マダムミシェル さん プロフィール

  •  
マダムミシェルさん: 子供叱るな、来た道だもの。年寄笑うな、行く道だもの
ハンドル名マダムミシェル さん
ブログタイトル子供叱るな、来た道だもの。年寄笑うな、行く道だもの
ブログURLhttp://ameblo.jp/msuno17/
サイト紹介文親の遠距離介護と一人娘が産んだ孫の孫育て。2足の草鞋生活をつらつらと綴っています。
自由文女としてこの世に生れて60年。人並みに就職し、人並みに結婚して、人並みに子供にも恵まれた。
ちょっと人並みではないのは転職回数。ライフスタイルに合わせて転職を重ねているうち、両手に余る職歴の持ち主に。
今は「親の介護」と「孫育て」をテーマに生き方模索中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供29回 / 33日(平均6.2回/週) - 参加 2013/08/06 23:23

マダムミシェル さんのブログ記事

  • 妹2号の住居探し③
  • 今まで家など探したことのない妹2号ですから、何から手をつけていいのか、ちんぷんかんぷん…な状態 そこで、妹2号には、まずは自分の希望をまとめるように言いました。 妹2号の希望はこんな感じマンションの3階くらい最上階はNG今の家から2キロ圏内床暖があるペット可海に近くない は、女一人暮らしなので、1階は怖いから。さらに階段利用でも大変でない階がいいらしい。は、マンション暮らしの友人から、最上階 [続きを読む]
  • 妹2号の住居探し②
  • 続きです。 娘夫婦との別居を決めて、妹2号の住居探しが始まりました。 普通なら娘夫婦が新居を探すところでしょうが、そもそもそういう考えがあるのかないのか、何の意思表示もありません。 妹2号はそのこと自体に不満があるわけではなく、色々考えて、亡き夫が遺してくれた一戸建てに娘一家(まもなく3人家族になるし…)が住んでくれたら嬉しいと思ったのです。 自分は単身なので、広い一軒家は必要ないと [続きを読む]
  • 介護ローテーションの狭間〜つづき〜
  • 私が帰った日の夜は、ヘルパーさんが来る時間(19時)になっても来ないので、しばらく待っていた父も不安になり、妹2号に電話してきたのです。 そこで妹2号が私に電話 私がどうにもできない(たとえばケアプランを確認するとか…)ので、取り急ぎ、ヘルパーさんの事務所に電話するように言いました。 時間が時間なので留守電に繋がり、結局、後で電話が来たけれど、担当者不在で今からのヘルパー派遣は無理という [続きを読む]
  • 介護ローテーションの狭間
  • 私が1ヶ月の実家滞在を終えて自宅に戻り、妹1号が交代で来るまでの1週間が始まりました。 介護ローテーションの狭間?とでも言いましょうか。 ここ2年くらいは、私が3週間、妹1号が5週間、そしてその合間の1週間をショートステイやヘルパーさん対応でしのいでいます。 もちろん、実家と同じ市内に住む妹2号も2日に1回は様子を見に行ってくれます。 ところがそのたった1週間の間に、問題が起こることが多くな [続きを読む]
  • 妹2号の住居探し①
  • 昨年、まだ働き盛りの夫を突然死で亡くした妹2号。 その夫は、妹2号に住む家も、その後の暮らしにも困らないお金(年金など)も遺してくれました。 妹2号の家は築20年ですが、6年ほど前に水回り(お風呂、洗面、キッチン)のリフォームをしており、まだまだ快適に暮らすことができます。 上の2人の息子は、それぞれ結婚して家を購入しています。 昨年末、末娘がデキ婚しました。 順序が逆(!)だったの [続きを読む]
  • 実家の愛犬までもが入院?!
  • 実家で飼っている12歳の柴犬が、ここ数日、ご飯をまったく食べなくなりました 今までにも夏バテした時とか、ほとんど食べなくなることがあったので、そうなのかな…と様子を見ていました。 すると、水もまったく飲んでいないことが分かり、ぐったりと庭で寝そべっているではないですか 12歳と3ヶ月…。 もしかして、そろそろ 父はそういう時、すぐに「もうご臨終やな」などと言います。 ええ〜〜〜 [続きを読む]
  • 父が草刈機で負傷〜つづき〜
  • お医者さんに行って来ました。 例の泌尿器科の先生に診てもらっています 先生の前だと意外と大人しくなる父なのです 怪我の状態はいい具合に良くなってきている模様。 イソジンシュガーの働きが結構良くて、傷口にも貼りつかないし、ガーゼの貼り換えは思ったより簡単です。 でも、ちょっと間違ってました 貼り換えの時、傷口をよく水(もしくはぬるま湯)で洗い流してから、新しい軟膏を塗らない [続きを読む]
  • 父が草刈機で負傷(>.<;)
  • 86歳の実父との生活は、色々と大変なことが多いのです 介護度4の母より、よっぽど大変 なぜなら、娘の言うことをちっとも聞いてくれないから。 愛犬(ちっちゃい柴犬)の散歩に行くのに、膝が痛いのどうのとぐずぐず言うくせに、畑のこととなると1時間でも2時間でも、平気で作業してる 今くらい暑くなってくると、熱中症が心配されますが、何度言っても「気をつけてる」としか言わない。 2時間ぶっ通し [続きを読む]
  • 年寄りは汚い?!
  • 老親を見ていて、汚いな〜と思うことがよくあります。 たとえば、うちの父は、自分が食べている箸で、おかずをかき回します。 かき回すというとオーバーですが、いわゆる迷い箸のように、触りまくるのです 比較的乾いたおかず(って表現も変ですが、たとえば肉巻きとか…)はまだしも、汁気のあるおかずや副菜の場合、正直、やめてよ〜って感じです。 私は実際、それがとてもいやなので、以前はいちいち、文 [続きを読む]
  • 言葉遣いは家庭から
  • 昔々、我が娘が中学生だった頃のこと。 期末試験の終了日がお誕生日に重なり、平日だったので、共働きの私たちは、夜、美味しいものを食べに行こうね〜♪と話していました。 仕事が終わり、急いで帰宅すると、連日の試験勉強(ってほどはやってなかったかな?)で疲れたのか、娘は部屋で爆睡中 夫も帰って来ましたが、良く寝ている娘を起こすのは可哀そう…と、しばらく待っていました。 待っていたのですが [続きを読む]
  • フランス新大統領、マクロン氏の奥様は魔女?!
  • フランスの新大統領、マクロン氏で良かったですね〜 ルペン氏になってたら、イギリスの二の舞 あれだけイギリスのEU離脱決定をバカにしていた(と思った)のに、なぁんだ、一緒じゃん〜って言われちゃいますから。 よそのお国のことをあれこれ言うものではないですが、かつて少し住んだ国でもあり、長年来の友人もいる国なので…。 ところで、偉そうなことを言ってるわりに、マクロン氏の政策などを詳しく知 [続きを読む]
  • デイサービスに大助かり
  • 母の状態は日によってアップダウンが激しく、ひどい日は、トイレの手すりにつかまって立つことすらままなりません トイレは介護のための改装補助を使って1年半前にリフォームしたばかり。 それでもベッドと車椅子の移乗のようには簡単ではありません。 車椅子ごとトイレに突っ込み、2ヶ所ある手すりに母をつかまらせ、立つように促すのですが、スッと立てる日と、背中を押してかろうじて立たせてもすぐにずるずる [続きを読む]
  • サービス付き高齢者向け住宅を考える
  • 正直、サービス付き高齢者住宅を利用することは全く考えていませんでした。 施設に入れる=特別養護老人ホーム(特養)、もしくは有料老人ホームに入れると考えていたのです。 たまたま実家から見えるところ(徒歩3分くらい)に特養があり、父が自治会からの派遣でそこの理事をしていた関係で、特養に入れる第一候補として考えていました。 ショートステイでも何度もお世話になっている施設です。 特養は順番 [続きを読む]
  • 小規模多機能型介護のメリット・デメリット
  • 今後の母のことを考えるにあたって、ケアマネさんに色々聞いてみました。 まずは、以前から妹2号が興味を持っていた小規模多機能型介護について。 小規模多機能型という名の通り、特養やグループホームのような多人数を対象としていません。 (なぁんて偉そうに言いましたが、じゃあ何人くらいか??は知りません) そして、多機能型という名の通り、デイサービス、ヘルパー派遣、そしてショートステイの機能 [続きを読む]
  • 介護生活で必ず直面すること〜いつ施設に入れるか?〜
  • 長い在宅介護の先には、必ずと言っていいほど、この問題が発生します。 発生しないのは、幸か(?!)不幸か、予期せぬ突然死(事故や急激な老衰)が訪れた時だけです 予期せぬと言っても、意外と起こるものなのです。 私の周りだけでも、父方の伯母が2人、母方の伯父が1人、そういうことになりました 私が母の介護で実家に帰るようになって、まもなく6年になります。 介護と言っても、最初は「食事を作 [続きを読む]
  • 実家に戻って1週間も経たずに介護DV?!
  • いつもは妹1号とのダブりはなく、間に4日〜1週間の父母のみ(正確には各種介護サービスの利用と妹2号のサポートがある)期間を置いて、介護ローテーションを組んでいます。 今回は義弟の1周忌があったため、3日間ダブらせて交代しました。 3姉妹が揃ったのは、それこそ、昨年の義弟のお葬式以来です LINEや電話で頻繁に情報交換しているとはいえ、やはり生の情報には勝てません。 母の状態や介護サービスの [続きを読む]
  • Facebookの友達承認
  • 最初はTwitter、次にFacebook、そしてLINE。 次から次へと便利であるけど、知らず知らず、不特定多数と繋がるツールが出て来て、ちゃんとした使い方を理解しないまま、使って来ました。 Twitterはしばらく使った後、通勤電車の遅延確認のみになり、仕事を辞めてからはほぼ、使わなくなりました。 Facebookは以前ほどは更新しなくなったけれど、同窓会グループの更新が頻繁(20歳上の大先輩から30代の後輩まで、み [続きを読む]
  • 義弟の1周忌の法要が無事に終わりました
  • あっという間でした。 もう1年経ったのです。 妹2号は泣き暮らしながらも、頑張って相続税の申告を終え、子供たちとの将来を考え、親のことを考えています。 早く夫のもとへ行きたい…なんて言いながらも、生来のカタツムリペースで日々を送っています。 1周忌が終わり、千葉からかけつけた次男の車に乗って、かつて家族で訪れた福島県の磐城を訪ねる一人旅に出ました。 去年のGWに夫婦2人で訪ねる予定 [続きを読む]
  • 最近は出産も簡単ではないらしい
  • 娘が第二子を妊娠 第一子(我が家の最強・最愛の孫ちゃん)を出産した某東芝病院に検査に行って来ました。 とりあえず妊娠の検査はしてくれたのですが、そこで出産しない人の妊婦検診は受けていないとのこと あと数ヶ月で引っ越すため、出産は新居の近く(つまり今私たちが住んでる街)の産婦人科でする予定なのです。 ここでちょっと状況説明。 娘が今住んでいるのは品川区。 なので母子手帳は品 [続きを読む]
  • 次は引渡時期の問題発生?!
  • 無事、上棟式が終わり、これからは建っていく新居を観察しながら過ごせばいいのね…なんてのんきに構えていたら、またまた問題勃発 営業担当さんから連絡が入り、当初の予定の6月末引き渡しで引っ越しをするとなると、ローンが降りる前に引っ越しとなるため、つなぎ融資が必要…なんて、寝耳に水のことを言われたのです。 つなぎ融資をするために、抵当権の設定が必要になり、つなぎ融資手数料及び司法書士さんの諸手 [続きを読む]
  • 我が家の野菜作り〜黒マルチの張り方〜
  • 野菜を植える前の準備として、苦土石灰を撒いて、堆肥を撒いて、畝を作って黒マルチをかけました。ほんの20平米の畑ですが、畝を作るだけでも2人で作業してヘロヘロになります黒マルチをかける作業も、ちょっとでも風があると、押さえるのが大変最初に黒マルチをかけた時、黒マルチの押さえ(土に突き刺すやつ)を買っていなかったので、マルチの端っこに土をかけて押さえました。NHKの野菜の時間で紹介していたやり方ですところが [続きを読む]
  • 上棟式、無事に終了
  • 上棟式って、昔の思い出は、出来上がった屋根の上からお祝いのお餅撒き。 そうなんです。 私が生まれ育った地方では、棟上げが終わると、丸餅が屋根から撒かれていました。 子供心に屋根から投げられるお餅を拾うのが楽しくて出かけて行った記憶があります。 そしてなぜか、田んぼの真ん中。 実家の周りは農家が多かったので、田んぼを潰して家を建てるから、田んぼの中の棟上げってことになったのでし [続きを読む]