茶猫 さん プロフィール

  •  
茶猫さん: 茶と猫と。
ハンドル名茶猫 さん
ブログタイトル茶と猫と。
ブログURLhttp://ameblo.jp/chasaji-b/
サイト紹介文お茶にまつわる日々の出来事や発見を綴ったお茶日記。気になる話題を分かりやすい言葉でお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/08/05 22:01

茶猫 さんのブログ記事

  • 陳年白茶と楽しむ金魚すくい気分のお茶うけ
  • 肌にまとわりつくような暑さに追い打ちをかけるように、全力で叫んでいるかのようなセミの声。 せめて涼やかにお茶を飲もうと、金魚すくい気分を楽しめるお茶うけを。 選んだお茶は、陳年白茶。作られてから約10年経っているので、すでに安定のおいしさ。 冷たいお茶を飲むよりも、するりと喉元を通ってカラダにしみわたっていくような心地よさがあります。 体内の余分な熱をとってくれるという白茶は、暑さの苦手な茶猫にとっ [続きを読む]
  • パンダ印のプーアル生茶と揚げたて芋けんぴ
  • すっきりしたい時に飲みたくなるプーアル生茶。パンダ印のプーアル生茶は5年前のもの。 プーアルピックで崩しながら、生茶らしい香りを胸いっぱいに吸い込むだけで、ちょっと爽やかな気分に。 少し多めに崩して、残りはパンダ柄の懐紙に包んで次回の分に。 昨年飲んだ時とあまり変わらない印象。ものすごくおいしく変化していることもあれば、じわじわ育ってきたなと思えるもの、まだまだ先が長そうだと思わせるものなど、毎年 [続きを読む]
  • サナギ新宿の台湾ドリンクスタンド斜角巷
  • 新宿の甲州街道高架下にあるサナギ新宿は、フード&イベントスペース。 日差しを遮り、風通しの良い高架下は、屋外でもなかなか落ち着くスペースです。 鹿のマークが目を惹くフードトラックは、台湾発のドリンクスタンド「斜角巷」。帰りに「軽く一杯」を楽しむにもよさそうです。 外の風にあたりながらフードトラック前で楽しむ他、正面にある「サナギ新宿」(★)の中でゆっくり座っていただくこともできます。 選んだお茶は、 [続きを読む]
  • こんがりキツネ色のミミがおいしい高機能食パン
  • おいしい食パンが食べたくなると自然に足が向く、食パン専門店一本堂。 棚に並んだ焼きたての食パンのおいしそうなこと。ほんのり温かい焼きたてのパンを手でちぎって口の中に入れると、芳ばしい香りを含んだ空気がふんわりと鼻に抜けていきます。 こんがりキツネ色に焼き上がった食パンが数種類。タイミングによっては、次の焼き上がり時間までおあずけの時もあります。 今回初めて見かけたのは、プレーン生地で作られた「ナン [続きを読む]
  • 繊細な嗅覚を持つ猫さんと香りの科学
  • 夕暮れ時になるとジャスミンのつぼみがふっくらしてきて、夜風にのってふわりと香ります。 鉢植えのジャスミンの香りに包まれながら読んでいるのは「香りの科学」という本。 植物や動物から香りを抽出したり測定する様々な方法や、香りを感じるメカニズム、化学成分、そして気になるアレルギーや毒性まで詳しく紹介されている、生物の教科書みたいな一冊。 お茶の香りについて関心がある場合は、「茶の科学」とあわせて読んでみ [続きを読む]
  • 香港風味を再現したくなるレシピ付のエッセイ
  • 「香港風味 懐かしの西多士(フレンチトースト)」は、かつて香港で暮らした著者による、現地での食にまつわる記録。 その中には暮らしに根付いている医食同源の考え方があり、それぞれ文化や考え方の異なる仕事仲間との食を通じた日常の一コマ一コマが描かれています。 記載されている23のストーリーは、読み始めた瞬間、食材の色や匂い、市場の喧騒までもが聞こえてくるかのような臨場感に満たされます。 小龍包や叉焼といったな [続きを読む]
  • 猫の誉という抹茶と後味が爽やかな開化龍頂
  • 連日の暑さにぐったりしそうな時には、爽やかな気分になりたくて開化龍頂という中国緑茶を。 白毫に覆われた部分をつい撫でたくなるシュッとした茶葉は、黄みがかったやわらかな黄緑色。 ぷっくりした茶葉はとても綺麗で愛おしい。鑑賞する楽しみがあるのが中国緑茶のいいところ。 何杯でも飲み続けられそうなやさしい香りに穏やかな味。渋みもなく、するすると喉元を通り過ぎていく感じ。 同系色のお茶うけは抹茶味。さっくり [続きを読む]
  • もったり感のない有機和紅茶みねかおり
  • 視線の先には、お菓子の箱にかかった茶色のリボン。 こんなふうにちょっと光沢があって、振るとヒラヒラと舞うようなリボンは猫さん好み。 神戸みやげをいただいたので、紅茶を淹れることにしました。 選んだのは「みねかおり」という品種で作られた和紅茶。農薬も化学肥料も使われていない有機茶なのだそう。 みねかおりは、ヤブキタとウンカイを掛け合わせた釜炒り製玉緑茶に向いている品種。 箱の中には、ふっくらしたフィ [続きを読む]
  • 四万六千日の縁日には浅草のほおずき市へ
  • 7月9日と10日の浅草寺は、四万六千日の縁日。境内を彩るほおずき市の風景は、夏の訪れを感じさせます。 7月10日にお参りすると四万六千日分の功徳が得られるということで、いちばんを目指し前日から賑わうようになったことから、9日と10日の両日が縁日になったのだそう。 池波正太郎のエッセイ「小説の散歩みち」にも、浅草寺の四万六千日のことが書かれています。 江戸時代には定着したといわれている四万六千日の縁日(功徳日) [続きを読む]
  • 本好きをワクワクさせる工夫が新しい梟書茶房
  • 本好きに嬉しいカフェがまたひとつ増えました。6月末、エソラ池袋にオープンした梟書茶房(ふくろうしょさぼう)は、カフェと書店が融合した新しいスタイルのブックカフェ。 ブックカフェはいろんな場所にたくさんあるけれど、こんなの初めて!とわくわくさせてくれる工夫があるのです。 中は、読書と珈琲をゆったりと楽しめるテーブルのあるエリア・図書室をイメージしたエリア・本棚に挟まれて自分の部屋気分で読書を楽しめるエ [続きを読む]
  • 竹筒茶が飲みたくなる七夕飾りと杏あんみつ
  • あちらこちらで七夕飾りに短冊を結んでいる姿を見かける時期になりました。 毎年、東京メトロの短冊に書いた願い事が必ず叶っているという自分だけの嬉しいジンクス。 でも今年は、6月の終わりにたまたま通りかかった神社で七夕飾りを見かけたので、茅の輪をくぐって厄を落としてから静かな境内で短冊を書いてきました。 通りかかる人の目をひく珍しい光景。お参りしていこうかな、と思わせてくれる親しみやすさはこの神社の心 [続きを読む]
  • 変化してきた猫さんの柄とペット用虫よけ
  • 猫さんと暮らすようになってもうすぐ8年になります。たぶんサビとキジトラのMIXだろうと聞いていたので、診察券の猫種にはMIXと書かれています。 以前はそれほどネコ好きというわけでもなかったので、ネコの種類については全然知りませんでした。 ネコ飼ってるの?なにネコ?と聞かれるたび、背中はサビっぽい柄で顔はキジトラっぽい感じ、と答えていました。 ところが、換毛期が終わったら今年は何だか背中がうっすらシマシマ模 [続きを読む]
  • 紅茶ごはんが食べられる食堂みたいな紅茶店
  • 紅茶ごはんが食べたくてランチに立ち寄ったのは「ナローケーズ」という紅茶のお店。 吉祥寺駅の北口を出てすぐ左側に見えるビルの階段付近には、レトロ感漂うメニュー看板があります。 北口を見おろせる窓際の席に並んで座って、まずは紅茶メニューを見ながらほっと一息。紅茶専門店というときらびやかな雰囲気を連想しますが、このお店はどことなく昭和の食堂といった雰囲気。 紅茶ごはんを使ったメニューは3種類。その中から [続きを読む]
  • 茶梅シロップの猫また焼酎割りと梅風味のサラダ
  • 晩ごはんの一品に加えたのは、煮茶梅風味の豆腐サラダ。 三週間近く毎日のように食べていた煮茶梅も残りわずか。この日は、煮茶梅のシロップを使ったドレッシングを作りました。 煮茶梅のシロップにオリーブオイルとポン酢を混ぜただけの簡単ドレッシング。 それだけで爽やかに梅が香るドレッシングになりました。ちょっと甘めですがさっぱりした味。 そして飲み物は、煮茶梅シロップの焼酎割り。湿度が高くて食欲が落ちている [続きを読む]
  • 老舗の甘味処で楽しむ台湾スイーツ愛玉子
  • 上野からほど近い中国茶カフェに行った帰りに立ち寄ったのは、台湾スイーツのお店「愛玉子(オーギョーチィ)」。 ?茶(★)から徒歩数分の場所にある老舗の甘味処です。 セロハンテープで補修してある手書きのメニューや、おもちゃみたいな可愛い中国茶器、縁起がよさそうな飾り物など、長い年月ずっと多くの人に愛されているお店という雰囲気を醸しだしています。 部屋着にサンダル履きの常連さんらしきおじさんや、谷根千散策に [続きを読む]
  • 素敵な調度品と茶道具のある中国茶カフェ
  • おいしいお茶を見つけて「今度一緒に飲もうね」なんて言っていても、なかなか家にお邪魔するのも来てもらうのもお互い気を遣うもの。 そんな時に気兼ねなく好きなお茶を持ち寄って楽しめる場所が「?茶(かんちゃ)」という中国茶カフェ。 それぞれの席に茶器一式が用意されていて、自分のペースで自由にお茶を淹れられるスタイル。 出掛けたのはとても暑い日でしたが、店内に足を踏み入れた瞬間、木陰でほっとするような心地よい [続きを読む]
  • 茶梅風味のフローズンヨーグルト&ラッシー
  • ヨーグルトに煮茶梅のシロップ(煮汁)をかけて食べるのにはまっていたので、今回は煮茶梅を使ってフローズンヨーグルトにしてみました。 ほんのり茶梅が香るシャリシャリのフローズンヨーグルトは、半解凍のとろりとした食感も甲乙つけがたいおいしさ。 ところどころに煮茶梅のつぶつぶがあって、後味もさっぱりしています。 もはやお茶の味は分からないけれど、ほどよく甘みがありながらもさっぱりしているのはお茶を使っている [続きを読む]
  • ガラスの器で光と色を楽しむ台湾の有機白茶
  • 真夏の暑さもツライけれど梅雨時期の蒸し暑さも息苦しい。蒸し暑い日には、白茶やプーアル生茶が飲みたくなります。 この日のお茶は、台湾の有機白茶。一年前に飲んだ時よりもずっと優しい甘みとまろやかさに、蒸し暑さを忘れるひととき。 マットな深緑から褐色まで、それぞれの色がどれも好き。見ているだけで気分が落ち着く色合いです。 お茶の中に光を溶かし込んだようにキラキラと輝く琥珀色は、飲む前からゴクリと喉が鳴り [続きを読む]
  • クチナシのつぼみを愛でながら鳳凰単叢黄枝香を
  • あちらこちらで甘く濃厚な香りを漂わせているクチナシの花。雨の日の方がよく香る気がするのはなぜだろう。 そんなクチナシの香りに例えられる中国茶、鳳凰単叢(ほうおうたんそう)黄枝香(こうしこう)。この時期に必ず飲みたくなるお茶です。 中国茶は着香せずとも茶葉そのものが持っている花や果物を思わせる香りがあり、不思議だなぁといつも思います。 咲く前のクチナシの花はまだ香りがしないので、お茶の香りを楽しむために [続きを読む]
  • お気に入りの珈琲を備前焼のマグカップで
  • 初めての珈琲やさんで豆を買うときにはいつもわくわくします。この日に立ち寄ったのは堀口珈琲。 シングルオリジンも気になるけれど、店内にディスプレイされている9種類のブレンドの特徴を表したチャートを見ながら香味を想像するのも楽しい。 酸味が少なくしっかり苦みがありながらも甘みも楽しめるという7番は、このお店の主軸となるブレンドなのだそう。 ということで、7番のブレンドを選んでみました。初めてのお店では、 [続きを読む]
  • 猫さんの頭サイズの小玉スイカとやぶきたの白茶
  • スイカをシャリシャリと食べながら涼をとろうと、白茶を淹れました。 このスイカ、実はとても小さな小玉スイカ。猫さんの頭ほどの大きさです。 大きなスイカは運ぶのも大変だし、食べきるのも大変。こんなサイズでおいしいものがあるなんて嬉しい限り。 そしてお茶は、やぶきたで作られたという白茶。一口飲んで、ちゃんと白茶っぽい味がするんだなぁと思ったものの、舌の両端に残る酸味が気になりました。 福建省の白茶のよう [続きを読む]
  • つるんとさっぱり茶梅寒天と梨山烏龍茶
  • すっきりしないお天気の日には、さっぱり系のおやつに合わせて爽やかなお茶を。 この日のお茶は、梨山烏龍茶。華やかな香りと爽やかな喉ごしで気分をすっきりさせてくれます。 そしてお茶うけには、凍頂烏龍茶味の茶梅寒天。 先日、茶梅煮を作った時の煮汁(シロップ)を使っています。凍頂烏龍茶で青梅を煮て粗熱をとる間、小鍋に粉寒天を溶かして煮汁を加えただけ。 350mlの水に粉寒天4gを入れて煮溶かし、火をとめてから煮 [続きを読む]
  • 甘酸っぱさとお茶の香りがたまらない茶梅煮
  • 採れたての梅をたくさんいただいたので、初めての茶梅煮に挑戦。 結論から言うと、思いの外おいしく出来上がりました。そんなわけで翌日のお茶うけは、甘酸っぱい茶梅煮。 いろんな方がレシピサイトやブログで紹介してくださっているので、初めてでも十分に満足できるものができあがりました。 初めに数時間水につけるという工程があるものや、ぬるめのお湯で洗うように弱火にかけて数回水をかえるという方法。 まずは洗った梅 [続きを読む]
  • 香港時間カフェのエッグタルトとレモンティー
  • 店頭にはたくさんのメニューの写真。お洒落さよりも分かりやすさを大切に、老若男女誰もが入りやすい雰囲気になっています。 香港のスイーツや飲み物を販売している「香港時間」というカフェ。テイクアウトだけでなく、イートインスペースもあるようなので入ってみることに。 メニューの中でひときわ目を惹いたのがレモンたっぷりのアイスレモンティー。 アイスレモンティーを注文すると最初にレモンをひとつ選ばせてくれます。 [続きを読む]
  • さっぱり青ほうじ茶といただく栗ぜんざい
  • この日のおやつは、いただきものの栗ぜんざい。 レトルトパックになっているのでお湯で温めるだけで食べられる便利な甘味。 大粒の栗もふたつ入っているので、二人で一袋がちょうどいい量のようです。 甘みたっぷりのぜんざいに合わせたのは、さっぱり系の青ほうじ茶。 鳥獣戯画柄の茶缶に入ったほうじ茶で知られる柳桜園茶舗のもの。 一番茶の刈下(新芽を収穫した後に遅れて出てきた芽や刈り残した葉)を浅く焙煎したほうじ茶 [続きを読む]