比婆山 さん プロフィール

  •  
比婆山さん: 比婆の山々を行く
ハンドル名比婆山 さん
ブログタイトル比婆の山々を行く
ブログURLhttp://hibayama.blogspot.jp/
サイト紹介文広島県庄原市の比婆山連峰(御陵・池の段・烏帽子山・吾妻山)を中心に登山道をビデオや写真で紹介します。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供14回 / 365日(平均0.3回/週) - 参加 2013/08/14 14:06

比婆山 さんのブログ記事

  • 福田大規模林道除雪完了(3月12日)比婆山連邦ビューポイント
  • 冬季通行止の福田大規模林道,予定では3月14日まで通行止となっていたが,今日様子を見に行くと除雪が完了していた。先日の雪が残っていたので3月になった段階で早めに除雪が終わっていたようだ。林道終点まで行くと森脇・熊野間の除雪も終わっていた。昨日吾妻に上がった時は車道に雪はほとんどなかったが,ここはしっかり残っていた。雪解け水でツルツルの氷も張っているので冬用タイかチェーンが必要。福田大規模林道は比婆山連 [続きを読む]
  • 吾妻山(広島県庄原市比和町)へ登る。3月11日山スキー
  • 2017年3月11日,吾妻山(広島県庄原市比和町)休暇村吾妻山ロッジまでの除雪が済んでいたので,吾妻山山頂まで登った。(山スキー)道路にほとんど雪はないが,雪が溶けて凍っているところがあるので冬用タイヤまたはチェーンが必要。また,雪の壁が崩れることもあるのでスコップを持っておくのが良い。比婆山古道から比婆山を目指すなら駐車スペースを確保するためにスコップが必要。休暇村吾妻山ロッジ(冬季休館中)現在休館中 [続きを読む]
  • ひろしま県民の森スキー場の不整地急斜面を滑る
  •  今日,広島県民の森スキー場のコースガイドを見ていたら今まで思っていたのとはコースの名前が違うことが分かった。第3ペアリフト終点の左上の急斜面最上部の左側がブナコースで右側がカエデコースだと思っていたのだが,ここはブナコースなんだね。 この図はイメージ図で実際の感覚とのズレがかなりある。コースの色だけ見ているとそれぞれのコースが独立してあるように思えるが,実際は同じゲレンデを分けてコースにしている [続きを読む]
  • 烏帽子山からブナ純林を通ってスキー場へ(山スキー)
  •  2017年4月4日,スキー場から御陵経由で烏帽子山への登り,ブナ純林を通ってスキー場へ下りた。(山スキー)ひろしま県民の森スキー場から比婆山御陵へ比婆山御陵から烏帽子山へ 烏帽子山と御陵の鞍部からブナの純林を抜ける歩道がある。烏帽子山経由、ブナ純林歩道で初夏の様子を紹介している。この歩道の辺りを通りながらスキー場へ下りることにした。烏帽子山から道後山方面の眺望吾妻山・猿政山大山・毛無山・伊良谷山・牛曳 [続きを読む]
  • 比婆山御陵から烏帽子岩へ(山スキー)2月4日
  • 2017年2月4日,スキー場終点ミズナラコースの右端(山に向かって)から登った。御陵までの記録は広島県民の森スキー場のミズナラコースから御陵へ登る(2月4日)で紹介している。御陵での昼食後烏帽子山へ登り,その後ブナ純林を抜けてスキー場へ下りた。歩いたコースは下の地図の通り。御陵から鞍部までの黄色線はSUNNTOのGPSが一時停止になっているので正確ではないが,登山道の右側を大体こんな感じで歩いている。ビデオ追加予 [続きを読む]
  • 道後山高原スキー場から岩樋山へ登る1月28日
  • 昨日,雨が降り今日は晴れの天気予報だったので道後山高原スキー場のリフト終点からシール登行で岩樋山へ登ることにした。今日が初滑りだったのでダウンヒルコースで3本。チャンピオンコースで1本足慣らしをしてから登った。雨で雪が締まっているかと思っていたが雪はサクサクだった。それでも東屋の先までトレースがあったので楽に登ることができた。東屋の先の林の中の急斜面の雪がフカフカで,シールが滑るところがあったが数 [続きを読む]
  • 比婆山古道を通って御陵へ(1月4日)雪は多いところで5cm
  • 2017年1月4日,広島県庄原市比和町森脇の比婆山古道を通って御陵へ登った。この登山道は地図に載っていないのでSUUNTO AMBIT3 PEAK サファイアのGPS機能で地図上に示してみた。越原古道登山口は旧ドルフィンバレイから吾妻山ロッジへ向かう車道の途中にあるSUUNTO AMBIT3 PEAK サファイアのGPSで記録した登山道登山口から御陵までの距離は1.92km標高差約440m上りの記録間が空いているのは休憩や写真撮影のために記録を一時停止した [続きを読む]
  • 蔀山登山道(庄原市高野町)
  • 庄原市高野町の蔀山(しとみやま)右端が蔀山。地図には蔀山から左へ続く稜線に毛無山遊歩道が載っており今でも案内板はあるが縦走路は荒れている。最近通ったと聞いたことがない。蔀山東側と山頂の案内板蔀山山頂には鎌倉初期山城が築かれた,その城跡は広島県の史跡に指定されている。--------------------------------蔀山山頂の案内板より蔀山城跡 広島県指定史跡 平成4年10月29日指定正和5(1316)年、山内通資によって築城さ [続きを読む]
  • 玉峰山紅葉登山イベント情報
  • 亀嵩温泉「玉峰山荘」に「玉峰山登山の案内ポスター」が貼ってあったので紹介する。奥出雲観光協会 第54回・玉峰山紅葉登山玉峰山の紅葉を眺めながらの登山のご案内です。玉峰山管理棟広場に集合して、頂上を目指します。下山後は、キノコ汁を味わい、玉峰山荘の入浴券を持って温泉をお楽しみ下さいネ?第54回・玉峰山紅葉登山日にち: 平成28年11月3日(祝・木) ※少雨決行時 間: 受付(玉峰山管理棟広場)9:30〜/出発 10:20 [続きを読む]
  • 猿政山のオオヤマレンゲ(2016/6/18)
  • ギリギリセーフでオオヤマレンゲを撮影できた。オオヤマレンゲ(香水のようウナいい香りがします)花はもう終わり,花のない木もある。一つの木に1輪か2輪しか咲いていない。真っ白な花びらが盛りを過ぎるとこうなる。見に行くなら明日。明日ならまだ間に合う。蕾が少しはあるが来週は多分ダメだろう。SUUNTO AMBITのGPSで記録をとった。俵原手前の林道を登る(車で行ける)庄原市高野町上湯川から俵原へ向かう猿政山への行き方 [続きを読む]
  • SUUNTO AMBIT3 PEAK サファイア面白いぞ!
  • SUUNTO AMBIT3 PEAK サファイアを3人の娘から誕生祝としてもらったので只今チェック中。(何が欲しいかと聞かれてリクエストしたのだけど)この時計なかなか面白いぞ。スント アンビット3は高度計,気圧計,コンパス機能,GPSナビゲーション,スピード表示機能など備えた時計です。SUUNTO AMBIT3 PEAK サファイア日本語取扱説明書とクイックガイド。付属品は専用USB接続ケーブルが付属。設定充電後,取説に従い基本設定を完了。 [続きを読む]
  • 吾妻山スミレ観察会(5月21日)スミレの見分け方基礎編
  • 庄原市比和自然科学博物館主催でスミレ観察会がありました。休暇村ロッジ周辺から小弥山の手前(急坂の入り口)までで観察を行いました。見つけたスミレは7種類。開花のピークを過ぎたものが多く葉だけのものもありました。見つけたスミレツボスミレ(ニョイスミレ)スミレオオタチツボスミレアオイスミレフモトスミレニオイタチツボスミレダイセンキスミレまず最初にスミレの見分け方の基本を教わりました。講師はあの有名な「na [続きを読む]
  • YouTubeチャンネル「比婆の山々を行く」
  • YouTubeチャンネル「比婆山登山道ガイド・比婆の山々を行く」を紹介するのを忘れていた。このブログで紹介しているビデオは全てYouTubeにアップしたものを掲載している。YouTubeチャンネルも作っているのでビデオ主体で比婆連山の登山道などを観たい方は次のページへどうぞ。macd100YouTubeチャンネル「比婆山登山道ガイド」比婆山登山道紹介のページ吾妻山,猿政山,福田頭のページバックカントリースキー・ワカンのページ庄原市 [続きを読む]
  • 大山見えた吾妻山山頂からの眺望(2016年2月11日)
  • 2016年2月11日,広島県庄原市比和町吾妻山山頂から奥出雲町馬木方面,奥に大山が見える吾妻山山頂からの眺望山頂からの眺望(山頂から右回りに撮影)吾妻山山頂吾妻山山頂島根県側の斜面と宍道湖方面の山並み島根県奥出雲町馬木方面の山並み。右奥に大山伊良谷山,毛無山,烏帽子山,比婆山御陵御陵,立烏帽子,池の段福田頭,南の原方面の山並み比和町森脇,高野町方面の山並み高野町新市方面の山並み毛無山,猿政山方面の山並み [続きを読む]
  • 道後山高原スキー場 2月7日(2016年)
  • 標高1270mの道後山は優美でおだやかな山容から「中国山地の女王」と称えられている。その登山道の途中にあるのが道後山高原スキー場。リフトは2基ありコースは大きく分けて3コース。1本目のリフトはセンターハウス前から道後山山の家下まで伸びる長いリフト。約1200mある。このリフト沿いのコースがダウンヒルコース。このリフトはスピードが遅いのでノンストップで滑って1時間に5本しか滑れないが,長いコースなので5本 [続きを読む]
  • ひろしま県民の森スキー場1月30日(2016年)
  • 今朝のひろしま県民の森スキー場。濃いガスがかかっていた。時々見通しがよくなる時もあったが11時半過ぎまではガスがかかったままだった。ミズナラコース上部9時頃の体育館付近は踏むとグサグサの緩んだ雪。しかし,ミズナラコースの圧雪されたバーンは固く締まっていた。さすが標高1000m付近の雪は違う。足慣らしを済ませてカエデコース急斜面へ入るとここは圧雪車は入っておらず雪はクラスト。ブーツの下あたり(センタ [続きを読む]
  • 持ってるだけで使ってなかったツェルト張ってみた
  • やっと冬らしくなった。1年ぐらい前に40%オフで買ったマウンテンダックスのエアーツェルト(廃盤)をまだ使ったことがなかったので張ってみた。1月21日の庄原市比和町比和積雪約70cmワカンで移動。支柱を利用して張った。実際に山の中で張るとしたら何が必要かチェックできた。床は紐で結ぶタイプなので外へ広げて中を広くした。(敷物を用意)休憩時に風や雪を避けるためならこの程度の張り方でいいだろう。ツェルトを広 [続きを読む]
  • マジックマウンテン・トレースライン(ワカン)
  • ワカンを買い換えた。買ったのはマジックマウンテン・トレースライン。20年以上前に買ったエバニューのワカン(写真左)より幅は細身だ。締め具はしっかりしている。2日で雪がこんなに積もったのでスノーキャラバンHSC−10に着けてみた。細身のワカンと思ったが,このブーツに装着するとで雪への接地面が広く感じる。降ったばかりのフカフカした雪の上を歩いてみた。積雪は約70cm沈んだのは約30cm,脛の真ん中あたりまでし [続きを読む]
  • スノーショベルとワカン・・・やっぱり道具は大切
  • ワカンを買った。今まで使っていたものと比べると幅がひとまわり狭い。車に積んでいるだけでまだ使っていないので使い勝手は後日報告する。また,雪山用に使っているザックに入るサイズのスノーショベルも買った。先日軽アイゼンを持ったつもりで比婆山へ登った。下る時無いことに気づきゆっくり下ったがすぐに滑って転びそうになった。比婆山古道は直登の急坂なので登山道脇のブッシュの上を歩いて下りた。今年は雪が少ないので根 [続きを読む]
  • 比婆山古道から御陵へ(1月10日)
  • 2016年1月10日(日)比婆山古道を通って御陵へ登った。越原から吾妻山への山道入り口から比婆山古道登山口まではほとんど雪が無かった。登山道入り口から飛越岩までは5センチ程度の雪が積もっていた。写真を撮りながらゆっくり登ったので登山口から御陵まで約2時間かかった。比婆山頂上付近の積雪が10センチ程度だった。この時期にこれだけしか雪が無いなんて初めてだ。比婆山古道登山口。雪はこの程度雪が少ないので時 [続きを読む]