株道 さん プロフィール

  •  
株道さん: 「株道 -人に教えたくない私の相場帳-」
ハンドル名株道 さん
ブログタイトル「株道 -人に教えたくない私の相場帳-」
ブログURLhttp://blog.livedoor.jp/tradehospital/
サイト紹介文「信用と先物で損失1800万」からの復活の記録
自由文損失に苦しむ投資家を一人でも多く救い出すことが使命。それが私の生きる道。「株道」
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供43回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/08/15 19:47

株道 さんのブログ記事

  • 有事緊迫でも上昇する日経平均株価の正体
  • 4/17を起点に日経平均は1,000円超の上昇を見せました。現在、一目均衡表の雲中に位置しています。( でチャートは拡大できます)下記チャートは前回のブログで、相場が反転上昇した場合の上値の目処について言及したものです。買い残が多いのでちょうど利食い売り・やれやれ売りに押されやすい水準です。これ以上を望むなら、〇〇か、より一層の〇〇が必要となります。(19,300円)4/17には、騰落レシオが68.06% [続きを読む]
  • 有事の円高・ゴールド買い
  • 「朝鮮半島に向かう、米原子力空母カール・ビンソン」「有事の円買い」ドルが売られ、為替が109円台に動き出しています。一方で、NYダウの値動きのこう着感が不気味です。恐怖指数とされる日経VIや米VIX指数が急上昇し、リスクオフの流れから有事の金(ゴールド)が買われています。指南書の特典4の「Xデー、その日に買う銘柄」記載の6208石川製作所と4946日本アビオニクスの株価も噴き上がっています。仕手化している [続きを読む]
  • 青天井、空売りの恐ろしさを教えます
  • 年度末最終売買日(3月31日)の陰線引けは11年連続でしたが、12年目の今年もアノマリー継続となりました。日経平均は後場失速、19,000円を割り込みました。3/31 大引け 18,909円(-153円)25日線かい離:-2.12%しばらく一目均衡表の雲の下限でピタリと下げ止まっていましたが、新年度相場の新規買いを期待する市場の梯子を外す格好となっています。単なるファンドの益出しで終われば良いのですが、非常に [続きを読む]
  • 「業務連絡」
  • 3/23 14:20にご連絡頂いたオオシマM様へ貴方からのメールがINVALID_ADDRESS@.SYNTAX-ERRORと表示され、返信ができない状態です。調べたところ、そちらサイドの設定の問題のようです。他のメールアドレスを利用するか、ブログサイドバーのメッセージフォームにてご連絡下さい。株道 [続きを読む]
  • 円高・原油安、そして、ダウ大幅安を受けて
  • (シーハウス:高知県)為替は円高進行、新興マザーズが先行下落し、日経平均も後追いしています。>為替111円台>マザーズ指数-5%の調整WTI原油先物の弱含みに加え、急速な円高、ダウの大幅安ですから、機関投資家も年度末決算を前に、お化粧買い一転、リスクオフになるのも無理はありません。日経平均2万円台乗せはお預けとなりました。トランプ大統領の政策不信からの株安の流れですから、米国発の減税刺激策などのサ [続きを読む]
  • 早春相場の現況を株道が解説
  • 相場は悲観の中に生まれ、懐疑の中で育ち、楽観の中で成熟し、幸福感の中で消えていくご無沙汰しておりました。まだ、私が出る幕ではないと思いつつも、相場の現状と展望についての「質問メール」が徐々に増えてきましたので、個別対応ではなく、久々のブログ更新をしている次第です。休止中も、私から指南書をお持ちの方への「お知らせ」があったのですが、残念ながら多くの方がすでにメールアドレスを変更しており、連絡がつきま [続きを読む]
  • しばらく安泰、お役御免。
  • (Soraテラス・カフェ:北志賀高原)日足(短期)は雲を上抜けし、視界良好の状態が続いていますので、このまま週足(中長期)の一目均衡表も雲上へ脱してもらいたいものです。日銀の管理相場が続く中、市場のボラティリティーが失われ、投資家もこのなぎ相場に戦意喪失しているような現状です。株価暴落など「絵空事」となり、暗闇の灯台としての株道の存在価値も薄れて来たように思います。応援 によるランキングやアクセ [続きを読む]
  • 日本株は新しいステージに突入か?おまけで小野薬品についてもひとこと。
  • (山口県・元乃隅稲成神社)今週に入って日本株は一度も下落していません。日経平均は本日も4日続伸での始まり。日銀も個人も買っていません。GPIFも買う水準ではありません。海外投資家が戻ってきているのか。円安方向の為替103円台。新たなステージに突入したのかも知れません。200日移動平均線と25日移動平均線で上ぶたされた状態の中、さらに米雇用統計前の買いづらい所を上方向にブレイクさせてくることは外国人 [続きを読む]
  • 収穫の秋、配当優待しっかりもらいました
  • 9月の中間配当・優待権利落ち日(28日)が過ぎ、今年もたくさんの秋の実りを収穫することができました。大家業を主体とした個人事業主でボーナスというものが我が家にはありませんから、自動的に分配される配当金や優待品には、金額以上の格別の思いがあります。負け組で家族もろとも地獄這った経験した者にとっては、トレードで勝って得るキャピタルゲイン(利ざや)では味わえない、至福の果実となっています。なにより「ピンポ [続きを読む]
  • 日銀ETF2.7兆円をTOPIX連動型に
  • (スイス:ホテル/エッシャークリフ)日本銀行は金融政策の新しい枠組みである「長短金利操作付き量的・質的金融緩和」の導入を21日開いた決定会合で決めた。短期政策金利のマイナス金利を維持すると同時に10年国債利回りを0%に誘導する。-ブルームバーグ引用-要するに、長期金利をコントロールして、マイナス金利の負のインパクトを軽減し、金融機関にも配慮します、というメッセージです。これにより銀行株が軒並み5〜8%値 [続きを読む]
  • 株道の「つぶやき」
  • チャート上は、ちょうど日経平均先物が夜間で16,350円、昼間で16,300円で日経平均現物が反転上昇しています。金融政策を受けて、平均500〜600円程度は動くものですが、+315円で引けています。ボックス圏内なので、トレンドも発生していません。海外投資家の反応も気になります。なかなか分かりやすい買い場を与えてくれない相場に気をもんでいる方も大勢いらっしゃると思います。その辺りも含め、今夜3時のFOMCの結果を受けて [続きを読む]
  • 日米トリプル・トップ形成「今は買い場か」
  • (凄いジオラマより)9月中にも天与の買い場がひょっとしたら来るかもしれませんが、今の株価位置は一言で言うならば、中途半端です。年間パフォーマンスを左右する局面、エントリーには慎重を期したいところです。トレンドの支持線である75日移動平均線上にあります。一目均衡表の雲の上限が16,230円に控えています。16,350-16,000円のゾーンで投資資金の2〜3割、16,000円割れから段階的に5〜6割までが適正かと思います。 [続きを読む]
  • NYダウ急落↓-394ドル
  • (スコットランド:北海の断崖古城・ダノター城)ダウの400ドル近い下げは2ヶ月半ぶりです。早期利上げ観測が高まったなど後付けの理由はさておき、そもそも9月は米国株にとって最もパフォーマンスの悪い時期、タイミング的にも仕掛けたかった大口ファンドの台所事情があったのでしょう。(11月が米国投資信託の決算月。9月に税金対策売りが出やすい:指南書アノマリーカレンダー引用)結果的には、このまま米株の軟弱相場 [続きを読む]
  • 日経平均先物CMEは17,000円突破
  • (岐阜県関市 まるで絵画・モネの池)金曜ナイト帯に発表された米雇用統計は予想を下回り、9月利上げはやや遠のいたものの、12月利上げは濃厚との観測から再びドルが買われ、為替は104円の円安、ダウ高と共に日経先物CME(夜間)も17,152円を超えてきました。為替のステージが変わりましたので、株価にもボラティリティーが生まれています。商いが薄いのは気になるものの、前回ブログでもお伝えした安易な空売りも巻 [続きを読む]
  • 完静相場
  • 日銀のETF金融政策以降、日中値幅が出ないザラ場が続いています。(追記:本日は値幅170円)このような凪(なぎ)状態では、利幅は出ませんから、私も王道の「休むも相場」で過ごしています。為替100円であれば、過去の日経平均株価は15,500円-15,000円水準であったかと思います。6/24 為替99円 日経平均14,952円7/8  為替100円 日経平均15,106円 今夜のイエレン発言も、為替がステージアップまたはダウンしないかぎり、 [続きを読む]
  • 後場急落に見る市場心理
  • 為替は100円を挟み一進一退の警戒水準、米国株は史上最高値更新後の高値もみ合いとなっており、個人投資家が仕掛けるには心理面で弱気にならざるを得ない展開(様子見)が続いています。NYダウチャートです。米ダウは値幅と日柄を伴ったWボトムの調整期間を経ており、特にネックラインで反落して再び上昇入りしていますので、一般的にはWボトムの下落幅分は上昇幅を形成することが多いと言われています。ダウは20,000ドルを [続きを読む]
  • 低ボラティリティーな日銀相場
  • 日銀がETF買い入れ枠を倍増(3.3兆円→6兆円)その後の買い入れ結果です。8/1  0億円8/2 347億円8/3 347億円8/4 707億円8/5  0億円8/8  0億円8/9  0億円8/10 707億円8/12  0億円日銀からの注文があると、◯◯◯◯◯◯◯◯が複数の証券会社を通じて買い付けています。日銀が後場買いそうだから、前場に買っておこうとする投資家が増えれば増えるほど、さらに株価は下がりにくくなる好循環が市場で今、起こっています [続きを読む]
  • 日銀官製相場の夏、始まる
  • NT倍率が急拡大しています。NT倍率の上放れは株高局面のスタートとなるのでしょうか。(8/8現在 12.75)日経平均の上昇率がTOPIXの上昇率を上回れば、倍率は上がりますから、日経225銘柄(日経平均構成銘柄)の値がさ株に資金が流れていることを意味しています。背景にはもちろん日銀のETF買いの存在があります。また、それを見越した日経先物買いも見受けられます。一方で日銀の手の及ばない新興(マザーズ)・二部市 [続きを読む]