茶猫 さん プロフィール

  •  
茶猫さん: 茶と猫と。
ハンドル名茶猫 さん
ブログタイトル茶と猫と。
ブログURLhttp://ameblo.jp/chasaji-b/
サイト紹介文お茶にまつわる日々の出来事や発見を綴ったお茶日記。気になる話題を分かりやすい言葉でお伝えします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供183回 / 365日(平均3.5回/週) - 参加 2013/08/05 22:01

茶猫 さんのブログ記事

  • サクサク食感のチャメと梨山烏龍茶
  • 初めて食べるチャメという名の果物。メロンとマクワウリを掛け合わせた韓国伝統のフルーツなのだそう。 黄色に白の縞模様があんまり綺麗なので、皮をつけたまま一口サイズにスライスしてお茶うけにしてみました。 選んだのは、梨山の烏龍茶。発酵は軽めで無焙煎のもの。粒は大きめで重量感があり、サイズの揃った美しい球状。 FOODEXの出展者セミナーに参加した際にいただいたもの。その時にはま [続きを読む]
  • 七十二候の猫本と桃缶みたいな台湾碧螺春
  • 気温の高い日には、緑茶がおいしく感じられます。 グラスにさらさらと茶葉を入れてお湯を注ぐだけという手軽な飲み方ができるのも中国緑茶のいいところ。 この日のお茶は、台湾碧螺春(へきらしゅん)。淹れる前から爽やかな香りが鼻をくすぐります。 本を片手にゆっくりと茶葉が開くのを待ちます。「猫と暮らす七十二候」という本では、四季折々の風景に溶け込むネコの写真とともに、二十四節気・ [続きを読む]
  • 猫のいるカフェで韓国伝統茶を楽しむ時間
  • 看板猫のいるカフェに違いないと思わせるこの看板。ネコ&お茶好きを誘惑するには十分です。 ビルの入口にはメニューの一部と店内の写真があるので、初めてでも入りやすい。 韓国茶というと薬膳茶のようなカラダにいい飲み物というイメージ。席についてメニューを見るより先にネコの姿を探すものの見当たらず。 ホンモノのネコの姿は見当たらないけれど、あちらこちらにネコグッズがさりげなくデ [続きを読む]
  • 西湖龍井という曲名のヒーリング音楽
  • 様々な中国茶の名前がタイトルになっているヒーリング音楽を聴きながらのお茶時間。 このCDに収録されているのは8曲。その中のひとつ「西湖龍井」を聴きながら、西湖龍井という中国緑茶を。 龍井43号という品種でつくられたもの。適温まで冷ましたお湯でゆっくりと茶葉を開かせながら香りを楽しみます。 1曲目は、西湖龍井。中国の伝統音楽は賑やかなお祭りムードの曲調を連想する人も多いと思 [続きを読む]
  • パンダ好きのための笹だんごパンと文山紅茶
  • 笹だんごが好き、そしてパンダも好き。そんな茶猫の視線をくぎ付けにしたのは笹だんごパン。 ぽってりしたパンダの袋の中は、シンプルなパン。 中に入っていた紙を見てみると、このパンの中に笹だんごが入っているとのこと。 食べる前にとりあえずお茶を淹れることに。 文山紅茶を選んでみました。文山包種の紅茶バージョンです。 カラメルのような甘い香りと花果香が混じ [続きを読む]
  • 岩合さんの「ねこの京都」柄ほうじ茶缶
  • 5月3日から日本橋三越で開催されている岩合さんの写真展「ねこの京都」を見てきました。 ため息が出るような美しい日本の四季、そんな風景に溶け込むネコたちの自然な姿は、来場者の気分を一瞬で解きほぐしてくれます。 入場できるのは19時までだったので、平日の夕方は仕事帰りの人で賑わっていました。 仕事帰りに待ち合わせた友人はとても疲れた顔をしていたのに、写真展を見た後は笑顔でいっぱいに [続きを読む]
  • 異なる栗香の竹葉青を飲み比べ
  • キリリとシャープな味わいが好きな竹葉青という中国緑茶。鮮やかな若緑色に目をうばわれます。 摘んだ場所も時期も異なる竹葉青ですが、二種類あったら飲み比べてみたくなります。 四角いトレイの茶葉は分前のもので、リーフ型のトレイのものは明前のもの。 分前茶とは春分前に摘まれたもので、明前茶とは清明節前に摘まれたもの。摘採日が早い方が葉が小さいと思っていたのに、これは遅い方が小 [続きを読む]
  • 初めての薩摩紅茶と素朴なお菓子たち
  • 八十八夜も過ぎて一週間。他の新茶とは区別した「八十八夜摘みの新茶」を目にする機会が増える時期になりました。 八十八夜に摘まれるお茶は長寿を願うお茶として知られており、母の日の贈り物にもよさそうです。 お茶屋さんに行くと新茶をすすめられる時期ですが、贈り物なら相手の好きそうなものを思い浮かべながら選ぶのがいちばん。 あえて新茶ではなく、普段のティータイムをちょっと楽しく [続きを読む]
  • 猫さん愛用の紙ひもマット作り
  • ゴールデンウィークに毎年作っているような気がする猫さん用の紙ひもマット。 猫ちぐらの底の部分を小さくしたような簡単なものですが、毎日欠かさずこの紙ひもマットでくつろぎ、爪をといだり噛みちぎったり酷使しています。 今使っているものがボロボロになっているので新しいものを作ろうと、まずは紙ひもを30センチくらいに切ったものをひろげる作業から。 この紐で遊ぶのが大好きな猫さん。 [続きを読む]
  • ひまつりの後の楽しみは猿島紅茶と豆乳ドーナツ
  • この日のおやつは豆乳ドーナツ。笠間の陶炎祭ひまつりに出かけた時に買ってきたもの。 食べる直前にトースターで少しだけ焼くと、外側はさっくり、中はふんわりした食感になっておいしさ倍増です。 笠間に行ったら立ち寄りたくなる豆腐茶屋「佐白山の豆腐屋」さんのもの。ひまつりの会場でも出張販売していたので、ざる豆腐も一緒に買ってきました。 何もつけずにそのまま大豆の甘みを味わってから、ひとつま [続きを読む]
  • 名残惜しい冬季限定のお菓子と岩茶肉桂
  • 冷蔵庫で眠っていた抹茶チョコを食べようと、淹れたお茶は岩茶肉桂。 冬季限定で販売されていた抹茶チョコは、星野製茶園のもの。 着色料や保存料を使わず、石臼挽きの八女抹茶とベルギー産ホワイトチョコで作られているのだそう。 くっきりシャープな香りの肉桂と、とろけるような甘みにほろ苦さが混じった濃厚な抹茶チョコは、なかなかいい組み合わせ。 温めた茶壷に茶葉を入れたと [続きを読む]
  • 英徳紅茶といただくブリュレアイス
  • 汗ばむような陽気の日には、コンビニのアイス売り場をのぞきたくなります。 おいしそうなアイスを見つけて嬉々と淹れたお茶は、英紅九号という品種で作られた英徳紅茶。 ふんわりとやわらかそうな茶葉には金毫も。細く撚れたその姿の繊細さにじっと見入ってしまいます。 そんなとっておきの紅茶と一緒にいただいたのは、ブリュレアイス。 フタを開けると内側においしい食べごろのタイ [続きを読む]
  • 二通りの表情が楽しめる和製青ウーロン茶
  • お茶には緑茶・烏龍茶・紅茶と様々な種類があるけれど、どこの国で作られてもどの品種を使っても、烏龍茶の作り方でできたものはウーロン茶。 この日のお茶は、和製青ウーロン茶。べにふうき・青心烏龍・いずみという3つの品種をブレンドして作られた八女星野村のウーロン茶です。 一種類ではないことが見た目にも分かりやすい茶葉。清香系の烏龍茶に煎茶の香りが見え隠れするような匂い。 お湯 [続きを読む]
  • 音を味わう炒りたてナッツと鳳凰単叢杏仁香
  • 暑い日には爽やかな口あたりのお茶、寒い日にはほっこりした味わいのお茶と、手を出したくなるものが違ったりするもの。 そんな中、気温や季節に左右されることなく飲みたくなるのが鳳凰単叢。香りの種類がたくさんあって気分によって選べるのもいいところ。 この日のお茶は、杏仁香。甘くやわらかな香りが立ちのぼり、一口飲むと喉元から身体の中まで芳しい香りで満たされていくような気分。 香 [続きを読む]
  • 雲南紅茶がおいしくなるチャイラスク
  • この日のお茶は、南糯山の古樹から作られた雲南紅茶。金毫に包まれふっくらした茶葉からは甘い香りがします。 ご利益のありそうな可愛いガネーシャを添えてみたのは、おやつに選んだのがチャイラスクだったから。 さっくり心地良い食感のチャイラスクは、甘みとスパイスの加減が絶妙で紅茶との相性も抜群。 2枚×4袋入りなので、あっという間に食べきってしまいそう。もっと買ってくれば良かった [続きを読む]
  • ねこ禅と蒙頂甘露に癒されるひととき
  • 気分がほぐれるような緩い本を開きながら飲んでいる新茶は、3月14日摘みの蒙頂甘露(もうちょうかんろ)という中国緑茶。 緑茶にはキリリと目が覚めるような風味のものもあれば、とろりとやさしい甘みにほわんと癒されるようなものもあり、このお茶は後者です。 小さな新芽はたっぷりの白毫に包まれていて、淹れる前から爽やかな香りがします。 最初はだいぶ温度を下げて50℃くらいのお湯で、ゆっ [続きを読む]
  • 夏日に飲む甘いインスタントティーと茶楽
  • この日のお茶は、甘い甘い台湾のインスタントティー。暑い地域では甘い飲み物がよく飲まれているけれど、きっとそれには理由があるはず。 猫さんがフローリングで寝っころがるような夏日が続いているので、甘いインスタントティーを飲んでみることに。 くるみ・カシューナッツ・オーツ麦がざくざく入った甘いスープみたいなインスタントティー。 ティーというよりも、グラノーラやコーンフレーク [続きを読む]
  • 台湾スイーツ味のチロルチョコと文山包種
  • 草花を入れたカゴの向こう側でキリリとポーズを決めてくれる猫さん。そんな猫さんの傍らで淹れたお茶は、文山包種という台湾茶。爽やかな花の香りとさっぱりした味わいの軽やかなウーロン茶。甘さよりも爽やかさが欲しいときに選びたくなるお茶です。ぽかぽか陽気の日には、発酵度の軽い爽やかなお茶が恋しくなります。そしてこの日のおやつは、台湾スイーツ味のチロルチョコ。タピオカミルクティーとパイナップルケーキをイメージ [続きを読む]
  • おいしい珈琲や紅茶を淹れたくなる絵本
  • ぱらぱらとページをめくっているうちに、珈琲豆を選びに出かけたくなったり、いつもよりおいしく淹れられそうな気分になるコーヒーの絵本。 イラストがいっぱいで文字は少なめ。珈琲好きな友人の話を聞いているような気分で、あっという間に最後のページになります。 本格的なノウハウ本を読んだりセミナーに参加するほどではないけれど珈琲が好きで、ちょっとだけこだわりのある人におすすめの本です。&nbs [続きを読む]
  • 祥華鉄観音の茎茶でほっこりリラックス
  • 香りを楽しみつつほっこりできる祥華鉄観音の茎茶は、一口飲むと肩の力がすぅっと抜けてリラックスできるお茶。茎の部分だけなので2煎ほどしか出ないけれど、たっぷり時間をかけて1煎だけというのも贅沢な飲み方。うっかり30分以上お湯を入れっぱなしにしてしまったことがあるけれど、渋みやえぐみが出ることもなく、やさしい甘みとやわらかな花の香りはそのまま。それ以来、じっくり時間をかけて1煎だけ楽しむこともしばしば。そ [続きを読む]
  • 花曇りの日には桜プリンと四季春を
  • 桜吹雪の舞う中、花びらで埋め尽くされた桜色の道。陽当たりの良い場所はもうすっかり葉桜になっています。 霞がかかったような花曇りの日が続く中、選んだお茶うけは桜プリン。 桜が散る頃になると花粉症から解放されて、やっとマスクを外して深呼吸できるのが嬉しい。 すっきり軽やかなお茶が飲みたくなって選んだのは、四季春という台湾茶。 桜の花がふんわりと閉じ込められた桜プ [続きを読む]
  • 猫缶みたいな茶缶とモスリンティーバッグ
  • 名前だけは知っていたけれど初めて飲むクスミティー。デトックスティーが人気のようですが、雲南紅茶とセイロンティーのブレンド「ロシアンモーニングNo.24」を選んでみました。興味があったのは、ティーバッグの素材。モスリンコットンのティーバッグは、目の粗いガーゼを丁寧に縫い合わせたようなスクエア型で、鎖状に編まれた紐がタグまでしっかりつながっています。お湯の中でぷっくりふくらんだ様子をのぞきこみながらほどよ [続きを読む]