報道写真家 吉田尚弘 さん プロフィール

  •  
報道写真家 吉田尚弘さん: 世界の今〜日記〜
ハンドル名報道写真家 吉田尚弘 さん
ブログタイトル世界の今〜日記〜
ブログURLhttp://ameblo.jp/camera-boy/
サイト紹介文「平成生まれの戦場カメラマン」 報道写真家・吉田尚弘の公式ブログ。世界の最新情報を配信中!!
自由文世界中のスラムと紛争地を取材する、報道写真家・吉田尚弘が海外取材で得た情報や、日本での最新活動報告を配信中!!
当時21歳の時、2013年3月に内戦中のシリアを潜入取材したことから、
「平成生まれの戦場カメラマン」と呼ばれている。
参加カテゴリー
更新頻度(1年)情報提供42回 / 365日(平均0.8回/週) - 参加 2013/08/14 17:24

報道写真家 吉田尚弘 さんのブログ記事

  • イラク ペシュメルガの兵士と共に過ごして
  • イラクの北部は、2017年4月 現在もISを一掃するための作戦が行われており、クルド人兵士部隊のペシュメルガやイラク国軍、シーア派民兵などが戦っている。 2016年9月、私はペシュメルガの兵士と共に前線で寝食を共にすることができたので振り返りたいと思う。 当時はとても暑く、日中ともなれば50度近い気温になることもあった。 兵士の人々も、ずっと張り詰めては気が疲れてしまう。だからこそ、交代をしなが [続きを読む]
  • 【フィリピン】カラフルな市場
  • 今日訪れたのは、衣料品などが売られている巨大市場です。 駅の下が市場になっており、上からみるとかなりカラフルで刺激的な世界が広がっていました。全て市場です。もう、道がない・・・。 隙間がなさすぎて、芸術にも思えますね。 こちらもなかなか。ビニールシートに、売られている服が見えますね。 ぜ〜んぶ、衣料品です。ちなみに、どこの店でもほとんど同じ商品が売られていました。 価格は [続きを読む]
  • 【フィリピン】年代を超えた出会い
  • 日本にいると、どうしても年齢が近いとか離れているとか、そんなちっさなことを気にする時がある。 でも、海外に行ってるときはそんなこと考えたことがなかったな。と、ブログを書きながら思っている。 スラムから少し出たところには、ゲーセンがあり子どもが遊んでいた。話しかけて、一緒にゲームをした。 ボロ勝ちしました。 そして、おばあちゃん。癒やされるんだよね。 ただ、フィリピン人の場 [続きを読む]
  • 【フィリピン】スラム街を去り、新しい市場に向かった
  • フィリピンに到着してから私は、市場とスラムをずっと行き来しているような気がする。 そのくらい、この2つは魅力的な場所である。カメラマンになって、取材対象がスラム街として安定してから全くといっていいほど観光地にいくことが無くなり、現地に着いてからはスラム街の取材の調整に追われるようになった。 しかし、カメラマンとして観光地を撮影しておく事も非常に重要で、後々の講演会や寄稿のときに、あの名所の [続きを読む]
  • 【フィリピン】人々の生活を見る大切さ
  • バラックの中では、ひとりのおばちゃんが洗濯をしていた。洗剤を付けて、衣類を洗っている。水はけは非常に悪く、なかなか大変そうだ。 手洗いが終わった服は。きれいに干されていた。カラフルな衣類。なかなか日本では見ないような色も多い。また、バッラックは普通の道の脇に作られている。 家の中では、お父さんがボンベに火を付けて、かっこいいだろ。と言わんばかりに、写真を撮るように言ってきた。スラムでは、ガ [続きを読む]
  • 【フィリピン】スラム街で住人と触れ合う。
  • お出迎えしてくれたのは、少年とお母さん。髪を整えてあげてました。寝癖があったみたいです。 少年が洗濯。イクメンかな。 職業は雑貨屋さん。どこかクール。 アイスも売ってるみたいですね。 次回はもう少し奥へ入っていきましょう。 【注意】写真はいかなる場合も、複写コピー、転載は禁止します。著作権は、写真家吉田尚弘に属します。写真の貸出希望時は、直接ご連絡ください。 〜〜〜〜 [続きを読む]
  • 【フィリピン】人気バーガーショップ ジョリビーへ
  • たまには少しリッチな食事がしたい。 そんなときは、マック、ケンタッキー、サブウェイ、バーガーキングにいくようにしてます。 フィリピンでは、ジョリビーという現地のバーガーショップがすごい人気ですね。 街を散策しながら、お店を目指します。 公衆電話を発見しました。途上国でも多くありますが、今はほとんどの人がスマホを持っていて、通話料金も安いので、実際に使っている人を見ることはほとんどあ [続きを読む]
  • 【フィリピン】現地の台所!!市場のお店を少しだけ紹介
  • 庶民の味方。市場。 おそらく観光客は、少しリッチなスーパーや百貨店にいって、現地の生活はこんな感じか〜。と思っていると思います。 それもそのはず、マニラの中心部には巨大モールであるロビンソンなど、たくさん高級スーパーが揃っています。 しかし、まだまだ多くの庶民はローカル市場御用達です。 さて、ローカル市場ではどんなものが売られているのでしょうか。 「魚屋」その日に採れたて [続きを読む]
  • 【フィリピン】市場のオフシーンから生活の香りを感じる
  • 市場には結局2時間くらいいただろうか。時間が遅かったので、後片付けが行われていた。 こうしたオフな光景を見るのが、撮影者としては楽しかったりする。 魚屋さん。一匹、150円ほどで売れれている魚は、朝港でとれたばかりの魚だ。 【注意】写真はいかなる場合も、複写コピー、転載は禁止します。著作権は、写真家吉田尚弘に属します。写真の貸出希望時は、直接ご連絡ください。 〜〜〜〜〜写真家 [続きを読む]
  • 【フィリピン】ローカル市場で現地の生活にふれてみる
  • ローカル市場(マーケット)に立ち寄ると、あっという間に時間が立ちます。 また、スラム街での撮影時にマックスのポテンシャルを発揮できるように、こうした’周辺’での撮影で慣らしておくように僕自身は心がけています。 いきなりスラム街にいっても良い写真はなかなか撮れない・・・。でも、少しずつ慣らしておくとスラム撮影時には現地ならではのコミュニケーション術も身についていたりするものです。 寝たく [続きを読む]
  • 【フィリピン】ローカルマーケットに行ってみよう
  • 私が海外を訪れたとき、必ず訪れる場所のひとつ。 それが、ローカルマーケットだ。ローカルマーケットでは、現地の品物の価格。そして売られている品物の種類から、どんな生活が送られるのかを想像する。 そして注目なのが、働く人々。家族を連れて商売をしていたり、面白いのだ。 休み時間にご飯をたべていた。気軽に写真を撮らせてくれて感謝である。 市場にバナナが運ばれてきた。美味しそうだ。 一見 [続きを読む]
  • 【フィリピン】歩道で生活をする家族
  • 今年も吉田は、海外の撮影はもちろんのこと国内の撮影もどんどんやっていきます。 撮影依頼をお待ちしています。 フィリピンは、途上国ならではのゆっくりとした時間が過ぎていきます。慌てることも、焦ることもない。 時間のゆとりは、心のゆとりにも繋がると思います。 都市部のある路地を歩いていたとき、歩道で生活をする家族と会いました。まだ小さな赤ちゃん。泣きながら、荷台に寝かされる [続きを読む]
  • 【フィリピン】都会の中心部でゴミを拾う少年たち
  • 多くの発展途上国では、ゴミを拾って生計を立てる人々がいる。通称、「スカベンジャー」の人々は、大人だけではないのが現状だ。 偶然か、知っててか。プラスチックの山を見つけた少年。 足こそ汚いが、服はきれいである。 袋に入りきることが出来なかったようだ。 〜〜〜〜〜写真家 吉田尚弘が届ける、特別サービス〜〜〜〜〜※以下、は現在受付中のサービス内容です。項目を してください。● [続きを読む]
  • 【フィリピン】海沿いスラムの人々にあうために
  • フィリピンには、多種多様なスラム街が存在する。 今回訪れたのは、海沿いのスラム街である。マニラにはマニラ・ベイとも呼ばれる大きな湾がある。 中心部より、車に乗ること1時間以上。海沿いにスラム街があると日本で情報を得ていた。 今回は、ガイドに連れて行ってもらった。 まずは、ホテルから比較的近いスラム街を通過。ここでは後に宿泊をしながら撮影をすることになるが、本日の目的地はここではない [続きを読む]
  • 12/19 毎日新聞 講演取材記事掲載
  • 本日の毎日新聞にて、講演会の記事を掲載していただきました。三重県でのイベントですので、近くの方は紙面でご確認ください。 感謝です。 〜〜〜〜〜写真家 吉田尚弘が届ける、特別サービス〜〜〜〜〜※以下、は現在受付中のサービス内容です。項目を してください。●報道版公式HP「Iand U」●国内撮影版 公式HP 【撮影分野】■各種撮影■≪一般のお客さま≫ウエディング [続きを読む]