まことのすけ さん プロフィール

  •  
まことのすけさん: 御朱印JAPAN
ハンドル名まことのすけ さん
ブログタイトル御朱印JAPAN
ブログURLhttp://www.gosyuinn.com/
サイト紹介文神社・お寺の御朱印を1000、御朱印帳200ほどを掲載しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供169回 / 365日(平均3.2回/週) - 参加 2013/08/06 10:17

まことのすけ さんのブログ記事

  • 塩船観音寺の御朱印・金剛寺 東京都青梅市
  • このページでは東京都青梅市の塩船観音寺の御朱印および金剛寺をご紹介しています。塩船観音寺 東京都青梅市塩船観音寺の御朱印東国花の寺の御朱印関東八十八か所第72番の御朱印塩船観音寺オリジナル御朱印帳【塩船観音寺概略】大化年間(645年 ? 650年)に、若狭国の八百比丘尼が、紫金の千手観音像を安置したことに始まるといわれる。(八百比丘尼とは人魚の肉を食べて不老不死になった尼僧。全国各地に伝説がある。)「塩船 [続きを読む]
  • 金戒光明寺の御朱印 京都市左京区
  • 金戒光明寺 京都市左京区御本尊阿弥陀如来の御朱印洛陽三十三観音第六番 の御朱印法然上人第二十四番の御朱印日本三大文殊のひとつ 中山文殊の御朱印【概略】浄土宗の大本山、承安5年法然上人が比叡山の黒谷を下り、草庵を結ばれたのが浄土宗最初の寺院 のはじまり。西山連峰、黒谷の西2キロの京都御所、西10キロの小倉山を眺み山門、阿弥陀堂、本堂 など18もの塔頭寺院が建ち並ぶ。法然が最初に浄土宗を布教を行った地であるこ [続きを読む]
  • 豊国神社・妙行寺・常泉寺の御朱印  名古屋市中村区
  • このページでは名古屋市中村区の豊国神社・妙行寺の御朱印、常泉寺の御首題をご紹介しています。豊国神社 名古屋市中村区豊国神社の御朱印金字と清正公の御朱印【豊国神社概略】豊臣秀吉の生地に建つ神社。明治17年7月、当時の県令国貞廉平をはじめ地元崇敬者の人々により、翌明治18年1月に竣工した。一帯は中村公園として整備されており、園内には名古屋市秀吉清正記念館がある。地下鉄「中村公園」駅から徒歩で行きました。駅か [続きを読む]
  • 普天間宮の御朱印 沖縄県宜野湾市
  • 普天間宮 沖縄県宜野湾市普天間宮の御朱印【概略】琉球八社の一つ。宜野湾市で唯一の神社。息子が修学旅行で行ったときにいただいてきた御朱印です。普天満宮洞穴は神秘的で是非行くべきと言っていました。御朱印は授与所にていただいたそうです。【祭神】熊野権現、琉球古神道神【鎮座地】普天満宮 沖縄県宜野湾市普天間1-27-10 [続きを読む]
  • 武雄神社・祐徳稲荷神社の御朱印
  • このページでは佐賀県武雄市の武雄神社、鹿島市の祐徳稲荷神社の御朱印をご紹介しています。武雄神社 佐賀県武雄市武雄神社の御朱印【概略】神社の裏手には樹齢3000年の「武雄の大楠」がある。神社の駐車場がわからなかったので、道を挟んだところにあつ市営の公園駐車場を利用しました。近くに高校があるのか高校生がたくさんいました。御朱印は授与所にていただきました。武雄の大楠はパワースポットてして有名です。確かにパワ [続きを読む]
  • 揖宿神社・枚聞神社の御朱印 鹿児島県指宿市
  • このページでは鹿児島県指宿市の揖宿神社、枚聞神社の御朱印をご紹介しています。揖宿神社 鹿児島県指宿市揖宿神社の御朱印【概略】「揖宿神社の社叢(しゃそう)(森)」として鹿児島県天然記念物に指定されているだけあって鬱蒼としています。ここへ来る途中は鹿児島市内から指宿までの海沿いのドライブは景色もよく爽快でした。途中のローソンでコーヒー休憩しながら見た海の景色は最高でした。境内に駐車しました。御朱印は授与 [続きを読む]
  • 筥崎宮・警固神社・水鏡天満宮の御朱印 福岡県福岡市
  • このページは福岡市東区の筥崎宮、福岡市中央区の警固神社、水鏡天満宮の御朱印をご紹介しています。筥崎宮 福岡市東区筥崎宮 筑前國一宮【概略】京都府八幡市の石清水八幡宮、大分県宇佐市の宇佐神宮とともに日本三大八幡宮の一つ。元寇の際に亀山上皇が「敵国降伏」を祈願し、神門に「敵国降伏」の扁額が掲げられている。元寇の際に鎌倉武士の活躍を評価する反面、朝廷の方々は加持祈祷しただけと今の価値観で評価するむきもあ [続きを読む]
  • 福生院(袋町お聖天)・延命院の御朱印 名古屋市中区
  • このページでは名古屋市中区の福生院(袋町お聖天)および延命寺の御朱印をご紹介しています。福生院(袋町お聖天)名古屋市中区大聖歓喜天の御朱印名古屋二十一大師の御朱印なごや七福神 毘沙門天の御朱印東海三十六不動の御朱印【福生院概略】至徳3年(1386年)、開山順誉上人が大聖歓喜天を奉るための堂宇を愛知郡中村の里に建立したのが始まり。1612年の名古屋城の築城に伴う清洲から名古屋への都市の移転(清州越し)に伴い当 [続きを読む]
  • 遠州信貴山 静岡県浜松市
  • 遠州信貴山の御朱印 聖徳太子の御開基による大和国信貴山の遠州別院。信貴山真言宗は朝護孫子寺(信貴山寺)を総本山とし毘沙門天(多聞天)を本尊とする真言宗の宗派の一つ。 国道152号線に面していて車でのアクセスは便利。駐車場はかなり広かったですが、今回は浜松駅からバスで行きました。幹線沿いで色々な路線が使えるようで結構たくさん来ました。遠州七福神の専用納経帳がありましたのでそちらを御 [続きを読む]
  • 七寺(ななつでら) 名古屋市中区
  • 七寺(ななつでら) 名古屋二十一大師第二番の御朱印 東海三十六不動尊第九番の御朱印 【七寺概略】天平7年(735年)に行基が現在の愛知県あま市に開山。延暦6年(787年)に紀是広が7歳で亡くなった子を弔うために七堂伽藍を建立した事から七寺と呼ばれるようになったという。その後、度重なる水害や兵火を経て、慶長16年(1611年)に現在の地へ移設された。元禄13年(1700年)に三重塔が再建、享保15年(1730年) [続きを読む]
  • 沼名前神社・阿伏兎観音の御朱印 広島県福山市
  • このページでは広島県福山市の沼名前神社と阿伏兎観音の御朱印をご紹介しています。沼名前神社 広島県福山市沼名前神社の御朱印【鎮座地】広島県福山市鞆町後地1225【祭神】大綿津見命、須佐之男命【概略】神宮皇后の征西に始まり海上安全に効験のある大綿津見命を祀る「渡守神社」と、須佐之男命を祀る「祇園社」が明治時代に統合された。「鞆祇園宮」の別称があり、地元では「祇園さん」とも呼ばれている。 参拝者駐車場を [続きを読む]
  • 厳島神社・豊国神社・速谷神社の御朱印
  • このページでは広島県廿日市市宮島の厳島神社、豊国神社、速谷神社の御朱印をご紹介しています。 厳島神社 御朱印【鎮座地】広島県廿日市市宮島町1-1 【祭神】宗像三女神 【概略】 安芸国一宮。全国に約500社ある厳島神社の総本社。ユネスコの世界文化遺産に「厳島神社」として登録されている。日本三景の一つでもある。社伝によると、推古天皇元年(593年)、当地方の有力豪族・佐伯鞍職が社殿造営の神 [続きを読む]
  • 大願寺・大聖院の御朱印
  • このぺーじでは広島県廿日市市(宮島)の大願寺と大聖院の御朱印をご紹介しています。 大願寺 弁財天の御朱印 【名称】亀居山放光院大願寺 高野山真言宗 本尊:薬師如来中国四十九薬師霊場22番 【所在地】広島県廿日市市宮島町3 【概略】開基は不明で、鎌倉時代の建仁年間(1201〜1203年)に僧了海により再興されたと伝えられている。明治元年(1868)の神仏分離令までは、筥崎宮や宇佐八幡宮など多くの [続きを読む]
  • 龍潭寺・方広寺・初山宝林寺の御朱印
  • このページでは静岡県浜松市の龍潭寺・方広寺・初山宝林寺の御朱印をご紹介しています。 龍潭寺の御朱印 733年、行基によって創建された遠州の古刹。徳川四天王の筆頭井伊直政、幕末の井伊大老直弼など井伊家四十代を祀る菩提寺。平成29年の大河ドラマの井伊直虎ゆかりのお寺でもある。聞くところによるとドラマの影響でかなりの混雑とか。もう少し待ってほとぼりが冷めてから再訪することにします。 小堀遠州作 [続きを読む]
  • 八浄寺・宝生寺の御朱印
  • このページは兵庫県淡路市の八浄寺と宝生寺の御朱印をご紹介しています。 八浄寺の御朱印 応永年間(1394〜1428)の開基の寺。淡路島七福神霊場の総本山で大黒天を祀っています。一番北側のあるので霊場のスタート地点のなっています。街道から側道に入ったところに立派な七福宝塔が建っています。無料の専用駐車場を利用しました。七福神巡りは拝観料1人200円が必要です。御朱印は納経所にていただきまし [続きを読む]
  • 大須観音の御朱印
  • 大須観音の御朱印 御本尊の御朱印 尾張三十三観音第一番の御朱印 名古屋二十一大師第一番の御朱印 東海三十六不動第十番の御朱印 なごや七福神布袋尊の御朱印 大須観音について 【大須観音概略】日本三大観音の一つとも言われる観音霊場。ただし歴史としては後醍醐天皇が大須郷に創建した北野天満宮の別当時として僧能信が創建した真福寺が始まりであり、それほど古いものではない。戦前までは [続きを読む]
  • 椎尾八幡宮・白崎八幡宮の御朱印
  • このページでは山口県岩国市の椎尾八幡宮、白崎八幡宮の御朱印をご紹介しています。 椎尾八幡宮 1626年 (寛永3年) 、岩国藩主吉川広正により建立されたと伝えられており、現在は西岩国地区の氏神となっている。33年に一度行われる神幸祭が特徴。 錦帯橋から徒歩で行きました。駐車場はあるようですが広い道から神社までの道が狭いので錦帯橋付近の駐車場を利用した方がよさそうです。 御朱印は授 [続きを読む]