鈴子 さん プロフィール

  •  
鈴子さん: 東京のパワースポットを歩く
ハンドル名鈴子 さん
ブログタイトル東京のパワースポットを歩く
ブログURLhttp://cues.cc/clog/
サイト紹介文東京都内のパワースポットを縁結びや縁切り、金運、仕事運などご利益をまじえ紹介。散歩先としてもどうぞ。
自由文ライターの鈴子が、取材で訪れた先のパワースポットを思いつくままに紹介。仕事がいつのまにか趣味になり、いまではその足は京都や九州まで。ちなみに鈴子のお薦めは、スサノオを祀る神社と観音さまが鎮座するお寺。理由はカッコいいから。神秘的な要素には興味がなくとも、日本の文化に興味のある人にもオススメします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供54回 / 365日(平均1.0回/週) - 参加 2013/08/08 10:33

鈴子 さんのブログ記事

  • 第274回「龍土神明宮(天祖神社)」
  • 六本木に棲む龍 以前、六本木には龍穴があって、その流れを新しくできた高層ビルが断ち切ってしまった…というような都市伝説が流れたことがあった。バブルの崩壊や様々な災難はすべてこの龍穴を壊したせいだと。無責任な流言飛語だなぁ … "第274回「龍土神明宮(天祖神社)」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第273回「駒繋神社」
  • 地名に隠された古い歴史 関東には、当然のことながら源氏、あるいは源頼朝に由縁のある寺社がとても多い。中でも世田谷区は主要な鎌倉街道が2本も通っていたせいか、特にたくさん残されているようだ。今回紹介する「駒繋神社」は、神社 … "第273回「駒繋神社」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第272回「伊豆美神社」
  • 狛江に鎮座する古社中の古社 先日、ちょっとしたパーティーで名刺交換した方に「うちの近所によい神社あります!?」と尋ねられ、「狛江ですか…あんまりないんですよね…」と答え、隣接する世田谷やら調布、府中の有名どころばかりの名 … "第272回「伊豆美神社」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第271回「全生庵」
  • 東京、夏の風物詩 夏も終わりに近づいてきたので、締めくくりにお寺へ「幽霊」を見に行ってきた。と、言っても誰でも見ることができる「幽霊画」展である。毎年「今年こそは!」と思いながら、私にとっても幻だった幽霊図をしっかり見て … "第271回「全生庵」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第270回「円通寺」
  • 歴史のターニングポイントを見てきたお寺 三ノ輪駅と南千住駅から等距離に位置する円通寺は、791(延暦10)年、坂上田村麻呂が創建したと伝わる古いお寺である。道路からちらっとお寺を見るとそうは見えない佇まいだが、歴史を紐解 … "第270回「円通寺」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第269回「鎌倉・東慶寺」
  • 幕府の許可を得た「縁切寺」 このサイトで1年中季節に関係なく人気となる記事に「縁切り」がある。縁切りといっても男女の仲もあるだろうし、上司や部下といった人の縁、酒やギャンブル、借金などの悪癖、悪運や病気といった気持ちの縁 … "第269回「鎌倉・東慶寺」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第268回「青松寺」
  • 鈴子、今回も中途半端なお参りになる 相性が悪いというか、間が悪いというか、私は青松寺とはとことんタイミングが合わない。いざ出かけて見ると大きなお葬式が行なわれていたり(しかも3回も!)、ひどい時には参詣の予定を組んでいた … "第268回「青松寺」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第267回鹽竈神社
  • 海の神さまは安産の神に 新橋駅と都営線・御成門駅のちょうど真ん中あたりに、鹽竈(しおがま)神社という小さなお社がある。本社は東日本大震災で大きな被害を受けた宮城県にある鹽竈神社である。震災後、スサノオを祀る神社では被害が … "第267回鹽竈神社"の続きを読む [続きを読む]
  • 第266回「胡録神社」
  • ほんとうに祀られていたのは誰なのか 日本には神さまだけでも八百万(やおよろず)もいて、日頃は神社に誰が祀られているかなど考えることもない。かくいう私も、神社の名前は知っていても、神さまの名前は数えるくらいしか理解していな … "第266回「胡録神社」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第264回「磐井神社」
  • その名前に歴史的意味を考えてみる 磐井神社は現在の地図では大田区大森、第一京浜(国道15号)沿いに鎮座するが、江戸時代の資料によればこの場所は品川で、不入斗(いりやまず)村と呼ばれていた。不入斗とは難しい地名だが、実は日 … "第264回「磐井神社」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第264回「信松院」
  • 八王子には甲斐武田家の由縁がいっぱい 今週初めは、四万六千日(詳細は別記事参照)だったので浅草寺や護国寺ではほおずき市がたった。今年はどこか別の場所のほおずき市に行きたいなぁといろいろ調べた結果、八王子の信松院を訪ねるこ … "第264回「信松院」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第263回「江島神社」
  • 日本の歴史を見続けてきたお社 夏になったら今年こそご紹介したいと思っていたところ、先週「もしもツアーズ」で取り上げられているのを見て、ちょっと躊躇したが、もしかしたら来年もブログを書いている保証はないぞと思い直した。とい … "第263回「江島神社」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第262回「夏越ごはん」
  • そういえば神社でも提供されてた 6月30日は「夏越(なごし)の祓」の日である。おおよそは神社の行事で、6月と12月の末日に行われる大祓(おおはらえ)という浄化の儀式を指す。半年の間に体に溜まった穢(けが)れを落とす日とい … "第262回「夏越ごはん」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第261回「アジサイ寺」
  • 紫の花はお寺で好まれる すでに各地で見頃を迎えているが、6月といえば紫陽花の季節である。ついぞ知らなかったのだが、紫陽花は日本が原産の花なのだそうだ。もともとはガクアジサイという花の少なかった自生種を、現在われわれが良く … "第261回「アジサイ寺」"の続きを読む [続きを読む]
  • 鈴子の近況─2017年梅雨入り前
  • お祭りの夏がやってきた! いよいよ関東も梅雨入りです。その割と雨は降りませんけれども。雨の日はあんまり寺社めぐりには向きません。そのため、梅雨入り前の私は、行けるだけ行っとこう!の心算で、あちこちめぐってきました。ずいぶ … "鈴子の近況─2017年梅雨入り前"の続きを読む [続きを読む]
  • 第260回「鐡砲洲稲荷神社」
  • 水際の守護として平安時代から鎮座する社 銀座、新富、入船、湊、明石町といったあたりを氏子に持つお社が、今回ご紹介する「鐡砲洲稲荷神社」である。以前、銀座には八幡さまがいなくて、お稲荷さまのお社ばかり、といった記事を書いた … "第260回「鐡砲洲稲荷神社」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第259回「航空神社」
  • 異色の経歴を持つ神社 前回は気象神社がご紹介したが、今回は気象神社と一番関わり合いが深いと思われる「航空神社」を紹介したい。その名の通り、航空の安全を祈願し、災難を除くご利益がある。「落ちない」祈願であるために、昨今、受 … "第259回「航空神社」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第258回「高円寺氷川神社」
  • 日本唯一の境内社を有する社 以前「高円寺」をご紹介した時、すぐにでも記事にすべき神社だった「高円寺氷川神社」が今回の訪問先である。氷川というからには、本殿の祭神はスサノオ。伊勢神宮の神さまである天照大神の弟神であり、ヤマ … "第258回「高円寺氷川神社」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第257回「上野戦争」を歩く
  • 江戸城は無血でも江戸は無血ではなかった 毎年、この季節は各地でお祭りが盛んに行われているので、今まで歴史的な季節軸をみることがなかった。いろいろ調べていたら、慶応4(1868)年1月に鳥羽伏見で始まった戊辰戦争は、翌明治 … "第257回「上野戦争」を歩く"の続きを読む [続きを読む]
  • 第256回「武田神社」
  • 武田信玄の居城が神社に ゴールデンウィークは甲府の神社に行ってきた。正しくは友人に誘われたので、ホイホイついて行っただけのことであるが、甲府駅に降り立って思い出した。やっぱり今年来ておくべき場所だったんだなと。今年は酉年 … "第256回「武田神社」"の続きを読む [続きを読む]
  • 2017年GW特集
  • 残りのゴールデンウィークに行くべきところは? 私は基本的に、できるだけお休みの日に行楽地へは行きません。それは神社・仏閣へのお参りも同じで、なるべく平日の静かな時間を探して出向きます。とはいえ、催事の多くは日祭日に行われ … "2017年GW特集"の続きを読む [続きを読む]
  • 第255回「天祖神社(蛇窪)」
  • 鈴子、ジレンマに陥る 昔は、ひとつの集落に神社とお寺が並立していて、必ず守り神がいたため、村が大きくなったり、開拓された土地へ住民が移ったりした場合、神さまたちも一緒に家移りしていた。そのため、多くの神社が2つになったり … "第255回「天祖神社(蛇窪)」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第252回「慶元寺」
  • 東京を語るに欠かせない古寺 このところ、なんだか九品仏(浄真寺)の回へのアクセスが急激に伸びているので、はてなんでなんだろ? と思っていたのだが、よくよく考えたら今年は3年に一度の二十五菩薩来迎会、通称「お面かぶり」の年 … "第252回「慶元寺」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第253回「青渭神社」
  • 「青渭神社」を推定してみる 今週はバタバタしてしまって、すっかり更新が遅れてしまった…反省、反省。 日本各地で寺社の建造物にいたずらされたとニュースになっていたが、犯人がわかってホッとした。“バチが当たる”文化を持つ日本 … "第253回「青渭神社」"の続きを読む [続きを読む]
  • 第252回西向天神社
  • 西に社が向いている訳は… 新宿区は、23区の中で一番平均海抜の高い区なのだそうだ。その中にあって、「大久保」と名がついた場所は、川の流れのために土地が窪んでいたためにその名になった、とも言われている。今回ご紹介する「西向 … "第252回西向天神社"の続きを読む [続きを読む]