count_curse さん プロフィール

  •  
count_curseさん: 廃墟巡歴録
ハンドル名count_curse さん
ブログタイトル廃墟巡歴録
ブログURLhttp://tomhet.doorblog.jp/
サイト紹介文実際に廃墟に行かなくても行った気分になれる様な、写真は「質より量!」みたいな廃墟ブログです。
自由文非現実的で霊的な方面には基本的には興味がありません。日常空間から隔絶された廃墟の美しさに萌えて癒されるだけです。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供53回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/08/04 00:53

count_curse さんのブログ記事

  • ホテル 甚五郎(半地下)
  • 「エントランス/フロント」写真右端が正面入口で、写真左端がフロント。そして、写真の後方にロビーへと続く階段がある構造。記事の構成上、(半地下)と表記してありますが、ここは一応、1階です。写真左端がフロントで、写真中央付近の白い壁の部分は事務所。そして、写真右奥の部分はゲームコーナー・・・だろうか?後程訪れます。フロントと事務所の間には細い通路があり、通路右側には、事務所への入口×2と、左側にはフロン [続きを読む]
  • 稲取隔離病棟
  • date : 2017.04.崩壊が進行し、最早、何の廃墟かも判らない程に無残に荒れ廃れた虚。廃墟としての旬を大きく過ぎてしまい、後は緑に呑み込まれて自然に還るだけの、廃墟的魅力を喪失した唯のボロ小屋と化してしまった嘗ての隔離病舎。此れは、国道沿いでひっそりと朽ち行く老躯の屍。空虚なる駄廃墟である。稲取隔離病棟(前編)へ稲取隔離病棟(後編)へ [続きを読む]
  • 鶯花荘(6階・後編)
  • 「屋上」それでは、再び屋上へ。壁が倒れて(崩れて?)、屋上から客室(504)が丸見えである。無駄に長くなった鶯花荘の探索も、残るはこの部分のみ。終盤です。(5階・後編)で御紹介した、浴場へと続く崩落螺旋階段へと続く通路の脇に、6階ベランダへと続く避難用?階段があり、その裏(下)に客室(504)の避難用?出入口があるので、そちらから客室へ。「客室(504)」(5階・前編)で御紹介した504号室へ戻っ [続きを読む]
  • スカイレスト ニューむろと(前編)
  • ーー前置きーー2年程前から「島田島」→「阿波福井」→「室戸岬」の廃墟計画はあったのですが、「島田島」廃墟は既に別の廃墟コースで訪れてしまい、残った「阿波福井」→「室戸岬」のコースでは両廃墟共に今一つ期待出来ないし、その上、帰りの健康ランド等、魅力的な寄り道場所も無く、「阿波福井」→「室戸岬」コースの計画はずっと流れていました。今回も、本来は、阿波福井の廃墟を探索した後、北上して屋島を再訪する予定だ [続きを読む]
  • ホテル 甚五郎
  • date : 2016.07.栄枯盛衰が顕著で、嘗ては一大廃墟群が在った景勝地。現在では其の殆どが撤去・解体され、最後と成った生き残りの廃ホテル。其の巨大さ故に未だ取り残され、コの字型で構成された其の余りの巨きさに、方向音痴の者は己の居る位置が判らなくなって迷う事間違い無しの、廃墟群最後にして最大の、そして最高峰の廃墟的荒廃美を内包した、屋島廃墟群の第一人者。此れは四国廃墟の横綱・甚五郎である。ホ [続きを読む]
  • 三州園ホテル(2階・後編)
  • 「広間」現在は解体が進められてコンクリ剥き出しで、往時の姿は全く想像出来ませんが、こちらは広間か宴会場か、まぁそんな感じの部屋だと思う。かなり広いので、往時は幾つかの部屋に区切られていたのだろう。広間の左端には1階へと下りる階段があり、それは(1階・後編)で触れた「階段3」である。通路だったと思われる部分には、でっかい岩がゴロリと転がっているが、あれは一体・・・?何かのオブジェ的な感じで、何処かに飾 [続きを読む]
  • 鶯花荘(5階・後編)
  • 「5階従業員室」この界隈も、木造棟2階(6階)と同じく従業員区域であろう。しかし、壁は朽ちてボロボロで、長らく使用されていた形跡は無く、恐らく、廃業する以前から廃墟化が進んでいたと思われる。窓際は特に崩落が進んでおり、余り窓辺に近付くと、床を踏み抜くか建物が倒壊する恐れがある。さて、部屋の奥には、更に奥へと続く細い通路があり、木造棟2階(6階)と同様に、従業員区域はまだ続く。奥の部屋では、錆びた2 [続きを読む]
  • スカイレスト ニューむろと
  • date : 2017.03.室戸岬に御座す怪獣の虚。其れは、カネゴンか、ガラモンか、それともキングボックルか。ウルトラQやウルトラマンを観て育った小学校低学年時代・・・、と言えば、生まれた時代を疑われるが、勿論、当時に僕は生まれていない。しかし、怪獣を見て育った者には何処か浪曼と郷愁を抱かずにはいられない其の姿。見た者に強烈なインパクトを与える其の外観とは裏腹に、内部はへっぽこ極まる駄廃墟の。 [続きを読む]
  • ベルビュー富士ホテル(3階)
  • 「階段」3階には、階段の向こう側(1階では外に出た部分)にも何やら部屋がある。「従業員室」階段の奥の部屋は、恐らく従業員の休憩室とかそんな感じの部屋だろうか。来た方を振り返る。勿論、突き当たりを左に折れると「階段」である。「パントリー」従業員室は、窓(は無いが)伝いに隣の部屋にも繋がっており、こちらの部屋には業務用エレベーター等もあって、恐らくパントリーだと思う。因みに、パントリー奥の突き当たりを [続きを読む]
  • 三州園ホテル(2階・前編)
  • 「2階客室前通路」階段(5)を上ると通路は左右に伸びており、先ずは左へ進みます。因みに、写真左端が階段(5)で、通路の右側に客室が並んでいます。勿論、写真の後方にも通路は続いているが、そちらは(後編)で。通路左側にはパントリー等があり、通路は突き当たりで少し右に折れて続く。「パントリー」「2階通路」先程の客室前の通路突き当たりを右に折れた先。写真左半分に入口が見えますが、そちらへは進まず、写真中央 [続きを読む]
  • 鶯花荘(6階・前編)
  • 「階段」この階段は少し歪んでおり、逸ノ城ぐらいの巨漢が上ると崩落する恐れがある。階段が崩落するのが先か、鶯花荘が解体されるのが先か、という感じかも知れない。因みに、階段を上ると、左には便所、右には通路が続いている。「6階(木造棟2階)通路」写真右下が今上って来た階段で、写真右端の暗い方へ進むと物置?がある。「物置?」写真右下が先程上って来た階段。階段も歪んでいたし、この辺りは脆くなって来ているので [続きを読む]
  • 町家のひなめぐりに行って来た。
  • 奈良県の高取町で、3月1日から3月31日まで(時間は10時〜16時まで)行われている第11回「町家のひなめぐり」に行って来ました。http://www.hinameguri.jp/訪れたのは、去年に引き続き2回目です。古い町並みの、その家々の軒先や窓越しに飾ってある雛人形を巡る催しです。各々の家の雛人形には、各々の家の雛人形との出会いの経緯や思い出の言葉が添えられていたり、また、ここぞとばかりに食べ物や服や自作の品を並べて [続きを読む]
  • ベルビュー富士ホテル(2階)
  • 「階段」半分開いた防火扉の先の暗い部分が先程上って来た階段で、写真の右の方へ進むとパントリーらしき部屋がある。「パントリー」下階の厨房から小さいエレベーターを通ってこのパントリーに食事等が運ばれ、宴会場や食堂、喫茶等に配膳されたのだろう。因みに、写真の右の方へ進むと「宴会場」がある。パントリーの奥から来た方を振り返る。突き当たりを右へ進むと先程上って来た「階段」で、左へ進むと「宴会場」である。「宴 [続きを読む]
  • 三州園ホテル(1階・後編)
  • 「食堂」こちらは浴場だと思っていたのですが、よく考えると、恐らく「食堂」であろう。壁が普通の壁であり、ここが浴場であったならば、営業を開始して数日で水気によって壁が朽ちて崩れている筈である。普通に考えれば浴場では無い事は直ぐに分かる事ではある。しかし、部屋の隅に何やら浴槽の様な物があり、単純に「・・・あ、風呂か」ぐらいの考えで勝手に浴場だと思ってしまった(笑)。が、浴槽にしては浅過ぎる。もしかすると風 [続きを読む]
  • 頽廃的絶景(其ノ漆)
  • さて、現在、湯の山の温泉街には、空を飛びそうな程の高さの湯の山大橋(仮称)が建設されており、その完成に向け、温泉街の環境整備に力を入れて廃墟群解体の補正予算を計上したり、再び観光地としての賑わいを取り戻そうとしているらしい。確かに、この温泉街の廃れ具合は半端では無く、寂れて暗い瘴気の如く雰囲気が温泉街全体から湯気の様に溢れ出している。廃墟マニアであれば、♪ドッキドキ〜のワックワク〜?かも知れないが [続きを読む]
  • ベルビュー富士ホテル(1階)
  • 「階段」こちらが先程上って来た階段であり、階段の向こう側に屋外へと出る非常口があるので、一度出てみます。因みに、この写真の反対側(後方)には厨房があり、これは厨房前からの景色である。写真中央の電気設備の右辺りが、今出て来た非常口の辺りである。この写真の反対側(後方)には社員寮の棟が建っていたが、疲労困憊の影響で、本館を撮り終えた時点で精神的にも体力的にも限界だったので、寮棟は未探索。くそー!ネット [続きを読む]
  • 大川グランドホテル(後編)
  • 「3階通路」この通路は丁度、2階で畳が邪魔だった通路の上階に当たる。「客室(307)」2階と同じく、307号室、309号室、311号室は、窓からプールを望む事が出来る。「客室(309)」「客室(310)」いや、海、近過ぎるだろ!!! 近けりゃ良いってもんじゃないと思うぞ。海側の部屋(このホテルの殆どの部屋が海側)は絶対に波の轟音で寝れないと思う。それで廃業したんじゃないかと思える程、終始、ズドドドド [続きを読む]
  • 三州園ホテル(1階・前編)
  • 「外観」入口から既にこの厳めしさ!格好良いにも程がある!!!エントランスの辺りから客室棟の方を望む。なんか頭に簪(カンザシ)みたいなのが刺さってるな。たこ焼きに刺さってる爪楊枝の様にも見えて、何だか可愛い。いや、それにしても素晴らしいデザインですね。格好良過ぎる!!!「エントランス」"政府登録 国際観光旅館"と書いてあるが、この言葉、よく廃墟で目にする気がします。「フロント」正面入口から入って左側がフロントに [続きを読む]
  • 唐櫃の廃墟
  • date : 2016.12.さて、1〜2年前の夏に1度訪れた事があるこの廃墟ですが、その時は草木の余りの凄まじさに返り討ちにされて探索は諦め、草木が最も枯れている12月〜3月辺りにでもまた再訪しようと思いつつ、どう考えても特に期待出来そうな廃墟では無い事もあってわざわざ再訪する気にならずに放置していたのですが、今回、漸く気が向いたので訪れてみました。「エントランス」こちらは恐らく正面入口だと思わ [続きを読む]
  • ベルビュー富士ホテル(地下)
  • ーー前置きーーさて、今回の伊豆旅行二日目は、無計画が仇となり、前日は結局ネットカフェに泊まる羽目になってしまったのですが、これがまた全く寝れる雰囲気が無く、仕方が無いので朝まで廃墟を検索したりボーッとしたりして過ごし、一睡も出来ないまま夜が明けて、極度の睡眠不足状態で出発。しっかり8時間寝ないと駄目な体質の僕には、これはかなりキツい。そして、そんな疲労困憊の状態で、朝イチで先ず向かったのが、今回、 [続きを読む]
  • 大川グランドホテル(中編)
  • 「客室(203)」「2階通路」日没まで時間が無いので急ぎ足で通路を進み、隣の部屋へ。因みに、通路の右側に客室が並んでいるが、今気付いたが左にも何やら1つ部屋がある様に見える。完全に見落とした様で、不覚にも写真を撮っていなかった。まぁいいや、どうせしょーもない。「客室(205)」204号室は無い仕様。部屋から下を見下ろすと、1階の崩落部分(テラス?)が見えた。ぐちゃぐちゃで何がどうなっているのか、わ [続きを読む]
  • 三州園ホテル
  • date : 2016.08.城塞の如く厳めしく重厚な建造物。三ヶ根山上に鎮座する其の無機質で巨大な灰色は、炎に因って荒廃と荒涼の頽廃的色彩に暗く染め上げられた燻し銀の迷宮。廃の王が御座す墟の玉座は、焼け爛れても尚、貫禄に満ちて、圧倒的存在感で堂々たる姿を晒す此れは、虚無の芸術的空間を孕んだ偉大なる廃墟。いとをかしき三州園ホテルである。三州園ホテル(1階・前編)へ三州園ホテル(1階・後編)へ [続きを読む]
  • 頽廃的絶景(其ノ陸)
  • さて、本州で最も尊いと言っても決して過言では無かったこちらの廃墟は、現在では防犯カメラや機械警備が設置され、最早、廃墟ではなくなってしまった模様。厳戒態勢で再生への道を歩んでいる様だ。(実際に見に行っていないので、現状は知りませんが。)廃墟が解体、若しくは再生される事は建設的で非常に良い事であり、今後の動向が楽しみである。というのは建前で、勝手な本音を言えば「なんや、廃墟じゃなくなったんか、じゃあ [続きを読む]
  • ベルビュー富士ホテル
  • date : 2016.08.有名廃墟の成れの果て。其の巨大な体躯は荒廃の極み。悪意に満ちた人為的破壊と解体、そして幾星霜を経た経年劣化に因る末期の姿を晒し、しかし、其れでも尚、未だ堂々と在る大型廃墟。数多の記憶を刻み、荒涼の美しさ宿す、此れは頽廃の虚である。ベルビュー富士ホテル(地下)へベルビュー富士ホテル(1階)へ [続きを読む]
  • 大川グランドホテル(前編)
  • ーー前置きーーさて、今回の伊豆旅行は先ず到着時間から既に何故か大幅に遅れてしまった上に、1件目に探索した物件が予想以上に素晴らしく、思わず5時間程篭ってしまった為、更に時間が押してしまい、その上、夏の海水浴シーズンで道は大渋滞!移動するだけでもかなり時間が掛かってしまい、仕方無く何件かスルーして漸く辿り着いた初日2件目の物件が、この「大川グランドホテル」である。しかし、到着した頃には既に陽が傾き始 [続きを読む]