クレル さん プロフィール

  •  
クレルさん: 禁断のKRELL
ハンドル名クレル さん
ブログタイトル禁断のKRELL
ブログURLhttp://ameblo.jp/507576/
サイト紹介文禁断のKRELLは古いオーディオを 中心に扱い、素晴らしい製品を紹介します
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供227回 / 365日(平均4.4回/週) - 参加 2013/08/10 23:56

クレル さんのブログ記事

  • 過去記事回顧
  • この記事がいつもブログ内で週刊アクセス数がもっとも多い。 新規オーディオ記事でたまに抜くことがあるくらい 2017/7/26 追記 FF14をやったあとFF11をプレイするとグラが汚い....w とネットで煽る人が居たけど、正直確かに汚い。。時代遅れ。でもソーメン(アシェラ)ちゃんは輝いていた。不摂生と引き篭りで40歳で亡くなった親友が「ソーメンちゃん」萌えを連呼してたけど、歴代ヒロインでも屈指の光を放ってた。復帰して本当 [続きを読む]
  • Richard Gray RGPC 400PRO ACエンハンサー
  • Richard Gray RGPC 400PRO 2006年 アメリカで発売以来、騒然となった大ベストセラー 四口コンセント付きの電源コンディショナー&エンハンサーです。コンパクトな大きさですが、重さは約13kgもある。 これはエンハンサーと名が付くだけあって、原音再生を目指してたものではなく、音を歪ませることを利用して、上下各々の倍音を作り出して、実音にミックスするものである。 中村製作所のNSIT2000PLUS 2000VAの200V→100 [続きを読む]
  • FF14 極スサノオ討滅戦クリアー!
  • 超えてみせる!昨日の俺を! いっけええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええええ!!! うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!! やったああああああああああああああああああああああああああ [続きを読む]
  • FM ACOUSTICS FM411 VS OCTAVE MRE130比較 私的頂上対決
  • 72台のアンプを使ってきましたが、FM acoustics FM411が人生最高のアンプでした。なんといっても音の良さでブッチギリでしたが、何回か繰り返し書いてきているのですが、具体的になにが優れているというと、FMの優位性は他社を圧倒するドライバビリティの高さと高性能感にあるのです。他社と比較して精密きわまりないウーファーの挙動とグリップ力、揺るぎのない盤石の安定感、音の浸透力と実在感、そして心を奪われる感動的な [続きを読む]
  • OCTAVE MRE130
  • OCTAVE MRE130 真空管モノラルパワーアンプ 2005年 ドイツ連邦 ¥1,880,000 OCTAVEの持つサウンドはきわめて先進的で、現代のハイエンドオーディオ界に生まれたある意味で革命的な製品群と呼べるのではないだろうか。長年に渡って研鑽を積んだ練達のオーディオファイルを心底から感服させる驚異的性能を、ドイツ的流儀といえる質実剛健さを感じる素朴な外観の中に内抱している。真空管パワーアンプでは出力トランスの支 [続きを読む]
  • FF14 紅蓮の解放者 神龍戦
  • FF14 紅蓮の解放者 ラスボス神龍戦のSSを載せて行きます 三回の挑戦、ジョニー隊でクリアできました。ラスボスは手強かった。主要なメインクエストの戦闘はみんなこれぐらいの難易度でお願いします。 勝と分かり切っている戦いに勝利の喜びなんてないのだから。 エンディング 今はID回してIL310を目指しています。達成後に休止予定。 追加のコンテンツは発売二週間後だからもう少し。 このゲームはメインクエコ [続きを読む]
  • DIVAS 14-2CT 電源ケーブル
  • サウンドアティックのディーバス 14-2CT 1m¥2600少しで買えるケーブルですがこれが驚愕のコストパフォーマンスを誇っております。強烈なエネルギー感や充実した密度感がみっちりとつまった感じで、装置にもよるが華やかでかなり派手なサウンド、細径導体のため低域は少し量感が抑えられるが、パンチが効いていて力が漲っている。導体は二芯タイプで3スケア以上はあるのだが結構太い導体に対してケーブル全体は電源用としては [続きを読む]
  • FM155の発売時の記事の写真と評論家氏達のコメント
  • FM155、よくあるコンパクト型とはまったく次元を異になるハイエンドサウンド、ようやくLNP-2Lから解き放たれて買い替えが出ると喜んだ方は多い。 小さいが、玄人向けのFM255、FM266はシブい音音色も暗く鮮度感も落ちる、低域と高域のエネルギー感に少し差があるが、プリアンプの世界の恐ろしさを知った。FM255とFM266は十分なエネルギー感を備えながらもクラシック向けです 傅信幸先生はとにかくサービス精神に溢れている [続きを読む]
  • FF14 紅蓮の解放者
  • (※一部以前のSSが混ざっています) お久しぶりです。なんとか生きています。 さて、早速、紅蓮の解放者を満喫しています。 「FF14はFF11と比べるとイマイチ」 やはりFFはいいね!FF11はFF14よりもはるかに素晴らしかったなあ。スポーツ選手として全霊で打ち込んだ日々や、オーディオに熱中した日々よりも強く強く心に残ってる。VUのたびに何十回も「乗り込めー!^^」ができて、ワクワクした思い出が数えきれないほどあっ [続きを読む]
  • PASS LABO X350 をお譲りします。
  • アンプの入れ替えの為、 PASS LABO X350 をお譲りします。 PASS LABO X350 譲渡価格35万6千円です。 各種付属品セット 兵庫県西宮市手渡し可能 発送は西濃運輸着払いで厳重梱包して発送します。 付属品 ○PASS LABO X350 本体 エレクトリ正規輸入品 100V仕様○付属の電源ケーブル(20A物) 先は15Aなので普通のご家庭のコンセントで使えます。○3ピン→2ピンの変換プラグ 予備の [続きを読む]
  • PASS Laboratories X350 格闘記録
  • PASS X350 精細度が高く、ハイパワー、パスの掲げるスーパー・シンメトリーの進化を体現した意欲作だけど、どうも音楽を観察しているようなところがあって、いまいちノリ切れない。 ここから調整が始まる。 クリーニングが出来ていなかったので端子クリーニング、特にRCA端子の奥は汚れていて綿棒が黒くなった。クリーニングの効果は目覚ましく一段とヌケるようなフレッシュな音に [続きを読む]
  • PASS Laboratories X350
  • PASS LABO X350 ステレオパワーアンプ 1998年 アメリカ ¥1,500,000 ヴァイオレット・ブルーの眼差し 現代的なハイエンドアンプとして飛躍的に進化したネルソン・パスの意欲作。超ワイドレンジで高精細、高精度なスーパーハイエンドサウンド。研ぎ澄まされた分解能を見せるストイックな音。ハイパワー化がもたらした鋼のような質感を持つ強烈な力感。そしてど [続きを読む]
  • First Watt F7
  • なんか凄い連続でコメント寄せてくれる人がいて、 自説のゴリ押しに眩暈がしそうだったんだけど(´・ω・`) 調べてみると、First Watt F7ってダンピングファクター"100"もあるのね、 拙宅で使い始めたX350のダンピングファクター(駆動力/制動力)は"30"だ。 20Wじゃあ、到底出力値が足りないけど、いつも大音量ってわけでもない。 [続きを読む]
  • MOS-FET Vishay IRF9610 購入
  • X350のパワーMOS-FET Vishay IRF9610 (Made in China) 念のため確保しておきました。 パッケージで密閉されているので冷暗所に保管しておけばいいか、これでX350は一生使えると思われる。 [続きを読む]
  • PASS Laboratories X350
  • PASS LABO X350 ステレオパワーアンプ 1998年 アメリカ ¥1,500,000 ヴァイオレット・ブルーの眼差し 現代的なハイエンドアンプとして飛躍的に進化したネルソン・パスの意欲作。研ぎ澄まされた分解能を見せるストイックな音。ハイパワー化がもたらした鋼のような感触の強烈な力感。そしてどこか音楽を客観視するような冷静さがある。まず最初に強い印象として [続きを読む]
  • いらっしゃいませ♪
  • いらっしゃいました サンエーパールで汚れを落として磨き、慎重に水拭きしました。 サンエーパール 30g 金属・プラスチック用研磨剤 F21079900円Amazon 縁側からズリズリ・・・・・重たいアンプを楽に運ぶには毛布で引っ張るのが一番楽です。 さあ、いよいよ・・・・・ [続きを読む]
  • VIOLA SYMPHONY
  • VIOLA SYMPHONY ステレオパワーアンプ 2004年 アメリカ ¥3,100,000 天才トム・コランジェロ最終作 強靭で清澄な透明感には目を見張るものがあり、澄み渡るような広大な空間表現に長けたステレオパワーアンプ。非常に鮮度感が高く、鮮烈なサウンドである。この上なく新鮮で透明な音質には浸透力があり、無機的で味気ないと [続きを読む]
  • ステーキガスト伊丹店堀池店の行き方
  • 写真一枚目171号線を池田方面へ行く途中に一枚目の写真の所で曲がる 一方通行のためUターンして左折するか信号機の前でバイクを押して画像二枚目の黄色い車買い取り店の横の道を入り、横道に入ってすぐ左に曲がる。 あとはずっと川沿いを真っ直ぐ。 この角を曲がって、あとは道なりに行って信号の所で右折すると目の前にステーキガスト伊丹堀池店があります。 [続きを読む]