いっちゃん さん プロフィール

  •  
いっちゃんさん: ちょっと気になる世間のこと、自分のこと
ハンドル名いっちゃん さん
ブログタイトルちょっと気になる世間のこと、自分のこと
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/passmount2012
サイト紹介文ああでもない〜こうでもない!? アレコレ悩んで大きくなった!! 気になるアレコレ備忘録。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供228回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/08/07 13:33

いっちゃん さんのブログ記事

  • 誰かのために
  • 誰かのためにお金を遣えないのは不幸だよね。(人はお金をつかわずにはいられない、山崎ナオコーラ)自分の稼いだお金を、自分がどう使おうと、自分の勝手じゃないか。まさしく、その通り。^^しかし、その自分の稼いだお金を惜しみなく注げる相手がいる、っていうのは、おそらく、幸せなことではないでしょうか。大げさに言えば、だまされてもいいから、このお金で何かしてあげたい、と思えること。お金にかぎらず、時間にも同じよう [続きを読む]
  • 一年一年、年をとり・・・
  • 一年一年、年をとり、死は確実に近づいてくる。しかし一年一年、一つひとつ束縛を外していけばいい。重いコートを脱いで、だんだん自由になって、裸になっていけばいいのだ。ちょっとだけ相手のことを考えたり、誰かのことを思い巡らせながら、心は軽快にフットワークを良くする。どうせ人はいつか死ぬんだから、自分らしく生きてみようか。(大・大往生、鎌田實)こうしたい、ああなりたい、というこだわり、あるいはプラス思考も、 [続きを読む]
  • 認める
  • みんながやっていることができないと認めることは、べつに恥ずかしいことじゃないよ。(坂の途中の家、角田光代)世の中には、きっと自分の知らない「儲け方」があって、その道を究めた人はたどり着きます。ただ、うらやましがっている自分には、なかなか、そういうところにはたどり着けない。^^だったら、自分は何を究めているかっていう代わりのものがあったら、それが幸せってことでしょう。 [続きを読む]
  • 経験を積んだつもりでも・・・
  • 経験を積んだつもりでも、それを知識として身につけられなければ、それは経験とは言えない。(金田一少年の事件簿、天樹征丸など)ご存知の方もいると思いますが、「つもり違い11ヵ条」というものがあります。「高いつもりで低いのは  教養 低いつもりで高いのは  気位 深いつもりで浅いのは  知識 浅いつもりで深いのは  欲 厚いつもりで薄いのは  人情 薄いつもりで厚いのは  面の皮 強いつもりで弱いのは  根 [続きを読む]
  • 適切な一つのものを動かすと、
  • 適切な一つのものを動かすと、多くのものを倒すことができる。そしてそれだけではない。ドミノ倒しは多くのものを倒すだけではなく、より大きなものを倒すことができるのだ。(ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果、ゲアリー・ケラー)ブログを開設されてる方は、ちょっと考えたことがあるのではないかと。あのことを書いてみたい、でも、あの人に読まれたら、ちょっと恥ずかしいなぁ〜.じゃあ、このことを書いてみよう、けど [続きを読む]
  • 情報過多
  • いまのように情報過多になればなるほど、親は不安になります。...しかし、最後は自分を信じるしかありません。もうこれでいくんだと、自分を信じて決めることがたいせつなのです。(和田秀樹式 子どもが正しく育つ親の教科書)ほ、ほ、ほたる来い、あっちの水は苦いぞ、こっちの水は甘いぞ…みたいに、あっちだ、こっちだ、という情報が多いのが現代です。悩めば悩むほど、その泥沼にハマる感じです。自分で欲しい情報を探せる人、探 [続きを読む]
  • 音楽イロイロ、人ソレゾレ。
  • 音楽にはいろんな機能があり、いろんな目的があり、いろんな楽しみ方がある。どれが優れていて、どれが劣っているというものでもない。(意味がなければスイングはない、村上春樹)あの人はどうして、こんなものが好きなんだろう、と思えるものがあるとして、自分の好きなものだって誰かにとっては「どうして?」と不思議がられることもあるでしょう。音楽イロイロ、人ソレゾレ。^^スーダラ伝説 植木 等 スーダラ節/無責任一代男/ [続きを読む]
  • 僕はね、弱くていいと思ってる。
  • 僕はね、弱くていいと思ってる。弱いってのは、強くないことだって考えている人もいるけど、僕はそうじゃないって信じてるから。(透明カメレオン、道尾秀介)弱いとか、持っていないとか、能力が足りないとか...そんなふうに思われたくなくて、人は一生懸命がんばったり、よく見せようとしたりするけれど、だいたいは、報われない。^^人は、見せたがるところは見ないし、(自慢したいところは興味をもたれず)隠したがるところこそ見 [続きを読む]
  • 青春とは臆病さを退ける勇気
  • 青春とは臆病さを退ける勇気、安きにつく気持を振り捨てる冒険心を意味する。ときには、20歳の青年よりも60歳の人に青春がある。年を重ねただけで人は老いない。理想を失うとき初めて老いる。(青春とは、心の若さである。、サムエル ウルマン)歳月は皮膚にしわを増します。髪は薄くなり白髪がボウボウ。(´-ω-`)六十歳であろうと十六歳であろうと人の胸には、驚異に魅かれる心、おさな児のような未知への探究心、人生への興味の歓 [続きを読む]
  • すぐ役立つことは、 すぐ役立たなくなる。
  • すぐ役立つことは、すぐ役立たなくなる。(奇跡の教室、伊藤氏貴)すぐを追求すると、「すぐ」に手に入ります。^^けれど、その価値は、「すぐ」に薄れていくかもしれない。すぐに知りたいと思って、必死に調べたり、集めたりする。すぐに食べたいと思って、3分のカップラーメンを食べたり、ファ-ストフード店で買って食べる。すぐに気持ちよくなりたくて、薬に頼る、快感を求める、責任から逃げる。だいたい、そういうものの効果は [続きを読む]
  • お金がないなら
  • お金がないならすでにあるもので勝負すればいいんだよ。みんな何かを持っている。なんにもない人はいない。ちゃんと持っていることに気づいてないか、それを、ちっぽけと思っているだけ。(だいじな本のみつけ方、大崎梢)若く見せたい、アタマがいい人に思われたい、お金持ちのように見せたい...見せたい「自分」が増えすぎると、そのうち、矛盾が生じてくるかもしれません。^^ひとつは、自分のなかで、もう一つは、見ている側の [続きを読む]
  • 人をうらやんだり嫉妬したりせず
  • 人をうらやんだり嫉妬したりせず、こいつはこいつ、自分は自分と無理せず思えるようになったのは、いくらか成長した証かもしれない。(忘れ物が届きます、大崎梢)人が焦るとき、っていうのは、誰かと自分を比べた時、っていうのが多いように思います。もっと頑張らなきゃ、もっと良くならなきゃ、もっと稼がなきゃ、もっといい人見つけなきゃ、もっといい物買わなくちゃ...こういう感情になるのは、その誰かの何かを見た時か、ある [続きを読む]
  • あせることは何の役にも立たない。 後悔はなおさら役に立たない。
  • あせることは何の役にも立たない。後悔はなおさら役に立たない。前者はあやまちを増し、後者は新しい後悔をつくる。(ゲーテ)テレビを見ていて、芸能人の浮き沈みを感じると、とても大変な職業だなぁ…と思うことがあります。うまくブームに乗れば、引っ張りだこになりますが、その波がさぁ〜っと引いていく空気になると、やはり焦ります。その流れを少しでもとどめるために、いろんなことを始めることでしょう。女性は女性で、男性 [続きを読む]
  • 人生の目的は・・・
  • 人生の目的は、一人でいるときよりも、誰かと一緒にいるとき、とくに何かをやって感謝されたりするときに、「ああ、これかも!」という感覚で見つかる(人生の目的、本田健)人様の役に立てた、という経験は、強烈なものです。その喜んでもらえた経験が自分が頑張り続けるための心の支えになることも少なくないでしょう。何をしていいか分からないとき、ただシンプルに、人を喜ばせてみようって気持ちは大切なのではないでしょうか。 [続きを読む]
  • 漫才
  • 漫才はな、一人では出来ひんねん。二人以上じゃないと出来ひんねん。でもな、俺は二人だけでも出来ひんと思ってるねん。もし、世界に漫才師が自分だけやったら、こんなにも頑張ったかなと思う時あんねん。周りに凄い奴がいっぱいいたから、そいつ等がやってないこととか、そいつ等の続きとかを俺達は考えてこれたわけやろ?ほんなら、もう共同作業みたいなもんやん。同世代で売れるのは一握りかもしれへん。でも、周りと比較されて [続きを読む]
  • 少なくとも、人間たる者は・・・
  • 少なくとも、人間たる者は、医者になるとか、政治家になるとかいう目標よりも、どんな生き方の医者になりたいとか、どんな生き方の政治家になりたいかを問題にすべきではないだろうか。(孤独のとなり、三浦綾子)こういう言葉がすぅーっと入ってくると、自分の目標のズレが分かってくるような気がします。政治家になりたい!どんな生き方をする政治家?芸能人になりたい!どんな生き方をする芸能人?金持ちになりたい!どんな生き方 [続きを読む]
  • 変わってるね
  • 「変わってるね」「誰と比べて?」(ドラマ「ストロベリーオンザショートケーキ」)誰と比べて?と尋ねられて、自分と比べてだよ。と堂々と答えられる人は、よっぽど自分を分かっている人か、かなりのバカかもしれません。自分を普通だと思っている人間ほど、普通でないことが多く、自分は天才だと思っている人間ほど、平凡だったりします。要は、自分について思っていることは、そんなに当たっていない。だから、知らず知らずのうち [続きを読む]
  • 確かにあなたは、とんだダメ人間だ。
  • 確かにあなたは、とんだダメ人間だ。仕事が遅いことがじゃありません、山の頂きを仰ぎ見て卑屈になっていることがです。かがめばかがむ程、山頂は遠くなりますよ。頂きは己の卑小さを知るためにそびえ立っているのではありません。ただ目指すためにあるのです。山道でかがんでいる暇があったら、ゆっくりでもいい、登っていきなさい。一歩ずつ亀のように確かな足どりで。それでも頂きにはたどりつけないかもしれない。途中で力尽き [続きを読む]
  • 成功と有名の依存症
  • あなたたちの世界では、人は、遥か昔にふたつにわけられていた。成功者と敗残者、有名人と無名人。あなたたちは、成功と有名の依存症なのよ。(永遠の仔、天童荒太)依存症といえば、なんとなく、少なくとも一度は、手に入ったものに依存している姿を想像します。喫煙であれ、アルコールであれ、買い物であれ、人間関係であれ、それらは、なんらかの意味で、自分のものになり、それに執着しすぎて、依存してしまう...しかし、一度も [続きを読む]
  • 人を信じる
  • 人を信じることで、案外あっさり世界は開けるものよ。(幹事のアッコちゃん、柚木麻子)パソコンの前から離れようとして、まだ返事を書いていないメールを1つ思い出しました。座り直して、どんな言葉で伝えたらいいんだろう、と考えているうちに、10分、30分と過ぎました。まだまだ相手のことを知らないんだなぁ〜と自覚。(T_T) [続きを読む]
  • 知識、才能というものについては 負けてもいい。
  • 知識、才能というものについては負けてもいい。それはすぐれた人がたくさんいるだろうし、負けてもいい。だが、この仕事をやっていこうという熱意だけは君が最高でなくてはならない。(事業は人なり、松下幸之助)上には上がいる。たいてい、どこかにいます。賢くなったな、強くなったな、うまくなったな、自分では思っても、「上がいる」ことを忘れないようにした方がいいと思います。ただ、上がいるからって、自分を卑下する必要も [続きを読む]
  • 人は人。自分は自分。
  • 人は人。自分は自分。この世の中に一人として同じ人間は、いないじゃないか。そんな自分のことばかりを気にしていても仕方ないじゃないか。(穂足のチカラ、梶尾真治)人と比べるのは悪いことだ、とばかり言われることが多いけれど、まったく比べないわけにはいかないし、そもそも、比べることが悪いわけじゃない、と思います。問題は、「比べ方が悪い」ことでしょう。あるいは、「比べた後の表現が悪い」のが問題じゃないでしょうか [続きを読む]
  • インターネットは儲かる・・・
  • 実際はね、だれかが苦労して立ち上げ完成させたものに乗っかる方が遥かに楽で儲かるんですよ。リスクを負わないで済む。叩かれることもない。しかしだれもがそういう姿勢では、何も変えられない。(ブラックボックス、篠田節子)インターネットは儲かる、携帯サイトを作ると儲かる、スマホを使うと、ツイッターを使うと、Facebookを使うと、うまくいく...新しいサービスが生まれるたびに、こんな話を聞かされます。それに飛びついて [続きを読む]
  • 失敗を覚悟すると、心は軽くなる
  • 失敗を覚悟すると、心は軽くなる(1分間ジェフ・ベゾス、西村克己)勉強やスポーツで勝つために、がんばろうとした時に、もしも負けたら、がんばった時間が無駄になるかな、なんて考える人は、おそらく、何もチャレンジできなくなるのではないでしょうか。禁煙やダイエットに何度も失敗した人が、新しい禁煙法やダイエット方法に挑戦しようとした時に、「どうせ、またダメかな」と思ったら、やる気が削がれます。理想の人に出会えな [続きを読む]
  • 考えるな、というのは・・・
  • 考えるな、というのは、考えている暇があったら動けという意味で、つまりは、迷うなということなのだろう。(ヴォイド・シェイパ、森博嗣)人は、考えることなしに、最適な行動は出来ないだろうけど、考えすぎることで、そこから遠ざかってしまうことも多いのではないでしょうか。わたしもそのひとり。何ごとも頭だけで分かろうとするのは、人間の悪いクセで、今のような情報化社会では、特にありがちなことだと思います。「知った」 [続きを読む]