茶猫 さん プロフィール

  •  
茶猫さん: 茶と猫と。
ハンドル名茶猫 さん
ブログタイトル茶と猫と。
ブログURLhttp://ameblo.jp/chasaji-b/
サイト紹介文お茶にまつわる日々の出来事や発見を綴ったお茶日記。気になる話題を分かりやすい言葉でお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/08/05 22:01

茶猫 さんのブログ記事

  • 雲南紅茶がおいしくなるチャイラスク
  • この日のお茶は、南糯山の古樹から作られた雲南紅茶。金毫に包まれふっくらした茶葉からは甘い香りがします。 ご利益のありそうな可愛いガネーシャを添えてみたのは、おやつに選んだのがチャイラスクだったから。 さっくり心地良い食感のチャイラスクは、甘みとスパイスの加減が絶妙で紅茶との相性も抜群。 2枚×4袋入りなので、あっという間に食べきってしまいそう。もっと買ってくれば良かった [続きを読む]
  • ねこ禅と蒙頂甘露に癒されるひととき
  • 気分がほぐれるような緩い本を開きながら飲んでいる新茶は、3月14日摘みの蒙頂甘露(もうちょうかんろ)という中国緑茶。 緑茶にはキリリと目が覚めるような風味のものもあれば、とろりとやさしい甘みにほわんと癒されるようなものもあり、このお茶は後者です。 小さな新芽はたっぷりの白毫に包まれていて、淹れる前から爽やかな香りがします。 最初はだいぶ温度を下げて50℃くらいのお湯で、ゆっ [続きを読む]
  • 夏日に飲む甘いインスタントティーと茶楽
  • この日のお茶は、甘い甘い台湾のインスタントティー。暑い地域では甘い飲み物がよく飲まれているけれど、きっとそれには理由があるはず。 猫さんがフローリングで寝っころがるような夏日が続いているので、甘いインスタントティーを飲んでみることに。 くるみ・カシューナッツ・オーツ麦がざくざく入った甘いスープみたいなインスタントティー。 ティーというよりも、グラノーラやコーンフレーク [続きを読む]
  • 台湾スイーツ味のチロルチョコと文山包種
  • 草花を入れたカゴの向こう側でキリリとポーズを決めてくれる猫さん。そんな猫さんの傍らで淹れたお茶は、文山包種という台湾茶。爽やかな花の香りとさっぱりした味わいの軽やかなウーロン茶。甘さよりも爽やかさが欲しいときに選びたくなるお茶です。ぽかぽか陽気の日には、発酵度の軽い爽やかなお茶が恋しくなります。そしてこの日のおやつは、台湾スイーツ味のチロルチョコ。タピオカミルクティーとパイナップルケーキをイメージ [続きを読む]
  • おいしい珈琲や紅茶を淹れたくなる絵本
  • ぱらぱらとページをめくっているうちに、珈琲豆を選びに出かけたくなったり、いつもよりおいしく淹れられそうな気分になるコーヒーの絵本。 イラストがいっぱいで文字は少なめ。珈琲好きな友人の話を聞いているような気分で、あっという間に最後のページになります。 本格的なノウハウ本を読んだりセミナーに参加するほどではないけれど珈琲が好きで、ちょっとだけこだわりのある人におすすめの本です。&nbs [続きを読む]
  • 祥華鉄観音の茎茶でほっこりリラックス
  • 香りを楽しみつつほっこりできる祥華鉄観音の茎茶は、一口飲むと肩の力がすぅっと抜けてリラックスできるお茶。茎の部分だけなので2煎ほどしか出ないけれど、たっぷり時間をかけて1煎だけというのも贅沢な飲み方。うっかり30分以上お湯を入れっぱなしにしてしまったことがあるけれど、渋みやえぐみが出ることもなく、やさしい甘みとやわらかな花の香りはそのまま。それ以来、じっくり時間をかけて1煎だけ楽しむこともしばしば。そ [続きを読む]
  • 花曇りの日には桜プリンと四季春を
  • 桜吹雪の舞う中、花びらで埋め尽くされた桜色の道。陽当たりの良い場所はもうすっかり葉桜になっています。 霞がかかったような花曇りの日が続く中、選んだお茶うけは桜プリン。 桜が散る頃になると花粉症から解放されて、やっとマスクを外して深呼吸できるのが嬉しい。 すっきり軽やかなお茶が飲みたくなって選んだのは、四季春という台湾茶。 桜の花がふんわりと閉じ込められた桜プ [続きを読む]
  • 猫缶みたいな茶缶とモスリンティーバッグ
  • 名前だけは知っていたけれど初めて飲むクスミティー。デトックスティーが人気のようですが、雲南紅茶とセイロンティーのブレンド「ロシアンモーニングNo.24」を選んでみました。興味があったのは、ティーバッグの素材。モスリンコットンのティーバッグは、目の粗いガーゼを丁寧に縫い合わせたようなスクエア型で、鎖状に編まれた紐がタグまでしっかりつながっています。お湯の中でぷっくりふくらんだ様子をのぞきこみながらほどよ [続きを読む]
  • 土曜限定のほうじ茶は和紙の鳥獣戯画缶
  • 鳥獣戯画柄の茶缶で知られる柳桜園茶舗のほうじ茶。温かみのある和紙の手触りが心地良いこの缶は、飲んでみたかった土曜限定の手炒り焙煎焙じ茶です。京都に出かけた茶友におすすめしたら、おみやげに買ってきてくれました。本店だけで販売しているという土曜日限定のこのお茶の存在を知ったのは数年前のこと。いつか絶対に買いに行こうと思いながらも、なかなかタイミングよく土曜に足を運べる機会がありませんでした。さらさらと [続きを読む]
  • 春を楽しむスイートサクラティーと安吉白茶
  • 2017年の清明節は4月4日。日本茶好きが八十八夜の頃になるとそわそわするように、中国茶好きをわくわくさせるのが清明節。中国緑茶は、清明節より前に摘まれたお茶は明前茶、穀雨の前に摘まれたお茶は雨前茶と呼ばれています。新茶を待ち遠しく思いながら飲んでいるのは、昨年の安吉白茶。できたての生命力あふれる香味は何物にも代えがたいけれど、躍動感が落ち着いて穏やかに飲める一年前の緑茶も好き。月日を経てまるみを帯びた [続きを読む]
  • 貴妃茶といただくパンダドーナツ
  • 上野駅には誘惑のパンダスイーツがいっぱい。この日のおやつは、上野限定のシレトコドーナツ。上野駅構内には、桜の下で野点を楽しむパンダのディスプレイ。桜の季節には桜風味のスイーツをあちらこちらで目にするけれど、この桜色のドーナツはいちご味。いちごチョコでコーティングされたドーナツは、九州産のいちごジャムが練り込まれた生地。若草色の方は、抹茶チョコがかかったドーナツに栗の甘露煮とあずきがトッピングされて [続きを読む]
  • みけ猫ラングと滑らかな口あたりの岩茶石乳
  • 肉球モチーフの焼印が愛らしい「みけ猫ラングドシャクッキー」に合わせて選んだのは石乳という岩茶。ラングドシャとはフランス語で猫の舌という意味なのだそう。三毛猫のような3色、それぞれ3種の味が楽しめます。力強さと滑らかさを併せ持つこのお茶は、洋菓子と合わせるのが好きです。サクサクのクッキーの間には、厚みのあるチョコレート。チョコレート専門店ならではのチョコが主役のクッキーなので、一枚で十分な満足感が得ら [続きを読む]
  • 裏浅草に佇むこだわりの古民家カフェ
  • 浅草駅から15分も歩くと、裏浅草と呼ばれる閑静な住宅街になります。ぽつりぽつりと隠れ家のようなカフェが点在する中、立ち寄ったのはカフェつむぐり。小さなやかんがたくさん吊るされた窓辺、様々な色やサイズを組み合わせた壁板、解放感のある高い天井。テーブルの配置や席の間隔など快適に過ごせるための空間作りにこだわったというカフェ。2階へあがる階段はとても急で、大人でも手すりにつかまっておそるおそる上り下りする [続きを読む]
  • ペットシーツ派になった猫さんのトイレ事情
  • 猫さんがこれまで約7年間使っていたのはシステムトイレでしたが、ここ半年ほどほぼ使っていません。以前膀胱炎になったのをきかっけにトイレを使う回数はどんどん減り、今ではすっかりペットシーツ派になってしまいました。たとえ月に数回しか使ってくれなかった時でも、月に一度は分解して丁寧に洗っていたのですが、長年使っているとプラスチックには細かいキズができて、その部分の臭いや汚れは洗っても残ってしまうのだそう。 [続きを読む]
  • 伝統凍頂烏龍茶といただくあまからせんべい
  • 華やかさと爽やかさを併せ持つ清香系のお茶も好きですが、深みのある落ち着いた甘みと熟した果物のような香りを持つ熟香の方が好きです。この日のお茶は、伝統凍頂烏龍茶。おくゆかしい華やかさをのぞかせつつ旨みがじんわりと舌の上に広がり、喉の奥に甘みが残っている感覚がたまりません。そして一緒にいただいたおやつは、あまから味の小さなおせんべい。ふくふくしたネコのパッケージに惹かれてつい手に取ったお菓子でした。箱 [続きを読む]
  • ホットケーキのお店で柿入りフルーツサンド
  • デザート系のサンドイッチは好き嫌いが分かれるもの。茶猫は、おいしい差し入れをいただいたのをきっかけに好きになりました。この日は、経堂駅から徒歩数分の場所にあるつるばみ舎でフルーツサンドをいただきました。ホットケーキが食べたいと思って入ったお店なのに、ついフルーツサンドを選んでしまったので次回こそホットケーキを。メニューにはホットケーキの食べ方が図解されている可愛いイラスト。カウンター席に座っている [続きを読む]
  • ほうじ茶パフェと軽やかに香る国産烏龍茶
  • ちょっとだけ甘いものを食べて元気をチャージしようと立ち寄ったのは、横浜元町にある茶倉(さくら)という日本茶専門店。ミニほうじ茶パフェ。自家製の手焼きしたほうじ茶を使っているとのこと。ダブルのアイスクリームみたいに、ほうじ茶アイスとほうじ茶ブラマンジェの存在感がたっぷり。セットのドリンクメニューは種類が少ないことが多いけれど、このお店は選択肢がとても多いので飲みたいお茶がたくさんあって悩みます。ほうじ [続きを読む]
  • 切り絵が美しいねこ茶のタグは全何種?
  • 繊細な切り絵のタグが付いた「ねこ茶」。静岡産の一番茶葉を使ったティーバッグの煎茶です。見渡す限り萌木色の春の茶畑を連想させる茶葉がお湯の中でゆるゆると開いていきます。友人がプレゼントしてくれた、久しぶりに飲むねこ茶。3gのティーバッグ6個入りなので、以前飲んだときの6種のタグも保管しています。ひとつひとつのティーバッグはくるりと紐で丸められているので、袋の中でからまることもなく、繊細なタグも折れずに [続きを読む]
  • 濃厚チーズケーキのち白瑞香
  • この日のお茶は、岩茶白瑞香(はくずいこう)。華やか過ぎず甘過ぎないながらも優雅さを感じさせてくれる、好きな岩茶のひとつです。そしてお茶うけには、半解凍のチーズケーキ。賞味期限は冷蔵保存だと3日ですが、冷凍だと1ヶ月なので慌てて食べなくても大丈夫。スコップですくうようにして取り分けて食べるこういうタイプをスコップケーキと言うそうですが、どうすれば綺麗に取り分けられるのが悩みます。まだまだ溶けきるまでには [続きを読む]
  • パウンドケーキといただく祁門紅茶
  • 駅から近いとは言い難い場所にあるカフェは、歩いた分だけゆったりできる空間が用意されていることが多い気がします。この日の寄り道スポットは、浅草駅から徒歩15分ほどの場所にあるノアケトウキョウ。シンプルモダンな外観ですが、どこにもお店の名前が書いておらず、ガラス戸の向こう側をのぞかないと何屋さんなのか分かりにくいカフェです。入って見ると、想像していたよりもずっと快適な空間が用意されていました。手みやげに [続きを読む]
  • マドラー機能付きのミント緑茶でひと休み
  • 花粉症ですっきりしない時に良さそうなミント緑茶。3月7日から幕張メッセで開催しているFOODEX国際食品飲料展でもらったサンプルを飲んでいます。3日目を選んだのは参加したいセミナーがあったから。「お茶のプロと共に高級台湾茶の本格的テイスティングを体験」という出展者セミナーでは、6種の台湾茶を紹介していただいた後テイスティング。発酵度や焙煎度を意識しながら好みの順位を付けていくという楽しいテイスティングタイム [続きを読む]
  • 基本を教わって数倍おいしくなったチャイ
  • 絶対においしいチャイができるはず、と用意した材料はこれ。茶葉とスパイスは、チャイブレイク(★)で入手したものを使ってみました。粉末のように細かいダストを使うのは初めてです。スパイスは、シナモン・カルダモン・クローブ・ナツメグ・ブラックペッパーをブレンドしたもの。材料の中にあった謎のネコ。これはうちの猫さんに色柄を似せて作ってもらった飴細工です。できたての頃に比べてずいぶんツヤツヤになりました。おいし [続きを読む]
  • 天心岩の水仙を淹れる癒しのひととき
  • この日のお茶は、天心岩の水仙。普段は小さめの茶盤を使うことが多いけれど、たまには大きな茶盤を使ってのびのびと。今年は水仙をたくさん飲もうと決めたので、他のお茶よりもゆっくり丁寧に淹れてじっくり味わうようにしています。十数年前に初めてはまったお茶が水仙でした。それから何年もの間、放心状態になるほど美味しいものや、心底がっかりしたものなどたくさんの水仙と出会いました。茶挟を使って流れるような仕草で淹れ [続きを読む]