seize-the-dream さん プロフィール

  •  
seize-the-dreamさん: from大塚法to MASUKO法&山口法for予備試験のブログ
ハンドル名seize-the-dream さん
ブログタイトルfrom大塚法to MASUKO法&山口法for予備試験のブログ
ブログURLhttp://ameblo.jp/seize-the-dream/
サイト紹介文2017年予備試験への道標〜 1憲法と判例百選を好きにする。 2条文を引き捲る。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供10回 / 365日(平均0.2回/週) - 参加 2013/08/04 00:43

seize-the-dream さんのブログ記事

  • 行政書士試験
  • 【行政書士試験は、Wセミナーの肢別問題集1冊で受かるか】 去年受けた感覚では、①Wセミナーの肢別過去問集(合格革命)②過去問(できれば全年(30年分))③直前模試(10月に2回)で基本的に大丈夫かと。 ただ、これですと条文のケアがないので、民法、行法法分野、会社法は、択一六法系をある程度使用するのが良いのではと。 それで、上記の②について、これを知らないと損という情報に、過去問30年分が解説付きで無料で掲載され [続きを読む]
  • 通信傍受法2016年改正
  • 基本憲法Ⅰ 人権(本年短答第4問肢アの農業補償法に関する記述も書いてありました。ただ、LQ憲法人権にも書いてあるし、非百選とはいえ平成17年の判例につき一応ケアしておくべきだった。 加えて、この基本憲法に気になる演習問題がありました。それは、皇居前広場事件と泉佐野市民会館事件を足して割ったような問題でしたが、中々良い問題でいつ出てもおかしくないかもしれません。) を読んでいたところ、通信傍受法が2016年に改 [続きを読む]
  • 【閑話休題】まさかの職業病(汗)
  • 【閑話休題】まさかの職業病(汗) クイズ番組(録画視聴)で年代並べ替え問題が出題された時、即反応した件(^^;;。 正解は、写真と以下の通り。 ①川端康成ノーベル文学賞受賞②安田講堂事件③大阪万博④浅間山荘事件 の順ですが、①、②、③は大体分かってましたが、④の浅間山荘事件の年代は、ちょっと入っていなかったです(汗)。 実際、予備試験一般教養の第1問で出るのですが、解き方のコツは、下の [続きを読む]
  • 予備試験受験票届く!
  • 【予備試験受験票届く】 会場は、狙い通りだった。もう一つの方は、行ったことがないため、どうしても避けたかったので。 隔年でリバースされたら最悪!でも、今年も例年通りの割り振りみたいだった。 それは別として、初日(初日は毎年同じですが、2〜3時間は例年より早かったかも)の午前中に出したため、番号の桁が少なかった(汗)。 [続きを読む]
  • 伊藤塾短答模試
  • 【伊藤塾短答模試】 申し込みに昨日から通算17時間(実質2時間)くらいかかった(汗)。 しかし、なんとも痛い時間のロス。タイムイズマネー!昨年10月の行政書士模試の時は、即申し込みができたのに、今回は何故かログインできず、どうしてもダメだったので、やむなく新規会員登録しました。ただ、アドレス変える必要がある等面倒な手間がかかってしまいました。2月28日まで1000円(クーポン券利用とか面倒な入力ありも1 [続きを読む]
  • 【行政書士試験結果】プラ8も…実質は…
  • 【行政書士試験結果】プラ8も法令悪すぎ…実質は2016.11.13の試験後は、自己採点も、昨日の発表も見ていませんでした(^^;;。手ごたえは落ちた感触(^^;;。まぁ、本当に法令の5肢択一は、悪かった^^;。通信で受講した最後の10月の模試、伊藤塾(最終模試)、辰巳(完全模試)よりも法令5肢択一は悪い。一方、記述式に関しては、今見てみたら、上記模試の二つは、14、22とかですので。伊藤塾の方は合計164で180の合格ラ [続きを読む]
  • 混同
  • 【混同】 24ー22ー3 3.AのBに対する債権を担保するため,B所有の土地に抵当権が設定された後,CのBに対する債権を担保するためにその土地に後順位抵当権が設定された場合において,AがBを単独で相続したときは,Aの抵当権は消滅する。 24ー22の肢3(上記)は、解説を読んでも全然分かりませんでした(短パ、詳解、肢別の解説。そもそも、同じ辰巳ゆえ解説も同じなのですが)。 それで、LQ物権や条文 [続きを読む]
  • 条文音声リスト〜7科目
  • 【条文音声リスト〜7科目】 http://gyosei-shiken.net憲法、民法、刑法、行政法、商法、民訴、刑訴等。 行政手続法は、1.5倍速を推奨。当方の機材では、何故か1.25倍速は同法3条の途中でフリーズがかかるため。 行政不服審査法http://gyosei-shiken.net/index.php?行政不服審査法%20改正版 会社法条文http://m.youtube.com/watch?v=wCbC_XZng2Y 地方自治法http://gyosei-shiken.net/index.php?地 [続きを読む]
  • 6要件
  • 6要件!?要領、?効率、?スピード(追求)。?区切る(範囲)、?絞る(左同)、?削る(教材・内容等)。 【2015司法試験:100人〜合格体験本】〜2016.9.17記 時間があったので、もらってきたものを電車の中で読みました。2015予備試験版もあるのですが、こちらは未だ読んでないということで。 総括すると、こういう合格体験本は、まず家では読まないので(^^;;、電車の中で読むのがベストという結論に・・ [続きを読む]
  • 藤田広美
  • 私も、基本書として使っている「講義 民事訴訟」の著者、藤田広美先生が、明日、辰巳に来るらしい。というか、17日15:00〜から特別講義「多数当事者訴訟の学び方の基本」という講義が3時間行われことは決まっているのですが。私も、後日、DVD講座の方を購入して参戦する予定です。その他にも、例年通り、木村、前田の特別講義に加えて、今年は大塚裕史先生の特別講義も行われるそうです。大塚裕史先生が中心に編集されている基本 [続きを読む]
  • 憲法判例インデックス
  • 【憲法判例インデックス】憲法判例インデックスは、182判例が掲載されています。憲法を含めて、判例インデックスシリーズの良いところは、そもそも、まとめノートのような形式で整理されているため、自分で判例まとめノートを作る時間をショートカットできる点です。結局、百選Ⅰ・Ⅱと判例インデックスから154判例をセレクト(^^;;。憲法判例インデックス(まとめノート代替)から139判例。そして、残りのインデックス非掲載の15 [続きを読む]
  • リーガルクエスト憲法Ⅱ 人権 47頁
  • リーガルクエスト憲法Ⅱ 人権 47頁(余談ですが、当方が購入したのは、本試験後の2016.5.15)に、予備試験28年憲法第1問の肢ウの入会権の判例の内容と結論が7行程書いてあります。が、青柳憲法、長谷部憲法、そして、約250くらい判例を載せている条文判例本にも書いていない、かつ、百選非掲載で18年度重判のみ掲載してある判例を出すのは、申し合わせ事項に反するのではと思いたくなります。ただ、憲法判例インデックスには掲載 [続きを読む]
  • 【2017年方針】〜2016.5.18 記
  • 【本年=一般教養】〜結局辰巳速報=27点伊藤塾速報=27点空欄補充問題は獲れていたw^^;。しかも、正答率は90%弱と実はサービス問題?だったかもしれません。第1問の並べ替えと第2問の女性の問題は獲れていたが、推論問題と最後のイオンの問題を落としたのが痛すぎw。ラニーニャのサービス問題で3点稼いでの27点なので、後1問はガメつく獲らないと。しかも、イオンの問題は冷静に考えれば獲れた問題。現場で考え過ぎて間違えた件 [続きを読む]
  • 【反省・反省・反省】負けに不思議な負けなし!
  • 【反省・反省・反省】負けに不思議な負けなし!この試験は、多分、負けに不思議な負けなし、勝ちに不思議な勝ちなし、のような気がします。当方が以前聴いた合格者講義でその講師の方は、短答は12月中に仕上げたというのがあります。こういうことを知っていて、実践できていないという大馬鹿野郎です、当方は。今回、仕上がりがイマイチだったので、無理だなというのは、経験則上分かっていました。まぁ、手応え以前に落ちは落ち [続きを読む]
  • 予備試験総択第2回
  • 予備試験総択第2回4限の般教の終了時刻が、途中疲れてきたので、17時15分と勘違いして、結果的に開始から1時間15分で20問解き終わった件w(^^;;。ちなみに、40分終了時点で解答したのは5問だけでした(^^;;v。そうすると、その後の35分で強引に15問解答しました。(^^;;最後の10分くらいの5〜6問はマークを塗り潰すだけだったのですが、上記の15分が余った関係上、その残りの時間で3問解答を変更しました。これ危険です(^^;;。予備試 [続きを読む]
  • 刑訴235条1項とプレ22ー肢エ
  • 刑訴235条1項とプレ22ー肢エ刑訴・プレ22問ー肢エエ.告訴は,特定の犯人ではなく,犯罪事実について訴追を求める意思表示であるから,告訴期間に制限がある場合のその起算点は,告訴権者が犯罪事実を知ったときである。 この肢エは、すっと読むと正解に見えるのですが、下記235条1項を見ると、実は誤りということになります。第235条1 親告罪の告訴は、【犯人を知つた日】から六箇月を経過したときは、これをすることができない。 [続きを読む]
  • アウトプットからの基本書読み
  • 【アウトプットからの基本書読み】【例】25年予備試験刑法→詐欺罪、窃盗罪分野。1回、7科目全ての基本書を読んでいるということを前提として、2回目以降はアウトプットからの逆算で基本書の当該分野を読むのが良いと、急に思いつきました。今後の課題です。と言いつつ、当方は、5科目(11冊)は終了していますが、①基本刑法Ⅰ&Ⅱ(大塚裕史他)と、②刑事訴訟法講義(渡辺咲子)の計3冊はまだ読み終わってない状態で、基本的に断 [続きを読む]
  • 憲法と判例百選を好きにする!
  • 上記タイトルの、「憲法と判例百選を好きにする」は、今聴いている合格者講義で大学生の方が述べられた言葉です。この方は、百選の事実の概要、判旨、解説に色分けしながらマーキングするタイプの人です。どちらかといえば、セレクティングではなく、全判例網羅型です。それはさておき、憲法の判例の勉強はなかなか難しいです。話が変わりますが、今頃、会社法判例インデックスの素晴らしさに気づきました。それは何かというと、 [続きを読む]
  • 【刑法】〜当てはめ
  • 【刑法】〜当てはめ部分〜判例の判旨、決定要旨で多く用いられているパターン例〜百選Ⅱ:92事件①〜と認められる。(事実認定)(また、〜と認められる。)→複数の場合有り。②そうであるから、〜というべきである。(価値判断)③したがって、〜である。(結論) [続きを読む]
  • 【刑訴】復習
  • 【刑訴短答復習】20ー40?ア. 「明らかな証拠」とは,有罪等の確定判決を覆し無罪等の事実認定に到達する高度の蓋然性のある証拠を意味する。→×イ. 「明らかな証拠」とは,確定判決における事実認定につき合理的な疑いを抱かせ,その認定を覆すに足りる蓋然性のある証拠を意味する。→◯20ー23?エ. Vは,自宅から自己の所有する宝石が盗まれたとして,親族でない甲を窃盗の罪で告訴した。捜査の結果,甲がVの別居中の弟乙とともに窃 [続きを読む]
  • 【刑法判例百選:232】
  • 【刑法判例百選:232】刑法判例百選Ⅰ・Ⅱのまとめが終わりました(2016.2.11記)。その中で、重要だと思って特Aを打った判例は、①共謀共同正犯 最決平成15年5月1日 スワット事件 百選Ⅰ:76②承継的共犯 最決平成24年11月6日 百選Ⅰ:82③危険運転致傷幇助罪 最判平成25年4月15日 重判25ー刑法3 ④親族相盗 最決平成20年2月18日 百選Ⅱ:35⑤暴行後の領得意思 東京高判平成20年 百選Ⅱ:41⑥事後強盗罪の成否 最判平成16年12月 [続きを読む]
  • 【民法判例百選Ⅰ:57事件の人物関係の誤り】甲=Y,乙=X
  • 【民法判例百選Ⅰ:57事件の人物関係の誤り】甲=Y,乙=X57事件の「177条の第三者?」の判例なのですが、人物関係について、【事実の概要】は、X、Y関係として記述。一方、【判旨】は、なんと甲、乙になっているので??となってしまいます。単純に、X→甲、Y→乙というなら、まだしも、実際は、当方の読解では甲=Y、乙=Xが正しいようです。これは、何とも読みにくいです。基本百選の場合の人物関係は、X、Yで統一されているこ [続きを読む]