ゴォー太郎 さん プロフィール

  •  
ゴォー太郎さん: いびきを自分で治す!最新いびき防止術
ハンドル名ゴォー太郎 さん
ブログタイトルいびきを自分で治す!最新いびき防止術
ブログURLhttp://www.saxcon.org/
サイト紹介文いびきを治したい方のための自己解消方法をお伝えします。自分で実践したいびき対策も詳細にレビュー。
自由文いびきをかき続けて30年以上の管理人ゴォー太郎が、いびきに関するあらゆる情報をお届けします。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供17回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/08/16 20:19

ゴォー太郎 さんのブログ記事

  • 手術で治る!?鼻中隔湾曲症からくるいびき
  • 鼻中隔とは鼻の中を左右に分けている組織で、粘膜や軟骨などからできています。この組織が湾曲し、鼻の狭窄や閉塞を起こしている状態が鼻中隔湾曲症です。湾曲する原因は、頭蓋骨の成長過程では組織ごとに発育速度が違うため、歪みが生じるからと考えられています。鼻中隔湾曲症は鼻呼吸しづらいために鼻腔の気流を乱したり、口呼吸を誘発し、のど粘膜に炎症を起こしたりなど…いびきをかく原因をたくさん作り出してしまいます。( [続きを読む]
  • もうCPAPなんかやめたい!…代替治療は?
  • CPAPとは持続陽圧呼吸療法(continuous positive airway pressure)のことで、これに使われる医療機器のこともCPAPと呼ばれます。簡単に言うとコンプレッサーで上気道に空気を一晩中送り続け、この空気圧で上気道を広げっぱなしにするというものです。CPAPは睡眠時無呼吸症候群(SAS)の第一治療選択肢ですが、根治治療ではないので、一生涯続けなければなりません。費用は月/診察料込で約5,000円ですが、お金のことより通院が面 [続きを読む]
  • いびきをかかないトレーニング法ご購入者様へ重要なお知らせ
  • 管理人ゴォー太郎です。1月末にバイク転倒事故のため、現在入院中で、退院は早くて3月中、遅ければ4月にずれ込む見込みです。そのため、「イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法」ご購入された方の中で、現在、メールサポート期間の残っている方、及びこれからご購入される方のサポート期間を6ヶ月延長します。つまり、サポート期限から起算して+6ヶ月間です。ただし、病院内ではパソコンでの作業ができないため、( [続きを読む]
  • ひどいいびきの原因となる鼻中隔湾曲症
  • 鼻疾患は鼻づまりから口呼吸になりやすく、鼻だけでなくのど粘膜の炎症も起こしやすくなるので、トータルに上気道を狭め、いびきを誘発します。私も子供の頃から様々な耳鼻咽喉の疾患に悩まされ、何度も何度も中耳炎に罹って、耳鼻科通いを繰り返しました。そして、その中耳炎の原因だったのがアデノイド増殖症です。こちらは小学3年のときに切除手術を受けました。 そして、その後も慢性副鼻腔炎と鼻中隔湾曲症と診断され、 [続きを読む]
  • いびきをかかないトレーニング法のよくある質問と回答
  • 管理人ゴォー太郎です。「イラストでわかる いびきをかかないトレーニング法」について、たくさんの方から質問をいただいています。質問を送ってくれた皆さん、どうもありがとうございます。今回は、その中でも特に多かった質問とその回答を載せてみましたので、興味のある方、ご購入検討中の方はぜひご覧下さい。 トレーニングで何がどうなるの?具体的に教えて下さい。いびきをかかないトレーニング法は4つのパートに分か [続きを読む]
  • のどちんこが垂れ下がる【軟口蓋沈下】はいびきと無呼吸を加速する
  • 軟口蓋とは上あごの後ろの柔らかい部分のことで、口蓋垂(のどちんこ)やその奥の咽頭弓も含んでいます。軟口蓋は食べ物を飲み込む際に鼻に逆流するのを防ぐほか、発声にも重要な役割を果たしている粘膜性組織です。この軟口蓋が睡眠中に垂れ下がってしまうことを軟口蓋沈下といい、舌の根がのど奥に落ち込む舌根沈下との相互作用で、上気道の狭窄や閉塞をより亢進させ、いびきの大きな原因になっています。(関連記事 ⇒ 爆音が鳴 [続きを読む]
  • なぜ?…痛いレーザー手術をしたのにいびきが治らない!
  • 蓄膿症や鼻中隔湾曲症、アレルギー性鼻炎、扁桃やアデノイド肥大などが原因でいびきをかいている場合は、それらの手術もいびきの手術と言えます。しかし、通常はいびきの手術というと、LAUP(口蓋垂軟口蓋形成術)のことを指します。LAUPとは、いびきのほか、中等症までの閉塞型睡眠時無呼吸症候群(OSAS)に適応されるレーザー手術のことです。この手術は口蓋垂と軟口蓋の一部を切除して気道を広げ、空気の出入りを正常化し、同時 [続きを読む]
  • たくさんあるいびき枕のバリエーション
  • いびき防止枕にはたくさんの種類がありますが、どれも独特の形状をしています。これらの形状にすることによって、上気道が開きやすい寝姿勢を保ち、睡眠中の呼吸がスムースになるからです。上気道が狭窄・閉塞されなければ、粘膜の振動も抑えられるので、おのずといびきが軽減・改善される訳ですね。 たくさんある中でも、たぶん一番売れていると思われるのが、リビングインピースのいびき枕。累計5万個以上売れたそうです。 [続きを読む]
  • いびきをかかない方法は原因と部位によって変わる
  • すべてのいびきの原因は上気道の狭窄・閉塞です。呼吸による空気の出入りがスムースにできないことで音が出るんです。上気道とは、鼻の穴〜喉頭までの空気の通り道。気管の少し手前部分までのこと。この間のどこかで、狭窄や閉塞が起こって粘膜が振動し、いびき音を発生させているんです。 ただ、なぜ狭窄や閉塞を起こすのか?それは上気道のどの部分なのか?それらは人によって違いますから、Aさんに効果があった対策が、Bさ [続きを読む]
  • 朝起きるとパンパン!…いびきと顔むくみ
  • 普段はいびきをかかないけど、風邪を引いたときにはかく、という人は多いと思います。あれは鼻腔やのどが炎症を起こし、粘膜が腫れて気道が狭まるからなんですね。同じように、むくみもいびきをかく原因になります。そして、いびきに直結するのは、やはり顔のむくみです。顔むくみというと顔全体がパンパンになる…というイメージがありますが、外側だけでなく、鼻腔粘膜やのどの粘膜、舌なども一緒にむくんでいるんです。 顔 [続きを読む]
  • 市販のいびき防止グッズ(鼻づまり・鼻いびき対策用品)
  • 私もいびきで悩んでいた頃はグッズジプシーで、防止グッズだけでそのうち何とかなるだろう…と、色々と買い漁ってました。トレーニングで克服できた今では、もうグッズを買うこともありませんが、ちょっと通販サイトを見てみたところ、ずいぶん知らない製品がありました。中でも、最近は鼻づまり・鼻いびき対策グッズが充実してますね。鼻づまりから息苦しくなって口呼吸になり、いびきをかく、鼻腔が狭くなったため、粘膜が振動を [続きを読む]
  • エアコンをつけるといびきをかく…その原因と対策は?
  • 私もそうですが、暑い季節になると一晩中エアコンをつけっ放しのご家庭も多いと思います。タイマー機能はありますが、私の場合、タイマーが切れると暑さで目が覚めてしまうので、あんまり意味ないんです。そんな風に一晩中エアコン部屋にいると、普段はかかないいびきを、なぜかかいてしまう…という人も少なくないようです。 ポイントは鼻!エアコン作動時のいびきの原因は主に鼻づまりだと思われます。鼻づまりから口呼吸が [続きを読む]
  • 夜中に何度も目が覚める?睡眠時無呼吸症候群と不眠症
  • いびきと深いかかわりがある無呼吸。10秒以上呼吸が止まる状態です。この無呼吸状態が睡眠中に、1時間/5回以上、あるいは7時間/30回以上ある場合が睡眠時無呼吸症候群と定義されています。SASの人は一晩中、呼吸と無呼吸を繰り返していますが、上気道が狭窄しているため、酸素不足でだんだんと苦しくなってきます。そして、ついに脳が覚醒して無理矢理に呼吸を再開させようとするんです。脳が覚醒すると弛緩していた筋肉が緊張す [続きを読む]
  • 突然死することも…子供の睡眠時無呼吸症候群に注意!
  • 何だか最近、子供の口が臭い、よく口をポカンと開けている、寝ているときの姿勢が変…そんな状態に気付いたことはありませんか?必ずしも深刻な理由とは限りませんが、注意が必要な場合もあります。特に睡眠中に大きないびきや苦しそうに呼吸していたら要注意です。というのも、子供にとっての睡眠は成長に欠かせないものなので、良質な睡眠が摂れていないと、大人以上に深刻な影響があるんです。 多くの原因は鼻とのどの疾患 [続きを読む]
  • より早く効率よく!新しいいびきのトレーニング法
  • 管理人ゴォー太郎です。長らくこのブログで掲載してきた「いびき改善マニュアル」は、PDFファイルに書かれた情報商材です。私自身が実践して、実際に効果があったので何度も紹介してきましたが、あまりにも高すぎるというご意見を多数いただいておりました。実際、100ページ程度のレポートで14,300円は高いです。これで効果がなかったら馬鹿馬鹿しい…と思われても無理はありません。 また、私自身も2年間実践を続けるうちに [続きを読む]
  • 原因不明のいびきの原因を究明しよう!
  • いびきは上気道が狭くなり、呼吸が邪魔されることで起こります。つまり、何かが障害物になっているんですね。その障害物が何かを見つけることが、いびき改善への近道です。しかし、太ってもいないし、鼻も詰まっていないのにいびきをかく、原因が思い当たらない…という人もいると思います。もともと、アデノイド肥大など原因が分かりやすい子供と違って、大人のいびきは複数の原因が重なって起こることが多いため、特定するのは難 [続きを読む]
  • こんな弊害も!いびきによって低下する体の免疫力
  • いびきをかいている状態は、言い換えれば無理やり呼吸している状態。鼻・のどの粘膜、舌などが上気道の障害となり、空気の出入りを邪魔して、スムースに空気が通れないからです。それでも呼吸しないと生きていけないので、脳は必死で「呼吸しろ!」と一晩中、指令を送り続けているんですね。体は眠っていても、脳は活動していますから、よく眠ったはずなのに疲れが抜けない…ということが起きやすくなるんです。(関連記事 ⇒ 眠っ [続きを読む]
  • 爆音が鳴り響く!大音量のいびきの原因は舌根沈下かもしれない!?
  • 管理人のいびきも舌根沈下が大きな原因になっていましたが、同じ原因でいびきをかいている人は、たぶん多いんじゃないでしょうか。舌根沈下とは舌の根がのどの奥にだらんと落ち込むことです。この状態では、舌が上気道を塞いで狭くしてしまうため、空気抵抗が大きくなりますが、呼吸によって出入りする空気の量は同じです。狭いところを出入りする空気は、まるで窓から吹き込むすきま風のように流れるスピードが速くなって、周囲の [続きを読む]
  • イライラや不安感で眠れない…そんなときどうする?
  • 何だかイライラして眠れない…腹が立って眠れない…不安で眠れない…誰にでもありがちなことですね。また、1つ嫌な記憶を思い出すと、次々に似たような思考が思い浮かび、段々と目が冴えて、睡眠どころではなくなってしまうこともありますね。これは言い換えれば、ストレスによって交感神経が緊張しっぱなしになって、コルチゾール、アドレナリン、ノルアドレナリンが分泌されまくり、就寝後も筋肉が緊張し、脳の働きが活発化して [続きを読む]
  • 睡眠不足で体調不良になる前に…耳栓でいびき騒音を回避!
  • 隣で寝ているパートナーのいびき。毎晩毎晩、耳のそばでグォゥー..グォゥー!止まったか?と思ったのもつかの間、しばらくすると復活してまたもや大音量に…。毎晩こんなことの繰り返しで死にそうな人も多いと思います。 それにアパートやマンションの隣室から聞こえてくる他人のいびき。どこの誰ともしれない人のいびきで眠れないなんて理不尽です。しかし、いびきは無意識のものですから、管理会社に苦情を言ったところで直 [続きを読む]
  • いびき改善マニュアル実践記(2年経過)もう2年も経ちました
  • ご訪問ありがとうございます。管理人ゴォー太郎です。早いもので、このブログも開設から2年が経ちました^^最初の頃は毎日更新してましたが、今は月に1回しか更新していません。書くのは好きなんですが、自分自身がいびきをかかなくなったのでネタがないんです…。でも2年前は私も大いびきをかいていたので、治したい一心で色々な改善方法を試しては、それを記事に書いていきました。最初は手軽な防止グッズから始まり、最後にた [続きを読む]
  • 入院してるときのいびきはどうする?対処法のまとめ
  • 長い人生、病気や怪我で入院することも一度や二度はあるかもしれません。また、もう何度か入院したことがあるという人もいると思います。入院中、意外と気になるのがいびき。私の場合は、自分のいびきで同室の患者さんに迷惑をかけていた方ですが、逆に同室の人のいびきがうるさくて…という人も多いみたいです。自分のいびきで苦情を言われた…隣のベッドのいびきがうるさすぎる…実際、その立場になると悩んでしまうかもしれませ [続きを読む]