木陰 廊 さん プロフィール

  •  
木陰 廊さん: 渓流散策とか日々のことども
ハンドル名木陰 廊 さん
ブログタイトル渓流散策とか日々のことども
ブログURLhttp://sawazumi116.blog9.fc2.com
サイト紹介文気軽に釣りをしながら身近にある自然美をみつけ歩記。
自由文 信越(新潟、長野)地方を主に渓流の釣りや散策をしています。
 いまでも無銘の清流を探しては探索を続けてます。
 ホームページはこちら

http://okusinetu.web.fc2.com/
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供18回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/08/04 19:28

木陰 廊 さんのブログ記事

  • 野々海川・西沢
  • 7月10日。野々海川・西沢。野々海川へのルートはいま、「野々海川水源地域整備工事中」とかで、そうとう奥まで工事用のルートができている。どこまでそうなのか確認はしていないが、かなり気合の入った工事しているらしい。仕事の邪魔にならないようにしたいが、この日は「本日の大型車両の往来はありません」とあった。工事はお休み。工事車両の通れる道だからかなり先までクルマで侵入できるだろう。そう思って悪路をゆっくり上 [続きを読む]
  • 2017 羽根川・当間川
  • 7月9日。 当間川・羽根川。明け方の、ほんの一時に羽根川に来てみた。梅雨雨は上がっていた。水量はそれなりだったが、濁りはない。大き目のキジを用意してきたのだが。あの大きな水害いらいだが、はたしてどうだろうか。ところどころ流れ込みが深瀬を形成している。流心脇を流すが反応なし。そしてあの秋葉山橋の前まで来た。落ち込みの両脇にポイントがある。仕掛けを投入すると、一気に仕掛けがひったくられた。反射的に強く合 [続きを読む]
  • 馬曲川
  • 馬曲川だ。樽川の近くを流れる。気にはなっていたがここまでくるとどうしたって樽川のほうに足が向いてしまい、本格的にやってみる機会がなかった。この日も十分とはいかなかったが、中流域でそれなりの成果があった。数はともかくいいイワナはいる。下流は砂防堰堤が多くてとっつきにくい印象がある。苦労して攻めても成果なし。いいポイントがあるのにな。失敗した。まえにアップした馬曲川のファイルを破壊してしまった。にほん [続きを読む]
  • 西入沢川2度目
  • 涼しいというより肌寒い日がつづいている。もっともこれくらいが自分にはありがたい。たぶん今日はかなり渓流を歩くことになるからだ。ひと月ぶりの西入沢川。残雪の消えたその先を行く。緑が濃いのは始めのほうで、雪の消えた後はまだ草が茂っていない。こんなのまであった。キヨタキシダ。帰りにいただいてゆく。イワナはそこそこ釣れたが、けっこう大きな滝があって、極めるとすると十分な準備がいるだろう。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 最近の釣り
  • 戸沢川。5月半ばころ。上流は国道17号線に沿って流れている。途中、神立高原を水源とする駒形川と下流域で合流して水量を増している。水量を保っているうちにやってみようと来た。国道を横切っているがそのあとは山に沿って流れているのでわかりにくい。ながいことマークしていなかったのもそのためだ。魚はいる。魚野川本流からの遡上がいないか期待して下流から攻めたけれど、小物がちらほら。でも一匹、尺に出会えた。これでよ [続きを読む]
  • 小牧沢川
  • なんだか憑かれたように釣りに駆り立てられている気がする。もっとも日曜日とてそう時間に余裕があるわけではないので、近間を巡っている。この小牧沢川は地図にないくらいだから、魚がいるといっても知れている。以前に来たときは小物が数匹で、まあ釣れるだけマシといった成果だった。でもこの日は良型が竿を存分に引き絞ってくれた。うかつにも高いところから仕掛けを落としていたのであわててしまった。でもまあよし。気温が高 [続きを読む]
  • 北信濃・中条川西入沢川。雪渓を行く
  • 以前来た中条川は、東入沢川という。この東入沢川と西入沢川が合流して中条川となる。地図ではそうなっている。いまだ工事の続く「トマトの国」付近から入渓。天気はよくて汗ばむ。でも渓はいまだ人を受け入れてはくれないようだ。厚い残雪が覆いかぶさり、イワナを守っている。まだ早かったのだ。北信濃の溪はどこもそうで、水源の山々の雪がなくなる6月ころでないと、全流域を極めることはできない。山菜が盛りを迎えている。釣 [続きを読む]
  • 上越市安塚区真荻平の無名の渓流
  • 小黒川支流・無名の渓流 早朝、雨の中上越方面へむかう。目当ては保倉川支流の小黒川の支流のまた支流。名前はしらない。昨年、小黒川釣行の帰りに、道路下の吐き出し口で魚のいることを確認しているので、そこを本格的に攻めてみようと思ってきた。なにしろ地図にその渓流が載っていない。そこに行かなければわからない釣り場だ。まあとにかく驚かされた。こういう経験は前にもあったが、事実上はじめて来るところでは、期待はあ [続きを読む]
  • 岩沢川
  • 4月23日の釣行。志久見川支流・岩沢川。 県道507号線の切柳橋。ゴミがおおかったなー。かなり小渓流を駆けまわったつもりでいたけれど、まだ未踏の川がある。探索の楽しみはとうぶん尽きないな。魚はそれなりにいるけれど、苦労のわりに釣果はそれほどではない。川幅はせまくて遡行はけっこうしんどい。夏場はほとんど釣りにならないだろう。今が一番いい時だと思う。花も一番いい時期と思う。カタクリの群生と、それに交じっ [続きを読む]
  • 2017 北沢川
  • ずっと予定していた北沢川釣行をしてきた。早朝、4:30起床。よく起きれたもんだ。 羽根川は澄んでいたものの水量は多い。川虫が採れるかどうかだったが、採れた。 上越国際スキー場に向かう。北沢川は、まさかの濁流。なんで???でも竿を出す。 なんとかニジマスがつれた。しだいに水も澄んできたように見える。昨日の融雪の影響が残っていたのだろうか。あるいは暗かったからそう見えたんだろうか。 明るくなるにつれ、水もよ [続きを読む]
  • 稲荷川
  •  もう4月なのに釣りに行けてない。この記事も先月のもの。 3月、解禁からしばらく経つのに、やっと釣りに出かけた。 清津川支流・稲荷川。 後発といっても、雪はまだ厚い。それほど荒れてはいないだろう。雪の上に残っている先行者のあとにつづく。 自分的にはあまり印象のよい渓流ではない。清津川の釣行ついでに何度か寄ってみて、ぜんぜん釣れなかったので、ながいこと足が遠のいていた。どうにか今回は小物のイワナにい [続きを読む]
  • 2017 初日の没
  •  あけましておめでとうございます。 なにをするでもなく過ごしていた。めずらしく午後から霧が出て、夕方近くになると晴れて青空がのぞいた。そうしたら外が明るくなったので散歩にでかけた。空が綺麗だった。 エナガの群れに遭遇。 地理的に初日の出を拝むのが難しいけれど、初日の没をおがむのも悪くない。にほんブログ村 [続きを読む]
  • 2016ナメコ採り天水山
  •  今年はまだナメコ、ヒラタケの収量が少ない。あまりヒマがないこともあったけれど、好天にめぐまれることがなくて山に行くことがなかった。 11月も終盤のこの日、信越トレイルへ。天水山付近へ。足滝川の水源となっている無印良品津南キャンプ場へ行き、山伏山をまわって天水山方面へ。やがて野乃海方面と大厳寺牧場方面にわかれる。ここに駐車場があって、トイレもある。細い流れはどうも [続きを読む]
  • かじか釣り
  •  今回も、すこし前の記録。かじか釣りやってみたさ。七川 釣れたけど・・・。これも難しいな。少年時代、ヤスをもってツキまくったこともあったんだけれど。 その昔、友達とカブトムシとクワガタを捕りにヤナギの木のある河原に来てみると、川の中でしゃがんでいるおじさんがいる。何をやっているのかと見ていると、気づいたおじさんが捕った小魚を見せてくれた。それがカジカだった。 それからはカブトムシなど眼中になく、川 [続きを読む]
  • 上輪海岸
  •  少し前、9月に海にカニ釣りに行ってみた時のこと。 ずいぶん昔の話だけれど、この上輪海岸でなかまとキャンプしたことがあった。今はキャンプは禁止。そもそもキャンプのできた砂浜は新潟県中越地震でなくなっている。廃線となっていた鉄道の線路が、崩落した瓦礫とともにひしゃげた姿をみせている。 でも遠浅の岩場はあの頃と変わっていない。ここならイシガニがいるんじゃないかと来てみたんだが・・・。 あのとき、海岸で [続きを読む]
  • 樽田の森
  •  樽田の森を散策してきた。 この池にはブラックバスがいる。トラウトタックルで攻めてみたが何の反応もなし。涼しすぎて活性が低下しているのかと思ったが、池の中央部でライズがある。よく見ると水面に遊泳する魚の姿もある。・・・スレているんだな。釣りは早々にあきらめた。 遊歩道が整備されているので、軽装で散策できる。カタハ(スギヒラタケ)が目立つ。今では毒きのことされているので採る人がいないのだろう。謎の多 [続きを読む]
  • 2016魚野川
  •  事実上、シーズン最後の日。魚野川水系へ。 本流はアユのコロガシでにぎわっている。新八海橋の下にポイントを決めた。さあ支度を・・・え?ルアータックルを間違えている。ウルトラライト持ってきてしまった。う〜ん、しかたない、大物が出ないことを祈ってやってみた。  ポイントはやや水深のある瀬で、反応はすぐに来た。ULだからロッドはしなうが大物ではない。 25?といったところか。そのあともヒットするもバラシが多い [続きを読む]
  • 濁川の子ヤマメと遊ぶ
  •  もともと夏はにがてだったけれど、年々過ごしにくくなってきている。単なる夏バテでなくて熱中症の症状が何度かあった。家に帰ってから腹筋が痙攣起こした時には往生した。 自分の体調がうつったのかPCが不調をおこし、ついに動作不能、けっきょくリカバリするはめに。Windows10が原因らしい。今も復旧作業中。 やっと涼風の季節になって、多少は体も動くようになってきた。シーズンも残り少ないし、竿を持って出かけた。 飛 [続きを読む]
  • カニ釣り
  • カニ釣りをやってみました。am9:00、柏崎の海岸。海はおだやかだったものの雨が強くなって早々に退散。どうにか一匹を捕獲。初だからこんなもんでしょう。ポイントはここ。たまには釣ったものを食べてみようかと思いながら、なにもしていない。川の魚はどうしても放してしまう。でも海のものについてはあまり抵抗がなくて、ヒラメ、シーバス、イナダは、あまり多くはないけれど持ち帰ったことは何度かある。でももっと簡単に釣れ [続きを読む]
  • 清津川2016夏
  • 清津川へ。以前、ロッドティップを折ってしまったシマノの渓流ゲームL60-64。いちおう修理してみたので、これがまだ使えるかどうかの検証してみた。もっとも釣れたのは小ヤマメばかりで甲斐がなかった。ところで、すこしいやなものを見た。僕が釣ったものではない。陸に上がっていた。当然死んでいたが、それほど経っていないようだった。まさか自分で陸に上がったわけではあるまい。砂地には人の足跡がある。まったく・・・何者 [続きを読む]
  • 中条川
  • 長いこと忘れかけていたあの渓流を訪ねてみた。中条川という。過去には何度か訪れてはみたことがあるが、ろくな釣果はなかったし、近年、災害続きでずっと工事中となっていたため、足が向かなかった。国道から望見できるほど、山は大きく崩壊している。地元のNPO法人の記事を拝見すると、工事が難航するのもむべなるかなという気もする。東入沢の下流を見下ろす。日曜なら工事も休みだろうと思い、立ち入り禁止の手前まで行かせて [続きを読む]
  • 志久見川上流・天代川
  • 天代川と日蔭沢北野天満宮温泉の近くで北野川と合流している。農繁期にはいると農業用水にとられて見るも貧相な流れとなる。でもこれは本来の姿ではない。北野川と同様、取水されているところより上流に行けば水量のある良渓だ。とはいえ、いままでは大した成果はなかった。いちおう小さなイワナを2〜3、釣っているに過ぎない。 坪野集落を過ぎると林道にはいるが、けっこう人の入る所で、この時期、午前中には必ずといってい [続きを読む]
  • 保倉川支流・小黒川のそのまた支流・須川川
  • 須川川は支流といっても、規模は小黒川とほぼ同じ。合流付近から良い渓相が上流まで続くがいまのところ成果なし。ハヤくらい釣れてもいいのに・・・理由はわからない。須川川は安塚区濃坂で小黒川と合す。でも釣れ始めるのはキューピットバレイスキー場を越えてから。棚田の続く急坂の斜面を、細い渓流が流れ下る。下から風が甘いかおりを運んでくる。ポイントは小さい。イワナも小さい。でもまあこの下流域で魚の釣れない川にも [続きを読む]
  • 2016 馬界川と島田川
  •  馬堺川へ。 日差しが強い。暑いとすら感じる4月後半。この小渓流も数年ぶりとなる。  例年だとこの時期では、まだ残雪を踏みながらの釣りとなるのだが、今年のこの日はすでに雪はなく、水量も驚くほど少ない。やはり小雪の影響があって、もはや渇水に近い状況となっている。 この渓流は砂防堰堤はふたつしかない。この砂防堰堤のたもとに広場があって、山菜取りやピクニックの車が駐車していることがある。釣りはもっと下 [続きを読む]
  • 阿相島川源流
  • 茶色かった大地がいつの間にか緑が優勢になっている。見上げると萌黄が青空に映えている。最近になってすこしは余裕ができてきて、こういうことを感じられるようになった。この日もやっぱり小渓流の探索だ。けっこう難しい釣り場、阿相島川源流。結果的にはただの一匹。でも大きかった。昨年とほぼ同じ時期に来てみたが、すでに雪はなく、桜坂峠は開通していた。これを越えて上越市にはいる。このあたりを水源とする吉川の源流に [続きを読む]