悠々茶館 さん プロフィール

  •  
悠々茶館さん: 書香墨香伴茶香
ハンドル名悠々茶館 さん
ブログタイトル書香墨香伴茶香
ブログURLhttp://ameblo.jp/yuyu-chiba
サイト紹介文お茶が大好き。中国茶、日本茶、日本茶道など書いています。毎月の茶会情報も。中国語、中華料理も
自由文北京生まれ北京育ち。来日してから20年以上経ちます。2児の母。趣味はお茶。また船橋で小さな中国語教室と毎月一度中国茶茶会を運営。今年4月景徳鎮を旅しました。ただいまその様子を掲載中。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供226回 / 365日(平均4.3回/週) - 参加 2013/08/13 08:11

悠々茶館 さんのブログ記事

  • 夏至:キーモン工場便り
  • 夏至の日。この代々伝わってきたキーモン工夫紅茶の手篩工程の動画をご覧ください。ところでいただいた動画の編集ができましたが、アップロードはなかなか難しくて。。。取りあえず文章を載せます。 何回か紅茶の製造現場を見たことがあります。仕上げ工程について最も印象に残ったのはキーモン紅茶の「精製jing1-zhi4」,日本語に訳すと荒茶の総合仕上げの現場です。 煎茶の時お茶を選別するためにメッシュのサイズによっていろ [続きを読む]
  • 美味しいお茶との出会い:父と高碎(ガオスイ)
  • 父の日。今、高碎(ガオスイ)を飲みながら、父と一緒にすごした日々を思い出します。 昨年、大妻女子大学が主催するテーマ「美味しいお茶との出会い」懸賞論文に投稿したら入賞をしました。最優勝にはならなかったですが、O先生から入賞のお電話を頂いた時びっくりしました。日本茶についてあまり書いていなかったですが、 父が愛飲していた高碎(ガオスイ)と私が祁門で発見した「碎キーモン」。昨日遥々航空便で我が家にた [続きを読む]
  • 旅のお茶、到着
  • 待っていました。先月中国帰省の時購入した様々のお茶。航空便で20日間〜一ヶ月かかるそうでしたが予定よりすこし早めに到着。お茶の包装はなるべく簡易にしましたゴージャスなパックは全部現地で処分。大事なのは中身です 恩施で購入した恩施玉露と祁門で購入したキーモン紅茶は一部来ました。後は安茶と他のメーカーさんの恩施玉露はまだきていません。 北京で購入した父の大好物ーー高砕(コウスイ)も来ました。 高砕(コウ [続きを読む]
  • 粉花月見草開花
  • ほぼ二週間程外出していないです。足の怪我は大分よくなりましたのでまずベランダー散歩をしました赤花ユウゲショウが綺麗に咲いています〜(脚?有了好?,先到阳台上散?。遇?月?草在微笑)艾叶。よもぎ(蓬)チチコグサモヂキ(匙叶鼠麴草,好像也叫鼠麴舅)三つとも昨年の散歩道から拾ってきたもの。(?三?花草,都是我去年散?途中的?物不曾想,??野生的花草,在花盆里也很有生命力月?草放在朋友送的云南烤茶罐里了 [続きを読む]
  • 恩施土司城見学:代表的な建築群ー九進堂
  • 土司城の中に最も見所な場所はこの「九進堂」。トウチャ族の伝統的な建物だそうです。 入口に威圧がなくユーモアを感じる動物達扇風耳中に舞台があります。毎日ここでトウチャ族のショーを行います。丁度二席が開いていたので友人と二人でチケットを購入してショーを見ることにしました。歌があり、踊りがあり、特に衣装が綺麗ですゲストを呼んできてトウチャ族の言葉を教えたり歌を歌わせたり久しぶりに舞台観劇、すごく楽 [続きを読む]
  • 中国蒸し製緑茶ー恩施玉露の旅⑦市内観光スポット土司城
  • 恩施滞在二日目。午前中はすこし暇ができましたので観光スポット土司城(トウチャ族王様の城)を見学しました。入口。土司城門楼という。やはり漢民族とは違う建築様式。城門の両サイドにある彫刻。龍の紐を持つ人。表情は生々しい〜 トウチャ族の「望子成龍」願望を表しているとか、城門をくぐるとトウチャ第一城の碑と恩施歴史文化テーマパーク 2008年と書いてあります。広い道を歩きます。賓客を歓迎するためにト [続きを読む]
  • 中国蒸し製緑茶ー恩施玉露の旅⑦恩施市内観光スポット女児城
  • 前回の続きです。 茶山からホテルに戻り、夕方は市内の観光スポットー七里坪土家女児城に行きました。恩施にある少数民族ートウチャ族の文化を宣伝する観光地です。 辺りはすでに夜の世界看板にトウチャ族民俗博物館と書いてあります。中へ入ると 刺繍と織物の実演〜トウチャ族の伝統食品ー糍?。ピンインcíbā。トウチャ族が旧正月に食べるお餅みたいなもの。揚げたり焼いたりして食べます。土司(どし)像。ト [続きを読む]
  • 芒種之夜:キーモン工場便り
  • キーモン紅茶の昔と今変わるものと変わらないもの。きっとこの虫の鳴き声は昔のままである、、、と願っています〜 芒種の夜先日訪ねたキーモン紅茶工場から特別な便りが届きました。工場周りの虫の鳴き声です。キーモンを一杯淹れてこの静寂なキーモンの夜と一緒にあじわってくださいね 芒種之夜放上一段前日从祁門正陽茶廠收到的特殊礼物泡一杯祁紅傾聴初制厂周囲的虫鳴声沉浸在祁門夜?的静謐与安祥之中 ....... [続きを読む]
  • 中国蒸し製緑茶ー恩施玉露の旅③恩施玉露之初体験
  • 凱迪克富硒茶業の恩施玉露技術伝承館にて入口。「立早」とはこの企業の商品名です。硒茶とはセレンの含有量が豊富なお茶という意味。早速この企業の代表商品「立早恩施玉露」を頂きました。淹れ方はどうやら釜炒り緑茶と同じでグラス形式。まず温度をさげるためにガラス茶海を使って2回ほどお湯を移しますなかなか上手な茶芸師さん温度が下がったところで恩施玉露が入ったグラスに直接お湯をいれてお客さんに呈茶をします。味は [続きを読む]
  • 中国蒸し製緑茶ー恩施玉露の旅②立早恩施玉露体験館に向かう
  • 昨日の続きです。恩施農業局で元局長蘇さんと合流してすぐ恩施玉露の代表企業凱迪克富硒茶業の恩施玉露技術伝承館へ向かいました。 そこに恩施玉露の手もみ茶の道具展示が見られると、茶室もあるのでそこで恩施玉露を飲もうと何さんと蘇さんの配慮でした。 市内から約30分。車の窓から撮った写真。清江という河の両岸に立つ人々の住まい。遠目に見える茶畑の深い緑色。真に山青水秀の恩施です。12345678 凱 [続きを読む]
  • 中国蒸し製緑茶ー恩施玉露の旅①恩施市に到着
  • 総人口約80万人の中国湖北省恩施市。恩施土家族苗族自治州の県庁所在地です。地理的には湖北省の西南部にあり、北は重慶に隣接しています。恩施市人口の約4割、少数民族ー土家族、苗族、侗族が占めており、恩施玉露の工場や販売店を訪ねる度に色んな民族の方々がいらっしゃることに気づきます。もちろん、私たちとの会話は標準語ですが、 また恩施には豊富なセレン資源を持っているため、「世界一のセレン都市」とも評価 [続きを読む]
  • 祁??溪で捻挫
  • 安茶の故郷、祁門盧渓で捻挫してしまいました。帰りの飛行機に乗るまで祁門、盧渓、杭州の友人達に大変お世話になりました。祁門のお医者さんが一ヶ月以上静養した方がいいと忘れがたい祁門の旅でした。今日の午後の便で日本に帰ります。 [続きを読む]
  • 貴重映像@キーモン紅茶
  • 朝から1日ずっと荒茶工房にいました。功夫紅茶は、こういう細かい手作業工程があると、と初めて知ることばかり。またゆっくりアップしますが昨夜夕食のことをアップします。夕食はキーモン紅茶で乾杯。安徽料理、略して徽菜。トクダミンの茎炒 [続きを読む]
  • 恩施から安徽祁門に移動
  • 恩施から黄山に直行便がない。一旦武漢で乗り換えないといけない。今回の移動は動鉄、中国高速鉄道を使った。朝9時40分恩施で高速鉄道に乗り換えまず安徽の合肥南という駅に到着。時間は午後3時半。合肥南駅から祁門県の最寄り駅、黄山北駅に向かいます。時間は約1時間半。 [続きを読む]
  • 恩施の在来種:恩施苔子茶
  • これに出逢えるだけでもすごく貴重な旅になりました。別名は恩施大叶種。農業局の専門家達と茶山歩き。恩施玉露の品種について沢山のことをうかがいました。跟恩施玉露的?家?一起走?恩施的茶山学到了太多的?西。[photo:03]keyword:在来種,群体種,恩施苔子茶 [続きを読む]
  • 恩施到着
  • 飛行機で武漢についたのは夕方6時。そこからタクシーを飛ばして武昌火車駅へ1940分の恩施行寝台列車にぎりぎり間に合いました。一晩列車の中で寝て朝6時念願の恩施に着きました。丁度恩施のモクセイの樹、実(桂子)がなる頃です。[photo:02] [続きを読む]
  • 北京から湖北恩施へ
  • ユナイテッドマイレージで予約しているはずの午前11時10分北京から武漢の便。カンターに行ってチェックインしたら名前が載ってないと言われ、相当なショック。武漢から恩施の乗り継ぎもアウト。取りあえず現金で午後三時の便を購入。武漢で合流する友人が大丈夫よ、次の電車を無料で変更できるからゆっくり来て、、、と真にもつべきのは友達ということです。帰ったらユナイテッドに喧嘩しにいきます北京空港でゆっくりお昼を食べ [続きを読む]