Shigemi さん プロフィール

  •  
Shigemiさん: 小・中学生の受験奮闘記(徳島版)
ハンドル名Shigemi さん
ブログタイトル小・中学生の受験奮闘記(徳島版)
ブログURLhttp://tutortokushima.blog.fc2.com/
サイト紹介文徳島県の中学受験・高校受験のこと、学校、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法などを綴ります。
自由文徳島県で、家庭教師や塾講師をして、20年が過ぎました。そこで、この経験を生かして、小・中学生の君たちや、お父さん、お母さんに、何か少しでも役立つようなお話ができる気がして、このブログを始めることにしました。中学受験のこと、高校受験のこと、学校のこと、塾や家庭教師のこと、家庭学習や勉強の方法など、色々なことをお話ししたいと思っています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供349回 / 365日(平均6.7回/週) - 参加 2013/08/06 12:33

Shigemi さんのブログ記事

  • セミナー
  • 自学自習派の中学生なら、学校でよく宿題に使われている「セミナー」を有効活用するのも一つの手だと思います。4枚1単元ぐらいで、問題、解説、解答がセットになっていて、各教科、閉じていくファイルまでついてるやつ、使っている学校も多いのではないでしょうか。生徒の家でよく見かけます。あれ、私が中学生の頃もありました。その頃は、年に何度か、セミナーテストというのがありました。ほとんどセミナーからしか出ない確認テ [続きを読む]
  • 勘が鈍る、勘が冴える
  • 「勘」というとちょっと違うかもしれませんが、勉強をやり込んでくると、「勘」が冴え始めます。例えば、いつもよりたくさんの勉強を始めると、1〜2か月ぐらいたったころから、直しの精度が上がります。急に凡ミスが減るわけではありませんが、ピンをつけて返した後、正解になる確率が上がり始めます。理解が深まって、できるようになってきているのですから、「勘」と言われると、ちょっと違うとは思うのですが、明らかに感触が変 [続きを読む]
  • 中学までにやっておきたいこと
  • 中学生を見ていて小学校のうちにやっておけばよかったのに…と思うことはたくさんあります。今、盛んに騒がれている英語じゃなくて。一番思うのは、国語。漢字が書けない、文章が書けない、そんな中学生は山ほどいます。ついでに、問題文が少し長くなると、問題の意味がわからない子も多い。国語ではなくて、理科や社会や数学での話。もちろん、英語にも響いています。「テニスをします」と「テニスをしています」の違いがわからな [続きを読む]
  • 雑な解き方
  • 成績が悪い子ほど、雑な解き方をします。わかっているのに、丁寧にしないことで間違える。例えば、be動詞も一般動詞も使い方は知ってるのに、平気で、Is he play soccer?と書くのです。「主語、何?」「動詞、どれ?」って質問しただけで、「あっ!」って直すのに、一人で解くと、平気で混在してます。解くときに、自分で確認できるでしょう?聞いてもらわないとできないの?距離と速さと時間の関係は知っているし、距離をa?、速 [続きを読む]
  • 根拠(つづき)
  • 明確な根拠がないまま解いていることはよくあります。質問していくと、「そう見えた」とか、「そんな気がした」とか、恐ろしいことを言ってくれることは、珍しいことではないんです。特に図形問題。この間も、中3の図形問題を解いていた時のこと。直角がたくさんある図形の問題で、その直角から、円に内接する四角形があることに気づいて、そこから円周角を利用して解く問題でした。どこかの入試問題。悩みに悩んだ挙げ句、「ルー [続きを読む]
  • 根拠
  • 割合を習ったとき、20%と書いてあったら、わけもわからず、0.2をかける子はたくさんいます。20%でも、20%引きでも、0.2をかけるんです。ウソみたいにたくさんいますよ。そして、これが、中学へ尾を引くのです。。。方程式の文章題ができない子です。でも、これが発覚していないことはよくあります。原因はいくつかあります。学校の数学の授業で、割合の文章題は、ほとんどやっていないことがあります。方程式の単元です。やって [続きを読む]
  • 追求すること
  • 雰囲気で解いてしまうという話を昨日書きましたが、これは、本当に多いのです。英語などでも、ピンで返ってきた答案を、雰囲気で直す子はたくさんいます。「どうして、こうやったの?」と聞いても、曖昧な返事。最初に自分が書いた答えの何が違っているのか、そこに意識がいっていないのです。正解が正しいことだけがわかればよいのではなくて、もっと大事なのは、自分が出した答えの何が違っているのかなんです。でも、そこは解明 [続きを読む]
  • 理解
  • 子供たちをよ〜く見ていると、理解してやっていることと、理解してはいないけれど、やっていることがあります。例えば、小学生。小数の割り算を筆算でするとき、小数点を動かしますよね?どうして動かしてもいいのか、どういう風に動かすのかを、きちんと理解してやっている子もいれば、「学校で、点、動かすって言よったよな〜」というだけで、動かしてしまっている子もいます。ところが、テストや問題集を解いてチェックしただけ [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(最後に)
  • 中学生の勉強方法について、多くの回数を使って書いてきましたが、決して、こうしなければ駄目だというようなものではなく、単なる一例と受け止めていただきたいと思います。当然、できる子がみんな、こうしているわけでもなく、こうしなければできないというわけでもありません。私自身が、塾なしで切り抜けた自学自習法の中で、やってよかったと思っていることや、こうであればよかったのにと思っていること、また、生徒たちとの [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(余談3)
  • 問題集を解いていると、学校ではあまり触れられていないことに遭遇します。そんな時、「これは授業ではやっていないから、しなくていい」とは、思わないようにしましょう。もちろん、私立難関レベルの問題集を使っている場合、公立受験には、そこまでいらないな〜と思うことがたくさんありますが、教科書準拠、あるいは、公立高校受験レベルの問題集には、そのようなハイレベル問題は含まれていません。ところが、学校では取り上げ [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(余談2)
  • 余裕がある子ばかりではありませんよね。むしろ、学校のことだけでも、できかねてますという子の方が多いはず。そういう子の場合は、おそらく予習を自力でするなどということは不可能ですから、自分の勉強は復習のみにするべきでしょう。誰か、教えてくれる人がいれば、予習も可能かもしれませんが、復習だけで手いっぱいになるのが現実。そういう場合は、応用問題には手を出しません。基本のみ。でも、完璧に基本はできるようにし [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(余談1)
  • このようなペースで勉強を進めていると、中3はヤバいです。2月末まで中3のことに追われていたのでは、終わってすぐに入試です。まぁ、学校の授業はそんな感じですが、上位の子は、それではまずい。なにせ、公立は満点とらないといけない入試ですからね。その場合、予習をどんどん前倒ししていきます。特に中1は、内容が簡単ですから、進もうと思えばどんどん進めます。中2の真ん中ぐらいまでは進めておいて、中2じゅうに中3まで終 [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(その8)
  • こんな風に日々の勉強と定期テスト対策をしてくると、終わった単元は、赤い印と青い印がついて終了しています。次は緑です。wwやる子は、2学期の期末テストか、後期の中間テストが終わった後、基礎学に向けて、総復習をかけます。主に、家用のテキストです。それが緑の丸です。そこまでやって基礎学を受けると、9割は下らないはず。昨日、どこまでやって受けましたかね?*****(その8)のまとめ*****12月〜2月上旬で、3サイクル目を [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(その7)
  • そうこうしているうちに定期テストになります。できる子は2週間前からは準備に取り掛かります。予習をしなくてもいい時期にした2週間です。全ての時間をテスト対策に使うことができます。2週間前から1週間前の範囲発表までを使って、テスト範囲のワークと家の問題集をもう一度解き直します。テスト範囲はまだ発表されていない時期ですが、前回の定期テストのあとから、今習っているところまでですから、だいたいはわかりますよね。 [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(その6)
  • 日々の勉強は、(その4)(その5)に書いたことでタイムオーバーになると思います。ですが、土・日は学校も休みですし、少々時間がとれますね。日々、やりっぱなしになって終わってしまうことを、土・日を使って拾っていきます。まずは、学校のワークの間違えた問題。コピーの方に赤丸をつけてあるので、それをもう一度何も見ずに解いていきます。一週間分といってもそれほど多くはないはずです。間違えた問題だけですから。そして、解 [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(その5)
  • 昨日の記事のような勉強だけでは、暗記教科はなかなか覚えられません。例えば、英語。予習と同時に、教科書本文の暗写をしましょう。何も見ずに、教科書の本文を、ノートに書くのです。やっていない人は、訳とか見ないの?と思うかもしれませんが、そんなの見なくてもできます。みんなやってますから。これなんかは、自主勉の宿題にもってこいですね。まずノートに、何も見ずに書いてみます。覚えた直後ではなく、いきなりです。そ [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(その4)
  • 昨日の記事の予定に従って、勉強を進めていきます。その計画でいくと、おそらく、どの教科も先取り学習になります。どの教科も順番としては①家の問題集②学校の授業③学校のワークが良いと思います。まず、家の問題集で予習をします。解説などもしっかり読んで、自分で理解を深めていきます。家の問題集を解くときは、もちろんノートに解きます。予習の段階では、調べながらやるのも効果的です。解いたらすぐに丸付けをして、よく [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(その3)
  • 地元公立中学の授業は、年度初めはゆっくりですが、終わりに向けて、どんどん加速されていくのが普通だと思っていましょう。そのつもりで、家庭学習の計画を立てることです。ワークや問題集を2月末までに全部終わらせるように、ざっくりでいいので、単元を割り振ります。それに従って、自分で予習を進めることをお勧めします。私がよくやる手は、まず、計画を立てるときから、2月末まで何週間あるかを数えます。次に、そこから12週 [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(その2)
  • 学校のワーク類以外の問題集のお話。自分が家で勝手にやるテキストです。まずは、定期テスト用に、教科書準拠の国語と英語は必須です。定期テストは、教科書が範囲なので、教科書の本文と同じものが多く出題されます。ですから、その内容についての問題集を使って復習をしておく必要があります。数学、理科、社会については、教科書準拠のものが使いやすければ、それでも構いませんし、特に準拠でなくても構いません。うちはレベル [続きを読む]
  • 中学生の勉強の仕方(その1)
  • 年度替わりが近づいているので、久しぶりに、中学生の勉強の仕方について、まとめ直してみようと思います。といっても、一般的な一例なので、皆、それぞれにアレンジして勉強を進めていますが、基本の参考にはなると思います。自分に必要な部分を、上手にチョイスして、自分に合った方法を編み出してください。では、まずは、学校のワーク類から。どの教科もそうですが、学校のワーク類は、新年度に学校から配布されると、全コピー [続きを読む]
  • 習ってない
  • 「習ってないから、してません」というのもよくありますが、これも遅くても小3までです。習ってなかったら、調べたり考えたりして、質問でしょう?「習ってないから、わかりません」も駄目です。「これを調べて、こうかな?と思ったけど、あってる?」とか、「こう考えてみたけど、結局、答えは出なかった」とか、それが、思考力・発想力・活用力につながるのです。「こう解くんだよ〜」「こう考えるんだよ〜」と、言われなければ [続きを読む]
  • 言い訳
  • 「言われてないから、しなくていいと思った」たまに、こんな幼稚なことを言う中学生がいます。こんなことは、遅くても小3までにしてくださいと思っています。中学生にもなって、言われていないからしなくてもいいというような発想をする子は、たいてい、言われたこともできません。そうすると、次に出てくる言葉は、「学校の宿題が多くて、時間がありませんでした」とか、「体調が悪くて、…」とか、「家の用事があって、…」とか [続きを読む]
  • 何を重視するか
  • 昨日のような記事を書くと、「うちの子か?」とか、「わたしのこと?」とか、思う人、けっこういると思います。wwでも、そう感じてほしい人ほど、そうは感じず、そんなに感じてもらわなくてもいい人ほど、そう感じているということがよくあります。例えば、テストなどでも、できる子ほど、間違えた話ばかりしてきます。できない子ほど、正解した話ばかり。正解した話ばかりしてる子の方が点数は悪い。そうしたもんです。あれも間 [続きを読む]
  • 怠けること
  • ある程度、自分主導で勉強できているな〜と思える子でも、たまに、手抜きをしてみたり、ちょっとズルしてみたりします。wwまぁ人間ですし、まだ中学生ですしね。そんな手抜きやズルを、、きっちり暴いて潰していくのも私の仕事の一つです。長年の勘とでも言いますか、わかっちゃいますから。いつもと同じような調子で、「いけます〜」とか、「できました〜」とか言っていても、なんか怪しいって、感じるんですよね。私、学校の先 [続きを読む]
  • 学歴
  • 先日、学歴についての雑談をしていたときのこと、ある高校生が、「学歴が関係ないのは、一流企業だけだって池上彰が言ってた」なんて言ってました。wwしかし、実際のところ、例えば出身大学を伏せて新卒の採用試験をしても、一定以上のレベルの子しか残らないものだと思います。例えば、いわゆる一流企業で、新卒メンバーの学歴を見ると、悪くても、Gmarch、関関同立以上でしょう。一流企業で使える人材に、卒業の時点でなってい [続きを読む]