極楽とんぼ さん プロフィール

  •  
極楽とんぼさん: シニア暮らしは風の吹くまま、気の向くまま
ハンドル名極楽とんぼ さん
ブログタイトルシニア暮らしは風の吹くまま、気の向くまま
ブログURLhttp://blog.goo.ne.jp/lalalemon
サイト紹介文年金をもらいつつ、仕事少し、遊びたくさんの楽しいシニア暮らしを目指して、極楽とんぼ的な老後を構築中
自由文「極楽とんぼは風まかせ」のタイトルで7年続いた冗舌なブログの対極として始めました。つぶやき風にできるだけ短い記事を書くことを心がけてはいますが、冗舌はやっぱり冗舌。書き切れなくなったら旧ブログで発散しています。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供323回 / 365日(平均6.2回/週) - 参加 2013/08/09 13:59

極楽とんぼ さんのブログ記事

  • いつも近くにあるものには目が届かない?
  • 6月23日(金曜日)。晴れ。高温注意報発令中。内陸の郊外では32度を超えそうだって。真夏は35、6度になる郊外で32度を超えるからって猛暑注意報発令はちょっと興奮しすぎな気もするけど、海風が通るバンクーバーのあたりでは30度は「猛暑」。でも、世紀が変わるまでは30度なんて何年、何十年に1度あるかないかの稀な現象だったのが、近ごろは増えたような感じ。ま、湿度が低ければどうってことないけど。ロンドンで [続きを読む]
  • のんびり家事とパワーストーン
  • 6月22日(木曜日)。晴れ!予想最高気温は21度。おお、夏だ。さっそく袖の短いTシャツに着替え。ちょっと身軽な感じで気持も軽くなる。カレシが出かけた後、仙人が降りて来て、「今日で全部終わり」とうれしそう。乾燥機の排気口の清掃、バルコニーと手すりの圧力洗浄、窓拭きと、去年は別々だった作業を順次やってしまおうという野心的な日程だったけど、結局は当初の予定を10日も延長。でも猛暑の前に終わってよかったね [続きを読む]
  • 今日から公式に夏
  • 6月21日(水曜日)。晴れ。夏至(実際はきのう午後9時半ごろに到達)。冬至から8時間も日が伸びて16時間14分。夏至が公式に夏の始まりだからか、天気予報では週末にいきなり記録的な暑さになりそうという話。マザーネイチャーの気まぐれには困ったもんだけど、アリゾナ州のフィニックスの50度近い(形容詞がない)猛暑よりはずっとましか。そんな殺人的暑さで湿度がひと桁だったら、外へ一歩出た瞬間にミイラになっちゃ [続きを読む]
  • 感謝感激雨あられ
  • 6月20日(火曜日)。にわか雨のち晴れ。近頃「pop-up何とか」という表現をよく聞くけど、天気情報でも、ごく狭い区域でいきなりさぁ〜っと降って来て、さっと止む嘘みたいな雨のことをpop-up shower(通り雨)と呼ぶようになっていて、今日はまさにそのポップアップ雨の連続だからヘンな天気。カレシが出かけて間もなく窓の外にロープとホースがするする。次いで降りて来たひげの仙人にどけるものはないか聞いたら、「デッキを [続きを読む]
  • 懸案の仕事が10分で完了
  • 6月19日(月曜日)。曇り。眺望がぼうっとして見えるのは、霧なのか霞なのか。天候回復の予報で、週末には最高気温が26度なんて言ってるけど、ほんとかな。それ、6月としてはちょっと暑過ぎる感じがするけど。でも、これから天気が良くなるんだったら、何とかこのまま仕事なしで6月を終えたいなあ。やること、やりたいことがたっくさんあるんだもの。(と言っているうちにいつものところから仕事の待ち伏せ。でも小さいから [続きを読む]
  • どこの国の不思議もお国柄のうち
  • 6月18日(日曜日)。雨。午前10時の気温が12度!夏至がもう目の前だというのに、夏はほんとに来るんだろうか。夏でも薪ストーブを焚いていた土地で生まれて14歳まで育ったワタシが日が差さない、寒い、いつになったら夏が来るのかと愚痴っているから我ながらおかしくなる。いつのまにか短いながらも太陽が輝く夏が「あたりまえ」になったということで、人間、40年もひとっところで暮らしていたらそんなもんだろうな。の [続きを読む]
  • 急に静かになって落ち着かない
  • 6月17日(土曜日)。曇りがち。早朝から子供の走る足音で起こされなかったので、目が覚めたらもう8時半。久しぶりにぐっすり眠ったなあ。でも、ゆうべはあまりの静けさにヘンに落ち着かないし、おまけにいつもダダダダダダっと「野牛の暴走」が始まる時間に何となく緊張して来るのが感じられて、たまたま仕事をしていることが多い時間だから、相当なストレスになっていたんだなと今さらわかった。結局、これまでは騒音から注意 [続きを読む]
  • やっと引っ越してくれた
  • 6月16日(金曜日)。晴れ。空いっぱいに白い雲がもくもく。9時過ぎに東側にロープがするする。ひげの仙人が降りて来て、我が家の窓ガラスを拭いてさらに下へ。昼ごろにダイニングエリアのドアの外にロープがするする。ゆらゆらと揺れる2本のロープを眺めていたら仙人が再登場してルーフデッキに着陸。我が家のドアは「アクセス可能」(つまり自分で掃除可能)なのでスキップするのかと思ったらちゃんと拭いてくれた。上の窓を [続きを読む]
  • 6月半ばに暖房が入るなんて
  • 6月15日(木曜日)。雨。午前8時、ルーフデッキのワイヤレス温度計の表示は何と11度。日中でも平年よりもより5度も低くて、夕方にはとうとうリビングでヒーターがオンになったくらい。いくらなんでも6月の中旬にこんな気温はないよぉ。まさか季節はずれに暑かった5月の2週間が「今年の夏」だったってわけじゃないだろうな。暦の上では夏至が公式に夏の始まりと言うことになっているんだけど、何とかしてよ、マザーネイチ [続きを読む]
  • 牡牛座とねずみ年とA型をかけ合わせると
  • 6月14日(水曜日)。曇り時々雨。ゆうべは半毛布を足元にかけて寝たくらい寒かった。今頃はとっくにしまってあるはずの毛布だけど、まだ必要そうな予感がして、たたんでたんすの上に置いてあった。勘が当たってしまったわけだけど、それでも、デッキのプランターに蒔いたパティパンかぼちゃが大きな芽を出し始めて、月曜の朝には4個だったのが、きのうの夕方には10個になっていたからすごい。トマトは寒そうでちょっとかわい [続きを読む]
  • 絵文字語で寒いという日が来る?
  • 6月12日(月曜日)。曇りのち晴れ。相変わらず気温は低め。きのうも暖かいだろうと思って素肌にぺらぺらの薄いチュニック1枚で出かけたら、ウォーターフロントはかなり涼しかった。ワタシには鳥肌が立つほどの寒さではなかったけど、ショーツにTシャツで横を駆け抜けて行くジョガーたちを横目に、アジアからの観光客たちは厚いアノラックやジャケットを着込んで寒そう。アジア人はかなりの寒がり屋だという印象だけど、どうも [続きを読む]
  • おしゃれになったウォーターフロント界隈
  • 6月11日(日曜日)。晴れときどき曇り。トーストとコーヒーだけの朝ごはんで、9時半過ぎに2人それぞれにカメラを持って出発。ニューウェストミンスター駅の下にある駐車場に車を置いて、電車でバラード駅まで。グーグルマップでチェックしたら、レストランLiftまでは駅からコールハーバーのウォーターフロントを目指してジグザグに徒歩15分。新婚時代のアパート暮らしに始まって2人とも勤めをやめるまで、バンクーバーのダ [続きを読む]
  • 外は天候不順でも中は花ざかり
  • 6月10日(土曜日)。曇り。予報では雨が降っているはずなんだけど、朝方に降った気配がない。気温は低め。夏野菜には低すぎるのか、パティパンかぼちゃはさっぱり芽が出ないし、トマトは花をつけてもさっぱり実がなる気配がないから困ったもんだ。ときたま思い出したように最近pop-up showerと呼ばれている(にわか)雨がじゃぁっと降る。こういうのを天候不順と言うんだろうな。やれやれ、人間世界は大いに不順で、天気も不順 [続きを読む]
  • デジタル思考には中間というものがない
  • 6月9日(金曜日)。晴れときどき曇り。朝方まで雨もようだったようで、気温は低めだけど、空気はすっきり、さっぱり。朝のうちはまだ黒っぽい雲が多かったけど、午後には白い綿雲がぷかぷか。視界いっぱいの空に浮かぶ雲の中にいろんな動物の形や人間の顔が見えるのは想像力があり過ぎるからなのか、単なる空想癖の成せる業なのか、それとも視覚的な認識がどこかおかしいのか。そのあたりはどうでもいいとして、刻々と形を変えな [続きを読む]
  • 金魚鉢からの眺め
  • 6月8日(木曜日)。雨。それでも、外壁の清掃は継続するようで、9時過ぎに火災警報器のスピーカーがキィ〜ンと鳴り出して、「Good morning」と管理人のシェリーの声。「今日の作業は6番ストリートに面した東側で行います。プライバシー保護のためにブラインドを下ろしてくださぁい」。「東側」は我が家のルーフデッキがある「北東側」なんだけど、北東から南西に斜めに流れるフレーザー川を基準に碁盤目の道路を作ったニューウ [続きを読む]
  • サソリはゴキブリよりも怖い
  • 6月7日(水曜日)。晴れのち曇り。ちょっとばかり早起き(と言っても7時過ぎ)。8時半過ぎにリビングエリアの窓の外にロープがするする。我が家の窓の外にあるのは22階のバルコニーの屋根で、3階までずっとバルコニーが重なっている。冬の間に雨風に吹きつけられた泥や砂でひどく汚れていたけど、ルーフデッキの手すりの外なので「飛び降り自殺じゃないかと思われて警察が来るから勝手に出たらダメ」。まあ、気になっていた [続きを読む]
  • バルコニーがきれいになった!
  • 6月6日(火曜日)。晴れ。でも、空がちょっとかすんで来たような。何かヘンな夢を見ていて目が覚めて、もにゃっとした気分で起きて朝ごはん。今日はバルコニーの外にロープがするする。今度はバルコニーの圧力洗浄。モノを置いてあると掃除をすっ飛ばされるという話だけど、うちは自分たちで掃除するつもりだから、しぶきから守るために鉢物を内側に移動し、重いプランターもぐいっとずらして、ついでにバルコニーの縁に沿って鉢 [続きを読む]
  • 家の中にも縄張り
  • 6月5日(月曜日)。晴れ。爽やかな天気。朝ごはんを食べていたら、外のルーフデッキにどさっとロープ。続いてロープに繋いだ脚立が下りて来て、2本の足が見えたと思ったらおなじみのお兄ちゃんが着陸。(先週から乾燥機の排気口、外壁やバルコニー、窓の清掃をまとめてやっている。)カレシと邪魔になりそうな鉢を退かしに出たら、「排気口だけだからデッキの清掃まで大丈夫」。デッキはコンクリートタイルなので圧力洗浄はしな [続きを読む]
  • 人生は説明できないことが多過ぎ
  • 6月4日(日曜日)。晴れ。朝、ベッドの中で今日は何をしようかと考えるようになった。仕事に根を詰め過ぎると箍が締まり過ぎて外れなくなるのは昔からだけど、胸突き八丁の連続だった仕事漬けから解放されてほぼ1ヵ月。その間に家族が入れ替わりで泊まって行ったりして、2人だけの日常が戻ってから10日弱。カリカリからバタバタを経てやっとダラダラに到達したと言うところ。今年はもう去年の8ヵ月分を稼いでしまったし、6 [続きを読む]
  • とある土曜日の・・・
  • 6月3日(土曜日)。曇りのち晴れ。8時過ぎに起きて、朝ごはんを食べて、2人で掃除。カレシがずぶ濡れのスポンジを持って2つのバスルームを行き来するから、あちこちに水がぽたぽた。モップで拭くんだからいいやと思ってるんだろうけど、箒で掃くときには濡れた床はメーワクっ。片手に箒、片手に雑巾で、箒で掃きながら、水ぽたを見つけるたびに雑巾で拭き取ってから箒で掃いて、モップでごしごし。もう、くたびれたよっ。ごみ [続きを読む]
  • バブルがマンション市場にシフト?
  • 6月2日(金曜日)。曇りときどき雨のち晴れ。何とも落ち着きのない天気。起き出したカレシが「足がいてぇ」。きのうは23階まで歩いて上がって来たんだもんね。ほんとは降りる方がきついんだけど、ま、カレシはこのところずぅ〜っと運動不足だからなあ。まあ、こういうことがあると35階とか40階とかに買わなくて良かったぁと思うよね。最近のタワーマンションは狭い土地に40階建て、50階建てのもやしが生えているという [続きを読む]
  • 6月は停電騒ぎで始まり
  • 6月1日(木曜日)。雨のち曇り。州の内陸部で急激な気温の上昇で山の雪解けが加速し、その上大雨が続いたもので、フレーザー川の上流から河口まで「増水注意報」が出ている。Mighty Fraserと呼ばれるフレーザー川はロッキー山脈のフレーザー峠付近から湧き出た流れに始まって、バンクーバーでジョージア海峡に注ぐまで、全長1375キロのカナダで10番目に長い川で、1948年の今頃に郊外のチリワックでピーク時に200平 [続きを読む]
  • 今日はステルス式トンカチ仕事
  • 5月31日(水曜日)。曇りのち晴れ間。今日で5月もおしまい。あっと言う間だったなあ。最初の1週間は「魔の3月」の仕事の追い込みで、頭から煙が立ち上るくらい没頭して、やっと終わってほっとしたらもうカレシママの100歳の誕生祝いに来るトロントとモントリオールから家族を迎える準備。その合間に何年ぶりかで歯医者に行ったり、何だかんだやっているうちに民宿「極楽とんぼ」開業。弟夫婦とその娘夫婦が交互に泊まって [続きを読む]
  • ほんっとに危ないったらないんだけど
  • 5月30日(火曜日)。曇り時々雨。急に10度近くも下がったので、寒っと感じるけど、まあ平均的な気温。今日は教室に出かけるカレシの車でメトロタウンまで行って、グランヴィル駅まで電車でダウンタウンへ。最後のタップインまでの乗り放題90分の間に(片道運賃で)往復しようということなんだけど、ニューウェストミンスター駅からだと、帰りのバスに乗り継ぐ場合は待っている間に時間切れになって、バスの運賃を払うことが [続きを読む]
  • 午前中でふた仕事やってしまった
  • 5月29日(月曜日)。晴れ。東のフレーザーバレーの方向は空がもや〜っとかすんでいて、山が見えない。2週間近くも真夏のような日が続いたから、スモッグだな、きっと。窓の外の空も何となく白っぽくて、健康リスクを示す大気の質指数は4で中度のリスクの領域(普通は「低リスク」の2)。メトロバンクーバーでは海からの風がフレーザー川の谷間に沿って内陸に汚染物質を運ぶので、夏は農業地帯の広がる奥の郊外に行くほど空気 [続きを読む]