ゆき さん プロフィール

  •  
ゆきさん: 目指せ!アイアンガール
ハンドル名ゆき さん
ブログタイトル目指せ!アイアンガール
ブログURLhttp://yukiranrun.blog.fc2.com/
サイト紹介文始まったばかりのトライアスロン人生。走って泳いで漕ぐそんな日々の記録。
自由文いつのまにかランは生活の一部。
そして、2012年トライアスロンのトレーニング開始。
2013年石垣島にてレースデビュー。
トライアスロンの魅力にどっぷりはまる。
自分の限界を知るべく、走って泳いで漕ぐ、そんな日々継続中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供189回 / 365日(平均3.6回/週) - 参加 2013/08/10 21:56

ゆき さんのブログ記事

  • 日本選手権
  • 萩から帰ってきて、あまり休養もせず走り続けてきた結果、疲労がピークに達したようで。先週は、1泊2日で勉強会があったり、普段はしない人前で発表とかがあったり、精神的な疲労も重なり。水曜日は、1泊2日の勉強会明けでラン仲間さんの歓送会があったり。とにかく、ばたばたしてた1週間。その結果なのかはわからないけれど、金曜日の夕方から左目が腫れた。免疫力が落ちてたのは確かなので、ちょっとしたことでばい菌が入ったの [続きを読む]
  • ランデート
  • 日曜日はいつものようにランデート。どこに行くかは直前に決まる。今回のコースはだんなさんチョイス。みさき公園まで電車で行って、そこから加太までの往復。最終目的地は淡輪のカフェ。加太までは何回か走ってるけれど、今回は初めてココに寄り道。加太瀬戸内海国立公園。たまたま見つけたんだけど。こんな道を進んで行ける。レンガ道。そして、展望台。景色が最高。気持ちいい。見えるのが友ヶ島。展望台の近くには要塞跡。友ヶ [続きを読む]
  • 分刻みのスケジュール
  • 土曜日はいつものように朝から長居ぐるぐる。今回はキロ5分で20kmが目標。と、30kmを走りたい。すなわち、キロ5分で20kmしか走れなくても、ペースを落としてでも30kmは走りたい。だけど、午後から予定が満載。11時までには走り終わらなければならない。ということで、少し早く行ってアップJOG。キロ5分40ぐらいで5kmを走っておいた。そして、本練習開始。キロ5分組は、たくさんいて引っ張ってくれる。後ろの方でちょこちょこ走る。 [続きを読む]
  • ペース走
  • ばたばたと日々が過ぎて行く。やらなければいけないことをついつい後まわし。昨日は久しぶりにペース走。キロ5分組にて。アップの段階で、今日はキロ5分は無理かもなぁと思ったけど、とりあえず行けるとこまで行こうと予定通りキロ5分組に入る。最初の1kmがめちゃめちゃしんどくてやめたくなったけど、ペースを見るとキロ4分49秒。ちょっと速かったからだと自分に言い聞かせ、走り続ける。その後も、足が重い。ちょっと油断すると [続きを読む]
  • みかた残酷マラソン
  • 去年ゴールしたあと、もう2度と走ることはないと思ってたのに、今年もなぜかスタートラインに立ってた残酷マラソン。去年はだんなさんが走るというので、残酷具合もちょっと気になってた大会でもあったので、1回ぐらいはと軽い気持ちでエントリー。あんまり走ってなかった時期だったし、ゆるゆるでと。今年は自分の意思で走ろうとエントリー。萩往還から1ヶ月ちょっと、戸隠マウンテントレイルの1週間後。正直迷いまくったけれど、 [続きを読む]
  • 戸隠マウンテントレイルレース〜その後と翌日〜
  • レース後は、宿に戻ってお風呂。会場から宿が近くて、とっても便利だった。レース中は暑かったけど、ゴールして汗がひくと、めちゃめちゃ寒くて震えるぐらい。口びるの色おかしいでと言われるぐらい。ほんと、寒かった。長野県をなめたらあかん。そのあとは、BBQパーティ。こちらも宿から歩いてすぐのところ。BBQといっても、お肉はステーキが1人1枚。ステーキ券を渡されるので、それと交換。あとは、カレーライスに蕎麦、竹の子汁 [続きを読む]
  • 戸隠マウンテントレイルレース〜その2〜
  • このコース、最大の山場は瑪瑙山。信越五岳110kmレースで真っ暗な中を走った山。90kmを走ってきてから登ったこの山は、とにかくしんどかった記憶しかない。前を行く人たちのヘッドランプの光を見ながら、まだまだ登らなければならないことを痛感した。もう全然動かない足をひたすら前に進めたところ。そんな山。根性坂と言われる坂を登りきって、信越のコースに合流。振り返ると、ほんとにヤバかった‼?目の前に広がる絶景に感動 [続きを読む]
  • 戸隠マウンテントレイルレース〜その1〜
  • この週末は、戸隠マウンテントレイルレースに出るための旅ラン。車2台、8人で。いろいろあって、途中からは7人になったのだけど。レースは土曜日の13時スタート。なので、早朝に大阪を出発。4時45分に集合。6時に草津のサービスエリアでもう1台と合流。長野県に近づくに連れ、見えてきたのは壮大な雪山。写真にはうまくおさめられなかったけれど、とっても美しかった。ずっと見ていても飽きない景色。楽しいおしゃべりと美しい景色 [続きを読む]
  • 3週連続のお山
  • もちろん、ゆっくりなんか過ごしてません。5月14日日曜日。金剛山からの葛城山。真っ赤に燃える躑躅。5月21日日曜日。箕面からの妙見山。ずっと行ってみたかったコース。ロードで行くかトレイルで行くか迷って悩んで。結果、トレイルも組み込んだ。箕面の滝道を途中で逸れて。あまり人がいないトレイルを気持ちよく走ったり歩いたり。人がいなさすぎて不安になったり。トレイル区間を過ぎて、ロード区間。このロード区間が思ったよ [続きを読む]
  • BBQと青空宴会
  • 萩往還から帰ってきて、ゆっくり過ごしてるのかと聞かれれば、そんなことはやっぱりなくて。5月6日土曜日。萩から2日後。長居公園で総勢40人超のBBQ。身体も頭も動かない中、準備頑張った。そこで、みんなからのサプライズ。替え歌とともに現れた似顔絵入りのケーキ???みんなの気持ちがとっても嬉しかった。疲れていたけれど、みんなと会えて、楽しい楽しい時間を過ごせた。みんなで食べるお肉もお酒もおいしかった。みんなにい [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その12〜
  • 制限時間48時間。3時間半を残して完踏できた。上出来‼?ほんとに、めちゃめちゃしんどかったし、キツかったし、辛かった。だけど、完踏できないんじゃないかと思うことはなかった。絶対に完踏する‼?って思ってたし。たとえ、終わってからしばらく走れなくなったとしても、それでもいいと思ってた。結果、どこかを痛めることなく痛み止めの薬も必要なかったし、胃腸も最後まで元気で胃薬も必要なかった。元気に笑顔でゴールでき [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その11〜
  • 山から町に降りてきて、佐々並エイド。236.8km。お豆腐エイド。新大坊では湯豆腐だったけど、ここでは冷や奴。140kmを走った時は、ラスト1個だったけど、今回はいっぱい並んでて嬉しかった。椅子に座っていただいた。手作りっぽいお豆腐。おいしかった。もうあとは、ゴールを目指すのみ‼?がしかし、ここからがほんとにきつかった。延々と続くロードの上り坂。日が燦々と降り注ぐ真っ昼間。山を歩いてる時はまだまだ行けると思っ [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その10〜
  • カレーを食べて、少し休憩もできて、ちょっと復活。寝ながら歩いた道を走って戻る。ゆっくりだけど。行きは、長くて遠かったけれど、明るくなって少し走れたら、思ったより長くはなかった。前からだんなさんが走ってきた。ちゃんと前に進んでる。虎ヶ崎を8時に出れば、完踏出来ると言われてたので、時間的にも大丈夫そう。声をかけ合って、またお互いの道を進む。CP13、東光寺。215.7km。4日6時50分。雨も降ってないのに虹が出てい [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その9〜
  • CP10、三見駅。188.6km。真夜中なのに、駅の待合室でエイドをして下さってた。お味噌汁飲んで行かへんか(大阪弁ではなかったけど)と言われたので、いただくことにした。おいしかった。ありがたい。ここからの道がややこしくて怖いとのこと。踏み切りをいくつも超えて行く。ここから先も走って歩いての繰り返しで進んで行った。足が痛くてたまらない上に、眠さにも襲われて。走って歩いての歩くペースもわたしにとっては速くて。 [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その8〜
  • 宗頭は、食事、お風呂、仮眠ができる場所。預けていた荷物を受け取って、まずは食事。お味噌汁とおにぎり2個。おにぎりは1個で十分だったけど、先のことを考えると食べておいた方がいいような気がしたので、2個目はお味噌汁の中に入れて雑炊のようにして食べた。着替えるところはお風呂の更衣室ということだったので、お風呂に入るつもりはなかったけど、お風呂場へ。途中でリタイアした人たちがバスで運ばれてお風呂に入りに来ら [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その7〜
  • 仙崎公園到着。152.2km。ここは記帳のみ。冷たい飲み物ありますよって言って頂いたけれど、そのまま行きますと素通り。走れてる時だったので、そのリズムのまま進みたかった。青海大橋を渡り、青海島へ入る。青海大橋は急な上り坂。橋を渡り切ったら下り坂。そしてまた、上りの急坂が続く。この区間も折り返してくるランナーとすれ違う。『お疲れさまです』と声をかけ合って進む。青海島も海がきれいだった。だけど、もう足は動か [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その6〜
  • 千畳敷を後にし、今度は下って行く。どんどん下る。その景色がとってもきれいだった。エイド9、日置。131.2km。13時30分ぐらい。カップラーメンエイド。暑い。暑いけど、ここはカップラーメンエイド。数種類のカップラーメンの中から1つを選ぶと、子どもたちがお湯を入れて持ってきてくれる。普通サイズじゃなくて、ミニサイズ。3分待って食べる。寒かったら、もっとおいしくいただけたと思うのだけど、何にせよ暑い。だけど、しっ [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その5〜
  • 上り基調な道をゆるゆる走る。もうそろそろかなぁと思ってると、反対方向からやってくるランナーの姿が。その方向に曲がると下り坂。前から折り返してきたランナーたちとすれ違う。1kmぐらいの急坂を下ると到着。CP4、川尻岬沖田食堂。107.8km。3日9時。食券を渡し、カレーライスを受け取る。胃腸の不調もなく、おいしくいただく。隣では、ビールを飲んでるランナーさん。飲んで走れるんですか?と誰かが尋ねる。歩くんですよ、と [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その4〜
  • だんなさんと合流して、再び一緒に俵島に向かって走り出す。延々と続く上り坂。ゆっくり走っているのだけど、だんなさんとどんどん差が広がる。一緒にゴールしようと思ってた。宗頭からの真夜中の峠越えが怖いと聞いていたので、最低でもそこまでは一緒に行こうと思ってた。だけど。一緒に走ることを諦めた。一緒に居てくれると、やっぱり心強いんだけど、ペースが合わなくなってきた今、これからの160km以上の距離を一緒に進むの [続きを読む]
  • 葛城山の躑躅
  • 萩往還マラニックのレポの途中だけど。土曜日の雨で、日曜日に予定されていたランチームの葛城山にツツジを見に行くイベントが中止になった。日曜日は晴れ予報。それなりにお山には行ってるけど、前日の雨でお山予定が中止になったことはない。下がぬかるんでるのは覚悟の上。土砂崩れには細心の注意を払って。個人的に行くことにした。だんなさんも一緒に行ってくれることになり、2人でお山へ。躑躅を見るなら葛城山だけ登ればい [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その3〜
  • ウィンドブレーカーを羽織ったものの、走り始めると暑くて、すぐに脱ぐことになる。俵山温泉街に向けて下り基調。下りは好きだけど、先はまだまだ長いので、足に負担をかけないようにそろそろと走る。エイド6、俵山温泉。67.1km。3日2時45分。手前に飲み物が並んでいて、建物内に食べ物が置いてあった。疲れてきていたので、ここでジェルを1つ投入。置いてあったおまんじゅうを1つポケットに入れて出発。キツい上り。砂利ヶ峠。ゆ [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その2〜
  • スタートしてすぐは、まわりのペースに引っ張られ、少し早いペース。と言っても、キロ6分を切るぐらいかな。ガーミンもしてないし、距離表示もないので、はっきりしたペースはわからない。だんなさんと一緒に走る。大きな道路を少し走った後は、自転車道に入る。日が落ち始めた。エイド1、上郷駅13.2km。19時20分。パン1つを食べて、トイレに行き、ヘッドランプを装着。ここからは完全な夜間走行となった。エイド2、湯ノ口21.8km。 [続きを読む]
  • 萩往還マラニック250km完踏記〜その1〜
  • ずっと出たかった大会。萩往還マラニック250km。5月2日18時スタート、制限時間は48時間。44時間26分 83位/296人中で完踏できました。完踏率は51.6%とのこと。どれぐらい続くかわからないけれど、思い出しながら少しずつ書こうと思う。5月2日。10時の新幹線で新山口まで。お昼ごはんは、新幹線の中でおにぎり2つ。在来線に乗り換えて山口駅で下車。だんなさんの知り合いの人に偶然会えたので、タクシーを乗り合わせて香山公園へ。13 [続きを読む]
  • 少しずつ
  • 仕事から帰ってきて、少しだけJOG。長居公園2周。6km。日曜日に峠を走った疲労はあまりなく、少しずつ疲労も抜けてきてる感じ。キロ6分を切るぐらいのJOG。晩ごはん。☆鶏胸肉の甘酢煮☆茄子とベーコンのおろしポン酢☆水菜とひじきとツナのサラダ☆豆腐とわかめのお味噌汁ひじきとわかめでミネラル補給。やっぱり少し貧血っぽいので。 [続きを読む]