ1日しか降りませんでしたが、(今年の復活祭は4月16日です)4月10日だけが半袖で過ごせるいい天気でそれ以外はあまり日中暖かい日がありませんでした。上着があっても日陰だと寒く感じました。 [続きを読む]
  • なぜ復活祭のたまご(イースターエッグ)に色を塗る?
  • OSTERN・・復活祭が終わり今日から仕事を始めようという地元の人が多いのではないでしょうか。 学校は今日まで休みで、明日から始まる所が多いと思います。 ウィーンで生活をしているとOSTERN の時期にはうさぎ、たまご、ネコヤナギといったシンボルが至る所に見られ、キリスト復活というよりは春の訪れを祝う空気の方を強く感じます。 うちは無宗教ですが、年間を通してこちらの習慣を取り入れて生活を楽しん [続きを読む]
  • ヒルシュシュテッテン花壇庭園の復活祭市(2017年)
  • 昨日の4月16日はOSTERN・・・復活祭で、今日はOstermontag(オスターモンタック)で復活祭の月曜日・・・イースターマンデーでお休みです。 先週から学校はOsterferienに入っていて、地元の人達は色々な所に出かけます。 うちも色々な所に出かけました。 しかし、復活祭当日の昨日と今日は天気があまりパッとしません。4月によくある不安定な天候で、青空もありましたが、ウィーンも場所によっては雨が降ったり、気温 [続きを読む]
  • 今日は復活祭(OSTERN)2017年
  • 今日4月16日はOstern(オステルン)・・・復活祭です。 去年は3月27日とかなり早い復活祭でしたが、今年は遅めです。 謝肉祭が終わり四旬節に入ると、復活祭を思わせるデコレーションが街中にいっぱい登場します。 4月に入るとシェーンブルン宮殿の復活祭市やFreyungの復活祭市なども例年通り盛況を見せ、4月10日の週はOsterferien(オスターフェーリエン)・・・イースター休暇なので学校もお休みですから家族連れで [続きを読む]
  • ウィーンによく見られるこの時期の花 178(ラムソン)
  • 3月の最後の週は初夏のような陽気が続き一挙に春が訪れたようなウィーンでしたが、4月の10日の週は10日はとてもいい天気でしたが、それ以外は雲が多く、少し肌寒く感じる日が続いています。 今年は4月16日が復活祭です。こちらは今週(4月10日の週)は"Osterferien"で、学校はお休み、家族連れで旅行に出かけている方も多いです。うちも色々な所に出かけています。 その時にそこらじゅうにたくさん生えていたものについ [続きを読む]
  • シェーンブルン宮殿でテレビ生中継に遭遇した
  • 年間を通して仕事をしていると様々なハプニングに遭遇することがあります。 例えばオーストリアの首相が近くを歩いていて、私もちょっとびっくりして思わず皆様に「あ、オーストリアの首相が今、ここを歩いていますよ」と言って、皆さんが大きく反応しまので、首相も気付いてこちらに手を振ってくれたこと・・・ある時はまた別の当時の首相が観光中に通ったカフェのテラスに座っていて、同じようにこちらに手を振ってくれた [続きを読む]
  • ウィーンによく見られるこの時期の花 177(プリムラ/サクラソウ)
  • 3月の最後の週からは日中初夏のような気温が続いていましたが、4月6日や4月7日などは日中の気温が10℃前後と寒さがぶり返しました。 冷たい風が強く吹き、特にベルヴェデーレ宮殿ではちょっと高い所にあるのでかなり寒く感じました。 ボダイジュも徐々に葉が緑になってきているにもかかわらずです。 この時期は季節を感じる花を多く話題にしていますが、今日のこの花も地元では人気がありますが、例年に比べて今年は [続きを読む]
  • 復活祭に登場する3つのシンボル
  • 3月の最後の週はいい天気が続き、日中の気温も20℃を超えてとても暖かくなりました。ウィーンの街は緑が多くなり、一挙に春の空気が広がっています。 街中の公園にある芝生の上ではたくさんの人がくつろぎ、ベンチにもたくさんの人が座って春の日差しを楽しんでいます。 今年の1月は本当に寒かったので、2月や3月に咲く花は例年よりひと月は遅く咲き始めました。 この春の訪れにタイミングよく復活祭がやってきます。 [続きを読む]
  • 稀な植物の園芸市 2017年(Raritätenbörse)
  • 今年の冬は例年よりも遥かに寒かったで、花の咲き始めや木々が緑をつけるのが遅いと思います。 しかし、3月の終わりの週は25℃近くが毎日続き、突然春がやって来た印象です。 ウィーンは森の都ですから、やっぱり緑が多い方がウィーンらしいです。 ウィーンの街には多くの公園があり、ちょっと公園を歩くだけでも緑や花の状態が見られます。 これがやっと今咲いたんだな・・・とかこの木は緑がまだ少ないな・・な [続きを読む]
  • Steiermark-Frühling (シュタイヤーマルクの春)
  • ウィーンの街では年間を通して色々なイヴェントが開かれています。 そのようなイヴェントを覗いてみると、ウィーンにいながらオーストリアのローカルな面を知ることができたり、季節を実感できたり、色々な得る物がが多いんですね。 花も多く咲き始め緑が多くなってきた春のこの時期に地元で人気のあるイヴェントが今年もあったので、仕事が終わってからちょっと覗きに行って来ました。 [続きを読む]
  • Freyungの復活祭市(2017年)
  • 今年の復活祭は4月16日ですから去年と比べるとかなり遅いことになります。 今年は冬が寒く、木々が緑をつけるのが少し遅かったため、タイミング的にはちょうどいいと思います。 ウィーンの街を歩けば復活祭のデコレーションが色々な所で見られます。 ウィーンの街は四季それぞれの習慣が本当によく反映されているな・・・と生活をしていると感じます。 先日シェーンブルン宮殿の復活祭市を話題にしましたが、今日 [続きを読む]
  • レゴで作られたプラター公園の大観覧車
  • 3月の終わりの週は日中の気温が20℃前後まで上がり、半袖で過ごす方も多く見られました。 今年の冬は寒かったですから皆さん暖かくなるのを心待ちしていました。街中も緑が多くなり、カフェのテラスにもたくんさんの人が座っていて、また公園の芝生の上では多くの人がくつろいでいます。 四季を通じてウィーンはそれぞれのいい部分がありますが、この新緑の時期もとても素敵です。 さて、ウィーンは往年の名映 [続きを読む]
  • 朝にGrinzingを散歩
  • ガイドとして仕事をしていると様々な場所から仕事が始まります。パッケージツアーの場合はシェーンブルン宮殿で皆様とお会いすることが圧倒的に多く、個人のお客様ですとホテルからスタートする場合が多いです。泊まられるホテルも様々ですからスタート場所も様々ですね。場合によっては美術史博物館前やベルヴェデーレ宮殿でミートすることもあります。仕事が始まる場所が様々なので、出発時間よりも少し早く行って、その界隈 [続きを読む]
  • ウィーンによく見られるこの時期の花 176(コブシ)
  • 日中は初夏の気温に何日も続けて達しているウィーンの街は緑がどんどん増えていきます。 公園などで日光浴をしているたくさんの人が見られます。 日差しが強いですから気温が20℃を超えるだけでもかなり暑く感じます。 この連日の春の陽気の中で毎日仕事をしていて、私はもうかなり日焼けしてしまいました。 日も長く感じられるようになり、開放的な気持ちになります。 今日も春を感じる花をテーマにします。 [続きを読む]
  • シェーンブルン宮殿の復活祭市(2017年)
  • 復活祭が近づいています。 復活祭については近日中にここで取り上げますが、ドイツ語で復活祭は"OSTERN"(オステルン)と言います。 これは日本語で言われている復活祭の本来の訳ではありません。 キリストが復活したことを祝うわけですが、生活をしていると実際には春の訪れを祝っている・・・という感覚の方が強いと思います。 今年の復活祭は4月16日と、去年と比べるとかなり遅いです。 もう何度もここに書 [続きを読む]
  • 時間に正確な航空会社は?
  • 去年2016年の9月4日を最後にオーストリア航空のウィーン〜東京の直行便がなくなりました。 正直言ってこれは非常に悲しいですね。 ベルリンの壁が壊れ、共産主義体制が崩壊した1989年から日本からも今のロシアの上空を飛べるようになったことから、オーストリア航空、全日空、アエロフロートの3社共同便による東京〜ウィーンの直行便が開設されて大変に話題を呼びました。この時私も何度も乗りましたが、機体はオースト [続きを読む]
  • 春を実感! ピクニック状態の市立公園
  • 今年はもう何度も書いていますがとても寒い冬でした。 特に1月は全日マイナスで例年よりはるかに寒く、ウィーン川も一部凍りました。 そのため2月や3月に本来咲き始める花が今年はひと月ぐらいは遅く、街中の木々も緑をつけるのがいつもより遅くなりました。3月終わりの週は日中の気温が20℃を超え、一気に春が訪れたウィーンで、本来この時期に咲く花も多くが咲き始め、緑が日に日に多くなっていきます。 やっぱり緑 [続きを読む]
  • ウィーンによく見られるこの時期の花 174(キケマン属)
  • 今日から4月ですね。今週一気に春になったという感じがするウィーンの街で、日中は半袖で過ごせる気温です。今年は復活祭が4月16日と遅めで、また冬も寒かったですからタイミング的にちょうどいい気がします。 街中に見られる新緑も素敵で、マロニエのつぼみもどんどん大きくなってきています。 この春の時期は色々な花が咲きますが、このコーナーでも毎年ウィーンによく見られる特徴的な花を話題にしています。 毎年 [続きを読む]
  • オーストリアは多くの子供手当をEU諸国に払っている
  • オーストリアは小さい国ではありながら、ヨーロッパに与えた歴史的文化的影響は計り知れないものがあり、観光の全ての魅力を持っている美しい国です。 その反面、物価はヨーロッパでは高い方で、税金もかなり高い割合で設定されています。 税金が高いといううことはそれなりに社会福祉も充実していると思いますが、その中でFamilienbeihilfe(ファミーリエンバイヒルフェ)という子供手当について新しい動きがあります。 [続きを読む]
  • ウィーンによく見られるこの時期の花 173(ベニバスモモ)
  • 早いもので3月もほぼ終わりになりました。 先週3月26日の日曜日の夜中の2時に時計を1時間進めて3時にして、夏時間になりました。実際に夜中に起きて時計を進める人はいるかどうかわかりませんが、私は1時間損する・・・という感覚から前日の夜には時計を進めて感覚的に鳴らしています。 これで日本との時差は7時間になったわけで、もっと日が長く感じるようになりました。 朝方は寒いことが多いですが、日中は20℃近 [続きを読む]